目次へ戻る

【カーオーディオ】サブウーファーの取り付け方と注意点

【カーオーディオ】サブウーファーの取り付け方と注意点

車の運転、ドライブなどで欠かせない要素のひとつである「音楽」。こちらの記事ではカーオーディオを選ぶ際の「サブウーファー」に焦点をあて、取り付け方、ボックスが必要な理由、注意点等をまとめて掲載しています。


サブウーファーの取り付け方とボックスが必要な理由

カーオーディオの取り付けには、さまざまなノウハウが存在しています。今回のテーマは「サブウーファーの取り付け方」についてです。まずは「ボックスが必要な理由」を解説していきます。

ひとえにサブウーファーと言っても、タイプがいくつかあります。今回は、本格ユニットサブウーファーにスポットを当てて紹介していきます。サブウーファーユニットが“単体”で販売されているタイプです。

ビーウィズ・A-180ll(税抜価格:8万円)

これを用いて音を出そうとするとき、絶対に必要なものが2つあります。1つがパワーアンプ、そしてもう1つが「ボックス」です。さて、ではなぜ「ボックス」が必要なのか、理由は下記になります。

スピーカーは、振動板を前後に動かすことで空気を震わせて音を伝えます。実は、これと同じことが振動板の裏側でも起こっているのです。振動板が動くことで、裏側からも音が発せられているのです。

もしも「ボックス」がなかったら、表側から発せられた音と裏側から発せられた音が空気中で混ざりあうことになります。そうなると、とてもやっかいな問題が引き起こされます。"キャンセリング"という現象が起こってしまうのです。キャンセリングとは「音の打ち消し合い」が起こる現象です。

表側の音と裏側の音は、耳で聴く分には同じ音ですが、音波で表すと真逆の状態となっています。表側で振動板が前に出たとき、裏側では振動板は引っ込んだ状態になっていて、表側と裏側では、振動板の動きは常に逆の状態になっている。振動板の動きが逆なので、音波としても、真逆の波形となっているのです。

そして、真逆の波形の音波が混ざり合うと、音の“打ち消し合い”=“キャンセリング“が引き起こされてしまうのです。

「ボックス」が必要な理由は、まさにここにあります。スピーカーユニットを「ボックス」に取り付けることで、裏側の音を閉じ込めることが可能となるのです。これにより、表側の音と裏側の音が混ざり合うことを阻止できるのです。

サブウーファー ボックスのタイプ

先ほどはサブウーファーボックスの必要性を解説しましたが、それを踏まえて今回は、“箱”のタイプ解説を行っていきます。

サブウーファーボックスは、大きく分けて、以下の3タイプに分類できます。

1・シールド・ボックス
2・バスレフ・ボックス
3・バンドパス・ボックス

もっともスタンダードなタイプが、1の「シールド・ボックス」です。密閉型のボックスであり、3つの中ではもっとも容量を小さくでき、かつ、締まった、レスポンスの良い低音を出しやすいのが特徴です。

先ほども解説したように、スピーカーユニットは、裏側からも音を発します。それを閉じ込めるためにボックスが必要となるわけで、「シールド・ボックス」は、その役目をシンプルに担ってくれます。

なお、箱の中の空気は、スピーカーにとってのサスペンション的な効力も発揮します。容量を小さくすればサスペンションは硬くなり、容量を大きくすればサスペンションは柔らかくなります。それを調節することで、サウンドをコントロールすることが可能です。

それに対して2の「バスレフ・ボックス」とは、スピーカーユニットの裏側から発せられる音を直接的に利用しようとするもの。

サブウーファーボックスの例。このボックスの場合、左側の網になっている部分が“ポート”になっている。

ボックスの内部で裏側の音を反転させ、“ポート”と呼ばれる穴からそれを表側に放出。ホームオーディオのスピーカーでも、表側に穴が空いているものがありますが、それも「バスレフ・ボックス」です。

このようにすることで低音を増強することが可能となり、且つ“ポート”の長さや大きさ等々を計算することで、増強する周波数帯をコントロールすることも可能となります。

そして3つ目の「バンドパス・ボックス」とは、“ポート”の内部にサブウーファーを閉じ込めた作りをしているボックスです。箱の中に箱がある、といった構造となっています。

