目次へ戻る

【ついにここまで】歩行者の意図を理解する自動運転システム!?

【ついにここまで】歩行者の意図を理解する自動運転システム!?

ついにここまできたのか。という注目のニュースが入ってきました。コンチネンタルは6月11日、中国で6月13日に開幕するCESアジア2018において、人工知能(AI)やニューラルネットワーク、深層機械学習などの技術を備えた最新の自動運転向けシステムを初公開します。いったいどんなシステムになっているのでしょうか。


歩行者の意図を理解する自動運転システムとは

コンチネンタルは6月11日、中国で6月13日に開幕するCESアジア2018において、人工知能(AI)やニューラルネットワーク、深層機械学習などの技術を備えた最新の自動運転向けシステムを初公開すると発表しました。

コンチネンタルは、自動運転を含めた先進運転支援システム(ADAS)の開発において、深層機械学習ソリューションを重視。

人工知能分野の経験豊富なエキスパートを集め、自動運転の開発を強化しています。

自動運転車に求められるもの

自動運転車は、周囲の交通がどのような行動を意図しているか理解しておく必要があります。

これは、複雑な運転状況では、ひとつの対象物、ひとつのセンサー、容易に予測できる環境で、意思決定を行うことができないからです。

また、自動運転は常に、そして、いかなる状況であっても安全に動作することも必要。複雑な機構は設計、実装、およびテストなどの点で取り扱いが難しい。

環境センシングから、運転ストラテジー計画、車両制御まで、さまざまなレベルの複雑な機構の処理を支援するため、深層機械学習に基づく手法が重要になってきます。

歩行者の意図を理解する!第5世代の多機能カメラは2020年から

コンチネンタルは第5世代の多機能カメラを、2020年から量産化する予定。

従来のコンピュータビジョンプロセスに加えて、人工知能の基本となるニューラルネットワーク(神経回路網)を使用します。

これにより、自動運転車が歩行者の意図や動きを、より高度に理解することが可能になる、としています。

最後に

近年、何かと話題にあがる自動運転ですが、今回は歩行者の意図を理解する多機能カメラについてご紹介しました。

自動運転化は急速に進んでいますが、自動運転には未だ不安がつきものです。こういった機能でより安全な自動運転の未来に期待したいですね。

最新の投稿


助手席にチャイルドシートを乗せるのは違反ではない?注意点と取付け方

助手席にチャイルドシートを乗せるのは違反ではない?注意点と取付け方

法律でも決まっているチャイルドシートの着用ですが、自分の目の届く場所にいて欲しいという思いから助手席にチャイルドシートの設置を検討している親御さんも少なくないと思います。本記事では、助手席にチャイルドシートを乗せる危険性と助手席にチャイルドシートを載せる場合の取り付け方や注意点をまとめてご紹介していきます。


【最新版】2019年発売が予測される新型車(国産車)&新車情報まとめ

【最新版】2019年発売が予測される新型車(国産車)&新車情報まとめ

毎年多くの車種が発表される自動車業界。2019年はどのような新型車・フルモデルチェンジ車に出会えるでしょうか。トヨタ、ホンダ、レクサス、三菱、スバル、マツダ、日産、スズキ、ダイハツ、光岡。名だたる国産車メーカーの新型車・新車最新情報、予測を網羅!2019年はどんな新型車が出る?そんな時は本記事を!【10月19日更新】


【最新版】2019年以降発売が予測される三菱の新型車&モデルチェンジ情報

【最新版】2019年以降発売が予測される三菱の新型車&モデルチェンジ情報

2019年以降に発売が予測・期待されている三菱の新型車&新車&モデルチェンジ情報をまとめています。あなたの気になる車はあるでしょうか。三菱が好きな方、必見です!


【11月発売!?】レクサスの新型コンパクトSUV UX 価格・スペック・発売日

【11月発売!?】レクサスの新型コンパクトSUV UX 価格・スペック・発売日

レクサスの最新コンパクトSUV、UXの発売が近づいてきました。UXは2018年11月ごろに発売と言われています。新型UXのスペック・価格・気になる日本発売日・デザイン・最新のエクステリア画像など、あらゆる観点からUXをまとめています。


お台場キャンピングカーフェア2018開催!10月20日・21日はお台場へ

お台場キャンピングカーフェア2018開催!10月20日・21日はお台場へ

お台場キャンピングカーフェア2018が開催されます。10月20日(土)、21日(日)にかけてお台場の野外特設会場(青海第二臨時駐車場)にて行われますよ!キャンピングカーが気になっていたという方はぜひ、訪れてみてはいかがでしょうか。