目次へ戻る

BMW i8クーペ 改良新型! 最新コネクト採用!最新情報

BMW i8クーペ 改良新型! 最新コネクト採用!最新情報

BMWグループは、米国で開催中のデトロイトモーターショー2018において、改良新型『i8クーペ』に、最新のコネクティビティを採用すると発表しています。最新情報&改めてBMW i8のスペック・価格・基本情報・燃費・試乗感想・評価についてまとめています。


BMW i8クーペ 改良新型、最新コネクト採用

BMWグループは、米国で開催中のデトロイトモーターショー2018において、改良新型『i8クーペ』に、最新のコネクティビティを採用すると発表しました。

一体、最新のコネクティビティとはどんなものなのでしょうか。まとめてみました。

BMW i8クーペ 改良新型 最新コネクティビティとは

改良新型i8クーペには、「コネクテッド・ドライブ」が標準装備されています。

この、コネクテッド・ドライブですが、コンシェルジュサービス、リモートサービス、リアルタイムな交通情報などの機能にアクセスできるもの。

内蔵のSIMカードによって、ドライバーはBMWテレサービスとインテリジェント・エマージェンシー・コールを利用する際、自動で位置検出が可能。コネクテッド・ドライブは、さまざまなアプリと統合することも可能になります。

また、BMWディスプレイキーとスマートフォン&スマートウォッチ用のBMWコネクテッドにより、いつでも車両の状態をチェックできます。

BMWディスプレイキーは、燃料レベル、バッテリー残量、航続、サービスなどの情報を、2.2インチのタッチスクリーンディスプレイに表示。

Alexa音声制御アシスタントやGoogle Homeを使用して、自宅から呼び出される機能、またはリモートサービス経由で制御される機能は、BMWコネクテッドによって表示が可能になります。

BMWコネクテッドAppを導入

さらに、「BMWコネクテッドApp」と「BMWコネクテッド+」と命名された最新デジタルサービスも導入。

道路や走行条件を考慮したルートプランニング、充電ステーションまたはガソリンスタンドの「マイルート」への送信、テキストメッセージとライブリンクによる現在の走行状況の共有、スマートフォンまたはスマートウォッチへの経路案内のシームレスな転送、連絡先の詳細と住所のリンクをナビゲーションシステムに直接インポートできる、などのコネクティビティが利用できますよ。

BMW i8クーペ 改良新型エクステリア画像

【おさらい】BMW i8とは?

BMWのi8は、BMWが製造しているプラグインハイブリッド方式のスポーツカー。2ドアクーぺです。※ちなみに、同じくBMWが手掛けているiシリーズのi3は、電気自動車です。

ちなみに、i8は、アイエイト、と読みます。

2014年に販売開始されました。アイエイトはBMW初めてのバタフライドアの採用車でもあります。

BMW i8 スペック/燃費/ボディサイズ/駆動方式

 
【BMW i8】 スペック表
ボディサイズ(全長×全幅×全高)4,690×1,940×1,300mm(ホイールベース:2,800mm)
最大乗車定員4名
車両重量1,510kg
燃費JC08モード:19.4km/L
エンジン種類直列3気筒DOHC
最高出力(kW(PS)/rpm)170kW (231PS) /5800rpm
最大トルク(N・m/rpm)320N·m (32.6kgf·m) /3700rpm
駆動方式4輪駆動
トランスミッション電子油圧制御式6速AT

BMW i8 充電時間はどれくらい必要?

イエローカラーの特別仕様BMW i8 プロトニック フローズン イエロー

i8は、自宅で簡単に充電が可能です。

付属の普通充電ケーブルがあるので、それをEV専用充電コンセント(200V/15A)またはBMW i 販売店で購入可能なBMW i ウォールボックス・ピュアから充電できます。

充電に必要とする時間は約2.5〜3時間 。また、全国13,748カ所に設置している充電ステーションでも充電できますよ。

BMW i8は走行中でも充電可能ってホント?

