目次へ戻る

テスラロードスター新型発表!航続距離は1000km!

テスラロードスター新型発表!航続距離は1000km!

米国のEVメーカー、テスラは11月16日、新型テスラ『ロードスター』を初公開しました。本記事では今わかっている最新情報をお届けいたします!!


テスラ、ロードスター発表!!!

米国のEVメーカー、テスラは11月16日、新型テスラ『ロードスター』を初公開しました。

テスラ・ロードスター新型を発表するイーロン・マスク

2008年に発売された初代ロードスターは、テスラの原点となったEVです。

英国のスポーツカーメーカー、ロータスの『エリーゼ』の車台をベースに、テスラ独自のEVパワートレインを搭載。

その後の『モデルS』、『モデルX』の成功の基礎を築いたのが、初代ロードスター。

新型ロードスターは2世代目モデル

今回発表された新型ロードスターは、2世代目モデル。

初代とは異なり、テスラのオリジナルデザイン。また、新型では、頭上のガラスルーフを脱着するタルガトップを採用します。

4人乗りで航続距離は約1000km!!

後席にシートを設けた4名乗りという点も、2シーターだった初代との違いが。

動力性能は、大幅に進化しており、モーターやバッテリーなどのスペックは公表されていないものの、0~96km/h加速は1.9秒、最高速は400km/h以上になります。

1回の充電で、およそ1000kmの航続が可能になるとのこと。

また、テスラは、「加速性能は世界一」と自信を示しています。

テスラ ロードスターとは?

テスラ ロードスター

テスラ・ロードスターはアメリカのテスラモーターズが製造販売を行うスポーツカータイプの電気自動車です。

2008年より販売開始されました。乗車定員は2名。1回の充電で約378kmまで走行可能です。

全長3,946mm×全幅1,851mm×全高1,126.5mm、ホイールベースは2,351mmです。

テスラ「セミ」も発表

テスラ・セミ

テスラでは、セミを導入することによって、輸送コスト削減と、乗用車との安全な混合走行が可能な動力性能をアピールしていました。

とりわけ、テスラが訴求するコストにおける最大で直接の効果は、エネルギーコストの削減です。

セミはフル積載でのハイウェイ走行において2kW/h以下しか消費せず、航続は500マイル(約800km)。新型の急速DC充電器のメガチャージャーは、走行距離およそ400マイル(640km)分の電気を30分間で充電できることになります。

テスラによると、アメリカでの貨物物流のほぼ80%が距離250マイル(約400km)以下とのこと。

また、アメリカでは電気料金は安価で安定しており、テスラによるとkWあたり平均0.12ドル(約13円)。太陽発電・蓄電と組み合わせれば燃料費はほぼゼロになる、とテスラはいいます。試算では、燃料コストだけで、走行100万マイル(約160万km)で20万ドル(約2200万円)以上節約できるとしています。

生産開始は2019年を予定しています。

2018年9月 ロードスター 欧州使用車を発表

2018年9月にスイスで行われたグランドバーゼルモーターショー2018では、新型ロードスターの欧州仕様車を発表しました。
今回発表された欧州仕様車は白いボディカラーで、クリーンなイメージになっています。

最後に

テスラの新型ロードスターやセミ他、テスラからの続報が待ちきれないですね。

新情報が入り次第更新したいと思います!

関連するキーワード


テスラ 車種情報

関連する投稿


ロードスターとは?国産・外車のロードスターまとめ

ロードスターとは?国産・外車のロードスターまとめ

ロードスターといえば、日本ではマツダのロードスターが最初に思い浮かぶことでしょう。しかし、海外では同じロードスターの名前を冠する車があるのをご存知でしょうか。ロードスターとはいったい何を意味するのか?日本と海外のロードスターの違いとは?価格・中古車価格は?などと気になる疑問についていくつか例を挙げて紹介していきます。


【2019年夏初公開】テスラ初!電動ピックアップトラックのデザインを初公開

【2019年夏初公開】テスラ初!電動ピックアップトラックのデザインを初公開

テスラといえば、イーロン・マスクCEO率いる自動車会社であり、電気自動車の製造・販売をしています。今までにもSUVやセダン、ロードスターと様々なEVカーを作ってきたテスラ。そんな中、ついにテスラが電動ピックアップトラックに着手します!デザインの初公開は2019年夏を予定しています。


テスラ 新型EVのモデルYを発表!電動コンパクトSUVで航続距離は約483km

テスラ 新型EVのモデルYを発表!電動コンパクトSUVで航続距離は約483km

テスラは3月14日(日本時間3月15日)、新型EVの『モデルY』(Tesla Model Y)を米国カリフォルニア州ロサンゼルスのデザインスタジオで初公開しました。モデルYは、『ロードスター』、『モデルS』、『モデルX』、『モデル3』に続くテスラのEVになります。


【待ってました】テスラモデル3 エントリーEVセダンを日本発表 2019年発売か

【待ってました】テスラモデル3 エントリーEVセダンを日本発表 2019年発売か

テスラの日本法人であるテスラジャパンは11月8日に、EVセダン『モデル3』(Tesla Model 3)を日本で初公開しました。モデル3は、フラッグシップEVセダン『モデルS』の下に位置する小型セダン。テスラのエントリーモデルになります。気になる発売は、2019年以降になるとのこと。


テスラ公式Twitterが自動車ブランドで世界一に!各メーカーのフォロワー数をランキング形式で分析!

テスラ公式Twitterが自動車ブランドで世界一に!各メーカーのフォロワー数をランキング形式で分析!

米国のEV自動車メーカーのテスラ(Tesla)の公式Twitterの数が、10月22日時点で、テスラが303万4717人、メルセデスベンツが303万2060人とメルセデスベンツを抜いて、自動車ブランドで世界最多になったそうです。各自動車メーカーのフォロワー数をランキング形式で分析してみます。


最新の投稿


愛知県内の道の駅一覧 伊勢湾東部地区

愛知県内の道の駅一覧 伊勢湾東部地区

名古屋地区には道の駅はありません。愛知県の道の駅は、郊外となる奥三河や伊勢湾東部地区に集中しています。今回紹介するのは三河湾、平たく言えば伊勢湾東部地区にある道の駅について紹介します。


【東京モーターショー2019】10月24日開幕!開催・出展車情報など最新情報まとめ

【東京モーターショー2019】10月24日開幕!開催・出展車情報など最新情報まとめ

10月24日より開催される東京モーターショー2019。10月24日から11月4日までの12日間、東京ビッグサイトにて開催されます。本記事ではどこよりも早く、どこよりもわかりやすいをモットーに東京モーターショー2019の最新情報をまとめています。新型車・出展車・ワールドプレミア情報・アクセス情報・駐車場情報・開催日程情報・チケット情報、前回の東京モーターショー2017の振り返りも。毎日更新中です。【8月21日更新】


静岡県浜松地区の道の駅一覧

静岡県浜松地区の道の駅一覧

富士山から遠く離れた静岡県西部は、浜名湖と遠州灘がメインとなっていきます。今回は浜松エリアの道の駅を中心にご紹介します。


静岡県静岡地区の道の駅一覧

静岡県静岡地区の道の駅一覧

静岡県中部エリアを紹介します。富士山や駿河湾の自然に恵まれた静岡をドライブしながら道の駅散策を開始しましょう。


福岡県北部(筑豊・豊前地区)の道の駅一覧

福岡県北部(筑豊・豊前地区)の道の駅一覧

福岡県の筑豊・豊前地区を中心とした道の駅について紹介してまいりましょう。筑豊地区は炭鉱都市として有名です。