目次へ戻る

次の一手はLQ?レクサスが「LQ」を商標登録!

次の一手はLQ?レクサスが「LQ」を商標登録!

レクサスが米国において、『LQ』のネーミングを商標登録していたことが判明しました。ES、UXと新型車を続々投入予定のレクサス。次の一手はLQとなるのでしょうか。また、LQはデトロイトモーターショー2018で展示されていたLF-1リミットレスの市販モデルという噂も。LQの気になる最新情報をお届けいたします。


レクサス LQを商標登録

レクサス LF-1リミットレス(デトロイトモーターショー2018)

レクサスが米国において、『LQ』のネーミングを商標登録していたことが判明しました。

商標登録画像はこれだ

レクサスが「LQ」を商標登録したことを示す米国USPTO(特許商標庁)の公式サイト

これは、米国USPTO(特許商標庁)が公式サイトで明らかにしているもの。

レクサスブランドを擁するトヨタ自動車が愛知本社の名義で、LQのネーミングを商標登録したことが記されています。

LQの車名の「L」はLS、LXにも使用されている

LS

LX

レクサスの車名の「L」は、サルーンの『LS』とSUVの『LX』の両最上級車に使用されています。

この、LSやLXでもなじみ深い「L」とは、ラグジュアリー(Luxury)の頭文字。

この「L」が冠されることから、米国で商標登録されていたLQとは、レクサスの最上級クロスオーバー車のネーミングに冠される可能性が高いとみられています。

LQは、LF-1リミットレスがモデル?

LF-1リミットレス

レクサスは2018年1月、デトロイトモーターショー2018において、『LF-1リミットレス』を初公開。

レクサスが次世代の最上級クロスオーバー車を提案したコンセプトカーです。

このLF-1リミットレスの市販モデルが、LQとして登場する可能性が高いと予測されています。

レクサス LF-1リミットレスとは

レクサスは、米国のデトロイトにて2018年1月14日(日)から開催されているデトロイトモーターショー2018でクロスオーバーのコンセプトカー「Lexus LF-1 Limitless」を世界初公開しました。

レクサスによれば、ラグジュアリークロスオーバー市場の先駆者として、多様化するお客様のライフスタイルに対し、新しいラグジュアリーの方向性を提案するとのこと。

また、フラッグシップ・クロスオーバー「Lexus LF-1 Limitless」は、LEXUSの次世代デザインの可能性を示し、自動運転技術を搭載するコンセプトカーとなっています。

現地画像を見るとわかりやすいかと思うのですが、LF-1リミットレスはコンセプトカーという位置づけではあったものの、インテリアのパーツが量産車のようなディテールを持っており、また、市販車へのリアリティが現れるといわれるタイヤ回りに注目しても、ブレーキディスクやキャリパー、アルミホイールからタイヤまで、すべて量産車然としたリアリティがデトロイトモーターショー2018の時点で備わっていました。

これらのことを踏まえても、LQがLF-1リミットレスの市販モデルとして登場する可能性は高いと言えそうです。

最後に

レクサスの次の一手となる!?LQについての最新情報をお届けいたしました。

LQという名前からも、ラグジュアリーでLSやLXに引けを取らない一台になることが予想されます。続報入り次第、お伝えいたします!!

もっとレクサスを知りたいあなたに!今オススメのレクサス記事リンク集

関連する投稿


【最新版】2019年発売が予測される新型車(国産車)&新車情報まとめ

【最新版】2019年発売が予測される新型車(国産車)&新車情報まとめ

毎年多くの車種が発表される自動車業界。2019年はどのような新型車・フルモデルチェンジ車に出会えるでしょうか。トヨタ、ホンダ、レクサス、三菱、スバル、マツダ、日産、スズキ、ダイハツ、光岡。名だたる国産車メーカーの新型車・新車最新情報、予測を網羅!2019年はどんな新型車が出る?そんな時は本記事を!【2月20日更新】


【シカゴモーターショー2019】レクサスのSUV NXにブラックライン登場!