最近は、“バンドパス・ボックス”が用いられるケースはかなり減ってきています。理由としては、サウンドのコントロールが難しく、かつ、ボックスも大きくなりがちなため、搭載するには難易度が高いという理由が主だったところでしょうか。

サブウーファーボックスのタイプ解説は以上となります。

サブウーファー取り付け ボックス製作においての注意点 その1

「サブウーファーボックス」の製作の際に考えるべきこと。1つ目は、“容量”です。ボックスの内部の容量をどのくらいにするか、まずはそこが熟慮されます。

なお、サブウーファーユニットには、その製品の性能を引き出すための適切な“ボックス容量”が定められています。メーカーが適した容量を“推奨容量”として、取説等に明記しています。

容量120Lにも及ぶバスレフボックスを採用したサブウーファー。

ちなみに“推奨容量”とは、ある程度の範囲を持って指示されていてい、上限と下限を示し「その範囲に入っていればOK」、というような表記の仕方がされています。

そして次には、どのような低音がほしいのかを考えながら容量を決めていきます。容量を多めに取ると深みのある低音になり、容量を小さめにすると、レスポンスの良いタイトな低音になる傾向があります。

適切な範囲の中で、欲しい低音のタイプも考えながら、“ボックスの容量”が考え抜かれるのです。

その次に考えるべき点が“形”です。搭載するスペースに合わせることがもっとも重要ですが、それと同時に、サブウーファーユニットがストレスなく仕事ができるように、といったことや、内部での音の反射の影響も考慮しながら“形”が決められていきます。

なお、内部に吸音材を入れることでも、鳴り方をコントロールすることが可能になります。

例えば容量は小さめに作りつつ、吸音材を入れることで擬似的に容量を大きくしたような効果が得られます。ボックス内の空気は、サブウーファーユニットにとっての“サスペンション”の役目を果たすのですが、吸音材の効果で“サスペンション”の堅さがコントロールできる、というわけです。

サブウーファー取り付け ボックス製作においての注意点 その2

次はボックスを組み上げる際の注意点について考えていきます。

「サブウーファーボックス」を組み上げる際にもっとも重視すべきことはズバリ、“強度”です。「サブウーファー」自体が重いため、箱が軟弱だった場合、これを取り付けた際に支えきれなくなってしまいます。

また、支えきれたとしても、鳴らしたときに箱がビビってしまっては元も子もありません。低音を届けるためのユニットが、ノイズの発生源となってしまうのでは意味がありません。

それに対しては、さまざまな対策を施します。まずは、「厚めの木材を用いる」ことが1つ目、それを「正確に切り出して、きっちり組み上げる」ことが2つ目。その基本に加え「内部に“補強”を入れる」ことが3つ目の対策となります。

“補強”には、さまざまなやり方が存在しています。リブ的な意味合いで、内部の平らな面に添え木をあてがったり、コーナー部分に三角形にカットした木材をあてがったりするのがスタンダードな方法です。さらには、重量級のサブウーファーユニットを使う場合には、鉄でフレームが組まれる場合もあれば、内部にFRPが流し込まれることもあります。

なお、このFRPを流すという方法は、“強度”を上げるためともう1つの役割をになっています。“気密性を高める”という役割です。「サブウーファーボックス」を作るにあたっては、“強度”と同等に、“気密性”も非常に重要なファクターになります。それを確保するため、シーリング材等を継ぎ目に注入するなどの対策が施されます。

サブウーファー取り付け ボックス製作においての注意点 その3

サブウーファーのボックス政策の注意点として、最後にあげるのは「設置方法」についてです。

サブウーファーボックスをワンオフする場合、ボックスの設置の仕方には2つの選択肢が存在しています。1つが、トランクフロア等に ポン と置く方法、もう1つが、トランクフロア等に一体化させる方法、の2つです。

前者はボックスの形状をシンプルに仕上げられ、車両側の加工も最小で済むため、比較的に製作コストがかかりません。そして、荷物をたくさん積む際は、ボックスを降ろすことも可能なので、その点においては使い勝手が良いと言えます。

