目次へ戻る

【9月から】街頭検査で可搬式ナンバー読取装置による車検切れ取締り

【9月から】街頭検査で可搬式ナンバー読取装置による車検切れ取締り

国土交通省は2018年9月から「可搬式ナンバー読取装置」を全国の運輸局で行う街頭検査に使用します。「可搬式ナンバー読取装置」は、車検切れの判別が瞬時に可能になり、車検切れ車両の撲滅が一層加速する見込みです。本記事では今までの車検切れ車両への対策と新しく導入される「可搬式ナンバー読取装置」についてご紹介します。


2018年9月から街頭検査でも車検切れの取締りが開始!

2018年9月から全国の運輸局に「可搬式ナンバー読取装置」が配備され、街頭検査でも車検切れの取締りが開始します。

本記事では、「可搬式ナンバー読取装置」についてご紹介します。

車検切れ・車検を受けていない「無車検車」とは?

まず、「可搬式ナンバー読取装置」が街頭検査で私用される主な理由となった、「無車検車」についてご説明します。

「無車検車」とは、車検切れまたは車検を受けていない車のことで、公道を走ることは禁じられており、罰則の対象です。
しかし、国土交通省自動車局が2015〜2016年度に全国各地で、全体の自動車における無車検車の割合を調べた結果、20〜30万台の無車検車が走っていることが分かりました。

「公道上0.2~0.3%比率で無車検車が走っているのではないか。20万台~30万台があると推計している」(奥田哲也自動車局長)

車検切れ車両はそもそもの車検切れに加えて、自賠責保険も切れているケースがあり、交通事故を起こした際には被害者へ賠償金を支払えないこともあります。

国土交通省では、公道を走る車検切れ車両ゼロを目指しています。

今までの車検切れの取締り方法3つとその短所

国土交通省の調査によれば無車検車は20〜30万台ほどあり、車検切れ車両の撲滅が急務となっていることはお分かりいただけたと思います。

しかし、これまで行われていた車検切れの代表的な取締り方法には課題があり、無車検車の取締りに結果を残すことができていませんでした。

街頭検査

検査職員が、街頭で整備不良や不正改造が疑われた車両に整備を求める方法です。車両停止後に車検証をドライバーが提示してはじめて車検切れ車両であることが分かるため、車検切れ車両を集中して取締りをするのは困難でした。

駐車場の見回り

国交省職員や委託職員が、駐車場なおの見回りをすることで期限切れの車検標章(車検シール)をつけた車検切れ車両を見つける方法ですが、膨大な時間と人手を要するため取締りに時間がかかりました。

固定式ナンバー読み取り装置の設置

歩道橋などに固定式ナンバー読み取り装置を設置し、一定期間ナンバーを継続的に読み取った後後、車検切れ車両を割り出し所有者に後日指導を行う方法ですが、初動対応が遅れるため車検切れ車両の是正には時間がかかっていました。

【2018年9月から】「可搬式ナンバー読み取り装置」でこう変わる

「可搬式自動車ナンバー読み取り装置」を使った車検切れ車両の取締りイメージ

先ほどあげたような課題を解決し、街頭検査で車検切れ車両の取締りを可能にしたのが、「可搬式ナンバー読み取り装置」です。

街頭検査に導入予定の「可搬式ナンバー読み取り装置」は、街頭検査の監査現場より前方に設置され、走行中の車両にむけてカメラを設置しナンバーを読み取ります。

「可搬式ナンバー読み取り装置」に読み取られたナンバーは、事前にダウンロードした車検切れ車両のナンバーと瞬時に照合され車検切れ車両であるかどうかを判別します。

検査職員は、街頭検査の前方で判別された車検切れ車両に車両停止を求め、監査場所でドライバーに警告書を手渡すことができます。

ちなみに、事前にダウンロードするデータはMOTAS(自動車登録検査業務電子情報処理システム)に前日までに車検切れ登録されたデータで、ダウンロードすることでインターネット通信が不要になるため照合時間の短縮にも役立っています。

まとめ

2018年9月から「可搬式自動車ナンバー読み取り装置」は全国の運輸局に配備され、街頭でも無車検車が瞬時に検出され、取締りがよりスムーズに行われることになります。
無車検での公道の走行は禁じられていますので、必ず車検満了日を車検標章(車検ステッカー)や車検証で確認しましょう。

