目次へ戻る

ランドローバー レンジローバー イヴォーク新型は2018年秋公開!

ランドローバー レンジローバー イヴォーク新型は2018年秋公開!

レンジローバーのエントリー・クロスオーバーSUV『イヴォーク』の次期型プロトタイプが、ニュルブルクリンク北コースで高速テストを開始しました。新型イヴォークは3ドアが廃止された模様です。また発表は2018年秋ごろとのこと。本記事では、クロスオーバーSUV・イヴォークについて改めて見ていきたいと思います。


レンジローバー イヴォーク新型プロトタイプを激写

レンジローバーのエントリー・クロスオーバーSUV『イヴォーク』次期型プロトタイプが、ニュルブルクリンク北コースで高速テストを開始しました。

捉えた最新開発車両は、フロントバンパーの擬装が取れ、新デザインが徐々に明らかになってきています。

新型イヴォークは3ドアが廃止された模様です。

新パワートレインはディーゼル・ガソリン、そしてHVモデルも…

イヴォーク新型のパワートレインは、最高出力148ps、178ps、そして237psの3バージョンが用意される2リットル直列4気筒インジニウム・ディーゼルターボエンジン、最高出力245ps、296psの2バージョンの2リットル直列4気筒ガソリンターボエンジンをラインアップし、ZF製9速ATと組み合わされます。

また新開発の1.5リットル直列3気筒インジニウムエンジンと電気モーターの48Vマイルドハイブリッドシステム搭載モデルの登場も噂されています。

5ドア&コンバーチブルに2タイプ設定か

プラットフォームには現行「D8」アーキテクチャのアップデート版が採用され、ホイールベースと、トラック幅の拡大が予想されています。

また現行モデルに設定されている「3ドア」は廃止され、需要の高い5ドアと個性あふれるコンバーチブルの2モデルとなると考えられています。

【スクープ動画】

ニュルブルクリンクでの高速テストの様子も動画にて捕らえられています。

動画を見ていただくと、コーナーの立ち上がりや直線で、力強い走りを見せています。
開発は順調と言ったところでしょうか。

ワールドプレミアは2018年秋以降か

ワールドプレミアは、2018年秋以降となると見られています。

【改めて知りたい】ランドローバー レンジローバーのイヴォークとは

レンジローバー イヴォーク(2014年モデル)

レンジローバーイヴォークとは、イギリスのランドローバー(今現在はインドのタタ自動車傘下)が生産し、販売するクロスオーバーSUVです。

2009年に初代が発売され、日本には2012年より発売されています。2017年モデル発売の際に、SUVとしては世界初となる、ソフトトップルーフのコンバーチブルモデルを発売しています。

ボディはかなり剛性アップを果たしているのか、ほぼあらゆる路面状況でみしりともしない強固さを見せる。考えてみればSUVだからオープンのままラフロード走行だって想定しなくてはならないわけだから、ターマックでガタピシしていたのでは話にならないわけだ。それに囲まれ感が非常に高く、コマンドポジションという独特のドライビングポジションを採用していたはずのレンジローバーとは趣がだいぶ違う。しかし、コンバーチブルの場合、この感覚はむしろ歓迎だった。

レンジローバー イヴォーク 基本スペック 燃費・ボディサイズ

レンジローバー イヴォーク(2014)

 
【レンジローバー イヴォーク SE 5ドア】 スペック表
ボディサイズ(全長×全幅×全高)4,355×1,900×1,660mm(ホイールベース:2,660mm)
最大乗車定員5名
車両重量1,860kg
燃費JC08モード:10.6km/L
エンジン種類2.0L Si4 ガソリンエンジン
最高出力(kW(PS)/rpm)177kW(240PS)
最大トルク(N・m/rpm)340N·m
タンク容量 68L
駆動方式4WD
トランスミッション9速オートマチック
最大渡河水深500(欧州データ)
最低地上高210(欧州データ)

最後に

本記事では、発売が気になる、2代目レンジローバーイヴォークについてご紹介いたしました。

他のSUVが気になるという方は、下記記事も合わせてご覧ください。

関連する投稿


プジョー・シトロエン DS7クロスバック発売!DS初のSUV!PHEVも

プジョー・シトロエン DS7クロスバック発売!DS初のSUV!PHEVも

プジョー・シトロエン・ジャポンは、DSオートモビルズのフラッグシップかつ初のSUVとなる『DS7クロスバック』を7月17日より発売しました。2019年にはPHEVも搭載予定となるDS7クロスバック。最新情報をお届けいたします。


【初の派生モデル】ポルシェのSUV カイエンにクーペ登場!

