目次へ戻る

車売るならどこで売る?下取りと買取専門店の違い、注意点を徹底紹介!

車売るならどこで売る?下取りと買取専門店の違い、注意点を徹底紹介!

車を売るならどこが良いのでしょうか?本記事ではディーラーでの下取りと、車買取専門店へ売却する場合のメリット・デメリット、そして車を高く売る「コツ」をご紹介します。


実は全く違う!?ディーラー下取りと、車買取専門店のメリット・デメリット

車の買い替え時など、車を売却する際の選択肢として比較されるディーラーでの売却・下取りと、買取業者による車の買取。

一般的に、買取業者と比べるとディーラーでの下取りは安くなってしまうと言われていますが、ディーラーでの下取りは本当にデメリットだけなのでしょうか。

本記事では、ディーラーでの下取りのメリット、デメリット、買い取り専門店や比較サイトのメリット、デメリットについて、それぞれ詳しく掲載していきます。

ディーラー下取りとはなにか

「ディーラー下取り」とは、カーディーラー(自動車ディーラー)で車を購入する際に、今乗っている車を引き取ってもらい、新たに購入する車の代金を割り引いてもらうことを言います。

「買い取り」ではなく、わざわざ「下取り」と表記しているのには明確な理由があります。それは、「車を購入する」ということが大前提になるということです。

通常、ディーラーで車を購入する際には、何らかの値引きが存在します。表示されている販売価格そのままで購入するということは非常に稀です。しかし、その値引き額にも当然限界があり、どんなに粘って価格交渉をしても「これ以上はちょっと値引きできません…」ということになります。

そこで登場するのがこの「下取り」というシステムで、値引きの一環として「この車を買って乗らなくなる車があるのであれば、その車を販売店側が購入するという名目で更なる値引きを行う」のが「下取り」です。

新しく自動車を購入すると、普通は駐車スペースの問題や複数台所有の維持費等の理由から、それまで乗っていた車を処分することになるのがほとんどです。

新しく車を購入すると「使用していた車を手放さなければならないが、車の処分には費用がかかる」という購入者側の事情と、「もう少し値引きすれば車を買ってくれそうだから何か値引きの名目が欲しい」という販売者側の、利害の一致により誕生したシステムです。

上記のように「ディーラー下取り」とは、「車の買い取りではなく値引き」または「不要になった車の無料処分サービス」ということになります。

単純に「車を売る」という目的では下取りしてもらうことは出来ませんので、そういう場合は後述する「車買取専門店へ売却」という形になります。

ディーラー下取りのメリット・デメリット

では、実際に今乗っている車を手放す必要がある場合、ディーラー下取りのメリットはどんなものがあるのでしょうか。

一般的に言われるディーラー下取りのメリットは以下のようなものが挙げられます。

ディーラー下取りのメリット1:手厚いサービスと安心感

ディーラーならではの安心感は皆さんご存知の通りです。ここで言う安心感とは「相場よりも遥かに安い下取り価格を提示されることはない」という値段的な安心感と、「廃車手続き等を任せっきりで完璧に代行してくれる」、「処分することになった場合、不法投棄などの心配が無い」というコンプライアンス面での安心感がそれに当たります。

これらは間違いなくその通りですし「ついでに下取りする車で使っていたスタッドレスタイヤも処分して欲しい」といった要望に応えてくれることもあります。

ディーラー下取りのメリット2:時間がかからずスムーズ

スピーディーでスムーズに手続きが可能なこともディーラー下取りの大きなメリットの一つです。基本的に新しい車を購入することになりますから、その車の商談中にサクッと下取り査定をしてくれることがほとんどです。

また、新しい車の購入が決定し納車引き渡しが行われる瞬間まで、「本当にギリギリまで古い車に乗り、その後ディーラーにそのまま古い車を置いていく」というように、スムーズで楽なのもメリットです。

ディーラー下取りのデメリット

反対に、ディーラー下取りのデメリットとして挙げられることが多いのは「査定価格が低い」ということです。これは、ディーラー下取りの査定額には「基準価格」が存在するためです。

ディーラーの下取り価格は、「中古車価格の相場などが記載されている”とある本”」の価格が基準価格に設定されていることが多いのですが、この相場価格は「ピンからキリまで含めてこのくらいの相場ですよ」という相場価格なのです。

「今年はホワイトが人気だから」、「このグレードは人気があるから」というようなリアルタイムの事情には対応できませんし、社外品やオプションパーツはほとんど価格に影響することもありません。