【シカゴモーターショー2019】レクサスのSUV NXにブラックライン登場!

シカゴモーターショー2019にて、レクサスはSUVモデルであるNXの特別モデル・スポーティーな「ブラックライン」を発表するとしています。いったいどんな姿を見せてくれるのでしょう。また、改めてNXについてもまとめています。


レクサスの最小SUV新型車「UX」の販売は好調?受注台数や現在の納期は?

レクサスの最小SUV新型車「UX」の販売は好調?受注台数や現在の納期は?

レクサス期待の新型車の最小SUVモデル「UX」の初期受注の販売状況を発表しました。月販目標台数は900台となっていますが、2018年11月27日の発売から1カ月の2018年12月25日時点での受注状況はどれくらいだったでしょうか?詳しく紹介します。


【デトロイトモーターショー2019】レクサスLCコンバーチブルコンセプト発表ほか

【デトロイトモーターショー2019】レクサスLCコンバーチブルコンセプト発表ほか

デトロイトモーターショー2019にて、レクサスはレクサスLCコンバーチブルコンセプトを初公開しました。また、マイナーチェンジを施したレクサスRCFも世界初公開されます。レクサスが出展している出展車の情報をまとめています。


【復活】レクサスISにFが登場!発売は2022年!?最新情報まとめ

【復活】レクサスISにFが登場!発売は2022年!?最新情報まとめ

レクサスのミドルクラス4ドアサルーン、『IS』次期型に関する情報を欧州エージェントから入手しました。また、加えて、かつて設定されていた最強モデル『IS F』が復活する可能性が高いことも明らかになっています。気になる最新情報をお届けいたします!


最新の投稿


【カーオーディオ入門】デッドニングとは?効果や費用、やり方・方法を紹介

【カーオーディオ入門】デッドニングとは?効果や費用、やり方・方法を紹介

カーオーディオの音質改善のために行うデッドニング。具体的にどのような効果があるのか、デッドニングに掛かる費用、方法や、おすすめのデッドニングキットの紹介などを合わせて紹介しています。


【スクープ】マツダのロードスター 次期型は2022年に登場か?

【スクープ】マツダのロードスター 次期型は2022年に登場か?

日本を代表するライトウェイトスポーツカー、マツダ『ロードスター』次期型に関する情報が入ってきました。ロードスター次期型は2022年発売のようです!気になる最新情報をお届けいたします!


ブレーキキャリパーの役割と構造|交換や塗装に掛かる費用についても紹介

ブレーキキャリパーの役割と構造|交換や塗装に掛かる費用についても紹介

動いている車を止めるためになくてはならない部品がブレーキです。ブレーキにもいろいろ種類があり、ディスクブレーキタイプに必要な部品の1つがブレーキキャリパーになります。今回はブレーキキャリパーについて、その役割と構造を紹介します。


ブローオフバルブの役割と効果、仕組みについて解説|車検への影響も

ブローオフバルブの役割と効果、仕組みについて解説|車検への影響も

ターボ車には必要不可欠な部品の1つであるのがブローオフバルブです。今回はブローオフバルブの役割と効果について、仕組みも合わせて紹介します。現在ついている純正品から社外品ブローオフバルブへの取り付けを検討する際の注意点も合わせて紹介します。


【ジュネーブモーターショー2019】日程・出展社・他最新情報まとめ

【ジュネーブモーターショー2019】日程・出展社・他最新情報まとめ

ジュネーブ・モーターショーとは、スイスのジュネーヴで毎年春に開催される大規模なモーターショーです。世界5大モーターショーの1つでもあり、多くのヨーロッパメーカーの新型車がワールドプレミアされる傾向にあります。2019年もジュネーブモーターショーで多くの新型車が発表される予感!本記事ではジュネーブモーターショー2019についてまとめています。