目次へ戻る

いつが売り時!?大事な愛車を高く売る方法

いつが売り時!?大事な愛車を高く売る方法

大事にしていた愛車もそのうち、買い替えの時がやってきてしまいます。でも大事にしていた愛車なら、高く売りたい!と思ってしまうのが世の常ではないでしょうか・・・。そんな時にするべき方法をこの記事では紹介して行きたいと思います。


車の買替。つきまとう苦悩

「去年初めて車を買った!」という人以外のお車をお持ちの方は、少なくとも1度や2度は「買い替え」を検討・経験された方がほとんどだと思います。買い替えを検討されるきっかけは、「転職・転勤などお仕事関連で」「結婚・出産などプライベートの環境変化で」「長年乗ったから、そろそろ」など様々ですよね。

画像はイメージです。

では実際に「買おう・売ろう」となった際に、どこに、誰に、いつ、相談しますか??やはり車の買い替えは、大金が動きます!ですからその分、時間も頭も神経も全てを使うので疲れてしまいますよね。

アナタには「信頼できる車の販売店(買取店)」がありますか?それさえあれば、車を売るのもためらいなくストレスもなくスムーズにできます。

信頼できる車の買取店がなくてもこの記事を読んでいただければ大丈夫です!!もしある方でも、この記事を読んで自らの信頼しているお店でいいのか今一度考え直して見てはいかがでしょうか?

愛車を高く売るために

どんな方でも、車を売るなら「高く」売りたいですし、買う場合なら「安く」買いたいですよね。この思いは万国共通であると思います。しかし商売の原理原則からして、この思いは半ば達成できないものに感じてしまいます。

写真はイメージです。

では、「高く売るために」どうするか?それは「手間・ヒマを惜しむことをやめる」ということです。おそらく、「簡単、便利、ラクチン」で「高く買い取って」もらおうとしていませんか?それができれば、人は何も言うことなく満足します。しかしそんなものは存在しないのです。

例えばです。1日5分の時間で100万円稼げるとしたら、あなたはどうしますか?

ネットでも「まさか自分がここまで稼げると思わなかったので驚きです! ○○と出会ったおかげで、人生が変わりました!」のような情報商材やそれに関する広告を見かけることがありますが、あなたはそんな簡単に儲かる、という話を信じますか?

写真はイメージです。

そうです。「簡単に、儲かる話は存在しない」のです。これを車に置き換えてみると、「簡単に“高く”売れること」はないということです。愛車との最後のイベントが車の買取です。最後は愛車のためにも、少し手間がかかってしまっても高く買ってもらうことが良いのではないでしょうか?

〇〇というサービスを使って商売原理をうまく使おう!

高く売るには、それなり手間隙をかけないと同等の対価は得られないということは、今までの内容でご理解いただけたかと思います。私たちが「高く」売って「安く」買いたいと思ったら、商売の競争原理を逆手にとるのです。自分の車を買いたい人の中から、一番高い値段をつけてくれた人の売ればいいのです。

では、自分の車を買いたいと思う人をどうやって集めるのか?それは一括査定というサービスを利用すればいいのです。一括査定はいくつもの会社に査定してもらうことで、買取額を決め、その値段でどこか一社に買ってもらうというものです。

このサービスでは査定する企業が多数存在することから競争原理が働きます。そのため高く買い取ってもらえる可能性が1社で査定するよりもかなり大きくなると思います。

その中でお勧めしたいのが「安心車.jp」です。こちらの「安心車.jp」はレスポンスチャンネル運営の㈱イードが運営しています。

 

一括査定のメリット・デメリット

このような一括査定にも、メリットとデメリットが存在します。メリットは「1回で複数社と連絡がとれる」「見積り・査定を比較することができる」「競争原理が働く」などです。

しかしデメリットに関しては「複数社から連絡がくる(電話など)」「複数を比較するのに時間がかかる」などが挙げられます。

このようなデメリットから「営業電話がたくさんかかってきて迷惑だ。。」「複数社査定見積りがでてきてどこにすれば良いか悩む。。」などの不満も出てきてしまうこともあるのではないでしょうか?しかしこれを真摯に受け止めてどこに売るか考え抜き、選ぶことでより良い買取を実現させることができると思います!

一括査定のサイトでよく見かけるのが、「最大●社で一括査定」という文字です。しかしエリアによって対応できる買取業者の数は多くても5~6社です。その中おそらくで実際に車を見に来るのは3~4社です。その中で一番高いところに売るというとなると、思っていたより簡単に感じませんか?

少し難しい査定後の契約・・・。

実際にすべての査定が完了すると、複数社から見積もりが出ると思います。その金額によって、どの買取業者へ売るかを考える事になります。高く売るためにはもちろん一番高い値段をつけた会社で問題ないと思います。そこから買取業社に連絡し、申込・契約のために来店する事になります。

来店時に気をつけて頂きたいのが、「売買契約書」です。これは協会団体で統一されているものもあれば、独自の内容もあります。しっかりと契約内容を確認し、気になる点はすべて質問してクリアにしてから契約をするようにしましょう。

契約後のトラブルとして下記2点が多い事例になります。「契約後のキャンセルに違約金が発生する」「契約後に査定額が減額される(傷が見つかったなどで)」などです。ですので契約書は表面・裏面、じっくりと目を通して確認をし、トラブルを未然に防ぎましょう。

契約は「サイン」したら、「同意」したことになります。読んでなくても、読んだことになります。納得いかなくても、同意したことになります。よくよく契約内容は確認をお願い致します。もしその場で、すべてクリアにならなければ、1日待ってもらうなど、相談することをオススメします。

もし買取業者が「今日中に契約してもらわないと困る」など、お客様目線で話ができない会社(担当)だとしたらその会社とは契約をせず、やり直す方が得策だと言えます。もちろん大変ですが、トラブルや後々不本意な状況になる可能性が発生することを考えた場合いいのではないでしょうか?

