目次へ戻る

スズキ新型スペーシア 初フルモデルチェンジで価格・デザイン・燃費は?

スズキ新型スペーシア 初フルモデルチェンジで価格・デザイン・燃費は?

スズキの人気軽自動車、スペーシア/スペーシアカスタムが2017年12月14日にフルモデルチェンジが発表され発売となりました。こちらの記事では、新型スペーシア/新型スペーシアカスタムの価格、燃費やスペック、主な変更点等についてまとめて掲載しています。【3月15日更新】

⏳この記事は約3~4分で読めます。


12月14日発売!スズキ 新型スペーシアが初のフルモデルチェンジ!

2017年12月14日、スズキの人気軽自動車「スペーシア/スペーシアカスタム」がフルモデルチェンジのうえ、発売されました。

スズキ 新型スペーシア

スズキ 新型スペーシアカスタム

スズキ スペーシアは初のフルモデルチェンジとなり、2代目の新型スペーシア/スペーシアカスタムとなりました。

新型スペーシアには、スズキの予防安全技術「スズキ セーフティ サポート」が採用され、安全装備が充実しています。

衝突被害軽減ブレーキ「デュアルセンサーブレーキサポート」に加えて、軽自動車では初となる後退時の衝突被害軽減ブレーキ「後退時ブレーキサポート」が採用されるなど、前後の衝突被害軽減ブレーキを全車に標準装備しています。

初代スペーシアと新型スペーシア、主な変更点は?どこが変わった?

新型スペーシアとスペーシアカスタムの先代モデルとの主な変更点は、

・安全装備の充実
・全車にマイルドハイブリッド搭載
・デザイン
・新プラットフォーム「HEARTECT(ハーテクト)」を採用

上記のような点が上げられます。まずは、デザインについて下記にて紹介していきます。

スズキ 新型スペーシア/スペーシアカスタムのデザイン!

スズキ 新型スペーシア/スペーシアカスタムのデザインに関しては、スペーシアは「ワクワク」を、スペーシアカスタムは「圧倒的な迫力と存在感」を表現した個性的なデザインになっています。

新型スペーシア/スペーシアカスタムのエクステリア

新型スペーシア

新型スペーシアは「ワクワク、楽しさ」を感じる新しいスタイルに生まれ変わりました。

チアフルピンク ホワイト2トーンルーフ

2トーンルーフ車には、「ワクワク感」を演出するルーフレールを装備。(HYBRID Xの2トーンルーフパッケージ装着車)

スーツケースのキャスターをイメージしたフルホイールキャップ、スーツケースのバックルやジッパーをイメージしたメッキグリルとなっています。(HYBRID X)

ボディカラーは、「オフブルーメタリック」、新色となる「ツールグリーンパールメタリック」、同じく新色の「チアフルピンクメタリック」をはじめ、モノトーン10色、2トーン4色の全14パターンとなっています。

新型スペーシアカスタム

アクティブイエロー ブラック2トーンルーフ

新型スペーシアカスタムのエクステリアは、圧倒的な迫力と存在感を強調する大型のメッキフロントグリルやLEDヘッドランプにより、精悍で迫力あるデザインが特徴となっています。

アンダーグリルやLED加飾、低く構えたサイドアンダースポイラーやリヤバンパーを採用し、存在感を高めています。(LED加飾はHYBRID GSを除く)

ボディカラーは、「ピュアホワイトパール」をはじめ、モノトーン9色、2トーン5色の全14パターンとなっています。

新型スペーシア/スペーシアカスタムのインテリア

続いてはインテリア、内装についてです。

新型スペーシア

新型スペーシアは、ブラック内装を基本とし、エアコンルーバー、ドアトリムなどに赤色のアクセントカラーを取り入れ、遊び心が盛り込まれた空間に。

また、HYBRID Xには、ベージュ内装も設定し、お好きな内装色が選択可能となっています。

また、シートカスタムも自由度が高く、後部座席を倒すことで自転車も入れるほどの広さを誇っています。

新型スペーシアカスタム

新型スペーシアカスタムもブラックを基調とし、ブラックパールのカラーパネルが採用されています。

上品なピアノブラックや華やかなメッキ加飾、存在感のあるシルバー加飾が随所に施され、インテリアも迫力のあるデザインとなっています。

スズキ 新型スペーシアの価格は 133万円~!カスタムは 157万円~!