サブウーファーボックスの設置例。写真は、リアシートの後ろ側にボックスを設定した一例。

対して、トランクフロア等に一体化させる場合には、車両側の加工も必要となるケースがほとんどです。しかもボックスの形状も設置箇所のボディ形状に追従させる必要が出てくるため、工賃はそれなりにかかります。

しかし、スペースを有効利用でき、積載性を確保することなども可能となるので、予算さえ許せば車両に一体化させる取り付け方のほうが便がいいのは確かです。

なお、サウンドコンペのようなイベントに出場するようなクルマに多く見られるのは、リアシートの後ろ側(トランクからみて奥のウォール側)にサブウーファーボックスを設定する設置方法です。そうして、トランクスルー部分にサブウーファーの振動板がくるように取り付け、サブウーファーからのサウンドを、ダイレクトに車室内に届けようとするのです。

これらの中からどれを選ぶかは、予算と使い勝手を鑑みて考えたい所です。ちなみに、音的な有利不利は多少ありつつも、プロショップならばどこに設置しても、調整でなんとかできるでしょう。

シビアに音を優先させて考えるのも1つのやり方ですが、通常は費用・使用感を含めて総合的に判断すれば良いでしょう。自分にとっての優先事項をショップ店員と相談の上、ベストポジションを探していきましょう。

カーオーディオ・スピーカー交換に関連する記事

【BMWのスピーカー交換】価格帯別 & 絶対おすすめのブランドは…?

http://matome.response.jp/articles/928

BMWのスピーカー交換を検討中の方向けに、価格帯別でのおすすめブランドと、知っておいて損はないおすすめのブランドの紹介をしています。また、BMWの純正スピーカーの特徴のと、カーオーディオショップの選び方や紹介に至るまで、スピーカー交換を検討、若しくは音が気になってる方向けの情報を詳しく紹介しています。

【MINIのスピーカー交換】取付けにチャレンジ&おすすめスピーカー

https://matome.response.jp/articles/980

MINI(ミニ)の純正カーオーディオの音を聞き、「音質が悪い・・・」と感じてしまった方は多いはず。こちらの記事では、MINIのスピーカー交換をDIYで取り付けたい方への情報と、おすすめのスピーカーブランド、メーカーについての情報を掲載しています。

【カーオーディオ選び】スピーカー・タイプを解説

http://matome.response.jp/articles/126

ドライブ中など、車の運転中に欠かせない要素のひとつである「音楽」。こちらの記事ではカーオーディオを選ぶ際のスピーカーに焦点をあて、数種類存在するスピーカー毎の違いなどを解説しています。

【カーオーディオ初級編】スピーカーの選び方と交換すべき理由

http://matome.response.jp/articles/124

車の運転、ドライブ中に"音楽"を聴く。という人はとても多いのではないでしょうか。こちらの記事では車内での音楽ライフをより豊かにするため、「スピーカー」交換のススメについてをまとめています。

【カーオーディオ】プロショップ店員にサブウーファーの選び方を聞く

http://matome.response.jp/articles/138

車内での"音楽"はドライブ等において重要な役割を担います。こちらの記事ではサブウーファーについて今さら聞きにくい基本的な基礎知識と選び方について、プロショップの店員に聞いた内容をまとめて記事にしています。

関連する投稿


車のハンドルロック。原因や解除方法を解説|盗難防止グッズも紹介

車のハンドルロック。原因や解除方法を解説|盗難防止グッズも紹介

車の盗難防止のための機能であるハンドルロック。ですが、意図せずロックが掛かってしまい、ハンドルが動かせず慌ててしまったという経験をお持ちの方もいらっしゃるのではないでしょうか。そんなハンドルロックが掛かってしまった時の対処方法・解除方法についての紹介と、機能とは別に盗難防止アイテムの紹介を合わせて行っています。


ブースト計の人気・おすすめ5選!使い方・見方から取り付け方まで説明

ブースト計の人気・おすすめ5選!使い方・見方から取り付け方まで説明

あまり使い道が知れ渡っていないブースト計。実は愛車のコンディションを知ることのできる優れたアイテムです。今回はブースト計とは何か?の説明からブース時計の種類、必要性、取り付け方、そしておすすめ商品についてを紹介していきます。


