目次へ戻る

【登録してない人は損してる!】ETCマイレージとは?登録・利用方法一覧

【登録してない人は損してる!】ETCマイレージとは?登録・利用方法一覧

ETCマイレージとは、ETC搭載車の通行料金の支払いに応じてポイントが付与されるサービスです。付与されたポイントは通行料金に利用可能で、通行料金にかかる費用を節約できます。本記事では、ETCマイレージサービスの登録方法、還元金額、還元方法をご紹介します。


ETCマイレージとは?

ETCマイレージとは、ETCの通行料金に応じてマイレージ(ポイント)が付与されるサービスです。ETCを利用して貯まったポイントを還元額に交換することで交通料金として使うことが可能です。本記事では登録しなければ使えないETCマイレージの登録方法をご紹介します。

ETCマイレージが貯まるとなにができるの?

貯まったETCマイレージのポイントは、各道路事業者の単位に応じて還元をすると、高速道路の通行料金の支払いに使用することができます。下記がポイントと還元後に通行料金に利用できる金額です。

 
道路事業者ポイントの交換後の金額
NEXCO東/中/西日本・宮城県道路公社1000ポイント=500円分、3000ポイント=2500円分、5000ポイント=5000円分
本州四国連絡高速道路株式会社1000ポイント=500円分、3000ポイント=2500円分、5000ポイント=5000円分
阪神高速道路株式会社100ポイント=100円分
名古屋高速道路公社100ポイント=100円分
愛知県道路公社100ポイント=100円分
神戸市道路公社200ポイント=100円分
広島市高速道路公社100ポイント=100円分
福岡北九州高速道路公社100ポイント=100円分

ETCマイレージサービスで5%、10%の還元も!

ポイントは道路事業者の通行料金金額に応じて付与されます。各道路事業者でのポイント付与の換算表は下記の通りです。

 
道路事業者マイレージポイントの付与
NEXCO東/中/西日本・宮城県道路公社10円につき1ポイント
本州四国連絡高速道路株式会社10円につき1ポイント
阪神高速道路株式会社 ※8号京都線のみ対応100円につき3ポイント+月額利用ポイント
名古屋高速道路公社100円につき1ポイント+月額利用ポイント
愛知県道路公社100円につき1ポイント+月額利用ポイント
神戸市道路公社100円につき1ポイント+月額利用ポイント
広島市高速道路公社100円につき1ポイント+月額利用ポイント
福岡北九州高速道路公社100円につき1ポイント+月額利用ポイント

例えば、NEXCO東/中/西日本・宮城道路公社を例にすると、10円につき1ポイントが貯まるので、10,000円の利用で1,000ポイント(500円分)が貯まるため5%の還元です。50,000円の利用であれば、5,000ポイント(5,000円分)が貯まるため10%の還元になります。

月額利用ポイントとは?

またポイント付与に「月額利用ポイント」とある道路事業者では月額の合計利用金額に応じてポイントが付与されます。月額の合計利用金額に応じたポイント付与は下記のURLをご覧ください。

ポイントの付与日はいつ?

ポイントの付与日は通行料金を支払った翌月20日に付与されます。

ポイントの有効期限はいつ?

ポイントの有効期限は、ポイントがついた年度(4月〜3月末)の翌年度末までです。例えば2018年5月1日についたポイントは2020年の3月末まで使用することができます。

ポイントの合算は可能?

上記の表で別になっている道路事業者間でポイントの合算はすることができません。そのため、同じ道路で貯めて、同じ道路で使うことが必要です。

ポイントはどうやって還元するの?

ETCマイレージのポイントは、ポイントを還元して通行料金に使える状態にする必要があります。ポイントの還元は電話やインターネットから手続きが可能で、4つの方法があります。

1. ポイント自動還元サービスを設定する

最も簡単なのが、一定のポイントが貯まると自動で通行料金に使える状態に還元してくれる「ポイント自動還元サービス」を設定することです。各道路事業者の自動交換の単位は下記の通りです。

 
道路事業者ポイントの自動交換の単位
NEXCO東/中/西日本・宮城県道路公社5000ポイント=5000円分
本州四国連絡高速道路株式会社5000ポイント=5000円分
阪神高速道路株式会社1000ポイント=1000円分
名古屋高速道路公社1000ポイント=1000円分
愛知県道路公社1000ポイント=1000円分
神戸市道路公社1000ポイント=500円分
広島市高速道路公社1000ポイント=1000円分
福岡北九州高速道路公社1000ポイント=1000円分

例えば、NEXCO東/中/西日本・宮城県道路公社では5000ポイントが貯まるのに5万円の道路料金の利用が必要です。ポイントが失効する翌年度3月末までに5万円分利用する方はこの自動交換サービスへ登録しておけば、ポイント還元をし忘れることがないのでおすすめです。

自動交換サービスの設定方法

自動還元サービスの設定方法には以下の3つの方法があります。
・インターネットのマイページから設定する
・自動音声ダイヤルから設定する
・ETCマイレージサービス事務局へのお電話でのお手続き(利用者本人からの電話必須)

2. マイページから還元する

ETCマイレージサービスの会員用マイページから、ポイントを交換します。自動還元サービス程ポイントは溜まらない方がこまめに利用するのにおすすめです。

3. 自動音声ダイヤルに電話して還元する

自動音声ダイヤルの指示に従って、ポイント還元を行う方法です。

4. ETCマイレージサービス事務局へ電話して還元する

ETCマイレージサービス事務局へ電話して、電話オペレーターに還元を行って貰う方法です。

3. 4.の自動音声ダイヤル、ETCマイレージサービス事務局への電話番号はこちら

自動音声ダイヤル、ETCマイレージサービス事務局への電話番号は下記のリンクを参照ください。

ETCマイレージサービスに登録するには?

