目次へ戻る

ランドローバー レンジローバー イヴォーク新型は2018年秋公開!

ランドローバー レンジローバー イヴォーク新型は2018年秋公開!

レンジローバーのエントリー・クロスオーバーSUV『イヴォーク』の次期型プロトタイプが、ニュルブルクリンク北コースで高速テストを開始しました。新型イヴォークは3ドアが廃止された模様です。また発表は2018年秋ごろとのこと。本記事では、クロスオーバーSUV・イヴォークについて改めて見ていきたいと思います。


レンジローバー イヴォーク新型プロトタイプを激写

レンジローバーのエントリー・クロスオーバーSUV『イヴォーク』次期型プロトタイプが、ニュルブルクリンク北コースで高速テストを開始しました。

捉えた最新開発車両は、フロントバンパーの擬装が取れ、新デザインが徐々に明らかになってきています。

新型イヴォークは3ドアが廃止された模様です。

新パワートレインはディーゼル・ガソリン、そしてHVモデルも…

イヴォーク新型のパワートレインは、最高出力148ps、178ps、そして237psの3バージョンが用意される2リットル直列4気筒インジニウム・ディーゼルターボエンジン、最高出力245ps、296psの2バージョンの2リットル直列4気筒ガソリンターボエンジンをラインアップし、ZF製9速ATと組み合わされます。

また新開発の1.5リットル直列3気筒インジニウムエンジンと電気モーターの48Vマイルドハイブリッドシステム搭載モデルの登場も噂されています。

5ドア&コンバーチブルに2タイプ設定か

プラットフォームには現行「D8」アーキテクチャのアップデート版が採用され、ホイールベースと、トラック幅の拡大が予想されています。

また現行モデルに設定されている「3ドア」は廃止され、需要の高い5ドアと個性あふれるコンバーチブルの2モデルとなると考えられています。

【スクープ動画】

ニュルブルクリンクでの高速テストの様子も動画にて捕らえられています。

動画を見ていただくと、コーナーの立ち上がりや直線で、力強い走りを見せています。
開発は順調と言ったところでしょうか。

ワールドプレミアは2018年秋以降か

ワールドプレミアは、2018年秋以降となると見られています。

【改めて知りたい】ランドローバー レンジローバーのイヴォークとは

レンジローバー イヴォーク(2014年モデル)

レンジローバーイヴォークとは、イギリスのランドローバー(今現在はインドのタタ自動車傘下)が生産し、販売するクロスオーバーSUVです。

2009年に初代が発売され、日本には2012年より発売されています。2017年モデル発売の際に、SUVとしては世界初となる、ソフトトップルーフのコンバーチブルモデルを発売しています。

ボディはかなり剛性アップを果たしているのか、ほぼあらゆる路面状況でみしりともしない強固さを見せる。考えてみればSUVだからオープンのままラフロード走行だって想定しなくてはならないわけだから、ターマックでガタピシしていたのでは話にならないわけだ。それに囲まれ感が非常に高く、コマンドポジションという独特のドライビングポジションを採用していたはずのレンジローバーとは趣がだいぶ違う。しかし、コンバーチブルの場合、この感覚はむしろ歓迎だった。

レンジローバー イヴォーク 基本スペック 燃費・ボディサイズ

レンジローバー イヴォーク(2014)

 
【レンジローバー イヴォーク SE 5ドア】 スペック表
ボディサイズ(全長×全幅×全高)4,355×1,900×1,660mm(ホイールベース:2,660mm)
最大乗車定員5名
車両重量1,860kg
燃費JC08モード:10.6km/L
エンジン種類2.0L Si4 ガソリンエンジン
最高出力(kW(PS)/rpm)177kW(240PS)
最大トルク(N・m/rpm)340N·m
タンク容量 68L
駆動方式4WD
トランスミッション9速オートマチック
最大渡河水深500(欧州データ)
最低地上高210(欧州データ)

最後に

本記事では、発売が気になる、2代目レンジローバーイヴォークについてご紹介いたしました。

他のSUVが気になるという方は、下記記事も合わせてご覧ください。

関連する投稿


三菱のオールラウンドミニバン デリカD:5(ディーファイブ)解説!

三菱のオールラウンドミニバン デリカD:5(ディーファイブ)解説!