関連するキーワード


メンテナンス

関連する投稿


クルマのインジェクションとは。仕組み・役割からキャブ車との違いを説明

クルマのインジェクションとは。仕組み・役割からキャブ車との違いを説明

世の中には、インジェクション攻撃、インジェクション成形、インジェクションステーキなど、インジェクションと名の付くものはたくさんありますが、ここで取り上げるインジェクションとはフューエルインジェクション(Fuel Injection System)。ガソリンエンジンの燃料噴射装置です。その仕組みと役割、歴史について説明しています。


車のターボタイマーとは?必要性や取り付けに掛かる費用、使い方まで徹底解説

車のターボタイマーとは?必要性や取り付けに掛かる費用、使い方まで徹底解説

ターボ車に取り付けるターボタイマー。ターボ車に長く乗ってある人であれば役割や必要性について理解していると思いますが、これから初めてターボ車に乗る方やNA車(非ターボ車)に乗っている方にとっては、どのような役割なのかご存知でない方も多いもではないでしょうか?今回はターボタイマーの必要性から取り付け方や費用、使い方について紹介していきます。


セルモーターの寿命や故障の原因、交換・修理に掛かる費用まで解説

セルモーターの寿命や故障の原因、交換・修理に掛かる費用まで解説

エンジンの始動に必須となるセルモーター。定期的なメンテナンスが必要なわけではありませんが、本記事ではセルモーターの役割、構造や仕組みと種類についての説明と、故障時に発生する異音、セルモーターの修理・交換に掛かる費用について解説していきます。


イグニッションコイルの全て|交換から点検、寿命や故障時について

イグニッションコイルの全て|交換から点検、寿命や故障時について

ガソリンエンジンの点火用コイルであるイグニッションコイル。今回は交換や必要な費用、点検方法や故障時の症状まで解説します。


オイルフィルターの交換方法から時期・費用までを徹底解説!

オイルフィルターの交換方法から時期・費用までを徹底解説!

エンジンオイルの交換で気になる方も多いオイルフィルター。そもそもの役割や構造から交換時期の目安や交換方法、交換にかかる費用などを解説していきます。


最新の投稿


クルマのインジェクションとは。仕組み・役割からキャブ車との違いを説明

クルマのインジェクションとは。仕組み・役割からキャブ車との違いを説明

世の中には、インジェクション攻撃、インジェクション成形、インジェクションステーキなど、インジェクションと名の付くものはたくさんありますが、ここで取り上げるインジェクションとはフューエルインジェクション(Fuel Injection System)。ガソリンエンジンの燃料噴射装置です。その仕組みと役割、歴史について説明しています。


【2月15日発売】三菱のデリカD:5新型 価格・スペック・燃費・変わった点は?

【2月15日発売】三菱のデリカD:5新型 価格・スペック・燃費・変わった点は?

2月15日、ついに三菱のオールラウンドミニバン・デリカD:5が発売されました。新型デリカD:5は、フロントデザインコンセプトのダイナミックシールドを取り入れ、装いも新たに生まれ変わりました。いったいどのような姿に進化したのか?最新情報をお届けします。


車のターボタイマーとは?必要性や取り付けに掛かる費用、使い方まで徹底解説

車のターボタイマーとは?必要性や取り付けに掛かる費用、使い方まで徹底解説

ターボ車に取り付けるターボタイマー。ターボ車に長く乗ってある人であれば役割や必要性について理解していると思いますが、これから初めてターボ車に乗る方やNA車(非ターボ車)に乗っている方にとっては、どのような役割なのかご存知でない方も多いもではないでしょうか?今回はターボタイマーの必要性から取り付け方や費用、使い方について紹介していきます。


ベントレーのSUV ベンテイガ! 試乗記・新車価格は?

ベントレーのSUV ベンテイガ! 試乗記・新車価格は?

ベントレー初のSUV、それが『ベンテイガ』です。ベンテイガは2016年から発売されています。2000万円以上もする高級SUVのため、なかなか見る機会は少ないかもしれないこの一台。本記事ではベンテイガについてまとめています。


トヨタ カローラ新型欧州仕様発表!3ボディが揃い踏み!

トヨタ カローラ新型欧州仕様発表!3ボディが揃い踏み!

トヨタ自動車の欧州部門、トヨタモーターヨーロッパは2月13日に、新型『カローラ』(Toyota Corolla)シリーズの詳細を発表しました。日本で発売されたハッチバック(日本名:『カローラスポーツ』)だけでなく、ワゴン、4ドアセダンと、3種類のボディタイプが欧州では設定されるとのことです。