目次へ戻る

日本初公開!ロールスロイスの初SUV カリナン!

日本初公開!ロールスロイスの初SUV カリナン!

ロールス・ロイス・モーター・カーズは6月11日、同社初のSUVモデルとなる『カリナン』を日本国内で初公開するとともに予約販売の受付を開始しました。価格は3800万円からで、納車開始は2019年の1~3月期を予定しているとのことです。


日本初公開!ロールスロイスの初SUV カリナン!

ロールス・ロイス・モーター・カーズは6月11日、同社初のSUVモデルとなる『カリナン』を日本国内で初公開するとともに予約販売の受付を開始しました。価格は3800万円からで、納車開始は2019年の1~3月期を予定しているとのことです。

ロールス・ロイス初のSUVカリナン、新しい世代のお客様に応える

ロールス・ロイスのアジア太平洋リージョナル・ディレクターを務めるポール・ハリス氏は同日、横浜市内で開いた発表会で、「カリナンはロールス・ロイスの従来の基準から大きく脱却したクルマ。ロールス・ロイスにしか実現できない方法で、新しい世代のお客様の要望にお応えする存在」と紹介。

その上で「数多くあるSUVの市場に進出するわけだが、価値の上で妥協したり、平凡なラグジュアリーを提供したり大量生産をするつもりは一切ない。世界にSUVのロールス・ロイスといえる新しいベンチマークとなる」と強調した。

さらに「この新型車は弊社の将来のポートフォリオと市場において明確に位置づけられ、弊社のブランドの中で独自の役割を果たすことになる」とも述べた。

カリナン、ターゲット層はアウトドア派?

またカリナンのユーザー層に関しては「スタイルを意識するカリナンのお客様は他よりも目立ちたい、若く、多忙で活発、社交的な人で、アウトドアを愛する人。そして冒険を好む。家族を大切にし、現代的な生活をしつつ、フットワークが軽く、スポーツ好きの人」としています。

ロールス・ロイス カリナン 最新エクステリア画像

最後に

ロールス・ロイス初のSUVが日本で初公開されました。

乗り心地やスペック、インテリアなど、まだまだ気になる点が多いカリナン。早く実車を直接確かめてみたいですね。

関連する投稿


あのロールスに!?初の電動パワートレインが登場!!!

あのロールスに!?初の電動パワートレインが登場!!!

BMWは、ドイツで開催した2019年第1四半期(1~3月)決算発表において、傘下の高級車ブランド、ロールスロイスに近い将来、ブランド初の電動パワートレイン搭載車を設定すると発表しています。


【高嶺の花】一度は憧れる、世界で一番高い車たちとその魅力

【高嶺の花】一度は憧れる、世界で一番高い車たちとその魅力

数ある車の中で生産数が極端に少なく本当に希少な車や、特別仕様車などがあります。この様な車のハンドルを一度は握ってみたいと思ったことはありませんか。しかし、値段だけでもこれらの車は高嶺の花と感じます。今回は世界で高額な金額で取引された車を複数台紹介します。


ロールス・ロイス ゴースト 新型はいつ?価格・試乗評価・性能は

ロールス・ロイス ゴースト 新型はいつ?価格・試乗評価・性能は

ロールスロイスのゴースト。ゴーストは英国の高級車メーカーであるロールスロイスの4ドアセダンです。2014年にマイナーチェンジを行って以来、大きな変更がないゴーストですが、近々モデルチェンジがあるのではと噂されています。本記事ではそんなゴーストについて改めて見ていきます。


14年ぶりに刷新されたロールスロイス ファントム!新型の内装や価格は?

14年ぶりに刷新されたロールスロイス ファントム!新型の内装や価格は?

ロールスロイスファントムが14年ぶりに大きくモデルチェンジしました。新型ファントムの内装や価格はどのようなものでしょうか?ロールスロイスファントムの歴史や、新しくなったモデルの内装からパワーユニットまで、細かくチェックしていきましょう。最高級車にふさわしいだけのモデルチェンジがなされているロールスロイスの新型ファントムを徹底解剖します!


【10年ぶりの刷新】ロールスロイスのゴースト次期型!クーペ風に?

【10年ぶりの刷新】ロールスロイスのゴースト次期型!クーペ風に?

ロールスロイスのゴーストに次期型の噂がささやかれています。ロールスロイスのゴーストは2009年に初代が発売されて以来、フルモデルチェンジは行われていません。実に10年ぶりのフルモデルチェンジとなります。ゴースト次期型の最新情報をまとめました。


最新の投稿


アストンマーティン ヴァルキリー最新プロトタイプ発表

アストンマーティン ヴァルキリー最新プロトタイプ発表

アストンマーティンは、開発中の新型ハイパーカー『ヴァルキリー』(Aston Martin Valkyrie)の最新プロトタイプ車を、英国で発表しました。


解放感はピカイチ! オープンタイプのメルセデス・ベンツSLKって?

解放感はピカイチ! オープンタイプのメルセデス・ベンツSLKって?

メルセデス・ベンツSLKは、1996年の初代より2016年の三代目まで生産がなされました。メルセデス・ベンツの2シーターのライトウェイトスポーツカーの位置づけで生産され、発売初年度は生産が追い付かないという人気を誇りました。R170・R171・R172の変遷も見てみましょう。


スカイライン ハイブリッドで優雅に走ろう┃概要やグレード別スペック燃費など一覧

スカイライン ハイブリッドで優雅に走ろう┃概要やグレード別スペック燃費など一覧

スカイライン ハイブリッドは静かなモーター走行とダイナミックに走るV6エンジンが特徴のハイブリッドカーです。その優れた走行性能は走り出した時から感じることができるでしょう。それではスカイライン ハイブリッドについて見ていきます。


クラウンアスリートハイブリッドの魅力とは┃歴史やスペック、燃費等まとめ

クラウンアスリートハイブリッドの魅力とは┃歴史やスペック、燃費等まとめ

クラウンアスリートのハイブリッドモデル「クラウンアスリートハイブリッド」 の燃費をガソリン車とハイブリッド車の比較でお伝えします。高級車の代表格である同車のステータス性や乗り心地、採用されている装備を考えると比較的お手頃とも言える価格や、スペック、魅力も併せて紹介していきます。


三菱の人気車種 デリカ D:5 を再考!現行モデルのスペックや特別仕様車の紹介も

三菱の人気車種 デリカ D:5 を再考!現行モデルのスペックや特別仕様車の紹介も

恐竜の骨格を思わせるリブボーンフレームの採用による最高の衝突安全性能を誇り、高い居住性とSUV的走破性も併せ持つ、三菱が誇るオールラウンダーミニバンがデリカD:5です。発売から10年以上を経てなお三菱をけん引し続ける人気車種の実像に迫ります。