目次へ戻る

”最も美しいコンセプトカー”を、マツダ「ビジョン・クーペ」が授賞!

”最も美しいコンセプトカー”を、マツダ「ビジョン・クーペ」が授賞!

マツダの次世代コンセプトカー「ビジョン・クーペ」が、フランス・パリで開催された「第33回Festival Automobile International(国際自動車フェスティバル)」において「年間で最も美しいコンセプトカー」に選出されました。2015年授賞の「RX-VISION」と共にご紹介します。


年間で最も美しいコンセプトカーに選ばれる 2年振り2度目の受賞

マツダは、フランス・パリで開催された第33回Festival Automobile International(国際自動車フェスティバル)」において、現地時間の1月30日に「VISION COUPE(ビジョン・クーペ)」が「Most Beautiful Concept Car of the Year(年間で最も美しいコンセプトカー)賞」を授賞したことを発表しました。

マツダのコンセプトカーは「RX-VISION」で第31回にも同賞を受賞しており、通算で2回目の授賞です。

2009年に同社のデザイン本部長に就任し、デザイン・ブランドスタイルを担当する前田 育男(まえだ いくお)常務執行役員は

「VISION COUPEでは光のリフレクションで生命感を表現するという、魂動デザインの新しい方向性に挑戦しました。日本の繊細な美意識を反映したこのクルマが、RX-VISIONに続き芸術の都パリで認められ大変光栄に思います。今後も日本の自動車メーカーとしてのアイデンティティーを持ち、世界を魅了する美しいクルマを作っていきたいです」

と述べています。

VISION COUPE(ビジョン・クーペ)とは?

東京モーターショー2017で世界初公開されたビジョン・クーペ

今回ご紹介するマツダのビジョン・クーペは、2017年東京モーターショーにて世界で初公開された、マツダの次世代デザインの方向性を表した4ドアクーペです。

2010年からデザイン哲学としてきた「魂動(こどう)-SOUL of MOTION」を基本に、日本の美意識である「引き算の美学」「余白の豊潤」を大切にしたデザインになっています。

「ビジョン・クーペ」と「RX-VISION」の比較

2015年に「Beautiful Concept Car of the Year(年間で最も美しいコンセプトカー)賞」を受賞したFR式のマツダ「RX-VISION」と「ビジョン・クーペ」を比較してみましょう。

フロントデザインの比較

2017 VICION COUPE

2015 RX-VISION

フロントは2015年のコンセプトカー、「RX-VISION」よりもボンネットの凹みがなくなり逆に丸みを帯びたデザインになっています。

マツダの特徴であるファイブポイントグリルは、ヘッドランプに繋がるようなデザインで、「RX-VISION」の方が切れ長になっているのが分かります。

サイドデザインの比較

2017 VISION COUPE

2015 RX-VISION

どちらもマツダらしいロングノーズのデザインですが、ビジョン・クーペは横から見た時の凹み部分がより絞られて陰影がでるようなデザインになっています。

リアデザインの比較

2017 RX-VISION

2015 RX-VISION

2ドアと4ドアのため単純な比較はできないものの、
リアは「ビジョン・クーペ」が全体的に四角みを帯びたデザインになっています。

360°動画でその曲線美をご堪能あれ

マツダの公式Youtubeでは、ビジョン・クーペの360°動画を公開しています。

前田育男デザイン本部長、ビジョン・クーペへの想いを語る

2009年にマツダのデザイン本部長となり、2010年にはマツダのデザイン哲学「魂動-Soul of Motion」を発表した、前田育男氏がビジョン・クーペへの想いを語る動画はこちら。

2015年に発表されたRX-VISIONの360°動画はこちら

まとめ

いかがでしたか?
マツダのコンセプトカーは2回の「最も美しいコンセプトカー」を授賞しています。
今後もマツダの掲げる「魂動(こどう)-SOUL of MOTION」デザインにこれからも期待したいですね。

関連する投稿


【東京モーターショー2019】開催概要・出展車など最新情報まとめ

【東京モーターショー2019】開催概要・出展車など最新情報まとめ

東京モーターショー2019が東京ビッグサイトにて開催されます。本記事では、トヨタやホンダといった出展車予想情報に始まり、新型車・アクセス情報・駐車場・開催日程・チケット価格などについてまとめています。ほぼ毎日更新していきます!【10月16日更新】


