目次へ戻る

【カーオーディオ選び】スピーカー・タイプを解説

【カーオーディオ選び】スピーカー・タイプを解説

ドライブ中など、車の運転中に欠かせない要素のひとつである「音楽」。こちらの記事ではカーオーディオを選ぶ際のスピーカーに焦点をあて、数種類存在するスピーカー毎の違いなどを解説しています。


コアキシャル・スピーカー

どのような趣味においても、道具選びは楽しいものです。カーオーディオでもそれは同じ。あれでもないこれでもないと、好みの製品を見つけ出すところから楽しみ尽くしましょう。それをサポートするべく当記事を更新します。

モノ選びの指針となるような情報を、多角的にお届けしていこうと思います。まずはスピーカーのタイプ分析から。まず最初に取り上げるのは、「コアキシャル・スピーカー」です。

“コアキシャル”とは、“同軸の”という意味です。というわけで「コアキシャル・スピーカー」とは、ミッドウーファーとトゥイーターが、“同軸上”に設定されたスピーカーを指します。

なお、ミッドウーファーとトゥイーターは別パーツではあるものの、見かけ上は一体化しているために、1つのユニットで全帯域をカバーするスピーカー、つまり、「フルレンジ・スピーカー」と呼ばれる場合もあります。

最近は、「セパレート・スピーカー」が人気ですが、「コアキシャル・スピーカー」も捨てたものではありません。利点をいくつか持っています。

まずは、「インストールが比較的簡単であること」がメリットです。トゥイーターを取り付ける手間があまりかかりません。

2つ目のメリットは、「サウンドがまとまりやすいこと」。音の出所が1か所であり、トゥイーターとミッドウーファー間の時間差や、位相ズレが起こりにくいことにより、このメリットがもたらされます。

ただし、音が足元に溜まりやすい、というデメリットもあります。この部分を敬遠する向きは多く、なので最近は、「セパレート・スピーカー」が主流となっているのです。

とはいえ、「コアキシャル・スピーカー」の音のまとまりの良さは、メリットとして大きいです。その部分を重視して、「コアキシャル・スピーカー」を選ぶという手は、大いにあります。

カスタムフィット・スピーカー(トレードイン)

続いては「カスタムフィット・スピーカー」について解説していきます。

結論から言うと、「カスタムフィット・スピーカー」とは、“簡単装着が可能”なスピーカーです(「トレードイン・スピーカー」と呼ばれる場合もある)。

つまり、ドアの内張りパネルを切る等々の、大がかりな加工をせずとも、装着が可能なのです。なぜに大がかりな加工をしなくてすむのかというと、“奥行き寸法”が短いから、です。

これにより、多くの車種において、ドアの内張りパネル内のクリアランスの中に、スピーカーを収めることができるようなっています。

さらには、車体メーカーごとの取り付け用スペーサーや、ハーネス類が同梱されているモデルも多いです。このようなモデルでは、他のパーツを用意しなくても交換が行えます。

ただし製品によって、同梱されるパーツの中身は異なります。充実度合いに結構な差があるのです。さらには、ある程度同梱パーツが充実している製品であっても、すべての車種に対応しているわけではないのでその点はご注意して頂きたい。

なお、取り付けに必要な各パーツは、それぞれ単品で購入できるのでご心配なきように。スペーサーの役割もする“インナーバッフル”というパーツも、車種別に多彩にラインナップしています。汎用ハーネスや端子類も、ひととおり売られています。

ちなみに言うと、音質面のことを考えるならば、取り付けスペーサーが同梱されていたとしても、既成の“インナーバッフル”を活用したほうが良い結果が得られやすいです。

さらに言うならば、「カスタムフィット・スピーカー」であっても、良い音を得ようと思うなら、ある程度手をかけて取り付けたほうが良いでしょう。簡単に取り付けるよりも、手数をかけたほうが良い音になる。この点は、是非とも覚えておいていただきたい。

