目次へ戻る

テスラロードスター新型発表!航続距離は1000km!

テスラロードスター新型発表!航続距離は1000km!

米国のEVメーカー、テスラは11月16日、新型テスラ『ロードスター』を初公開しました。本記事では今わかっている最新情報をお届けいたします!!


テスラ、ロードスター発表!!!

米国のEVメーカー、テスラは11月16日、新型テスラ『ロードスター』を初公開しました。

テスラ・ロードスター新型を発表するイーロン・マスク

2008年に発売された初代ロードスターは、テスラの原点となったEVです。

英国のスポーツカーメーカー、ロータスの『エリーゼ』の車台をベースに、テスラ独自のEVパワートレインを搭載。

その後の『モデルS』、『モデルX』の成功の基礎を築いたのが、初代ロードスター。

新型ロードスターは2世代目モデル

今回発表された新型ロードスターは、2世代目モデル。

初代とは異なり、テスラのオリジナルデザイン。また、新型では、頭上のガラスルーフを脱着するタルガトップを採用します。

4人乗りで航続距離は約1000km!!

後席にシートを設けた4名乗りという点も、2シーターだった初代との違いが。

動力性能は、大幅に進化しており、モーターやバッテリーなどのスペックは公表されていないものの、0~96km/h加速は1.9秒、最高速は400km/h以上になります。

1回の充電で、およそ1000kmの航続が可能になるとのこと。

また、テスラは、「加速性能は世界一」と自信を示しています。

テスラ ロードスターとは?

テスラ ロードスター

テスラ・ロードスターはアメリカのテスラモーターズが製造販売を行うスポーツカータイプの電気自動車です。

2008年より販売開始されました。乗車定員は2名。1回の充電で約378kmまで走行可能です。

全長3,946mm×全幅1,851mm×全高1,126.5mm、ホイールベースは2,351mmです。

テスラ「セミ」も発表

テスラ・セミ

テスラでは、セミを導入することによって、輸送コスト削減と、乗用車との安全な混合走行が可能な動力性能をアピールしていました。

とりわけ、テスラが訴求するコストにおける最大で直接の効果は、エネルギーコストの削減です。

セミはフル積載でのハイウェイ走行において2kW/h以下しか消費せず、航続は500マイル(約800km)。新型の急速DC充電器のメガチャージャーは、走行距離およそ400マイル(640km)分の電気を30分間で充電できることになります。

テスラによると、アメリカでの貨物物流のほぼ80%が距離250マイル(約400km)以下とのこと。

また、アメリカでは電気料金は安価で安定しており、テスラによるとkWあたり平均0.12ドル(約13円)。太陽発電・蓄電と組み合わせれば燃料費はほぼゼロになる、とテスラはいいます。試算では、燃料コストだけで、走行100万マイル(約160万km)で20万ドル(約2200万円)以上節約できるとしています。

生産開始は2019年を予定しています。

2018年9月 ロードスター 欧州使用車を発表

2018年9月にスイスで行われたグランドバーゼルモーターショー2018では、新型ロードスターの欧州仕様車を発表しました。
今回発表された欧州仕様車は白いボディカラーで、クリーンなイメージになっています。

最後に

テスラの新型ロードスターやセミ他、テスラからの続報が待ちきれないですね。

新情報が入り次第更新したいと思います!

関連するキーワード


テスラ 車種情報

関連する投稿


【2019年夏初公開】テスラ初!電動ピックアップトラックのデザインを初公開

【2019年夏初公開】テスラ初!電動ピックアップトラックのデザインを初公開

テスラといえば、イーロン・マスクCEO率いる自動車会社であり、電気自動車の製造・販売をしています。今までにもSUVやセダン、ロードスターと様々なEVカーを作ってきたテスラ。そんな中、ついにテスラが電動ピックアップトラックに着手します!デザインの初公開は2019年夏を予定しています。


テスラ 新型EVのモデルYを発表!電動コンパクトSUVで航続距離は約483km

テスラ 新型EVのモデルYを発表!電動コンパクトSUVで航続距離は約483km

テスラは3月14日(日本時間3月15日)、新型EVの『モデルY』(Tesla Model Y)を米国カリフォルニア州ロサンゼルスのデザインスタジオで初公開しました。モデルYは、『ロードスター』、『モデルS』、『モデルX』、『モデル3』に続くテスラのEVになります。