スズキ 新型スペーシア/スペーシアカスタムのグレード別価格は下記となります。

 
スズキ 新型スペーシア 新車価格
新車価格スペーシア HYBRID G (2WD) 1,333,800円
スペーシア HYBRID G (4WD) 1,454,760円
スペーシア HYBRID X (2WD) 1,468,800円
スペーシア HYBRID X (4WD) 1,589,760円
 
スズキ 新型スペーシアカスタム 新車価格
新車価格スペーシアカスタム HYBRID GS (2WD) 1,576,800円
スペーシアカスタム HYBRID GS (4WD) 1,697,760円
スペーシアカスタム HYBRID XS (2WD) 1,690,200円
スペーシアカスタム HYBRID XS (4WD) 1,811,160円
スペーシアカスタム HYBRID XSターボ (2WD) 1787,400円
スペーシアカスタム HYBRID XS (4WD)ターボ 1,908,360円

全車に標準装備されている「衝突被害軽減ブレーキ」を非装着とすると59,400円引かれ、新型スペーシアは127万4,400円~、新型スペーシアカスタムは151万7,400円~と、初代モデルと同程度の金額となっています。(※衝突被害軽減ブレーキを非装着とした場合、全方位モニター用カメラパッケージは装着できません)

スズキ 新型スペーシアのサイズ、燃費、スペック、安全性能について

スズキ 新型スペーシア/スペーシアカスタム、それぞれのボディサイズや、燃費、スペックは下記となります。

スズキ 新型スペーシア/スペーシアカスタムのボディサイズ、燃費、スペック一覧

スズキ新型スペーシア、スペーシアカスタムのボディサイズ、室内寸法、燃費やスペックは下記となります。

 
【スズキ 新型スペーシア(HYBRID G)】サイズ・スペック一覧
ボディサイズ(全長×全幅×全高)3,395×1,475×1,785mm(ホイールベース:2,460mm)
室内サイズ2,155×1,345×1,410mm
最低地上高150mm
最大乗車定員4名
車両重量850~900kg
燃費JC08モード:26.4~30.0km/L
エンジン種類水冷4サイクル直列3気筒
最高出力(kW/rpm)ネット38<52PS>/6,500
最大トルク(N・m/rpm)ネット60<6.1kg・m>/4,000
タンク容量 27L
駆動方式2WD(FF)/フルタイム4WD

スペーシアカスタムについては、下記ですが車両重量、燃費以外はスペーシアともちろん同一です。

 
【スズキ 新型スペーシアカスタム(HYBRID GS)】サイズ・スペック一覧
ボディサイズ(全長×全幅×全高)3,395×1,475×1,785mm(ホイールベース:2,460mm)
室内サイズ2,155×1,345×1,410mm
最低地上高150mm
最大乗車定員4名
車両重量880~930kg
燃費JC08モード:26.4~28.2km/L
エンジン種類水冷4サイクル直列3気筒
最高出力(kW/rpm)ネット38<52PS>/6,500
最大トルク(N・m/rpm)ネット60<6.1kg・m>/4,000
タンク容量 27L
駆動方式2WD(FF)/フルタイム4WD

30.0km/Lの燃費と力強い走りを実現するパワートレインは新型ワゴンRをベースに

ISG(モーター機能付発電機)

新型スペーシアに搭載されているパワートレインは、新型ワゴンRに搭載した「R06A型エンジン」をベースに、冷却性能を強化したエンジンとなっています。

約5kgの軽量化を達成し、坂道や高速道路での合流などで役立つ、力強い加速でスムーズに走行できるパワーモードが搭載されています。

強化された安全性能と軽自動車初の充実機能

安全面としては、前述の軽自動車初の後退時の衝突被害軽減ブレーキ「後退時ブレーキサポート」が採用され、前後の衝突被害軽減ブレーキを全車標準装備がされているという点が特徴と言えるでしょう。

さらには、フロントガラスに進入禁止の道路標識や車両情報などをカラー表示するヘッドアップディスプレイ、周囲を立体的に360°確認できる「3Dビュー」も軽自動車では初の採用となっています。

安全機能の充実で、経済産業省、国土交通省などが普及推進しているサポカーの「サポカーS ワイド」に該当しています。

スズキの新型スペーシア 試乗評価

マイルドハイブリッドのため燃費はよさそうだ。NAの試乗で燃費を意識して短時間走った結果、車載燃費計は20km/リットルに迫る数値だった。スペーシアの強みは、全グレードにマイルとハイブリッドを搭載している点。

ただボディ剛性はアップしたもののサスペンションの熟成は進んでいない印象。小さな路面のギャップでは乗り心地に問題はないが、比較的大きな段差を通過すると直接的なショックが伝わってくるのが残念。これはサスペンションの設定だけではなく、燃費を意識したタイヤの空気圧設定の問題かもしれない。

後席のステップはフラットで乗り降りしやすいし、小物入れもたくさんあるし、両サイドともスライドドアの使いやすさは、小さな子どものいる家族にはうってつけだ。ブレーキを踏んだ時の違和感はこっそり直してくれるといいな、サンバイザーは、オプションでなにか出るといいなと、真剣に思っている。

最後に…。

関連する投稿


スズキ ジムニーシエラなら軽より幸せ?! 維持費含めて徹底検証

スズキ ジムニーシエラなら軽より幸せ?! 維持費含めて徹底検証

発売直後から継続的に大人気となっているジムニー。しかし、現行型を含む歴代ジムニーには、ボディはそのままにオーバーフェンダーで拡幅され、より大型のエンジンを搭載した普通車仕様が存在してきました。軽自動車で安いのがジムニーの売りじゃないの?!とお思いかもしれませんが、ジムニーが普通車サイズになると、いいこともたくさんあるのです。


