トップへ戻る

車のボディカラー 世界的に白が人気!日本の人気カラーランキングは?

車のボディカラー 世界的に白が人気!日本の人気カラーランキングは?

クルマのボディカラーの人気は何色でしょうか?街中では白や黒のクルマをよく見かける気がします。BASF社による2017年自動車市場の世界的なカラー分布を分析した資料が公開されましたので紹介していきます。また日本で人気のボディカラーの比率や、割合も調べてみました。

⏳この記事は約3~4分で読めます。


はじめに

さて、クルマのボディカラーの人気色は何色でしょうか?

日本の街中では白や黒のクルマをよく見かける気がします。商業バンやレンタカーなども基本白が多い気がします。

昔はシルバーのボディカラーの自動車をよく見かけた気がしますが、最近は少なくなった用に思えます。

総合化学メーカーBASF社が2017年自動車市場の世界的なカラー分布を分析した資料が公開されましたので見ていきたいとおもいます。

また日本で人気のボディカラーの比率や、割合も調べてみました。

BASFによる2017年自動車カラー分析!世界的な人気色は?

ドイツで150年の歴史を持つ世界最大級の総合化学メーカーBASF(ビーエーエスエフ)社による「自動車用OEM塗料カラーレポート」という2017年自動車市場の世界的なカラー分布を分析した資料が公開されました。

そのレポートによると、世界で最も人気のあるカラーはホワイトで39%
2位がブラックで16%、3位が13%でグレー、4位がシルバーで10%と続いています。

10%以下でブルーとレッドが7%で並び、ブラウンが4%で続いています。

ボディタイプ別では近年大人気のSUVは、ホワイトが38%とやはり一番人気ですが、ブラック、グレー、シルバーが拮抗しています。

レッドやブルーも人気です。

アクティブなイメージのSUVには黄色やブルー系の派手な色も似合うイメージがあります。

地域別など詳細のデータが見たい方は、下記の記事をご覧ください。

ホワイトが依然トップ、SUVではブラウンの人気も上昇…BASFによる自動車カラー分析 2017年 | レスポンス(Response.jp)

https://response.jp/article/2018/02/23/306443.html

BASFは、2017年自動車市場の世界的なカラー分布を分析した「自動車用OEM塗料カラーレポート」を発表した。

アクサルタによる「2017年版自動車人気色調査報告書」レポート

BASFのレポートでは大陸別のレポートもありましたが、一番興味があるのは日本の人気色やボディカラーですよね。
ということで日本の日本の人気色やボディカラーの資料を探してみました。

自動車のボディカラーの統計資料としてはBASFと同様にアクサルタコーティングシステムズが毎年、自動車人気色調査報告書を発表しており、「2017年版自動車人気色調査報告書」の結果も報告されていたのでそちらを詳しく見ていくことにしました。

世界全般での順位とボディカラーの比率は以下のとおりです。
1位 39% (内訳:ホワイトパールホワイト26 ソリッドホワイト13)
2位 16% (内訳:ブラック ソリットブラック3 エフェクトブラック13)
3位 11% グレー
3位 11% シルバー
5位 7% 青
6位 6% 赤
7位 5% ブラウン
8位 3% 黄色
9位 1% 緑
10位 1% その他

アクサルタの資料によるとBASF同様、ホワイトが2017年の車体人気色1位、2位がブラックの16%、これに続いてグレーとシルバーが共に11%で2年連続3位となったとのことです。
BASFの調査と若干違いますが、誤差の範囲ですね。

ちなみにアクサルタの「2017年版 自動車人気色調査報告書」では地域ごとの分析結果として以下のような分析がされています。

■世界全般 ホワイトがナンバーワンの座を確立し、パールホワイト色が高級車のトレンドとなった。パールホワイトは2017年に4%上昇
■アフリカ グレーが3%上昇し11%となり、2桁台に伸びた
■アジア 車体色の52%がホワイトで専有。ホワイトの人気が最も高いのは中国で62%、日本ではパールホワイトの人気が28%となったとなりました。
■欧州 世界全体で欧州がグレーの人気が最も高く、20%となった。
■北米 コンパクトカーやスポーツカーでブルーの人気が上昇し、6%増の16%となった
■ロシア 最も人気のホワイトが28%から32%へと上昇する一方で、シルバーのシェアも3%増加
■南米  南米ではグレーの人気が高まっており、8%から11%へと上昇

といった感じで地域ごとに特色があり面白いですね。

日本の人気色やボディカラー比率は?