【待ってました】テスラモデル3 エントリーEVセダンを日本発表 2019年発売か

【待ってました】テスラモデル3 エントリーEVセダンを日本発表 2019年発売か

テスラの日本法人であるテスラジャパンは11月8日に、EVセダン『モデル3』(Tesla Model 3)を日本で初公開しました。モデル3は、フラッグシップEVセダン『モデルS』の下に位置する小型セダン。テスラのエントリーモデルになります。気になる発売は、2019年以降になるとのこと。


テスラ公式Twitterが自動車ブランドで世界一に!各メーカーのフォロワー数をランキング形式で分析!

テスラ公式Twitterが自動車ブランドで世界一に!各メーカーのフォロワー数をランキング形式で分析!

米国のEV自動車メーカーのテスラ(Tesla)の公式Twitterの数が、10月22日時点で、テスラが303万4717人、メルセデスベンツが303万2060人とメルセデスベンツを抜いて、自動車ブランドで世界最多になったそうです。各自動車メーカーのフォロワー数をランキング形式で分析してみます。


これがBMWの最新EV!BMW「i4」市販モデル 航続距離はなんと700km!?

これがBMWの最新EV!BMW「i4」市販モデル 航続距離はなんと700km!?

BMWが2017年のフランクフルトモーターショーで公開した4ドアEVサルーン『i Vision Dynamics Concept』。この市販モデルを予想するレンダリングCGをスクープ班が入手しました。それによれば、BMWブランドのiデザインとは大きく変わっていることが判明しました。


最新の投稿


スズキのハッチバック バレーノってどんな車?中古車価格、スペック、燃費、評価ほか

スズキのハッチバック バレーノってどんな車?中古車価格、スペック、燃費、評価ほか

スズキから発売されているバレーノは、ハッチバック型の乗用車です。インドで生産され、世界に発売されています。2019年春ごろよりインド市場のトヨタへOEM供給される予定です。そんなスズキのバレーノについてご紹介していきましょう。


日産のミッドサイズSUV デュアリスの中古車価格、スペック、燃費、評価一覧

日産のミッドサイズSUV デュアリスの中古車価格、スペック、燃費、評価一覧

デュアリスとは、日産のミドルサイズのSUVです。日本では販売終了してしまいましたが、各国では名前を変えて発売されています。「キャシュカイ(QASHQAI)」もしくは「ローグ スポーツ(ROGUE SPORT)」など、一度は車名を聞いたことがあるのではないでしょうか。これが元デュアリスなんです。本記事では改めて日産のSUV、デュアリスについてまとめています。


【カーメイト調べ】半数以上が今後360度録画可能ドラレコが欲しいと回答!

【カーメイト調べ】半数以上が今後360度録画可能ドラレコが欲しいと回答!

カーメイトは、同社製品ユーザーを対象とした交通トラブル実態調査を実施。その結果、ドライブレコーダーの映像が最も活用されたのは「側面衝突」だったことが明らかになりました。また、今後購入するなら360度録画可能のドラレコという意見も上がっています。


【7月ワールドプレミア】フェラーリのワンオフモデル登場!P80/C

【7月ワールドプレミア】フェラーリのワンオフモデル登場!P80/C

フェラーリは6月17日、ワンオフモデルの『P80/C』(Ferrari P80/C)を、7月に英国で開催される「グッドウッドフェスティバルオブスピード2019」において、ワールドプレミアすると発表しています。


【わが子と一緒に読みたい】おすすめのクルマの絵本&図鑑 7選

【わが子と一緒に読みたい】おすすめのクルマの絵本&図鑑 7選

車の本、と一言で言っても車の本は世界にたくさんありますよね。そんな中でどの本を選べばいいのか?わからない!そんな悩みを持つお父さん、お母さん、おじいちゃん、おばあちゃん…といった方々のために、本記事ではおすすめの車の本をまとめています。対象年齢と価格も載せています。