ある意味では「みんなが公平に同価格」ですが、逆に「愛着を持ってこんなに綺麗に乗っていたのに…」ということも多々あります。

車買取専門店のメリット・デメリット

それでは「車買取業者」や「車買取専門店」へ売る場合はどうなのでしょうか。ディーラー下取りの場合は「不要になった車を売却する」ことになりますが、車買取専門店へ売却する場合は当然ですが「この値段で買ってくれるなら売る」というような「不要ではないが高く売れるなら売る」ということが可能です。

車買取専門店のメリット

車買取専門店で車を売却する最大のメリットと言われるのが「高く売れる」ということです。
一般的に車買取専門店はユーザーから買い取った車を業者オークションで販売し、利益を得ます。

つまりその「オークションで販売する在庫の仕入れ」に当たるのが買い取りです。
買い取りのプロですから「高く売れる」車であれば他の業者に買われる前に「多少高くなっても仕入れたい」訳です。
場合によっては顧客から既に「○○色の〇〇年式が欲しい」というバックオーダーを抱えているというような状況もあります。

いずれにせよ、我々売り手側からすると「ディーラー下取りよりも査定額は高くなりやすい」ということになります。

また、「人気のボディカラー」や「高価なオーディオシステム」、「有名メーカーのアルミホイール」、「オプション装備」により「買い取り価格が大幅に高くなる可能性がある」のもメリットです。

現在では様々な車買取専門店が存在し、「チューニングカーを優遇査定してくれる」、「カスタムカー専門でバニングカー等にも対応してくれる」等、細分化・専門化の流れもありますので、そういった車の場合は各分野の専門店に売却するのも良いでしょう。

車買取専門店のデメリット

反対に、車買取専門店ならではのデメリットとして「信頼性が低い」、「売却に手間がかかる」という声もあります。

自動車メーカーの名前を冠するカーディーラーと比較すると「認知度」が全く違いますので「信頼性」や「安心感」という面で不安という方も居ると思います。
そして「安く買い叩かれそう」と漠然とした不安感を持っている方も多いかも知れません。

しかし、あくまでも「知名度がディーラーより低い」というだけで、決して「信頼性が低い」ということはありません。それぞれのメリットとデメリットを考慮し、良く検討するのが吉です。

また、「ディーラー下取りよりも売却に手間がかかる」ということですが、これについては「少しでも高く買い取ってもらうために複数社に買取価格を競わせると、その分、査定回数も増え、時間も取られるので面倒に感じることが多い」というのが真実のようです。

買取専門店ということは「買い取り後の手続きについても専門家」ですので、「売却が決まった後の流れは非常にスピーディーでスムーズに進む」ことが多いようです。

中古車・買取専門店 一括査定サイトのメリット・デメリット

上記の車買取専門店のデメリットで書いた「少しでも高く買い取ってもらうために複数社に買取価格を競わせると、その分査定回数も多く時間も取られるので面倒に感じることが多い」というデメリットを解消することが出来るのが、ここでご紹介する「一括査定」です。

中古車・車買取専門店 一括査定サイトのメリット

読んで字の如く「複数の買取専門店に一括で査定をしてもらうことができるサービス」で、自動的に「買取会社が競争することになりますので、より高く買い取ってもらえる可能性がある」のが最大のメリットです。

インターネット上で査定に必要な情報を入力すると、その情報が数社に一斉に送信され、同時に複数社の査定が始まるという流れになります。

ほとんどの一括査定サイトの申込みは5分程度で終わる簡単な情報の入力のみで完結し、従来のように買取専門店ごとに何度も情報を入力する必要はありません。

一度の手間で複数の見積もりを入手可能ですので、手間の面でのメリットもあります。

中古車・車買取専門店 一括査定サイトのデメリット

しかし、そんな一括査定にもデメリットがあります。それは「電話が多く掛かってくる」ということです。

情報を入力し、一括査定申請を送信してから数分後には電話が掛かってくることが多いようです。

車の買取価格は、やはり最終的には「車を実際に査定して決定」しますので、その査定スケジュールを確認する電話が掛かってきます。忙しい時ではなく、電話応対の時間に余裕がある時に行うことをオススメします。

車を売るなら絶対利用したい車買取一括査定サイト 3選

車を高く売却することができる可能性があり、時間や手間の面でも有利な車買取一括査定サイトですが、その数は数十サイトに及び、どの一括査定サイトが良いのか迷ってしまうかも知れません。

