目次へ戻る

【世界初公開】レクサスLF-1 リミットレス爆誕!これが次世代レクサスだ!

【世界初公開】レクサスLF-1 リミットレス爆誕!これが次世代レクサスだ!

レクサスは、米国のデトロイトにて2018年1月14日(日)から開催されているデトロイトモーターショー2018でクロスオーバーのコンセプトカー「Lexus LF-1 Limitless」を世界初公開しました。本記事ではレクサスLF-1リミットレスの最新情報をお届けいたします。エクステリア・インテリア・ボディサイズ他。


世界初公開 クロスオーバーコンセプト・レクサスLF-1 リミットレスが爆誕

レクサスは、米国のデトロイトにて2018年1月14日(日)から開催されているデトロイトモーターショー2018でクロスオーバーのコンセプトカー「Lexus LF-1 Limitless」を世界初公開しました。

レクサスによれば、ラグジュアリークロスオーバー市場の先駆者として、多様化するお客様のライフスタイルに対し、新しいラグジュアリーの方向性を提案するとのこと。

また、フラッグシップ・クロスオーバー「Lexus LF-1 Limitless」は、LEXUSの次世代デザインの可能性を示し、自動運転技術を搭載するコンセプトカーとなっています。

レクサスLF-1 リミットレス 動画

レクサスLF-1 リミットレス エクステリア

長いノーズと後方に構えたキャビンや、クロスオーバーでありながら重心を低く感じさせるボディにより、走りを予感させる力強いプロポーションを実現しました。

また、フロントは、大径タイヤとともに張り出したフェンダーと長いフードを組み合わせ、ワイドなスタンスと力強いスピンドルグリルを立体的に表現しています。

レクサスの代名詞とも言えるスピンドルグリルが、やや大きくなり、カットがより大胆になっていますね。また、ヘッドランプがより細くなり、スポーティーにデザインされていることがわかります。

レクサスによれば、ヘッドランプは、フロントの立体的な造形に一体化するように進化させ、リヤは薄く水平に抜けたリヤコンビ―ネーションランプにより、ワイド感を強調したそうです。

全体的にシャープなデザインとなったLexus LF-1 Limitlessですが、これは鍛え抜かれた日本刀にインスピレーションを受け、熱く溶けた滑らかな金属を硬質で鋭利な形状に凝縮したかのような、どこから見ても流れるような動きを持つしなやかな造形を表現したとのことです。

リヤは薄く水平に抜けたリヤコンビ―ネーションランプにより、ワイド感を強調しています。さらに、左右に分かれたリヤスポイラーが大きなガラスルーフの開放感を引き立てます。

後ろ姿は、少しトヨタのC-HRに似ていますね。

レクサスLF-1 リミットレス インテリア

レクサスLF-1 リミットレス、インテリアについても見ていきましょう。

前席は、ドライバーのジェスチャーを検知することで操作を行うモーションコントローラーや直感的なディスプレイ表示など、最先端のインターフェイスを採用しました。

さらに、ステアリング上にパーキングやリバースなどを含めたシフト操作を集約しました。驚くべきはシフトレバーがなく、スイッチの少ないこと!!!

シンプルな空間と運転に集中できるコクピットが存在していますね。

後席は、フラッグシップ・クロスオーバーにふさわしいくつろぎの空間を提供するべく、開放的なレッグスペースに加えて、リヤシートエンターテインメントシステムや快適機能などをマルチオペレーションパネルで一括して操作することで、高い利便性・快適性を実現。

レクサスLF-1 リミットレス ボディサイズ

 
【レクサスLF-1 リミットレス】 
ボディサイズ(全長×全幅×全高)5,014×1,986×1,605mm(ホイールベース:2,974mm)

先進技術満載のレクサスLF-1 リミットレス

レクサスの自動運転技術の提案として、目的地までの運転操作を車両側が担うショーファーモードを搭載。

この技術により、スムーズで効率の高い走行を実現するとともに、交通事故の低減を支援します。

また、ナビゲーションに時間の概念を導入し、車両や交通の状況に応じた判断により、休憩やレストランの提案、ホテルの予約などを可能とした4Dナビゲーションシステムを搭載します。

その情報は、ナビディスプレイのほか、リヤシートエンターテインメントシステム、さらには乗員のスマートフォンやタブレットへ表示が可能です。

2025年、レクサスはすべて電動専用車・電動グレード設定車に移行

また、2025年頃までに、グローバルに展開する全てのLEXUSモデルを電動専用車、電動グレード設定車とすることを見据えており、「Lexus LF-1 Limitless」は、従来のガソリンエンジンやハイブリッドに加えて、プラグインハイブリッド(PHV)、さらには電気(EV)や燃料電池(FCV)を含めたパワートレーンの搭載を想定しています。

おまけ:LF-1リミットレス画像を現地よりお届け!!