さて気になる日本のボディカラーの比率・割合と順位は以下のとおりです

1位 35%ホワイト (内訳:パールホワイト28 ソリッドホワイト7)
2位 22%ブラック (内訳:ソリットブラック6 エフェクトブラック16)
3位 14%シルバー
4位 8%ブルー
5位 6%レッド
6位 5%ブラウン
7位 4%グレー
8位 3%その他
9位 1%黄色
9位 1%緑

世界平均と比べるとブラックの比率が高いですね。
ホワイトもパールホワイト系が多いです。

シルバーも昔ほど見なくなりましたが根強い人気ですね。

赤も意外と多く6%、グレー系は人気がなく4%台です。

どうでしょう?皆さんのイメージと合っていましたでしょうか?

細かい点で1点気になったのは、ツートンカラーのボディカラーを設定しているクルマです。
ツートンカラーの場合、色的にはどちらにカウントされるのか気になります。

ちなみにホンダの「N-BOX」受注状況のニュースリリースによると新型「N-BOX」の人気カラー(トップ3)は
「N-BOX Custom」
・【白】プレミアムホワイト・パールII 39%
・【黒】クリスタルブラック・パール 28%
・【紫】プレミアムベルベットパープル・パール 9%
「N-BOX」
・【白】プレミアムホワイト・パールII 31%
・【青】モーニングミストブルー・メタリック 17%
・【黒】クリスタルブラック・パール 14%
となっているそうです。やはりパールホワイト人気ですね♪

愛車のボディカラー遍歴。振返れば人気色をチョイスしていた。

至極個人的な話になりますが、筆者自身の愛車遍歴を振返ると、現在を含めた過去5台のボディカラーは、黒、グレー、黒、黒、白と無難なボディカラーが多いです。

現在の愛車がBMW4シリーズグランクーペ(420iGC Msp/F36)でアルピンホワイトというソリッドカラーの白です。
BMWでははじめて購入した白系のカラーですが、BMWのオフ会でもほとんどのオーナーはホワイトかブラックのボディカラーが多い印象があります。

その前は、BMW5シリーズ・セダン(523i Msp/F10)でカーボンブラックというメタリック系の黒。
この色は光の当たり方によって紺にもみえて面白い色でした。

更に前がBMW3シリーズツーリング(335iTR/E91)でサファイアブラックというBMWでは人気カラーの黒です。
洗車後の艶々なボディはブラックボディの特権ですね。その分汚れも付きやすくお手入れが大変ですが。

その前がBMW3シリーズセダン(320i/E30)でスパークリンググラファイトというガンメタ系のカラーです。
このガンメタ系ボディカラーは角度や陽の当たり方、時間帯によっていろんな色にみえてとても綺麗な色でした。

最後に

ボディカラーは買い替え時の下取りや買取査定額で考えるとボディカラーによって数万円から10万円以上違ってくることもあります。

一般的には人気の白や黒を選んでおくのが無難と言われています。

とはいえ自分が一番気に入った色にするのが愛着も湧きますし、一番でしょう。

次に買う車はちょっと個性的にしてみようかな…と考えたことがある人も少なくないのではないでしょうか。

例えば、BMW 新型X2の「ガルバニック・ゴールド」、フォルクスワーゲン・アルテオンの「ターメリックイエローメタリック」などの鮮やかな黄色系の色も鮮やかで綺麗ですね。
アルテオンは東京モーターショーのブースで一際目立っており、人だかりもできていました。
最近ゴールドに近いような黄色系の色が見直されてきた気がします。

BMWのMスポーツモデル限定色のエストリルブルーやBMW4シリーズのスナッパーロックスブルー、BMW INDIVIDUALカラーのタンザナイトブルーといった青系も綺麗ですね。

ちなみに米PPG社によると自動車のボディカラーに関するトレンドとデータに関する調査結果によってブルーの人気が急上昇しているというデータもあります。

確かにブルーはスポーティなイメージで魅力を感じます。

このX1はサンセットオレンジという色です。
オレンジも希少色で人目を惹くオシャレな色ですね。

さて皆さん。次はどんなボディカラーのクルマを買いますか?

人気のホワイトやブラック?それとも黄色やブルーなどの希少色などもいいですね!
車選びは車種を選ぶのももちろんですが、ボディカラーを選ぶのも楽しいですね。

関連する投稿


軽自動車ってどんな車?日本で人気の理由を徹底解説!

軽自動車ってどんな車?日本で人気の理由を徹底解説!

日本の道路は狭いため軽自動車がとても人気です。しかし、軽自動車の魅力は小さくて小回りがきくだけではありません。今回は、国内で軽自動車が人気の理由と燃費性能や維持費についても解説していきます。


【軽自動車】2020年新車販売台数ランキングをご紹介!