ETCマイレージサービスのお得さを分かっていただけたところで、サービスへの登録方法をご紹介します。
ETCマイレージはインターネットまたは郵送で登録することができます。インターネットの場合は申込みから1週間ほど、郵送の場合は申し込みから2〜3週間ほどで登録が完了します。インターネット申し込みの場合は申込み当日からマイレージポイントが付与されるためおすすめです。

《準備するもの》ETCマイレージサービス登録

ETCマイレージサービスに登録するには、下記の3つの情報が必要です。

《準備するもの》
・車のナンバープレートにある番号
・ETC車載器の車載管理番号
・ETCカード番号

ETC車載器の管理番号とは、車載器メーカーごとに付与された19桁の車載器の識別管理番号のことです。お持ちのETC車載器の管理番号が分からない場合は下記をご確認ください。

《インターネットから》ETCマイレージサービス登録

インターネットからETCマイレージサービスを登録する場合は下記のURLから行うことができます。

《郵送》ETCマイレージサービス登録

郵送でETCマイレージサービスを登録する場合は、
・高速道路のサービスエリアやパーキングエリア
・高速道路の料金所事務所
・車載器セットアップ店(ディーラーなど)
においてある申込み書を郵送し、登録を行います。

登録完了通知

ETCマイレージの登録が完了すると、ETCマイレージのIDとパスワードが記載された「ご登録完了のお知らせ」が郵送されます。

「ご登録完了のお知らせ」は
インターネット申し込みの場合…1週間
郵送申し込みの場合…2〜3週間
後に届き、郵送申し込みの場合はこれをもってサービスにポイント付与が開始されます。

まとめ

いかがでしたか?本記事では登録して貯めたポイントを還元すると通行料金が節約できるETCマイレージについてご紹介しました。普段から車を利用する方は是非登録をしてみてくださいね。

関連するキーワード


ETC

関連する投稿


ETCの取り付け方法&店舗での取り付けに掛かる工賃・時間も比較!

ETCの取り付け方法&店舗での取り付けに掛かる工賃・時間も比較!

ETCの取り付けをどこですれば良いのか、そもそも自分で取り付けることは可能なのか、ETCの取り付け方やカー用品点等で取付ける場合の料金・費用はいくらくらいなのか、取り付けに掛かる時間はどの程度か、その他、自分でETCを取付ける際の注意点などを説明しています。大手カー用品店で掛かる費用、時間の比較等にお役立て下さい。


【知ってた?】高速道路乗り放題になるETC車限定の周遊プラン 2018年版

【知ってた?】高速道路乗り放題になるETC車限定の周遊プラン 2018年版

事前登録をすることで特定エリアの高速道路が乗り放題になるETC割引があるのをご存知ですか?本記事では、2018/04/16現在発表されている各道路事業者のETC周遊プランをご紹介します。


ETC2.0ってなに?そのメリットと使い方

ETC2.0ってなに?そのメリットと使い方

最近CMなどで耳にすることが増えた『ETC2.0』とは何なのか。どんな場面で我々ドライバーに対して役立ってくれるのだろうか。


最新の投稿


【最新版】2019年発売が予測される新型車(国産車)&新車情報まとめ

【最新版】2019年発売が予測される新型車(国産車)&新車情報まとめ

毎年多くの車種が発表される自動車業界。2019年はどのような新型車・フルモデルチェンジ車に出会えるでしょうか。トヨタ、ホンダ、レクサス、三菱、スバル、マツダ、日産、スズキ、ダイハツ、光岡。名だたる国産車メーカーの新型車・新車最新情報、予測を網羅!2019年はどんな新型車が出る?そんな時は本記事を!【12月11日更新】


【まさか復活!?それとも】マツダがMX-6を商標登録 MX-6とは

【まさか復活!?それとも】マツダがMX-6を商標登録 MX-6とは

マツダが『MX-6』の名前を商標登録していたことが判明しました。これは、日本の特許庁の公式サイトから明らかになったものです。このMX-6とは、過去にマツダが発売していたクーぺ。これはいったい…?


大雪時のタイヤチェーン装着義務 13区間(高速7・国道6)で実施|場所はどこ?

大雪時のタイヤチェーン装着義務 13区間(高速7・国道6)で実施|場所はどこ?

2018年11月15日に国土交通省より発表された 「タイヤチェーンを取り付けていない車両通行止め」規制。11月15日~11月28日までの間、パブリックコメントの募集を行い、12月10日に同交通規制が実施される道路を発表しました。実施される道路情報と、規制についての概要、違反時の罰則や実施時期について掲載しています。


トヨタのカローラスポーツ新型 価格・試乗記・スペックほか

トヨタのカローラスポーツ新型 価格・試乗記・スペックほか

6月26日より発売されている、12年ぶりにハッチバックスタイルを復活させた、トヨタの新型車『カローラスポーツ』。本記事ではカローラスポーツの詳細情報をまとめています。価格・試乗記・スペックほか


【ロサンゼルスモーターショー2018】最後のビートルが登場!

【ロサンゼルスモーターショー2018】最後のビートルが登場!

ロサンゼルスモーターショー2018にて、最後のビートルとなる、ザ・ビートル ファイナルエディションが公開されました。長年にわたり、多くの人に愛されてきたビートル。最新情報をまとめています。