そこで、ここに3社だけですが、特徴的な一括査定サイトとその内容をご紹介したいと思います。

カーセンサー買取

リクルートが運営するカーセンサーの一括査定サービスです。

ビッグネームならではのネームバリューと、最大30社への一括査定が可能で、圧倒的な同時査定数を誇ります。

「査定の結果をメールで受け取ることが可能」なのもポイントで、電話を面倒に感じる方にもオススメです。とは言え、完全にメール通知のみという訳ではなく、電話が掛かってくる場合もありますが…。

ユーカーパック

新しいタイプの一括査定と言えるのが、ユーカーパックです。

最大の特徴は「買取価格がユーカーパック参加業者のオークションによって決定する」という点です。従来の一括査定サイトの場合、申請は一度で完了しますが、査定は同時に査定申請した各社、10社であれば10社が別々に行い、査定額の連絡も10社からそれぞれ来ます。

しかし、ユーカーパックの場合は、一度ユーカーパックの査定を受け、その査定結果を見た業者がユーカーパック内で入札を行い、買い取り額の連絡もユーカーパックから一度来るだけです。

一括査定サイトの煩わしさを解消してくれるサービスと言えるでしょう。

安心車.jp

自動車ニュースのポータルサイト運営会社である「株式会社イード」が運営する一括査定サービスです。

内容を見ると一般的な一括査定サイトですが、この「安心車.jp」の特徴は、「安心」という単語をサービス名に冠しているように、車売却時のユーザーの安心を考えてくれていることです。

具体的には、「車買取一括査定サイトでは珍しい『買い取りトラブルについての相談窓口』を設置している」ことや、「提携する車買取会社が全て『JADRI(日本自動車流通研究所)』に加盟する優良企業」であること等です。

ある意味、自己責任とも言える車買取において、このようなサービスを持っているサイトは安心して利用することができるのではないでしょうか。

車買取一括査定サイトの申し込みから買取までの流れ

ここからは、一般的な車買取一括査定サイトを利用した時、実際に入金されるまでどのような流れで手続きが進んでいくのかをご説明します。

車買取一括査定サイトに必要事項を記入し申し込み

どんな一括査定サイトでも必要になるのが、情報入力です。一括査定サイトの一括査定申請フォームに「名前・住所・メールアドレス・電話番号」などの個人情報や、売却したい自動車の「メーカー・車種・年式・走行距離」などの車輌情報を入力する必要があります。入力内容については、利用する一括査定サイトによって異なります。

車買取専門業者からの電話・メールで査定額を比較する

一括査定申請フォームへの入力が完了し、データを送信すると、サイトによって多少は差がありますが、数分で一括査定サイトへ登録している車買取業者へ、データが届きます。

各業者が受信後すぐに電話連絡等を行います。早い業者であればフォーム送信から5分もしない内に電話が掛かってくるでしょう。

査定日を決定し、立ち会う

車買取業者と電話やメールにて査定日を相談し、決定します。自分の都合を最優先させて構いませんので、「しっかりと時間の取れる日を指定することが重要」です。
一般的な査定時間は30分以内が多いようですが、車両の状態や査定士によっては1時間近くも時間を掛け、じっくりと査定してくれることもあります。

査定後、その場で査定額が提示されることが多いようですが、場合によっては査定結果を持ち帰り、後ほど連絡が来るというパターンもあります。

買取金額が決定、後日振込み

査定額が決定し、その他様々な条件に納得できれば売却成立ということになります。

車は多くの場合、買い取り業者が引き取りに来てくれます。買い取り業者が直接引き取りに来ない場合も、陸送会社が自宅まで引き取りに来てくれますので、その連絡を待ちましょう。

車が買い取り業者へ到着し、その後2~3日、遅くとも1週間程度で売却金額が振込で入金されます。
売却から入金までの期間については、売却を決定する時に買取業者から提示されると思いますが、確実に確認しておきましょう。

査定額がアップする!事前にやるべきこと3選

「少しでも高い価格で売却したい」と思う人がほとんどかと思いますが、我々ユーザー側で「やっておいた方が査定に少しでも好影響」なことはあるのでしょうか。

以下に一般的に言われる、「査定に影響する」項目をいくつかご紹介しますので、参考にしていただきたいと思います。

ただし、これらの作業をしたからと言って「必ずしも査定額がアップする又はダウンするという訳ではない」ということにご注意ください。

車の洗車と車内清掃

査定時に査定士が最初に見るのは車の外観になります。

第一印象とも言える外観が泥まみれで汚れていたら、やはり印象は悪くなります。車内についても同様で、ドアを開けた瞬間に食べ物やペットの臭いがしたら決して好印象ではないでしょう。