BMW i8 プロトニック フローズン イエロー

BMW i8は走行中でも充電を行うことができるんです!

ガソリン・エンジンとインテリジェント・エネルギー・マネジメントが走行中に必要なエネルギーのバランスを最適に確保します。

ジェネレーターを介してブレーキエネルギーが回収した電力は、高性能リチウムイオン・バッテリーに充電されます。

このエネルギーを使うことで圧倒的なパフォーマンスを発揮することができるんですね。

BMW i8 新車価格は?

BMW i8、気になる新車価格はいくらくらいなのでしょうか。

新車価格は、20,340,000円でした。正直なかなか手が出せるお値段ではありませんが、性能や大きさ、そしてありあまる魅力を考慮するとこれくらいのお値段になるのでしょう…。

BMW i8 試乗感想・評価は?

街中での試乗ということで、本格的なパフォーマンスについてはここでは語れないが、前述した362psについて、大したことないじゃん?と高をくくって踏み込むと、これまた驚くような加速を示す。電気の威力がこうしたところで発揮される。つまり、おお~!となるわけで、スーパーカー的アピアランスの顔を潰さない性能も見せるのである。しかし、少なくとも街中の走りにおいて、これほど気を遣わず、そして快適で、運転が楽で、同時に周囲からは間違いなくスーパーカーとして認知されるクルマは他にあるまい。そうした点でi8は周囲に対して見せる顔と、ドライバーに対して見せる顔が全く異なるクルマだった。

PHVとしては元々バッテリーをそれほど多く搭載していない関係で、フル充電で35km走れるそうだが、これに7割レート(たいていの場合、メーカー公表値の7割ほどしか走れないという)を当てはめると、24.5km。まあそんなもんかと思う。例によって、スポーツモード、エコプロモード、それにコンフォートモードの走行モードが選択できるのはBMWの公式通り。加えて電気のみで走る「e drive」が存在する。

i8にロードスター登場!PHVのオープンスポーツ

BMW i8ロードスター

そして!!i8のロードスターが登場です。

BMWは11月29日、米国で開幕したロサンゼルスモーターショー2017において、『i8ロードスター』を初公開しました。
『i8』のオープンモデル。クーペボディのみのi8に、ロードスターが追加され、iブランドは『i3』を含めて、3車種にラインナップを拡大することになりました。

パワートレインは、前輪をモーター、後輪をエンジンで駆動するPHVスポーツカー。エンジンは1.5リットル直列3気筒ガソリンターボで、最大出力231hp、最大トルク32.6kgmを発生。モーターは最大出力143hp。エンジンとモーターを合わせて、最大出力374hpを引き出す。

モーターとエンジンがフル稼働した状態では、0~100km/h加速4.6秒、最高速250km/h(リミッター)のパフォーマンスを実現。二次電池は、蓄電容量11.6kWhのリチウムイオンバッテリー。EVモードでは最大53kmをゼロエミッション走行可能。

また、i8ロードスターは欧州複合モード燃費47.6km/リットル、CO2排出量46g/kmと公表。全自動のルーフは15秒で開閉でき、50km/h以下なら走行中でも開閉できる。

最後に

本記事では、BMW i8の最新情報をお届けしました。最新コネクトが追加され、ロードスターも販売されるBMW i8。 プラグインハイブリッドカーに興味がなかった方でも、BMWは気になってしまう…。そんな方も多いのでは?

気になる方はぜひ一度販売店へ足を運んでみてくださいね!

関連するキーワード


BMW 車種情報

関連する投稿


走りにこだわったBMW 523の魅力|価格や燃費を解説

走りにこだわったBMW 523の魅力|価格や燃費を解説

BMWのシリーズでも、世界的に人気のある5シリーズ。今回は、BMW 523のスペックや価格、燃費などについて解説していきます。


走りの楽しさを追求したBMW X3の中古価格、評価、燃費を徹底解説!

走りの楽しさを追求したBMW X3の中古価格、評価、燃費を徹底解説!