【軽自動車】2020年新車販売台数ランキングをご紹介!

国内で販売された新車の3台に1台は、軽自動車の時代。どんなクルマが、売れているのでしょうか?今回は、2020年の軽自動車新車販売台数をもとに、トップテン形式でまとめました。


ホンダ N-BOX|内装の特徴は?使い勝手や室内空間の良さを徹底解説

ホンダ N-BOX|内装の特徴は?使い勝手や室内空間の良さを徹底解説

ホンダのN-BOXは軽自動車の販売台数で上位に入っているモデルです。軽スーパーハイトワゴンで広い室内空間を持っているだけでなく、ファミリー層に使いやすい収納が魅力です。この記事では、N-BOXの内装の特徴を徹底的に解説します。


N-BOXの実燃費は?乗り心地やパワーユニットごとの走行性能も解説

N-BOXの実燃費は?乗り心地やパワーユニットごとの走行性能も解説

軽自動車の販売台数を伸ばしているN-BOXは、広い室内だけでなく低燃費なことも魅力です。ハイブリッドなどが搭載されているわけではありませんが、現行モデルなら低燃費が期待できます。そこで実燃費がどれほどなのか、ライバル車種との比較までご紹介します。


ホンダ N-BOX|人気の理由は?ライバル車種を抑えるほどの魅力とは?

ホンダ N-BOX|人気の理由は?ライバル車種を抑えるほどの魅力とは?

ホンダのN-BOXは軽自動車の販売台数で2020年にトップになるなど、安定した人気を誇っているモデルです。後発の軽自動車が多く発売されているのにも関わらず、なぜこれほど人気があるのでしょうか?この記事では、N-BOXの人気の理由を徹底的に解説します。


最新の投稿


【スタッドレスタイヤの交換時期】いつ交換がベスト?寿命年数は?安心安全のために注目

【スタッドレスタイヤの交換時期】いつ交換がベスト?寿命年数は?安心安全のために注目

愛車のタイヤをサマータイヤとスタッドレスタイヤで季節ごとに履き替えている方も多いです。しかし、多くの人に馴染みのあるサマータイヤと「冬専用」のスタッドレスタイヤとでは、寿命の判断基準が異なることは知っていましたか。また、普段はしまってあるスタッドレス、保管方法によっては劣化を加速させてしまっているかも。この記事で、スタッドレスについて詳しくなってしまいましょう。


【イエローハットでバッテリー交換】工賃目安は?本当に怖いバッテリーの突然死!

【イエローハットでバッテリー交換】工賃目安は?本当に怖いバッテリーの突然死!

普段意識することなく使っている自動車のバッテリーは、突然上がってしまうと対処に困ってしまいますよね。ロードサービスを待つ間、そういえばバッテリーのメンテナンスはやってこなかったなあと後悔してしまうかも。そんな辛い体験をしなくて済むよう、性能が低下してきたバッテリーは予防的な交換を済ませておけば安心です。お近くのイエローハットにおまかせすれば、安心が簡単に手に入ることでしょう。


【オートバックスでバッテリー交換】バッテリーの寿命は何年?工賃や作業時間目安までまとめてチェック!

【オートバックスでバッテリー交換】バッテリーの寿命は何年?工賃や作業時間目安までまとめてチェック!

自動車で重要な部品といえば。エンジンやタイヤ、ハンドルなど、さまざまな要素が挙げられるとは思いますが、ないと困るのがバッテリーです。エンジンを始動するだけでなく、今や車両制御や多くの快適装備を支える重大な役目があるバッテリーですが、意外としっかりメンテナンスできている方は少ないのでは。突然のバッテリー上がりを避けるためにも、オートバックスでメンテナンスを依頼しておきましょう。


トヨタ プリウスα|7人乗りも選択できる、少し大きなプリウス!

トヨタ プリウスα|7人乗りも選択できる、少し大きなプリウス!

ハイブリッド車の雄であるプリウスに、プラスアルファの価値を付け加えたという意味で命名されたプリウスα。どんな魅力があるクルマでしょうか?今回は、プリウスとの違いや、グレード展開などをまとめました。


トヨタ ウィッシュ|いまお手頃価格な低床・低重心ミニバン

トヨタ ウィッシュ|いまお手頃価格な低床・低重心ミニバン

背が低く、低床・低重心なミニバンの代表格だったトヨタ ウィッシュ。生産・販売が終了して、まもなく4年が経ちますが、いま中古車市場ではお手頃価格です。そこで、改めてトヨタ ウィッシュの魅力と、どうして「買い」といえるのかをまとめました。