スズキ ジムニー、カブりたくないならこのカスタムだ!最新カスタム例

スズキ ジムニー、カブりたくないならこのカスタムだ!最新カスタム例

大人気のジムニー、「つるし」の状態でも四駆らしいアクティブなデザインで十分に個性的なのですが、できれば他人のジムニーとは違う、自分だけのジムニーに仕上げてみたくはありませんか。また、現在でも1年以上かかるとされる納車待ち期間に、どんなカスタムをしようかなと想像を膨らませるのも楽しそうです。ジムニーの最新カスタムトレンドをまとめてみました。


【日産の軽自動車】歴代モデルから最新情報まで!

【日産の軽自動車】歴代モデルから最新情報まで!

スズキやダイハツといった有名どころほどの長い歴史ではないものの、日産の軽は独自の魅力を備えて人気です。他メーカーが開発した車を提供してもらうだけだった時代から自社で開発に着手するようになった現在までの歴史を、現行車種のおさらいも合わせてまとめてみました。


【新車情報】2021年以降発売が予測される新型車・新車 最新情報

【新車情報】2021年以降発売が予測される新型車・新車 最新情報

【最新】2021年以降にフルモデルチェンジ・発売が予測される新型車(国産車)の最新情報をまとめています。トヨタ、ホンダ、レクサス、三菱、スバル、マツダ、日産、スズキ、ダイハツ、光岡。また、気になるネットの声もお届け。随時更新しています。


【軽を超えた存在】「スズキ カプチーノ」が実現した奇跡を徹底解説!

【軽を超えた存在】「スズキ カプチーノ」が実現した奇跡を徹底解説!

スズキ カプチーノをご存知でしょうか? なんとなくおいしそうな車名は置いておくとして、軽自動車では異例のFRレイアウトとターボエンジンで、本格派スポーツカーとして現在まで高い人気を誇るスズキ珠玉の名車です。バブル景気にも後押しされた軽スポーツを、当時のライバルも含めてご紹介します。


最新の投稿


【これぞホンダイズム】ホンダ CR-Xの今後に目が離せない!中古情報も

【これぞホンダイズム】ホンダ CR-Xの今後に目が離せない!中古情報も

ホンダをホンダたらしめるものとは、一体何でしょう? 人によって答えは異なると思いますが、誰もが認める80〜90年代の素晴らしいホンダらしさを最も色濃く備えていた車の1台こそ、歴代のCR-Xではないでしょうか。軽量FFボディと高回転までガンガン回るスポーツエンジンの組み合わせに、ホンダらしい独自発想の問題解決法の数々。詳しく見ていきましょう。


日産 キューブ|おしゃれコンパクトの筆頭!歴代車種を徹底調査

日産 キューブ|おしゃれコンパクトの筆頭!歴代車種を徹底調査

現在ではあまり見られない鼻先がしっかり長いトールコンパクトが日産 キューブです。惜しまれつつも2019年末で生産中止となり、3代続いた歴史は途絶えてしまっていますが、人気車だっただけに中古車も選びやすいです。読んだ後は中古車市場でキューブを探したくなること間違いなし、歴代キューブの魅力をご紹介していきます。


トヨタ ソアラに注がれた羨望の眼差しの理由は? 歴代ソアラと中古車情報

トヨタ ソアラに注がれた羨望の眼差しの理由は? 歴代ソアラと中古車情報

若い方には馴染みがないかもしれませんが、一定以上の年齢の方は「ソアラ」という車名にはえも言われぬ上級感を感じられる方も多いのでは。トヨタ随一のラグジュアリークーペであるソアラは、先進装備を満載し、すでに兆しの見えていた国産自動車の飛躍を先回りして実現した名車でした。詳しく振り返っていきましょう。


【世界が驚いた高級車】トヨタ セルシオの歴史と中古車情報も!

【世界が驚いた高級車】トヨタ セルシオの歴史と中古車情報も!

トヨタ セルシオ/レクサス LSは、レクサスブランドを世界レベルまで押し上げた張本人であり、欧米で確立されたブランド力を持つ高級車メーカーを震撼させたと言います。今回は、世界が驚いた日本の高級車、セルシオについて見ていきましょう。


日産 ジュークはなぜ消えた?!その理由と中古車、欧州新型情報

日産 ジュークはなぜ消えた?!その理由と中古車、欧州新型情報

トヨタのヤリスクロス投入などで現在も人気が爆発しているコンパクトSUVクラスに、日産からはジュークが参戦していました。その独特なスタイリングとSUVながら重視された操縦安定性をはじめとする運動性能は高い人気を得ていたのに、なぜ初代だけでブランド終了となってしまったのでしょうか? ジュークの魅力をご紹介しつつ、真相に迫りたいと思います。