目次へ戻る

【9月から】街頭検査で可搬式ナンバー読取装置による車検切れ取締り

【9月から】街頭検査で可搬式ナンバー読取装置による車検切れ取締り

国土交通省は2018年9月から「可搬式ナンバー読取装置」を全国の運輸局で行う街頭検査に使用します。「可搬式ナンバー読取装置」は、車検切れの判別が瞬時に可能になり、車検切れ車両の撲滅が一層加速する見込みです。本記事では今までの車検切れ車両への対策と新しく導入される「可搬式ナンバー読取装置」についてご紹介します。


2018年9月から街頭検査でも車検切れの取締りが開始!

2018年9月から全国の運輸局に「可搬式ナンバー読取装置」が配備され、街頭検査でも車検切れの取締りが開始します。

本記事では、「可搬式ナンバー読取装置」についてご紹介します。

車検切れ・車検を受けていない「無車検車」とは?

まず、「可搬式ナンバー読取装置」が街頭検査で私用される主な理由となった、「無車検車」についてご説明します。

「無車検車」とは、車検切れまたは車検を受けていない車のことで、公道を走ることは禁じられており、罰則の対象です。
しかし、国土交通省自動車局が2015〜2016年度に全国各地で、全体の自動車における無車検車の割合を調べた結果、20〜30万台の無車検車が走っていることが分かりました。

「公道上0.2~0.3%比率で無車検車が走っているのではないか。20万台~30万台があると推計している」(奥田哲也自動車局長)

車検切れ車両はそもそもの車検切れに加えて、自賠責保険も切れているケースがあり、交通事故を起こした際には被害者へ賠償金を支払えないこともあります。

国土交通省では、公道を走る車検切れ車両ゼロを目指しています。

今までの車検切れの取締り方法3つとその短所

国土交通省の調査によれば無車検車は20〜30万台ほどあり、車検切れ車両の撲滅が急務となっていることはお分かりいただけたと思います。

しかし、これまで行われていた車検切れの代表的な取締り方法には課題があり、無車検車の取締りに結果を残すことができていませんでした。

街頭検査

検査職員が、街頭で整備不良や不正改造が疑われた車両に整備を求める方法です。車両停止後に車検証をドライバーが提示してはじめて車検切れ車両であることが分かるため、車検切れ車両を集中して取締りをするのは困難でした。

駐車場の見回り

国交省職員や委託職員が、駐車場なおの見回りをすることで期限切れの車検標章(車検シール)をつけた車検切れ車両を見つける方法ですが、膨大な時間と人手を要するため取締りに時間がかかりました。

固定式ナンバー読み取り装置の設置

歩道橋などに固定式ナンバー読み取り装置を設置し、一定期間ナンバーを継続的に読み取った後後、車検切れ車両を割り出し所有者に後日指導を行う方法ですが、初動対応が遅れるため車検切れ車両の是正には時間がかかっていました。

【2018年9月から】「可搬式ナンバー読み取り装置」でこう変わる

「可搬式自動車ナンバー読み取り装置」を使った車検切れ車両の取締りイメージ

先ほどあげたような課題を解決し、街頭検査で車検切れ車両の取締りを可能にしたのが、「可搬式ナンバー読み取り装置」です。

街頭検査に導入予定の「可搬式ナンバー読み取り装置」は、街頭検査の監査現場より前方に設置され、走行中の車両にむけてカメラを設置しナンバーを読み取ります。

「可搬式ナンバー読み取り装置」に読み取られたナンバーは、事前にダウンロードした車検切れ車両のナンバーと瞬時に照合され車検切れ車両であるかどうかを判別します。

検査職員は、街頭検査の前方で判別された車検切れ車両に車両停止を求め、監査場所でドライバーに警告書を手渡すことができます。

ちなみに、事前にダウンロードするデータはMOTAS(自動車登録検査業務電子情報処理システム)に前日までに車検切れ登録されたデータで、ダウンロードすることでインターネット通信が不要になるため照合時間の短縮にも役立っています。

まとめ

2018年9月から「可搬式自動車ナンバー読み取り装置」は全国の運輸局に配備され、街頭でも無車検車が瞬時に検出され、取締りがよりスムーズに行われることになります。
無車検での公道の走行は禁じられていますので、必ず車検満了日を車検標章(車検ステッカー)や車検証で確認しましょう。

関連するキーワード


メンテナンス

関連する投稿


オイルエレメントの交換は必須!交換時期や費用は?交換しないと…?

オイルエレメントの交換は必須!交換時期や費用は?交換しないと…?

