目次へ戻る

先代を超えた!?女性へのヒヤリングを受けて開発されたスペーシア

先代を超えた!?女性へのヒヤリングを受けて開発されたスペーシア

先代モデルとなる『パレット』の振り返りを行った結果、これまでのデザインや広さ感の表現が、女性に伝わりにくかったことを改善し、女性へのヒヤリングを重視し開発されたスペーシア。かわいいだけじゃないスペーシアの魅力をお伝えします。


スペーシア概要・走行性能

スペーシアの概要・特徴

軽自動車界にはライバルが数多…。そんな中ライバル車より登場が先んじていた『スペーシア』の改良。
注目は『ワゴンR』同様「S-エネチャージ」の採用で、これによりカタログ燃費(JC08モード)が従来の29.0km/リットルから32.0km/リットルにと大幅に低燃費化が進んだことです。また、全高1700mm以上ではクラストップの数値です!

そんな軽自動車、軽ハイトワゴンのスペーシアについて見ていきましょう。

知ってる?スペーシアのデザイン秘話

スズキから発表された軽ハイトワゴンの『スペーシア』は、これまで以上に女性の意見を取り入れながら開発されたということをご存知でしたでしょうか。

これは、先代モデルとなる『パレット』の振り返りを行った結果、これまでのデザインや広さ感の表現が、女性に伝わりにくかったことから、スペーシアでは、女性へのヒヤリングを重視し開発されたんだそうです。

パレット(2009)

女性の意見を取り入れたところとして、スズキ四輪技術本部第一カーラインチーフデザイナーの宮澤貴司さんは、「(デザイン以外では)インテリアの利便性の部分で、インパネにティッシュボックスを用意。また、ドアトリムにも通常のポケットの上にもうひとつミドルポケットを設けました」と述べられていました。

機能面の改善に加えて、デザインでどうスマートに見せるかが工夫した点とのこと。

宮澤さんは、「機能面を全面的に出すことは、わかりやすいものの、それがそのままユーザーの目線に常に入っていいものかどうかは、デザインがやらねばならない仕事なので、かなり慎重にデザインを進めて行きました」と語っていました。

エンジンシステム

スペーシアは、「S-エネチャージ」を搭載しています。
モーターでエンジンをアシストし、より低燃費に貢献してくれるのがこの「S-エネチャージ」なんです。

このS-エネチャージはどういった効果があるのかというと、まず発進後~加速時のモーターアシストがあることで、燃費が向上します。

また、減速時のエネルギーで発電・充電をおこなうため、より低燃費に貢献してくれます。
日々ただ走っているだけでも、気が付けばエコドライブをしている、というくらい自然な機能、これが「S-エネチャージ」の実力です。

スペーシア車内空間・収納

スペーシアの室内空間は?

気になるスペーシアの室内は、全席ゆったりのひろびろ設計。前後のシート間隔をたっぷりとって、大きなパパでもつま先までリラックス。開放感たっぷりの明るい空間で、こんな場所なら会話も弾んじゃいますよね。
室内長は2,215mm、室内高は1,375mmです。

そして、広さはもちろんですが、天井の高さも、車選びで気になる点の一つですよね。

天井が高いスペーシアの運転席は、肩や肘まわりにもゆとりがあります。また、後席では、お子さんの着替えや赤ちゃんのおむつ交換もラクラクできちゃうほどです。

使いやすくて疲れにくい、毎日乗る人や忙しいパパママににやさしい大空間です。

27インチの自転車だって収納できちゃう!

スペーシアの手触りのよいシートには、程よい反発力をもたせたクッションが採用されています。
スペーシアにはリクライニング機能があり、左右別で動かせるため、疲れにくく快適な座り心地を追求しています。

また、後ろにスライドさせて後席の足元を広げたり、前にスライドさせて荷室を広げたりすることも可能。左右別々にスライドできる独立型のシートスライドで、広い室内にさらなる可能性を広げてくれそうです。

また、軽だからって侮ることなかれ。スペーシアは、リヤシートを格納すれば、27インチの自転車も積みやすいビッグラゲッジが登場します。

リヤシートの格納は、軽々たためる2アクションとのこと。カンタン操作で大容量のラゲッジスペースに早変わりしますよ。高さと幅を兼ね備えている、荷室開口部は、積み降ろしにやさしい低床設計です。これで重かった荷物でも、簡単に載せることができます。