SUV型ミニバンの三菱「デリカD:5」は、使い勝手が良く様々なシーンで活躍してくれます。あまり知られていない「D5」の由来から、新車価格・中古価格なども網羅!デリカD:5を検討している人は、是非参考にしてみてください。(※情報は2019年4月現在のもの)


トヨタのクロスオーバーSUV ハリアー 中古価格まとめ

トヨタのクロスオーバーSUV ハリアー 中古価格まとめ

トヨタ ハリアーは、1997年に誕生して以来、高級クロスオーバーSUVの先駆けともいえる車です。そんなハリアーの中古車価格について本記事では紹介しています。(※情報は2019年9月現在のものです)


先代モデルなら100万円以下で購入可能!?中古のレクサス5選

先代モデルなら100万円以下で購入可能!?中古のレクサス5選

2019年で30周年を迎えたトヨタの高級ブランド「レクサス」。レクサスは当時アメリカで人気の高かったメルセデスベンツやBMWなどの高級ドイツ車に対抗できるブランドとして誕生しました。今回はそんなレクサスのなかでも100万円以下で買える!?中古のレクサス(先代モデル)を紹介します。(※情報は2019年9月現在のものです)


【ロサンゼルスモーターショー2019】トヨタのRAV4新型にPHVモデル登場

【ロサンゼルスモーターショー2019】トヨタのRAV4新型にPHVモデル登場

トヨタ自動車の米国部門は、新型『RAV4』のプラグインハイブリッド(PHV)を11月、米国で開催されるロサンゼルスモーターショー2019(Los Angeles Motor Show)で初公開すると発表しました。人気の高いSUV・RAV4のPHVモデルとあって今から期待が高まりますね。本記事では最新情報をまとめています。


欧州車風の高級感!!スバルのエクシーガ・クロスオーバー7

欧州車風の高級感!!スバルのエクシーガ・クロスオーバー7

スバルのミニバン・エクシーガが原型となっているエクシーガクロスオーバー7は2015年4月16日にフルモデルチェンジし、その頃からスバル車をこよなく愛するファンの間で話題になりました。2018年に販売産終了してしまいましたが、今なお、購入したいという人も多いのではないでしょうか。本記事ではそんなクロスオーバー7についてまとめています。


最新の投稿


都道府県別道の駅まとめ┃埼玉県

都道府県別道の駅まとめ┃埼玉県

埼玉県は北関東への中継地点としての役割を担っています。最近は住みたい街ランキングで上位に入ったり、映画などでも一躍人気を博していますが、観光地への移動時の休憩地点として利用者も多く、その分道の駅も数多くあります。今回は、そんな埼玉県のおすすめスポットをご紹介します。


【解説】千葉銀行のマイカーローン┃金利や審査、申し込み方法等まとめ

【解説】千葉銀行のマイカーローン┃金利や審査、申し込み方法等まとめ

千葉、東京、埼玉、茨城のみならず、神奈川県(一部地域を除く)までのエリアをカバーする千葉銀行では、新車・中古車・下取り車のローン残債、借換えもご相談にのります。エリア内の方で、車の購入をお考えの方は、千葉銀行のマイカーローンがどのようなものなのか気になるところでしょう。この記事では金利や審査、申込み方法等を解説します。


トヨタ エスティマの燃費、口コミ・評価から中古車情報一覧|新型の噂も

トヨタ エスティマの燃費、口コミ・評価から中古車情報一覧|新型の噂も

1990年から発売されているトヨタのミニバン「エスティマ」の歴代モデルの燃費や中古価格などをまとめてみました。「エスティマ」に乗り換えをお考えの方は、是非参考にしてください。(※情報は2019年4月現在のもの)


全てがスーパーサイズ! トヨタのピックアップ タンドラの魅力とは

全てがスーパーサイズ! トヨタのピックアップ タンドラの魅力とは

USトヨタが北米市場で販売しているフルサイズピックアップトラック『トヨタ タンドラ』(以降、タンドラ)の魅力に迫ります。(※情報は2019年4月現在のもの)


トヨタのミニバン ノアの歴史!維持費やカスタム法を徹底解説

トヨタのミニバン ノアの歴史!維持費やカスタム法を徹底解説

トヨタのノアは、ヴォクシーやエスクァイアと並んでトヨタの主力ミニバンです。しかしながら、その細かな違いが分からずに、選択肢に悩んでいる人も多いと思います。そもそも同クラスの車種を選ぶ基準は難しいところですよね。ノアの魅力は、「家族が楽しめる車」に仕上がっている点だと言えます。よりファミリーカーとしての資質が強いのが特徴です。今回は、ノアの魅力とともに、ヴォクシーやエスクァイアとの違いについても細かく解説していきます。(※情報は2019年4月現在のもの)