【最新版】2020年発売が予測される新型車(国産車)&新車情報まとめ

【最新版】2020年発売が予測される新型車(国産車)&新車情報まとめ

2020年はどのような新型車・フルモデルチェンジ車に出会えるの?本記事では2020年に発売が予測される国産車をピックアップ!トヨタ、ホンダ、レクサス、三菱、スバル、マツダ、日産、スズキ、ダイハツ、光岡。名だたる国産車メーカーの新型車・新車最新情報、予測を網羅!2020年はどんな新型車が出る?そんな時は本記事を!【10月16日更新】


【2019年下半期】新型車・フルモデルチェンジ・発売日予想情報まとめ

【2019年下半期】新型車・フルモデルチェンジ・発売日予想情報まとめ

2019年下半期。7月~12月にかけて、新型車・新車ラッシュ・フルモデルチェンジが控えています。本記事では2019年下半期に行われると予測される新型デビュー・モデルチェンジを、月ごとにまとめています。国産車・外車(輸入車)はもちろん、価格や注目ポイントも網羅。10月には来る東京モーターショーも控えている2019年下半期の新型車情報を見ていきます!


【最新版】2019年発売が予測される新型車(国産車)&新車情報まとめ

【最新版】2019年発売が予測される新型車(国産車)&新車情報まとめ

毎年多くの車種が発表される自動車業界。2019年はどのような新型車・フルモデルチェンジ車に出会えるでしょうか。トヨタ、ホンダ、レクサス、三菱、スバル、マツダ、日産、スズキ、ダイハツ、光岡。名だたる国産車メーカーの新型車・新車最新情報、予測を網羅!2019年はどんな新型車が出る?そんな時は本記事を!


マツダ・ベリーサ|特徴や燃費、中古価格や評価を紹介

マツダ・ベリーサ|特徴や燃費、中古価格や評価を紹介

マツダの「ベリーサ」をご存知でしょうか?ベリーサはセミトールワゴン型のコンパクトカーで、高級感のある「プレミアム・コンパクトカー」として売り出されました。しかし、その完成度にもかかわらず、現在この車について語られることはそれほどありません。そこで今回は、マツダ・ベリーサの特徴や燃費、中古価格を解説していきます。


最新の投稿


都道府県別道の駅まとめ┃埼玉県

都道府県別道の駅まとめ┃埼玉県

埼玉県は北関東への中継地点としての役割を担っています。最近は住みたい街ランキングで上位に入ったり、映画などでも一躍人気を博していますが、観光地への移動時の休憩地点として利用者も多く、その分道の駅も数多くあります。今回は、そんな埼玉県のおすすめスポットをご紹介します。


【解説】千葉銀行のマイカーローン┃金利や審査、申し込み方法等まとめ

【解説】千葉銀行のマイカーローン┃金利や審査、申し込み方法等まとめ

千葉、東京、埼玉、茨城のみならず、神奈川県(一部地域を除く)までのエリアをカバーする千葉銀行では、新車・中古車・下取り車のローン残債、借換えもご相談にのります。エリア内の方で、車の購入をお考えの方は、千葉銀行のマイカーローンがどのようなものなのか気になるところでしょう。この記事では金利や審査、申込み方法等を解説します。


トヨタ エスティマの燃費、口コミ・評価から中古車情報一覧|新型の噂も

トヨタ エスティマの燃費、口コミ・評価から中古車情報一覧|新型の噂も

1990年から発売されているトヨタのミニバン「エスティマ」の歴代モデルの燃費や中古価格などをまとめてみました。「エスティマ」に乗り換えをお考えの方は、是非参考にしてください。(※情報は2019年4月現在のもの)


全てがスーパーサイズ! トヨタのピックアップ タンドラの魅力とは

全てがスーパーサイズ! トヨタのピックアップ タンドラの魅力とは

USトヨタが北米市場で販売しているフルサイズピックアップトラック『トヨタ タンドラ』(以降、タンドラ)の魅力に迫ります。(※情報は2019年4月現在のもの)


トヨタのミニバン ノアの歴史!維持費やカスタム法を徹底解説

トヨタのミニバン ノアの歴史!維持費やカスタム法を徹底解説

トヨタのノアは、ヴォクシーやエスクァイアと並んでトヨタの主力ミニバンです。しかしながら、その細かな違いが分からずに、選択肢に悩んでいる人も多いと思います。そもそも同クラスの車種を選ぶ基準は難しいところですよね。ノアの魅力は、「家族が楽しめる車」に仕上がっている点だと言えます。よりファミリーカーとしての資質が強いのが特徴です。今回は、ノアの魅力とともに、ヴォクシーやエスクァイアとの違いについても細かく解説していきます。(※情報は2019年4月現在のもの)