目次へ戻る

ジープの人気SUVレネゲード改良新型!日本発売は2020年?!最新情報

ジープの人気SUVレネゲード改良新型!日本発売は2020年?!最新情報

ジープの最小クロスオーバーSUV、レネゲードが改良されて登場します。改良新型は2020年の登場予定です!エクステリアデザインが変更され、新たな装いを感じさせるレネゲード。最新情報をお届けします。


ジープの人気SUV・レネゲードが改良されて登場!

ジープブランド最小クロスオーバーSUV『レネゲード』が、初のフェイスリフトを迎えます。

エクステリアデザインのリフレッシュと、インフォテイメントシステムの向上が期待される改良新型プロトタイプの姿をとらえました。

新型のレネゲード、改良された点は?

改良されるレネゲード。どこが変更されるのでしょうか。

現行レネゲードですが、プラットフォームには「スモール ワイド4×4アーキテクチャー」を採用し、ジープらしい丸型ヘッドライトや7スロットグリルを特徴としています。

改良新型では、丸型ヘッドライトはそのままにグリルやエアダクトデザインを一新するほか、テールライトのグラフィックやリアバンパーもリフレッシュされる予定。

また今回はコックピットの一部の撮影にも成功。カバーで覆われているものの、センタースタックが刷新され、現行の6.5インチディスプレイはさらに大型化されている模様です。

インフォテイメントシステムが大幅に向上されます。

新型レネゲード、気になるパワートレインは

パワートレインは、現行モデルの1.4リットル直列4気筒ターボチャージャーエンジン、及び2.4リットル自然吸気4気筒エンジンがキャリオーバーされると見られますが、最高出力アップの可能性もあるようです。

ワールドプレミアは2018年?

ワールドプレミアは、2018年秋のLAショーが有力。日本導入は2020年と予想されています。

【おさらい】レネゲードについて知りたい!

ジープの最小SUV!レネゲード知ってる?

レネゲードは、ジープ初のコンパクトモデルとしてフィアットと共同開発されました。

フィアット『500X』の兄弟車として2015年から販売されています。レネゲードとは、英語で「反逆者」という意味。プラットフォームは、500Xと同じく、GMと共同開発を行った「スモールワイド4×4アーキテクチャー」を採用しています。

グレードは、オンロード志向の「Longitude」、「Limited」と「アクティブドライブロー」採用で悪路走破性を高めた「Trailhawk」があります。

ジープ レネゲード スペック

 
【ジープ レネゲード(トレイルホーク)】 スペック表
ボディサイズ(全長×全幅×全高)4,260×1,805×1,725mm(ホイールベース:2,570mm)
最大乗車定員5名
最低地上高200mm
車両重量1,560kg
燃費JC08モード:10.4km/L
エンジン種類直列4気筒マルチエア16バルブ
最高出力(kW(PS)/rpm)129kW (175PS) /6,400rpm
最大トルク(N・m/rpm)230N·m (23.5kgf·m) /3,900rpm
タンク容量 48L
駆動方式4輪駆動
トランスミッション電子制御式9速オートマチック

ジープ レネゲード(トレイルホーク) 試乗評価・レビュー

エンジンのスペックは175馬力、23.5kgmで最大トルク値はFF系に搭載される1.4リットルターボと同じ。ただし、発生回転数はこちらの自然吸気のほうが高い。それをカバーしているのが9速のミッションだ。低いギヤ比でトルクをアップしタイヤに伝えることと、9速という多段化によってスムーズな走りを実現している。FFのようなスッキリした加速ではないが、SUV…というよりはクロカン4WDらしいドッシリとした加速感が楽しめるのがいい部分。

ハンドリングはFFに比べるとゆったりとしたもの。タイヤサイズは同じだが、FFがオンロードよりのタイヤを採用しているのに対し、トレイルホークはグッドイヤーのベクター4シーズンというM+S(マッド&スノー)タイヤを履く。このベクター4シーズンはちょっとした雪くらいは走れてしまうくらいにスノー性能が高いタイヤ。ゆったり感のある乗り心地はこのタイヤと、FFよりも30mm高い車高から生み出されるのだろう。FFモデル同様に車線逸脱警告のレーンセンスが装着されるが、その制御の強さは4WDのトレイルホークのほうがきついように感じた。

※上記のレビューはすべて、トレイルホークグレードの内容です。

ジープ レネゲード グレード別新車価格

気になるレネゲード、価格はどれくらいなのでしょうか。まとめてみました。
●LONGITUDE 2,970,000円
●LIMITED 3,186,000円
●TRAILHAWK 3,456,000円



【参考】
余談ですが、フィアット500Xはこのような価格帯になっています。
■Pop Star 288万3,600円
■Pop Star Plus 312万1,200円
■Cross Plus 339万1,200円