走りの楽しさを追求した「BMW X3(クロススリー)」シリーズ。 2004年に発売されてから、2011年に2代目へ。 そして、2017年に3代目が発売されました。 この記事では、最新の3代目を中心に「BMW X3」について機能や燃費、評価、価格などをご紹介しております。


BMW 5シリーズってどんな車?スペックや走行性能、価格は?

BMW 5シリーズってどんな車?スペックや走行性能、価格は?

BMW5シリーズは、BMWの中でも中心的なモデルです。販売台数の多くを占める5シリーズの歴史や概要はどのようなものでしょうか?新しくなった5シリーズの特徴と共に、紹介していきます。よりラグジュアリー度合いが増した5シリーズの魅力を徹底解剖していきましょう。


新型BMW 3シリーズの変化まとめ!モデルチェンジで変わった点は?

新型BMW 3シリーズの変化まとめ!モデルチェンジで変わった点は?

BMW 3シリーズは、2019年に新しいモデルへとモデルチェンジをしました。これまでもBMWの中心となるモデルでしたが、さらに魅力ある車へと変化しています。3シリーズの歴史や、特徴となる点を解説します。また新型になった3シリーズのインテリアやエクステリアのポイントも紹介していきましょう。


BMW 1シリーズはFRからFFへ!フルモデルチェンジの情報は?

BMW 1シリーズはFRからFFへ!フルモデルチェンジの情報は?

BMW1シリーズは、コンパクトでありながらもBMWの走りを楽しめる魅力あるモデル。2019年にはモデルチェンジが予定されており、新型1シリーズに変化することが予想されていますが、どのように変わっていくのでしょうか?現行モデルとの比較や、新型1シリーズの特徴を解説します。


最新の投稿


1ナンバーに関係するお金の話:任意保険は?維持費は?

1ナンバーに関係するお金の話:任意保険は?維持費は?

1ナンバーとは、何なのか?1ナンバーで気になる税金の事について、どの費用がいくら位かかるのかを4ナンバーの比較を交えて、任意保険や維持費などを紹介します。車にかかる費用は他にも色々あります。細かい部分まで掘り下げて疑問をスッキリさせてみましょう。


【タイミングチェーンとは】交換時期や費用、ベルトとの違いや異音の説明も

【タイミングチェーンとは】交換時期や費用、ベルトとの違いや異音の説明も

車検を受ける際はさまざまなパーツを換える必要がありますが、タイミングチェーンというパーツもよく換える場合があります。 タイミングチェーンを換える場合は車検費用が高くなるでしょう。 ここでは、タイミングチェーンについて、その交換時期や費用、タイミングベルトとの違いや異音の原因と対処法まで一挙ご紹介します。


【スクールゾーンの規制】標識や時間帯、違反時の罰則と許可証の申請について

【スクールゾーンの規制】標識や時間帯、違反時の罰則と許可証の申請について

スクールゾーンの法的根拠や、具体的にどのような規制があるか、その表示方法などと、車の通行ができない場合の許可についてわかりやすく解説しています。違反した場合には罰則もあるので、標識などで確認することが大事です。


ローダウンはかっこいい?やり方は?車検は通る?

ローダウンはかっこいい?やり方は?車検は通る?

ローダウンは車好きが乗るイメージが強いです。合法化されてからは、街中でも見かけるようになりましたね。ローダウンの仕組みやジャッキの使いかたは気になりますね。ローダウンの乗り心地や、車検に通るのかまで一気に詳しく紹介していきます。


マットブラックは大変?塗装は自分でできる?コーディング方法も紹介

マットブラックは大変?塗装は自分でできる?コーディング方法も紹介

あなたはマットブラックに塗装された車を見たことはありますか?独特の存在感がありますよね。深みのある色合いが車ファンを魅了しています。今回はマットブラックに塗装することのメリット・デメリット、コーティングなどによるお手入れの方法も紹介していきます。