普段から車に乗る方であれば耳にするエンジンオイルエレメントという言葉。ただ、あまり馴染みのない方にとっては、このエレメントの交換のタイミングや、交換費用、交換時期まではイマイチわからないものです。ここでは、エレメントが担う重要な役割と交換の目安に関して、また交換費用に関しての解説をしていきます。


大切な愛車を守る!ロックナットの仕組みと外し方|紛失時の対応も

大切な愛車を守る!ロックナットの仕組みと外し方|紛失時の対応も

当記事では大切な愛車を盗難から守るためのセキュリティパーツ「ロックナット」について詳しく紹介してます。ロックナットの仕組みや種類、使用方法から取り外し方、また、キーアダプター・ソケットを紛失してしまった場合の対応方法や、取り外しを店舗にて行う場合の工賃・費用、おすすめのロックナットについても掲載しています。


CVTって何?どんな仕組み?メリット・デメリットからATとの違いも説明

CVTって何?どんな仕組み?メリット・デメリットからATとの違いも説明

現在、多くの車に搭載されているCVTですが、そもそもCVTという名称は何を表していて、どんなものでしょうか?CVT搭載車の役割や必要性、従来のAT(オートマ)車との違いや、CVT搭載車とAT(オートマ)車どちらを選ぶのが良いのか、当記事ではCVT搭載車に関する機能や情報を詳しく説明していきます。


タイヤの空気圧は高めが良いの?適正値の目安・点検方法・走行への影響は?

タイヤの空気圧は高めが良いの?適正値の目安・点検方法・走行への影響は?

タイヤは適正な空気圧にすることで、走行や燃費、乗り心地に影響するといわれていますが、具体的にどのようなことが原因となっているかご存知でしょうか? こちらの記事では、タイヤの適切な空気圧と点検方法と注意点について、分かりやすくご紹介します。


コイン洗車場の使い方、必要な準備、覚えておくべきマナーは?

コイン洗車場の使い方、必要な準備、覚えておくべきマナーは?

愛車を綺麗に保つうえで大切なのが洗車。洗車したいけれども自宅にスペースがない方場合「コイン洗車場」を活用している方も多いと思います。しかし、コイン洗車場を初めて利用する場合、どんなルールがあるのか?など敷居が高く感じてしまうもの。今回は初心者でも安心して洗車場で洗車するためノウハウをお教えしたいと思います


最新の投稿


【最新版】2019年以降発売が予測されるポルシェの新型車&モデルチェンジ情報

【最新版】2019年以降発売が予測されるポルシェの新型車&モデルチェンジ情報

2019年以降に発売が予測・期待されているポルシェの新型車&新車&モデルチェンジ情報をまとめています。あなたの気になる車はあるでしょうか。ポルシェが好きな方、必見です!


フェラーリ初のSUV プロサングエ最新情報!デザイン大予想

フェラーリ初のSUV プロサングエ最新情報!デザイン大予想

フェラーリが現在開発を進めていると噂される、同ブランド初のクロスオーバーSUV、『Purosangue』(プロサングエ)のテスト車両が目撃されています。それに伴って、兄弟サイトのSpyder7では予想CGを入手しました。本記事では発売が待たれるプロサングエの最新情報をお届けいたします。


日産のカルロス・ゴーン会長 複数の重大な不正により、解任へ

日産のカルロス・ゴーン会長 複数の重大な不正により、解任へ

日産自動車は19日、同社のカルロス・ゴーン代表取締役会長らによる重大な不正行為があったと発表しています。本記事ではカルロス・ゴーン会長に関する記事ほじか、日産の記事をまとめています。


メルセデスベンツ Sクラス 現行モデルのボディタイプ別一覧

メルセデスベンツ Sクラス 現行モデルのボディタイプ別一覧

メルセデス・ベンツの最高級Sクラス。貴方はそのSクラスにどんなボディタイプがあるのかご存知でしょうか。本記事ではメルセデスベンツの現行Sクラスをボディタイプ別にまとめています。クルマ選びの参考にしてみてくださいね。


【今こそ乗ってほしい】日本の現行オープンカーをメーカー別にまとめてみた

【今こそ乗ってほしい】日本の現行オープンカーをメーカー別にまとめてみた

なぜか、ルーフが開閉するだけで心躍る。そんなオープンカー。別にオープンカーじゃなくてもいいけれど、オープンカーにはオープンカーの魅力がありますよね。今こそいろんな人に日本のオープンカーを知っていただきたい!本記事はそんな気持ちを込めて国産オープンカーをご紹介!