最後に

いかがでしたか。次世代レクサス、LF-1リミットレスについて最新情報をお届けいたしました。

現地画像を見ると明らかですが、LF-1リミットレスはコンセプトカーという位置づけではあるものの、インテリアのひとつひとつのパーツが量産車のようなディテールを持っており、また、市販車へのリアリティが現れるといわれるタイヤ回りに注目しても、ブレーキディスクやキャリパー、アルミホイールからタイヤまで、すべて量産車然としたリアリティがあることがわかります。

そのため、今後の販売にも期待が高まります。

新情報が出次第、引き続き更新していきたいと思います!

関連する投稿


【日本発売は?】レクサス初のミニバンLM300h!上海モーターショーで初公開

【日本発売は?】レクサス初のミニバンLM300h!上海モーターショーで初公開

レクサスは、4月16日に開幕した上海モーターショー2019で、レクサスブランド初となるミニバンタイプの新型車『LM』(LM300h)を世界初公開しました。大注目のLMの最新情報について見ていきましょう。最新のエクステリア画像・インテリア画像も満載です。そして一番気になるポイント…日本導入はあるんでしょうか?


【ニューヨークモーターショー2019】スバルのアウトバック 新型発表へ

【ニューヨークモーターショー2019】スバルのアウトバック 新型発表へ

スバルの米国部門は4月10日、米国で4月17日に開幕するニューヨークモーターショー2019において、新型『アウトバック』(日本名:『レガシィ アウトバック』に相当)を初公開すると発表しました。


【上海モーターショー】トヨタのC-HR(シーエイチアール)のEVがついに登場!!!

【上海モーターショー】トヨタのC-HR(シーエイチアール)のEVがついに登場!!!

トヨタは、上海モーターショーにてSUVのC-HRのEVモデルをワールドプレミアすると発表しました。


【ジュネーブモーターショー2019】VWのパサートに初搭載!トラベルアシスト

【ジュネーブモーターショー2019】VWのパサートに初搭載!トラベルアシスト

フォルクスワーゲンは、ジュネーブモーターショー2019において、改良新型『パサート』(Volkswagen Passat)シリーズを初公開し、同車に「トラベルアシスト」(Travel Assist)を初搭載すると発表しました。 トラベルアシストとはいったい……?


【ジュネーブモーターショー2019】ルノークリオ新型にR.S.ライン登場!

【ジュネーブモーターショー2019】ルノークリオ新型にR.S.ライン登場!

ルノーはジュネーブモーターショー2019において、新型『クリオ』(Renault Clio。日本名:『ルーテシア』に相当)にスポーティーな「R.S.(ルノースポール)ライン」を設定すると発表しています。


最新の投稿


アウディQ3の派生形最新クーペSUV 名称はQ4になる?

アウディQ3の派生形最新クーペSUV 名称はQ4になる?

アウディのコンパクトSUV『Q3』の派生モデルとして設定が予定されているクーペSUVの開発車両が、ニュルブルクリンクで初の高速テストを開始しました。名称はQ4になる確率が高い?最新情報をまとめています。


映画『マッドマックス』でお馴染み!!世紀末カーのインターセプターとは

映画『マッドマックス』でお馴染み!!世紀末カーのインターセプターとは

映画マッドマックスで有名になったインターセプターのベースとなる車が、【フォード ファルコンXB GTクーペ 1973(V8インターセプター)】です。40代後半から70代のカーマニアを熱狂させた車を紹介し、レプリカと中古車やミニカーのプラモデルにまで、映画の世界観と共にインターセプターを紹介しましょう。


マツダ3 5月24日国内発売!アクセラの後継車・価格やエンジン情報も

マツダ3 5月24日国内発売!アクセラの後継車・価格やエンジン情報も

期待の一台がついに国内発売されます。その名もアクセラという名称を改めた、マツダ3です。マツダ3という名称は国外で使用されていましたが、今回のフルモデルチェンジで日本でも世界統一名となるマツダ3に名称が変更されました。価格は約218万円(ハッチバック)、約247万円(セダン)です。本日5月24日よりガソリン1.5Lとディーゼルモデルが発売されます。


【復活】あのイタリア名門ブランド・デトマソが7月に新型車を初公開

【復活】あのイタリア名門ブランド・デトマソが7月に新型車を初公開

みなさんは、【復活】あの名門ブランド・デトマソが7月に新型車を初公開あの名門ブランド、デトマソをご存知でしょうか。デトマソは1959年に設立したイタリアの名門ブランドです。2004年に惜しまれながらも解散してしまいました。そのため、7月に新型車を発表するという情報はとても喜ばしいものなのではないでしょうか。本記事では改めてデトマソについて見ていきましょう。


【カローラセダンの兄弟車】トヨタの中国部門 レビン新型を発売!

【カローラセダンの兄弟車】トヨタの中国部門 レビン新型を発売!

トヨタ自動車の中国部門は5月21日、新型『レビン』(Toyota Levin)を発売しました。このレビンは、カローラセダンの兄弟車にあたります。