また、「車が汚れているということは普段も車を大切に扱っていない」と思われ、余りにも酷い場合には「粗雑に扱われていた」と思われてしまうことになります。

ビカビカに磨き屋さんに依頼してまで綺麗にする必要はありませんが、愛車のお見合いだと思ってワックスを掛けたり、フロアカーペットをクリーナーに掛ける等をすると決してマイナスイメージは持たれないと思います。

ただし、気合を入れて香りの強い芳香剤を置いたり、カーフレグランスを振り撒いてしまうのは良い方法とは言えません。良い香りであっても、「車内に匂いがあること自体を嫌う」人も居ますので、清掃だけに留めておく方が無難でしょう。

カスタムをしている場合は標準・純正装備に戻す

カスタムやチューニングについて、カスタムカー・チューニングカー専門買取業者以外では、基本的に「ノーマルに戻した方が査定額は上がることが多い」ようです。

程度問題とも言えますが、「人気のアルミホイール」や「専門店で完璧に装着したオーディオシステム」等の万人受けするようなカスタム以外は、可能な限りノーマルに戻すことをオススメします。
しかし、車高調のように自分で復帰作業が難しい場合はそのままでも構いません。

無理にノーマルに戻そうとして傷を付けてしまっては元も子もありません。

なお、車高の下げ過ぎ等の違法改造車や、そのままでは車検に通らない状態の車は必ず車検に合格する範囲内へ復帰させることが必要です。違法状態では確実に査定額に悪影響が出ますし、業者によっては買取不可となることもあります。

大きな傷や損傷は正直に車買取業者に話す

「車が綺麗な方が査定額は高くなりやすい」のは事実です。

そして、その理論でいくと「傷があれば直すべき」と言えるのですが、実はこれも状況によりけり、場合によっては「修理しない方が良い」と言えることもあります。

素人目には査定額が下がることを恐れる傷かも知れませんが、査定士から見ると「この程度なら磨けば消える」と判断されることもあります。減額されるとしても最低限の減額で済み、下手に磨き屋に出すよりも安いことがほとんどです。

また、余程腕に自信があるという方以外は、査定前に自分でボディ研磨することはオススメしません。余計な傷を増やす可能性もありますので、そのまま査定を受けるのが無難です。

なお、査定士が最も気を使う査定項目に「修復歴の有無」があります。この「修復歴」とは修理したことがあるかというのではなく、「自動車の骨格部分(フレーム)に交換や修復があるか」という点を見ます。

逆に言えば、「修復歴を見抜けない査定士は居ない(査定士とは言えない)」ということになりますので、どんなに綺麗に修復したとしても、ほぼ間違いなくバレます。また、シートベルトバックル等をドアに挟み込んで閉めてしまい、本人は気にしない傷もフレームの傷と判断されることもあります。

なお、当然ですが、「修復歴はありません」と申告して修復歴がバレるのと、「事故ったので修復してあります」と正直に話すのでは心象が全く異なります。

査定士と言えども人間ですので、「正直に話してくれた方が気持ちが良く、査定もしっかりと行おうという気持ちになる」とのことですので、下手な隠蔽は逆効果になってしまいます。

なお、所有者が修復だと思って申告した修理が、実は修復に当たらなかったというパターンもありますので、そういった意味でも大きな傷や修理歴は査定時に正直に話すことをオススメします。

最後に

以上、長くなってしまいましたが車を売る、買い換える際の選択肢であるディーラーでの下取りや、買い取り専門業者、一括査定サイト、それぞれのメリット・デメリットから、一括査定サイトでの買取までの流れ、査定額を少しでも上げるためにしておくべき準備・ポイントなどをまとめさせて頂きました。

車を手放すタイミング、事情は色々あると思いますが、なるべくであれば高く車を買い取ってもらいたいものです。

それぞれのサービスの良し悪しをしっかりと確認しながら、自身の考えや状況に合ったサービスを選択するようにしましょう。

【安心車.jp】車の一括査定依頼なら「安心車.jp」【登録無料】

https://ac.ebis.ne.jp/tr_set.php?argument=hvWhgD2d&ai=aff_carnalism

当サイト「カーナリズム」運営同社、株式会社イードが運営している「安心車.jp」。1分程度の登録時間で最大10社からの見積もりを一括査定できるサービスです。買取業者から提示された金額に納得が行かない場合、キャンセルも可能なのでお気軽にお試し下さい。

関連するキーワード


買取 買い方・売り方

関連する投稿


車のローン審査は甘い?通らない場合にチェックしたいポイント・基準を紹介

車のローン審査は甘い?通らない場合にチェックしたいポイント・基準を紹介

憧れの車を手に入れたい!車検や修理にまとまったお金が必要!そんな時に使う自動車ローン審査について分かりやすく解説します。審査基準やローンの種類、審査に通るための工夫や審査申込みでやってはいけない注意点などもご紹介。審査に落ちる原因や審査に通りやすい人の特徴など、初めて自動車ローンの審査に申し込む前に必読!!