コンポーネントスピーカーor単品販売

続いては「コンポーネントスピーカーor単品販売」と題して、それぞれの言葉の意味するところを、端的に解説していきます。

今回は「スピーカー」の製品形態について考えてみます。大きくわけて2とおりがあり、1つが、「コンポーネントスピーカー」(すぺてがセットされたもの)であり、もう1つが、各ユニットが「単品販売」されるタイプです。

どちらかしか設定されていない製品もあれば、両方ともラインナップしている製品もあります。

どちらを選ぶべきかは、自分が組もうとしているシステムレイアウトによって決まります。

“パッシブクロスオーバーネットワーク”を使ったシステムレイアウトを取る場合には、「コンポーネントスピーカー」を選んだほうが手っ取り早いです。

対して、スピーカーユニット1つ1つにパワーアンプの1chをあてがう“マルチアンプシステム”を構築しようと考えるのならば、“パッシブクロスオーバーネットワーク”が要らなくなるので、「単品販売」で必要なスピーカーだけを買い揃えていくほうがお得です。

ただし、実際のところは「単品販売」タイプを用意している製品は、どちらかと言えば少数波。特に、エントリーグレードからミドルグレードの「スピーカー」において、その傾向が顕著です。“マルチアンプシステム”が前提となっていても、「コンポーネントスピーカー」を選ばざるを得ないケースが多くなっています。

ちなみに、開発者目線で考えた場合、“パッシブクロスオーバーネットワーク”も含めた「コンポーネントスピーカー」状態のサウンドが、その製品本来のサウンド、と言えます。設計者は、“パッシブクロスオーバーネットワーク”も含めて、製品の音決めを行っていくからです。

設計者の意図を知ろうと考えるならば、“マルチアンプシステム”を構築する場合でも、1度は「コンポーネントスピーカー」状態の音も聴いておくと良いでしょう。

車種別専用スピーカー

「車種別専用スピーカー」とは、先ほど取り上げた「カスタムフィットスピーカー」の発展型です。「カスタムフィットスピーカー」は、“大がかりな加工を伴わずに取り付けられる”ことを最大の特長としていますが、「車種別専用スピーカー」も、その部分は基本的に同様。その上で、対応車種を絞って製品化されているのが「車種別専用スピーカー」です。

なお、「カスタムフィットスピーカー」は、取り付けに必要な部材が、何から何まで揃えられている、とは限らなかったのだが、「車種別専用スピーカー」では、それらが充実しているモデルが多いです。

結果、工賃以外の部分では費用が膨らまず、予算を計算しやすいというメリットも有しています。

ここ数年、「車種別専用スピーカー」のラインナップは拡充傾向にあり、特に欧米スピーカーメーカーからの新製品リリースが目立っています。

対応車種として目立つのはズバリ、「BMW」です。アメリカンブランドの「ロックフォード・フォズゲート」や、ドイツの「レインボウ」あたりも、「BMW」専用モデルをラインナップしています。フランスの「フォーカル」も「BMW」用のモデルを持っています(同社は、『VW』用や『TOYOTA』用等も擁している)。

また、「カスタムフィットスピーカー」はリーズナブルな製品が主体ですが、「車種別専用スピーカー」では、ハイグレードなモデルも多数見受けられます。「車種別専用スピーカー」=リーズナブル、という図式はあてはまらず、その点も「カスタムフィットスピーカー」との違いです。

カーオーディオ・スピーカー交換に関連する記事

関連する投稿


【急発進を防止】『ペダルの見張り番Ⅱ』 でペダルの踏み間違えを防止!!

【急発進を防止】『ペダルの見張り番Ⅱ』 でペダルの踏み間違えを防止!!

