目次へ戻る

比類なきパフォーマンス!フェラーリポルトフィーノ発表!価格・スペック

比類なきパフォーマンス!フェラーリポルトフィーノ発表!価格・スペック

フェラーリは2月19日に、新型2+2シーター・カブリオレクーペのフェラーリ『ポルトフィーノ』を都内で日本初公開しました。気になるエクステリア・価格・スペックなど最新情報をお伝えいたします。


日本初公開!フェラーリ ポルトフィーノ

フェラーリは2月19日に、新型2+2シーター・カブリオレクーペのフェラーリ『ポルトフィーノ』を都内で日本初公開しました。

フェラーリ ポルトフィーノとは?

ポルトフィーノという車名は、イタリアの漁村で、リグーリア海岸に面するリグーリア州ジェノヴァ県のコムーネのことです。

この景色は日本人にもおなじみ、東京ディズニーシーのテーマポートである「メディテレーニアンハーバー」のモデルになっています。

2014年に発売された、フェラーリの「カリフォルニアT」の後継車です。

(c) Disney

ポルトフィーノは、現行の『カリフォルニアT』の後継モデル。車名のポルトフィーノとは、イタリアの港町で、イタリア屈指の高級リゾート地の名前に由来している。

カリフォルニアT

カリフォルニアT

カリフォルニアTのハイライトは、車名の「T」が意味するように、ターボエンジンの搭載にある。新開発の直噴V型8気筒ガソリンターボエンジンは、排気量が3855cc。従来の4.3リットルV8自然吸気ユニットと比較して、排気量はおよそ440ccダウンサイジングする。

新V8ターボエンジンは、最大出560ps/7500rpm、最大トルク77kgmを発生。従来の4.3リットル(最大出力490ps、最大トルク51.5kgm)比で、排気量を縮小しながら、パワーは70ps、トルクは25.5kgm上回る。トルクは従来比で49%も向上。フェラーリは「リッター当たりの出力は145ps。カテゴリー最高レベル」と胸を張る。

動力性能は、0‐100km/h加速3.6秒。従来の3.8秒から、2秒の短縮を実現した。最高速は312km/hから316km/hへ。それでいて、フェラーリによると、燃費はおよそ15%改善。CO2排出量は20%削減し、250g/kmとしているという。なお、シャシーのセッティングも見直された。

フェラーリ ポルトフィーノ パワートレイン

ポルトフィーノのエンジンはどうなのでしょう。

ポルトフィーノは、V型8気筒3855ccターボエンジンを搭載し、「このクルマに合うよう完全に再設計されている」そうです。

その結果、最高出力600馬力、最大トルク760Nmを発揮するほか、「ゼロターボラグ、そしてわずか1秒未満の瞬時のスロットルレスポンス」も実現しています。

目指したのは比類ないパフォーマンスと極上の居住性

フェラーリ 極東・中東エリア統括CEO ディーター・クネヒテル 氏

フェラーリの極東・中東エリア統括CEOを務めるディーター・クネヒテル氏は、「このクルマが目指したのは一切の妥協をしないということだった」とした上で、「比類ないパフォーマンスと極上の居住性との両立。それに加えドライビングエモーションまで実現したクルマは、現在の市場には存在しなかった。この目標を達成するために私たちは、すべてを刷新し、このクルマを一から造り直す必要があった」と強調しました。

またクネヒテル氏は「ポルトフィーノで実現したことのひとつは、2つのボディタイプを1台で実現するモデルであるということ」とポルトフィーノを紹介。

ポルトフィーノは1台で2つのボディタイプを兼ね備える車

2つのボディタイプとは「流線型をさらに追求したシルエットを持つリトラクタブルハードトップを備えたファストバック・クーペ、もうひとつはエレガントなスパイダーであるということ」と説明し、さらに、

「ポルトフィーノは最もパワフルなコンバーチブルとしてリトラクタブルハードトップ、広いトランク、そしてちょっとしたドライブにも対応するゆとりのコックピット・スペース、それに加えて2人乗りのリアシート、これらの利点を同時に提供しているモデルとなっている」と解説していました。

さらにクネヒテル氏は、大幅な軽量化を行ったとも説明。

「それぞれひとつひとつのディテールを見直し、『カリフォルニアT』に比べて80kgの重量削減を図った。全く新しいアルミ製シャシーを採用し、これは軽量化だけでなく、ねじり剛性も向上している。その結果、シャープでソリッドなドライブフィーリングを楽しむことができる」とポルトフィーノについて解説しました。