バックミラー・ルームミラー 人気ランキング&おすすめ11選|タイプ別に紹介

バックミラー・ルームミラー 人気ランキング&おすすめ11選|タイプ別に紹介

車のルームミラー・バックミラーには様々なタイプのものが存在します。こちらの記事では、通常のルームミラーの売上人気ランキングから、おすすめのモニター一体型やドラレコ一体型のルームミラー、それぞれの特徴とおすすめ商品、取り付けについてなどを紹介しています。本記事が新しいルームミラー購入の参考になれば幸いです。


キーレスエントリーって?後付けも可能?取り付け方から工賃 電池切れ時の対応

キーレスエントリーって?後付けも可能?取り付け方から工賃 電池切れ時の対応

遠隔操作で車の鍵を操作できるキーレスエントリー。使っている人を見るとスマートで素敵と思う人もいるのではないでしょうか? 今回は仕組みや取り付け方、周波数、電池切れの場合などを解説していきます!


ガソリン添加剤の効果って?デメリットは?入れすぎた場合の対処法とおすすめも

ガソリン添加剤の効果って?デメリットは?入れすぎた場合の対処法とおすすめも

カー用品店で見かける「ガソリンの添加剤」。実際どんな効果があるのか?デメリットはないのか?入れ過ぎるとどうなるのか?と疑問は多く、使用に至らない人も多いと思います。当記事ではガソリン添加剤の役割と効果、メリットとデメリットから、入れすぎた場合の対処法、おすすめのガソリン添加剤について掲載しています。


最新の投稿


BMWの7シリーズ改良新型が登場!表情刷新でグリルも大型に!

BMWの7シリーズ改良新型が登場!表情刷新でグリルも大型に!

BMWは1月16日、改良新型『7シリーズ』(BMW 7 series)を本国で発表しました。現行7シリーズがデビューからおよそ3年半を経て、初の本格改良を受けています。最新情報をお届けいたします!


マツダのコンパクトSUV CX-3 スペック・価格・中古価格・評価はどう?

マツダのコンパクトSUV CX-3 スペック・価格・中古価格・評価はどう?

マツダから発売されているSUVは沢山ありますね。その中でも一番コンパクトサイズなのがCX-3(シーエックススリー)です。コンパクトサイズのため、街乗りはもちろん、SUVとしていろんな用途で楽しめる車ですね。そんなCX-3について改めてスペック・価格・中古価格・評価など様々な角度から調べてみました。


【完全網羅】マツダのSUV CXシリーズ!CX-3 CX-5 CX-8 CX-9まで

【完全網羅】マツダのSUV CXシリーズ!CX-3 CX-5 CX-8 CX-9まで

マツダの大人気CXシリーズ。日本ではCX-3やCX-5が知られていますが、他にもたくさん販売されています。各車種の違いがわからない。そもそも何が違うの?という人向けに、今回はCXシリーズについてまとめています。これを読めばCXシリーズがより好きになるかも!?です。


【最新情報】トヨタのSUV RAV4ハイブリッド 新型 この春欧州発売!

【最新情報】トヨタのSUV RAV4ハイブリッド 新型 この春欧州発売!

トヨタのSUV、RAV4。このRAV4ハイブリッド新型がこの春欧州にて発売されます。さらにトヨタは、RAV4ハイブリッド新型の燃費も発表しました。2019年春に日本でも発売されるとあって今大注目のRAV4。本記事では欧州仕様のRAV4ハイブリッド新型のハイブリッド性能に焦点を当てました。


ワイドトレッドスペーサーの選び方と取付け方|役割の説明やおすすめ紹介も

ワイドトレッドスペーサーの選び方と取付け方|役割の説明やおすすめ紹介も

ホイールを外側に出すための「ワイドトレッドスペーサー」。ドレスアップアイテムと思われがちですが、サスペンションのチューニングパーツです。ただし、しっかり知識を持たずに取り付けると思わぬ事故にも遭う可能性もあります。今回はワイドトレッドスペーサーの選び方から、取り付け方についてと、取り付けるメリット・デメリット、おすすめのワイトレ等をご紹介していきます。