【寒冷地仕様とは?】標準仕様との違いやメリット・デメリットを説明

【寒冷地仕様とは?】標準仕様との違いやメリット・デメリットを説明

車を購入する際に設定されている「寒冷地仕様」とは何なのか?標準仕様との違いの説明と、寒冷地仕様車のメリット・デメリットについて説明しています。また、トヨタのランドクルーザープラドを例として、実際の装備や機能の違い、車両価格の違いについて説明しています。


【車庫証明の取り方総まとめ】必要書類や書き方、手続きについて解説

【車庫証明の取り方総まとめ】必要書類や書き方、手続きについて解説

車を購入すると必ず車庫証明を取らないといけません。この記事では、車庫証明を取るのに必要な書類や書き方、費用、手続きにかかる期間などを詳しく解説していきます。


車はローンで購入すべき?ローンの種類毎の特徴や金利を徹底解説&比較

車はローンで購入すべき?ローンの種類毎の特徴や金利を徹底解説&比較

車をローンで購入する人は多いですが、ローンは価格に金利を上乗せした状態で支払うため損ではないかという意見もあります。ローンを利用してでも購入すべき時はあるのでしょうか。また、ローンを利用するとどれくらい余分に支払わなければいけないのでしょうか。今回はカーローンの特徴と注意事項について解説します。


満足度1位の『車買取会社』はどこ?オリコンが顧客満足度ランキング発表!!

満足度1位の『車買取会社』はどこ?オリコンが顧客満足度ランキング発表!!

オリコンといえば音楽ランキングをイメージすると思います。そのオリコンがオリコン顧客満足度ランキングにて顧客満足度の高い『車買取会社』ランキングを発表しましたのでランキング形式で紹介します。


最新の投稿


電子ドアミラー?サイドミラーの進化?修理方法も詳しく紹介

電子ドアミラー?サイドミラーの進化?修理方法も詳しく紹介

車に乗るときサイドミラーは調整しますか?実は調整方法をご存知な方も少ないかもしれません。 サイドミラーも年々進化をしており最近ではカメラを搭載することが可能になりました。サイドミラーの修理方法や自分で行う場合のやり方を徹底的に紹介していきます。


あなたに必要かも?!初心者や女性ドライバーに優しいコーナーセンサー

あなたに必要かも?!初心者や女性ドライバーに優しいコーナーセンサー

コーナーセンサーは狭い路地のすれ違いや駐車場での切り返しなどで障害物との距離を教えてくれる便利装備!車の運転に自信のない方には特におすすめのアイテムです。新車で購入するときにつける方が多いですが、後付けも可能です。今回はコーナーセンサーの必要性について紹介していきたいと思います。


丸わかり!エクストレイルで車中泊するやり方とおすすめ車中泊グッズ

丸わかり!エクストレイルで車中泊するやり方とおすすめ車中泊グッズ

好きな時に好きな場所でプライベートな時間を過ごすことができる車中泊が最近ブームです。日産エクストレイルは車中泊するのにぴったりの大人気SUV。ここでは、車中泊が大好きな方からこれからやってみたい初心者まで、エクストレイルで車中泊をやるのに役立つ情報やおすすめグッズなどをご紹介しています。


エンジンマウントは強化すべき?劣化具合もいち早くチェック

エンジンマウントは強化すべき?劣化具合もいち早くチェック

エンジンマウントは車のアキレス腱と言われています。これは強化するにもメリットと、デメリットがあります。エンジンマウントが劣化したときにかかる、工賃や交換時期が気になるとこではないでしょうか。今回は、エンジンマウントとは何かから、劣化に対しての対象方について紹介していきます。


プリウスのバッテリーは2つある?電気自動車もバッテリーは上がる?

プリウスのバッテリーは2つある?電気自動車もバッテリーは上がる?

プリウスに搭載されているバッテリー、実は2つあることをご存知でしたでしょうか? この記事では他の車とは一味違うプリウスのバッテリーについて、バッテリーが2つ搭載されているその理由や寿命、従来のガソリンバッテリーとの違いについても触れていきます。 また、プリウスのバッテリーが上がってしまうその原因とその対策についても紹介します。 最後に、プリウスのバッテリーの核心である駆動バッテリーと補機バッテリーについて、交換目安や充電方法などを軸に詳しく掘り下げます。