フェラーリ ポルトフィーノ エクステリア画像

フェラーリ ポルトフィーノ インテリア画像

フェラーリ ポルトフィーノ 価格は2530万円から

気になるポルトフィーノの価格ですが、2530万からとのことです。

関連するキーワード


フェラーリ

関連する投稿


【488GTBの後継モデル】フェラーリ F8トリブート最新情報

【488GTBの後継モデル】フェラーリ F8トリブート最新情報

フェラーリの488GTBの後継車・F8トリブート。このF8トリブートがジュネーブモーターショー2019にて公開されました。F8トリブートのネーミングには、オリジナルモデルの妥協なきエンジンレイアウトと、パワーへのオマージュが込められています。


フェラーリの名車!ディーノ復活か?ディーノ最新情報まとめ

フェラーリの名車!ディーノ復活か?ディーノ最新情報まとめ

フェラーリの名車ともいわれるディーノが50年ぶりに復活する?というニュースが飛び込んできました。ディーノ新型になるのでは?と見られる車両はV6で2019年内に発表されるのではと言われています。最新情報はもちろん、改めてフェラーリのディーノについて見ていきましょう。


【保存版】いくつ知ってる?フェラーリの現行車種まとめ!

【保存版】いくつ知ってる?フェラーリの現行車種まとめ!

2019年3月現在、日本にて新車で購入できる、フェラーリの現行モデル一覧をまとめています。フェラーリが気になっている方必見です!


【ジュネーブモーターショー2019】488GTBの後継車!F8トリブート初公開

【ジュネーブモーターショー2019】488GTBの後継車!F8トリブート初公開

フェラーリは、スイスで3月5日に開幕するジュネーブモーターショー2019において、フェラーリ『F8トリブート』(Ferrari F8 Tributo)を初公開すると発表しました。F8トリブートは488GTBの後継モデルにあたります。いったいどんな性能なのでしょうか。


フェラーリ初のSUV プロサングエ最新情報!デザイン大予想

フェラーリ初のSUV プロサングエ最新情報!デザイン大予想

フェラーリが現在開発を進めていると噂される、同ブランド初のクロスオーバーSUV、『Purosangue』(プロサングエ)のテスト車両が目撃されています。それに伴って、兄弟サイトのSpyder7では予想CGを入手しました。本記事では発売が待たれるプロサングエの最新情報をお届けいたします。


最新の投稿


日本のスーパースポーツNSX、中古車はお買い得?市場価格と維持費について徹底検証!!

日本のスーパースポーツNSX、中古車はお買い得?市場価格と維持費について徹底検証!!

2017年2月に販売開始した2代目NSXを受け、初代NSXの中古車相場と20年以上経過する車両の歴史や特徴について、ご紹介していきます。


マツダ・ベリーサ|特徴や燃費、中古価格や評価を紹介

マツダ・ベリーサ|特徴や燃費、中古価格や評価を紹介

マツダの「ベリーサ」をご存知でしょうか?ベリーサは1500ccのコンパクトカーで、高級感のある「プレミアム・コンパクトカー」として売り出されました。しかし、その完成度にもかかわらず、現在この車について語られることはそれほどありません。そこで今回は、マツダ・ベリーサの特徴や燃費、中古価格を解説していきます。


ダイハツ アトレーワゴンの中古車情報|燃費から口コミ・評価も

ダイハツ アトレーワゴンの中古車情報|燃費から口コミ・評価も

1999年にダイハツから発売された軽ワンボックス「アトレー ワゴン」。 同社の「アトレー」をベースとして誕生しました。 イタリアのデザイナーによる内外装デザインと大人4人と荷物を余裕を持って収容できる車内空間はモデルチェンジ後の現在でも健在です。 当記事では、アトレーワゴンの燃費や評判、中古価格などを掲載しています。


1ナンバーに関係するお金の話:任意保険は?維持費は?

1ナンバーに関係するお金の話:任意保険は?維持費は?

1ナンバーとは、何なのか?1ナンバーで気になる税金の事について、どの費用がいくら位かかるのかを4ナンバーの比較を交えて、任意保険や維持費などを紹介します。車にかかる費用は他にも色々あります。細かい部分まで掘り下げて疑問をスッキリさせてみましょう。


【タイミングチェーンとは】交換時期や費用、ベルトとの違いや異音の説明も

【タイミングチェーンとは】交換時期や費用、ベルトとの違いや異音の説明も

車検を受ける際はさまざまなパーツを換える必要がありますが、タイミングチェーンというパーツもよく換える場合があります。 タイミングチェーンを換える場合は車検費用が高くなるでしょう。 ここでは、タイミングチェーンについて、その交換時期や費用、タイミングベルトとの違いや異音の原因と対処法まで一挙ご紹介します。