最後に

いかがでしたでしょうか?
車の一括査定サービスについてご紹介しました。詳しい流れを知りたい場合は下のリンクをご覧ください。



「高く売るために」金額も勿論大事ですが、「安心」して買い取ってもらえる業者を探すことはなかなか難しいものです。車の買い替えのプロはなかなかいませんので、アナタと相性の良い、安心車.jpにて安心して利用できる団体・業者・サイトが見つかるよう、且つ「愛車が高く売れる」ことを願っております!

急増するネットの中古車買取。仕組みやメリット・デメリットは?

http://matome.response.jp/articles/564

インターネット上で「車 買取」と検索すると多数存在する車の買取サービス。テレビCMでも有名なカーセブンやラビット等の買取業者とは別に「最大○社の中から一括査定」というサービスも多々存在しています。本記事ではネットの車買取サービスの仕組みやメリット、デメリットについて説明すると共におすすめサービスの紹介をしてます。

関連するキーワード


買取 買い方・売り方

関連する投稿


年式で見る愛車の売り時!賢く売ろう!

年式で見る愛車の売り時!賢く売ろう!

愛車も長く乗っていると、気になる新型車が出てきて購入を迷うこともあります。いざ乗り換えるために、今の愛車を売って新車のために資金の足しにしようとしても「思っていたより全然安くなってしまう」なんてことも・・・。こちらの記事では愛車の売り時についてを紹介しています。


急増するネットの中古車買取。仕組みやメリット・デメリットは?

急増するネットの中古車買取。仕組みやメリット・デメリットは?

インターネット上で「車 買取」と検索すると多数存在する車の買取サービス。テレビCMでも有名なカーセブンやラビット等の買取業者とは別に「最大○社の中から一括査定」というサービスも多々存在しています。本記事ではネットの車買取サービスの仕組みやメリット、デメリットについて説明すると共におすすめサービスの紹介をしてます。


知っておいて損はない!クルマをお得に買うコツと注意点

知っておいて損はない!クルマをお得に買うコツと注意点

車を購入する際には値下げの交渉をしたり、今乗っている車を売ったり下取ってもらったりと、車をおトクに購入するため、如何にして費用を抑えるかを考えると思います。こちらの記事では、クルマをお得に買うコツとその際に注意しておきたい点をまとめて紹介します。


万が一の交通事故・・・!事故車のその後は修理?廃車?「買取」!?

万が一の交通事故・・・!事故車のその後は修理?廃車?「買取」!?

交通事故が増える12月。年末に掛け遠出、外出が増える時期ですが交通事故の当事者にはなりたくないもの。ですが万が一交通事故にあってしまった場合、その後の車はどうしますか?本記事では事故車の「買取」サービスを紹介します。


最新の投稿


還暦を迎えた日産スカイラインの歴代モデルと、歴史を振り返る。

還暦を迎えた日産スカイラインの歴代モデルと、歴史を振り返る。

2017年4月24日、日産のスカイラインが誕生から60周年となり人間で言う「 還暦」を迎えました。過去の初代から13代目スカイラインまでのモデルの振り返りと共に、歴史やその年の出来事、流行したファッションについてと、60周年を記念して開催されていたイベントを一部紹介しています。


後部座席は36.4%…。シートベルトの着用率を都道府県別に見る

後部座席は36.4%…。シートベルトの着用率を都道府県別に見る

皆様は車の運転の際、シートベルトをきちんと着用していますか?運転席や助手席だけでなく安全な運転のために、後部座席もシートベルト着用の義務があります。今回はシートベルトの着用率を都道府県別に見ていきましょう。果たしてシートベルト着用率の高い1番安全な都道府県はどこなのでしょうか?


うっかり車が立ち往生!?そんな時に必要な準備とは!?

うっかり車が立ち往生!?そんな時に必要な準備とは!?

雪が降り始めると車の事故やトラブルも増えますね。特に、暴風雪による多重衝突事故や道路での立ち往生…などの被害は大きいです。降雪が多い時は車での外出は避けた方が無難ですが、そうも言ってられませんよね。もし立ち往生してしまった時備えておけば心強い。そんなグッズをご紹介します。備えあれば憂いなしですよ!!


【2017年冬】雪道だって大丈夫!!雪道に強いオススメ車 厳選5選

【2017年冬】雪道だって大丈夫!!雪道に強いオススメ車 厳選5選

2017年の冬も厳しい寒さ&降雪が予想されています。つまりそれはウィンタースポーツ、スキーやスノボーが楽しめるということでもですね!ここで心配なのが雪道での車のスリップ!貴方の車は大丈夫ですか?貴方と貴方の大切な人を守ってくれる、雪道に強いオススメの車最新情報をお届けいたします!この車たちで冬を熱く楽しみましょう!


【痛車オーナー必見】100台以上集結の「交通安全祈願2018」開催!

【痛車オーナー必見】100台以上集結の「交通安全祈願2018」開催!

痛車・痛バイクオーナーの皆さんに朗報です。2018年2月25日(日)、中古車買取のカープライスが川崎大師にて、痛車・痛バイク100台規模の交通安全祈願イベント『川崎大師 痛車・痛バイク 交通安全祈願2018』を開催します。先着100台は参加費が無料、イベントの内容を紹介します。


アクセスランキング


>>総合人気ランキング