【初の派生モデル】ポルシェのSUV カイエンにクーペ登場!

ポルシェのクロスオーバーSUV『カイエン』に、初のクーペが設定されることが確実になりました。数年前から噂のあったカイエンクーペですが、ついに最初のプロトタイプを激写。今明らかになっている最新情報をお届けいたします。


新型CR-V!ホンダのミッドサイズSUVが2018年8月に日本復活!ハイブリッド導入

新型CR-V!ホンダのミッドサイズSUVが2018年8月に日本復活!ハイブリッド導入

2018年に、ホンダのミッドサイズSUV・CR-Vが復活すると噂されています。2016年に日本では販売終了となったCR-Vですが、昨今のSUV人気・市場拡大を受けてホンダのCR-Vも再始動スタートです!!また、今回のCR-Vには、日産のe-powerに似た性能を持つハイブリッドモデルも搭載されるとか!?【7月6日更新】


マツダ CX-8 初の海外展開!中国市場投入決定!2018年下半期(7月ごろ)より

マツダ CX-8 初の海外展開!中国市場投入決定!2018年下半期(7月ごろ)より

マツダの中国現地法人、マツダチャイナは7月3日、『CX-8』を2018年下半期(7~12月)、中国市場に投入すると発表しました。CX-8にとって、初の海外進出となります。


【FMC最新情報】スズキ新型ジムニー&ジムニーシエラ 7月に正式発売!

【FMC最新情報】スズキ新型ジムニー&ジムニーシエラ 7月に正式発売!

スズキは20年振りのフルモデルチェンジとなる新型「ジムニー」の概要を6月18日に発表し、同時に7月に発売するのを正式に予告しました。またジムニーをベースとした小型車規格の「ジムニーシエラ」も正式に発売が発表されたので、併せて車種の概要や価格についてを紹介します。


最新の投稿


日産 スポーティEV リーフNISMO発売!NISMOは7車種目

日産 スポーティEV リーフNISMO発売!NISMOは7車種目

日産自動車は、高性能スポーツブランド「NISMOロードカー」の第7弾となる日産『リーフNISMO』(Nissan Leaf NISMO)を7月31日より発売すると発表しました。今回のリーフでNISMOロードカーは7車種目になります。リーフNISMOはいったいどんな仕上がりになっているのでしょうか。


画像撮影で一発査定の「DMM AUTO」が開始!iOS/Android対応!

画像撮影で一発査定の「DMM AUTO」が開始!iOS/Android対応!

DMMが6月5日に車査定アプリ、「DMM AUTO」をiOS版にて、7月20日にAndoroid版をダウンロードしました。本記事ではたった3枚の写真と質問項目に答えるだけで、すぐにマイカーの査定が完了する「DMM AUTO」についてご紹介します。


BMW M235iクーペ スペック  車種情報 試乗評価 中古価格は?

BMW M235iクーペ スペック 車種情報 試乗評価 中古価格は?

あなたはBMW M235iを知っていますか。1シリーズクーペの後継車種として、2013年にドイツで販売が開始され、2016年にM240iがデビューするまで生産された(日本では2014年より発売)、BMWの2ドアスポーツクーペです。M235iはその高性能モデルになります。本記事では改めてM235iについて見ていきます。


スマホ画面を投影できるHUD「ハドウェイキャスト」日本上陸PJ開始!特別価格での購入も

スマホ画面を投影できるHUD「ハドウェイキャスト」日本上陸PJ開始!特別価格での購入も

運転手の視線の先にナビを表示することができるヘッドアップディスプレイ(HUD)は最近注目されている機能です。海外のKickstarterで人気を集めた後付け「HUDWAY CAST」の日本上陸に向けたクラウドファンディングプロジェクトが、7月13日(金)より開始されました。詳しくご紹介します。


日産新型セレナ NISMO(ニスモ)新車価格 スペック最新情報

日産新型セレナ NISMO(ニスモ)新車価格 スペック最新情報

日産の人気ミニバン新型セレナの、高性能バージョンであるセレナNISMO(ニスモ)が11月21日より発売開始中です。セレナNISMO(ニスモ)は昨年発売されたセレナのカスタムモデル。日産のスポーツ部門である「NISMO」が開発したコンプリートカーになります。18年にはフルハイブリッドモデルセレナe-powerも発売です!