スペーシア装備・安全性

一番気になる安全装備

安全装備?軽自動車はそんなに安全装備がしっかりしてないんでしょ、と侮ることなかれ。

なんと、スペーシアは、衝突被害軽減システム「デュアルカメラブレーキサポート」および「全方位モニター」を搭載した「スペーシア、スペーシア Gリミテッド、スペーシアカスタム、スペーシアカスタムZ」が、2016年度JNCAP予防安全性能アセスメントにおいて最高ランクの「ASV++(ダブルプラス)」を獲得するほどの安全性を誇っています。


まず、スペーシアに搭載された、2つのカメラを搭載した衝突被害軽減システム「デュアルカメラブレーキサポート」。これは先進技術を駆使したシステムです。

この衝突被害軽減システムに、軽自動車で初めて12つのカメラを搭載したステレオカメラ方式を採用しました。
人の目と同じように左右2つのカメラが対象との距離や形を捉え、そのサイズや輪郭から歩行者やクルマを認識してくれます。

また、車線の左右の区画線も認識してくれるんです。カメラで捉えたさまざまな情報をもとに警報や自動ブレーキで衝突回避をサポートする、これが先進の安全技術です。

バリエーション・価格

スペーシアの気になるグレードですが、XとGの2種類があります。
Xの2WDは、1,382,400円、4WDは1,503,360円です。これに、デュアルカメラブレーキサポートを装着すると、それぞれ1,458,000円、1,578,960円になります。
やはり、安全性を考えるのであれば、少しお高くなりますが、デュアルカメラブレーキサポートが装着されたものがオススメです。

そして、もう一つのG。こちらは2WDが1,274,400円、4WDが1,395,360円です。また、Xと同じで、デュアルカメラブレーキサポートを装着すると、それぞれ1,350,000円、1,470,960円に値段が変わります。

スペーシアに乗った感想は?

それでは、実際に乗ってみた感想はどうなのでしょうか。
レスポンスの試乗記を調べてみました。

走り出しはかなりスムーズだそうで、自然吸気エンジンの搭載車でもすーっと走り出していく感じと、もたつくような感じはないようです。これは大幅な軽量化が貢献しているのかもしれません。

アクセルを踏み込むと副変速機付きのCVTによって滑らかに加速に乗っていきます。ただここに一つ問題が。そんな加速時の騒音はちょっと大きめだとか。軽さを徹底追求したスペーシアの騒音が大きめになるのはやむを得ないかもしれませんね。

また、アイドリングストップから再始動するときの振動や騒音はそれなりの音がするそうです。これももっと静かでスムーズになった方が嬉しいものの、まずはエンジンが停止しやすいことが大切ですね。

スぺーシアは、背の高いボディにもかかわらず、意外にしっかりしていたのが操縦安定性。なぜ、安定性が高いのか?それは低い床面によって低重心を実現したことが、走りの安定感を生んでいるんだそうです。

走り出しはとてもスムーズ。自然吸気エンジンの搭載車でもすーっと走り出していく感じで、もたつくような感じはない。これは大幅な軽量化が貢献しているのだろう。

アクセルを踏み込むと副変速機付きのCVTによって滑らかに加速に乗っていく。加速時の騒音はちょっと大きめ。軽さを徹底追求したスペーシアの騒音が大きめになるのはやむを得ない部分がある。軽さによる走りと燃費の向上も大きな価値だからだ。

背の高いボディの割に意外にしっかりしていたのが操縦安定性。低い床面によって低重心を実現したことが、走りの安定感を生んでいる。試乗したXとTは、いずれも14インチタイヤ+フロントスタビライザーを装着したモデルだった。そのことが走りの安定感に貢献した部分があるだろう。

関連する投稿


ダイハツの軽 エッセ|スペック・燃費から中古価格までご紹介

ダイハツの軽 エッセ|スペック・燃費から中古価格までご紹介

発売が終了している、ダイハツのエッセは街乗りに丁度いい仕様で作られています。エッセの中古車には、燃費性のに走行性能など様々な点で期待することができます。今回の記事では、ダイハツの軽自動車「エッセ」」の性能や燃費に、中古車価格などをまとめてご紹介していきます。


