目次へ戻る

ジープの人気SUVレネゲード改良新型!日本発売は2020年?!最新情報

ジープの人気SUVレネゲード改良新型!日本発売は2020年?!最新情報

ジープの最小クロスオーバーSUV、レネゲードが改良されて登場します。改良新型は2020年の登場予定です!エクステリアデザインが変更され、新たな装いを感じさせるレネゲード。最新情報をお届けします。


ジープの人気SUV・レネゲードが改良されて登場!

ジープブランド最小クロスオーバーSUV『レネゲード』が、初のフェイスリフトを迎えます。

エクステリアデザインのリフレッシュと、インフォテイメントシステムの向上が期待される改良新型プロトタイプの姿をとらえました。

新型のレネゲード、改良された点は?

改良されるレネゲード。どこが変更されるのでしょうか。

現行レネゲードですが、プラットフォームには「スモール ワイド4×4アーキテクチャー」を採用し、ジープらしい丸型ヘッドライトや7スロットグリルを特徴としています。

改良新型では、丸型ヘッドライトはそのままにグリルやエアダクトデザインを一新するほか、テールライトのグラフィックやリアバンパーもリフレッシュされる予定。

また今回はコックピットの一部の撮影にも成功。カバーで覆われているものの、センタースタックが刷新され、現行の6.5インチディスプレイはさらに大型化されている模様です。

インフォテイメントシステムが大幅に向上されます。

新型レネゲード、気になるパワートレインは

パワートレインは、現行モデルの1.4リットル直列4気筒ターボチャージャーエンジン、及び2.4リットル自然吸気4気筒エンジンがキャリオーバーされると見られますが、最高出力アップの可能性もあるようです。

ワールドプレミアは2018年?

ワールドプレミアは、2018年秋のLAショーが有力。日本導入は2020年と予想されています。

【おさらい】レネゲードについて知りたい!

ジープの最小SUV!レネゲード知ってる?

レネゲードは、ジープ初のコンパクトモデルとしてフィアットと共同開発されました。

フィアット『500X』の兄弟車として2015年から販売されています。レネゲードとは、英語で「反逆者」という意味。プラットフォームは、500Xと同じく、GMと共同開発を行った「スモールワイド4×4アーキテクチャー」を採用しています。

グレードは、オンロード志向の「Longitude」、「Limited」と「アクティブドライブロー」採用で悪路走破性を高めた「Trailhawk」があります。

ジープ レネゲード スペック

 
【ジープ レネゲード(トレイルホーク)】 スペック表
ボディサイズ(全長×全幅×全高)4,260×1,805×1,725mm(ホイールベース:2,570mm)
最大乗車定員5名
最低地上高200mm
車両重量1,560kg
燃費JC08モード:10.4km/L
エンジン種類直列4気筒マルチエア16バルブ
最高出力(kW(PS)/rpm)129kW (175PS) /6,400rpm
最大トルク(N・m/rpm)230N·m (23.5kgf·m) /3,900rpm
タンク容量 48L
駆動方式4輪駆動
トランスミッション電子制御式9速オートマチック

ジープ レネゲード(トレイルホーク) 試乗評価・レビュー

エンジンのスペックは175馬力、23.5kgmで最大トルク値はFF系に搭載される1.4リットルターボと同じ。ただし、発生回転数はこちらの自然吸気のほうが高い。それをカバーしているのが9速のミッションだ。低いギヤ比でトルクをアップしタイヤに伝えることと、9速という多段化によってスムーズな走りを実現している。FFのようなスッキリした加速ではないが、SUV…というよりはクロカン4WDらしいドッシリとした加速感が楽しめるのがいい部分。

ハンドリングはFFに比べるとゆったりとしたもの。タイヤサイズは同じだが、FFがオンロードよりのタイヤを採用しているのに対し、トレイルホークはグッドイヤーのベクター4シーズンというM+S(マッド&スノー)タイヤを履く。このベクター4シーズンはちょっとした雪くらいは走れてしまうくらいにスノー性能が高いタイヤ。ゆったり感のある乗り心地はこのタイヤと、FFよりも30mm高い車高から生み出されるのだろう。FFモデル同様に車線逸脱警告のレーンセンスが装着されるが、その制御の強さは4WDのトレイルホークのほうがきついように感じた。

※上記のレビューはすべて、トレイルホークグレードの内容です。

ジープ レネゲード グレード別新車価格

気になるレネゲード、価格はどれくらいなのでしょうか。まとめてみました。
●LONGITUDE 2,970,000円
●LIMITED 3,186,000円
●TRAILHAWK 3,456,000円