オートバックス専売の、データシステムが手掛けるペダル踏み間違え防止装置『ペダルの見張り番』は自動車のアフターパーツとしては異例の大ヒットでした。そしてついに『ペダルの見張り番Ⅱ』も登場! 高齢者の重大事故が社会問題となっている昨今。本記事では『ペダルの見張り番Ⅱ』とは一体どんなものなのかご紹介していきます。


大ヒット!ペダル踏み間違い防止・対策に「ペダルの見張り番」

大ヒット!ペダル踏み間違い防止・対策に「ペダルの見張り番」

オートバックスセブンから発売されている、ペダル踏み間違え防止装置『ペダルの見張り番』は自動車のアフターパーツとしては異例の大ヒットとなっています。 高齢者の重大事故が社会問題となっている背景もあり、注目されるこの商品ですが、一体どんなものなのか動画も含めてご紹介していきます。


【タイプ別2019年最新情報】おすすめ!人気の高圧洗浄機

【タイプ別2019年最新情報】おすすめ!人気の高圧洗浄機

高圧洗浄機は洗車に使ったり外壁を洗浄したり、あらゆる場所の洗浄に便利なので、購入を考えている人もいるでしょう。そこで今回は、ケルヒャーなどの有名なメーカーを含め、家庭用と業務用のおすすめの高圧洗浄機を紹介します。気になる動作音を抑える静音タイプも紹介しています。


電子ドアミラー?サイドミラーの進化?修理方法も詳しく紹介

電子ドアミラー?サイドミラーの進化?修理方法も詳しく紹介

車に乗るときサイドミラーは調整しますか?実は調整方法をご存知な方は意外と少ないかもしれません。 サイドミラーも年々進化をしており最近ではカメラを搭載することが可能になりました。サイドミラーの修理方法や自分で行う場合のやり方を徹底的に紹介していきます。


ポリマーコーティングによる特別な効果を確認しよう

ポリマーコーティングによる特別な効果を確認しよう

ポリマーコーティングとはどんなものでしょうか。具体的な意味と使用時の効果について、気になる値段を調べてワックスの上手な方法やコーティングの効果や耐久性における詳しい分析について調べてみます。メンテナンスの手入れの方法など、ポリマーコーティングの良さを見ていきます。


最新の投稿


【初公開】三菱のSUV アウトランダースポーツ(RVR)2020年モデル!

【初公開】三菱のSUV アウトランダースポーツ(RVR)2020年モデル!

三菱自動車(Mitsubishi Motors)の米国部門は6月20日、『アウトランダースポーツ』(日本名:『RVR』に相当)の2020年モデルを初公開しました。それによれば、フロントマスクが一新、より力強さを増しています。


ホンダのN-WGN7月に全面改良!改良でどう進化する?

ホンダのN-WGN7月に全面改良!改良でどう進化する?

ホンダのNシリーズ、N-WGNが7月に全面改良されることとなりました。本記事ではN-WGNがどう進化するのか、気になる最新情報をまとめています。そして改めてN-WGNについてもまとめています。


MINIの市販EV クーパーSE 2019年7月9日にデビュー!

MINIの市販EV クーパーSE 2019年7月9日にデビュー!

MINIは6月18日に、MINIの市販EVである、MINI『クーパーS E』(MINI Cooper S E)を7月9日に初公開すると発表しました。


三菱デリカのDシリーズ、それぞれのモデルを紹介!Dとは何なのか

三菱デリカのDシリーズ、それぞれのモデルを紹介!Dとは何なのか

三菱自動車のカーラインナップにあるデリカ、そのデリカにはDという文字がつけられています。筆者はこれをDシリーズとよんでいます、今回はこれらの車種についての紹介です。Dとは何を示しているのか、どのようなグレードなのかを見ていきましょう。


宮崎県でおすすめは道の駅なんごう

宮崎県でおすすめは道の駅なんごう

九州にも遂に新幹線が開通し、九州内での行き来が便利になりましたが、これまでは鉄道やマイカーでの移動が主だったことから、道の駅がたくさんあるのが特徴です。 道の駅ファンにはうれしいことで、宮崎県に行くなら道の駅なんごうは外せない一押しの道の駅です。