日産 ティーダの新車・中古車価格、スペック、燃費、ユーザー評価一覧

日産 ティーダの新車・中古車価格、スペック、燃費、ユーザー評価一覧

日産が過去に発売していたティーダ。このティーダはハッチバックスタイルの車で、実質的にはサニーの後継車だ、ともいわれています。2004年に発売され、日本では2012年に発売を終了しましたが、海外では今もなお発売されています。そんなティーダについて本記事では改めてまとめています。


ダイハツ ハイゼットカーゴの新車・中古車価格、スペック、燃費、評価

ダイハツ ハイゼットカーゴの新車・中古車価格、スペック、燃費、評価

みなさんはダイハツのハイゼットカーゴをご存知でしょうか。 ハイゼットカーゴはダイハツの数ある車種の中でも歴史の長い車種になります。本記事ではハイゼットカーゴの気になる情報をまとめています。


ホンダ フィットの新車・中古車価格、スペック、燃費、ユーザー評価一覧

ホンダ フィットの新車・中古車価格、スペック、燃費、ユーザー評価一覧

ホンダのコンパクトハッチバック、フィット。みなさんも運転中や道端で見かけたことがあるのではないでしょうか。軽自動車を除いたホンダの乗用車では最も小型な車で、走行性能と燃費の良さに定評があります。そんなフィットについて本記事新車・中古車価格、スペック、燃費、ユーザー評価などの情報をまとめています。


日産の軽自動車にはOEMが多い?現行モデルの価格、スペック等一覧で紹介

日産の軽自動車にはOEMが多い?現行モデルの価格、スペック等一覧で紹介

日産の軽自動車はOEM車は日産と三菱の出費で株式会社NMKVが作って販売しています。NMKVとはどんな会社なのか、ハイブリットやEV、安全装置はどうなっているのか性能や内容を詳しく解説します。売れ筋の新型車両にもぜひ注目してください。


最新の投稿


1ナンバーに関係するお金の話:任意保険は?維持費は?

1ナンバーに関係するお金の話:任意保険は?維持費は?

1ナンバーとは、何なのか?1ナンバーで気になる税金の事について、どの費用がいくら位かかるのかを4ナンバーの比較を交えて、任意保険や維持費などを紹介します。車にかかる費用は他にも色々あります。細かい部分まで掘り下げて疑問をスッキリさせてみましょう。


【タイミングチェーンとは】交換時期や費用、ベルトとの違いや異音の説明も

【タイミングチェーンとは】交換時期や費用、ベルトとの違いや異音の説明も

車検を受ける際はさまざまなパーツを換える必要がありますが、タイミングチェーンというパーツもよく換える場合があります。 タイミングチェーンを換える場合は車検費用が高くなるでしょう。 ここでは、タイミングチェーンについて、その交換時期や費用、タイミングベルトとの違いや異音の原因と対処法まで一挙ご紹介します。


【スクールゾーンの規制】標識や時間帯、違反時の罰則と許可証の申請について

【スクールゾーンの規制】標識や時間帯、違反時の罰則と許可証の申請について

スクールゾーンの法的根拠や、具体的にどのような規制があるか、その表示方法などと、車の通行ができない場合の許可についてわかりやすく解説しています。違反した場合には罰則もあるので、標識などで確認することが大事です。


ローダウンはかっこいい?やり方は?車検は通る?

ローダウンはかっこいい?やり方は?車検は通る?

ローダウンは車好きが乗るイメージが強いです。合法化されてからは、街中でも見かけるようになりましたね。ローダウンの仕組みやジャッキの使いかたは気になりますね。ローダウンの乗り心地や、車検に通るのかまで一気に詳しく紹介していきます。


マットブラックは大変?塗装は自分でできる?コーディング方法も紹介

マットブラックは大変?塗装は自分でできる?コーディング方法も紹介

あなたはマットブラックに塗装された車を見たことはありますか?独特の存在感がありますよね。深みのある色合いが車ファンを魅了しています。今回はマットブラックに塗装することのメリット・デメリット、コーティングなどによるお手入れの方法も紹介していきます。