【参考】
余談ですが、フィアット500Xはこのような価格帯になっています。
■Pop Star 288万3,600円
■Pop Star Plus 312万1,200円
■Cross Plus 339万1,200円

最後に

ジープブランドの中でもっともコンパクトなモデル、レネゲードについてご紹介しましたがいかがでしたでしょうか。

ジープらしい走破性は持ちながらも、どこか走りは軽快で、フィアットXのコロンとした可愛らしさ、デザイン性を兼ね備えたレネゲード。

改良新型の日本発売は2020年ごろかと言われています。楽しみですね。

関連する投稿


シボレー トレイルブレイザー┃歴史や基本スペック、歴代モデル情報等一覧

シボレー トレイルブレイザー┃歴史や基本スペック、歴代モデル情報等一覧

日本国内でも販売されていたシボレー「トレイルブレイザー」は、本場アメリカのSUVモデルです。欧州のプレミアムカーとして開発が行われ、最新テクノロジーや製造方法など専用の設計になっています。見た目がカッコよく、幅広い年代から支持されるトレイルブレイザー。本記事では歴代モデルごとにご紹介します。


あのスーパーカーメーカーのブガッティ SUVは発売するの?

あのスーパーカーメーカーのブガッティ SUVは発売するの?

ランボルギーニやフェラーリなど、様々なスーパーカーメーカーがSUVを発売している昨今。そんな中、数年前から、ブガッティがクロスオーバーSUVを開発するという噂があります。今回はそのブガッティのSUVの最新CGを入手しました!本記事では最新情報をまとめています。


【2019年復活】トヨタ 新型RAV4 デザインや価格、仕様はどうなる!?

【2019年復活】トヨタ 新型RAV4 デザインや価格、仕様はどうなる!?

トヨタの世界戦略車の一つ、クロスオーバーSUVのRAV4が2019年4月に日本復活すると公式サイトより発表がありました。新型RAV4の予想されるデザインや、スペック、価格などについて掲載しています。【8月14日更新】


トヨタ RAV4(ラヴフォー)新型 評価・価格・中古車価格・燃費ほか最新情報

トヨタ RAV4(ラヴフォー)新型 評価・価格・中古車価格・燃費ほか最新情報

2019年4月10日より発売されたトヨタのSUV、RAV4(ラヴフォー)。本記事ではトヨタのRAV4新型に関する最新情報をまとめてご紹介します。日本での発売日はいつ?デザインはどうなる?価格はいくらくらい?エンジンは?RAV4新型の情報を渇望している貴方にこの記事を贈ります!【8月14日更新】


悪魔のSUV!? レズバニの新型クロスオーバーSUV タンクXがヤバい!

悪魔のSUV!? レズバニの新型クロスオーバーSUV タンクXがヤバい!

レズバニの最強SUVが登場します。米国カリフォルニア州に本拠を置く新興メーカー、それがレズバニ。このレズバニが予告していたのがタンクXです。本記事ではこのタンクXに関する最新情報をまとめています。


最新の投稿


兵庫県内の道の駅一覧~南東部・阪神編~

兵庫県内の道の駅一覧~南東部・阪神編~

今回は兵庫県内の道の駅をご紹介します。阪神地区のほか淡路島へと渡りながら、南東部と阪神編としてまとめています。


滋賀県内の道の駅一覧~滋賀県南部編~

滋賀県内の道の駅一覧~滋賀県南部編~

今回紹介するのは、京都寄りに相当する琵琶湖南部にある道の駅についてご紹介します。琵琶湖観光を兼ねて、道の駅を散策してみましょう。


山口県東部の道の駅

山口県東部の道の駅

海沿いのドライブデートもできるのが、瀬戸内海を持つ県の特権でもあります。今回は瀬戸内海側の山口県東部にある道の駅について紹介していきましょう。


香川県南部(琴平地区)の道の駅一覧

香川県南部(琴平地区)の道の駅一覧

こんぴらさんとして親しまれている金刀比羅宮は観光名所としても有名です。今回は、そんな香川県南部の金刀比羅宮を擁する琴平地区を中心にご紹介いたします。


30万円以下で購入できる!中古のホンダ軽自動車5選

30万円以下で購入できる!中古のホンダ軽自動車5選

ホンダ車の軽自動車は、小回りが利き使い勝手が良く、燃費性能が高い軽自動車でありながら、デザイン性が良いのが人気の理由といえますね。今回は、ホンダの軽自動車の中でも30万円以下で購入できる車を5選紹介します。