最後に

ジープブランドの中でもっともコンパクトなモデル、レネゲードについてご紹介しましたがいかがでしたでしょうか。

ジープらしい走破性は持ちながらも、どこか走りは軽快で、フィアットXのコロンとした可愛らしさ、デザイン性を兼ね備えたレネゲード。

改良新型の日本発売は2020年ごろかと言われています。楽しみですね。

関連する投稿


いつかは乗りたい!憧れのアメ車SUVの魅力や人気の中古車教えます

いつかは乗りたい!憧れのアメ車SUVの魅力や人気の中古車教えます

街中をさっそうと走り抜ける大型のカッコいいアメ車SUVの魅力について解説しているページです。アメ車SUVの魅力や人気車種・メーカー、あるいは中古のアメ車SUVの選び方や人気のカスタムカーまで幅広く役立ち情報をご紹介しています。国産好きもアメ車SUVに興味がある方も是非ご覧ください。


【5月6日発売】レクサスのSUV NX一部改良!価格は約442万円から

【5月6日発売】レクサスのSUV NX一部改良!価格は約442万円から

レクサスは、SUVのNXを一部改良し、5月6日より販売を開始すると発表しました。価格や、改良点など気になる情報をまとめています。


実力派のスバル レガシィアウトバック|特徴や価格、スペックは?

実力派のスバル レガシィアウトバック|特徴や価格、スペックは?

スバル レガシィアウトバックは、人気のクロスオーバーSUVです。しかし、その歴史は古く、SUVとしての性能はかなり高く、実力派であると言えます。今回は歴代のレガシィアウトバックから最新モデルまで、特徴やスペック、中古価格などをご紹介していきます。


「e-BOXER」追加でさらに人気のスバルXV|スペックや燃費・価格・評価一覧

「e-BOXER」追加でさらに人気のスバルXV|スペックや燃費・価格・評価一覧

人気のクロスオーバーSUVである、スバルXV。2018年10月にハイブリッドシステム「e-BOXER」も追加され、さらなる人気を博すスバルXVの特徴やスペック、価格、そして気になる燃費を紹介します。


【4月10日発売】トヨタの新型RAV4発売!最新情報まとめ

【4月10日発売】トヨタの新型RAV4発売!最新情報まとめ

4月10日本日、トヨタの新型RAV4が発売になりました。本記事では気になる最新情報をまとめています。新車価格、試乗記、エクステリア・インテリア画像、オフロードを象徴した「アドベンチャー」設定情報ほか【随時更新】


最新の投稿


1ナンバーに関係するお金の話:任意保険は?維持費は?

1ナンバーに関係するお金の話:任意保険は?維持費は?

1ナンバーとは、何なのか?1ナンバーで気になる税金の事について、どの費用がいくら位かかるのかを4ナンバーの比較を交えて、任意保険や維持費などを紹介します。車にかかる費用は他にも色々あります。細かい部分まで掘り下げて疑問をスッキリさせてみましょう。


【タイミングチェーンとは】交換時期や費用、ベルトとの違いや異音の説明も

【タイミングチェーンとは】交換時期や費用、ベルトとの違いや異音の説明も

車検を受ける際はさまざまなパーツを換える必要がありますが、タイミングチェーンというパーツもよく換える場合があります。 タイミングチェーンを換える場合は車検費用が高くなるでしょう。 ここでは、タイミングチェーンについて、その交換時期や費用、タイミングベルトとの違いや異音の原因と対処法まで一挙ご紹介します。


【スクールゾーンの規制】標識や時間帯、違反時の罰則と許可証の申請について

【スクールゾーンの規制】標識や時間帯、違反時の罰則と許可証の申請について

スクールゾーンの法的根拠や、具体的にどのような規制があるか、その表示方法などと、車の通行ができない場合の許可についてわかりやすく解説しています。違反した場合には罰則もあるので、標識などで確認することが大事です。


ローダウンはかっこいい?やり方は?車検は通る?

ローダウンはかっこいい?やり方は?車検は通る?

ローダウンは車好きが乗るイメージが強いです。合法化されてからは、街中でも見かけるようになりましたね。ローダウンの仕組みやジャッキの使いかたは気になりますね。ローダウンの乗り心地や、車検に通るのかまで一気に詳しく紹介していきます。


マットブラックは大変?塗装は自分でできる?コーディング方法も紹介

マットブラックは大変?塗装は自分でできる?コーディング方法も紹介

あなたはマットブラックに塗装された車を見たことはありますか?独特の存在感がありますよね。深みのある色合いが車ファンを魅了しています。今回はマットブラックに塗装することのメリット・デメリット、コーティングなどによるお手入れの方法も紹介していきます。