目次へ戻る

【ついにここまで】歩行者の意図を理解する自動運転システム!?

【ついにここまで】歩行者の意図を理解する自動運転システム!?

ついにここまできたのか。という注目のニュースが入ってきました。コンチネンタルは6月11日、中国で6月13日に開幕するCESアジア2018において、人工知能(AI)やニューラルネットワーク、深層機械学習などの技術を備えた最新の自動運転向けシステムを初公開します。いったいどんなシステムになっているのでしょうか。


歩行者の意図を理解する自動運転システムとは

コンチネンタルは6月11日、中国で6月13日に開幕するCESアジア2018において、人工知能(AI)やニューラルネットワーク、深層機械学習などの技術を備えた最新の自動運転向けシステムを初公開すると発表しました。

コンチネンタルは、自動運転を含めた先進運転支援システム(ADAS)の開発において、深層機械学習ソリューションを重視。

人工知能分野の経験豊富なエキスパートを集め、自動運転の開発を強化しています。

自動運転車に求められるもの

自動運転車は、周囲の交通がどのような行動を意図しているか理解しておく必要があります。

これは、複雑な運転状況では、ひとつの対象物、ひとつのセンサー、容易に予測できる環境で、意思決定を行うことができないからです。

また、自動運転は常に、そして、いかなる状況であっても安全に動作することも必要。複雑な機構は設計、実装、およびテストなどの点で取り扱いが難しい。

環境センシングから、運転ストラテジー計画、車両制御まで、さまざまなレベルの複雑な機構の処理を支援するため、深層機械学習に基づく手法が重要になってきます。

歩行者の意図を理解する!第5世代の多機能カメラは2020年から

コンチネンタルは第5世代の多機能カメラを、2020年から量産化する予定。

従来のコンピュータビジョンプロセスに加えて、人工知能の基本となるニューラルネットワーク(神経回路網)を使用します。

これにより、自動運転車が歩行者の意図や動きを、より高度に理解することが可能になる、としています。

最後に

近年、何かと話題にあがる自動運転ですが、今回は歩行者の意図を理解する多機能カメラについてご紹介しました。

自動運転化は急速に進んでいますが、自動運転には未だ不安がつきものです。こういった機能でより安全な自動運転の未来に期待したいですね。

最新の投稿


ホンダの新型インサイト情報更新!気になる燃費と価格は?

ホンダの新型インサイト情報更新!気になる燃費と価格は?

ホンダの米国部門、アメリカンホンダは6月19日、新型『インサイト』の燃費と価格を発表しました。米国EPA(環境保護局)燃費は、市街地モードで23.4km/リットル。ベース価格は2万2830ドル(約252万円)です。


アウディ「RS Q8」をスクープ!「ウルス」のエンジンで600馬力?!

アウディ「RS Q8」をスクープ!「ウルス」のエンジンで600馬力?!

Audi(アウディ)が6月に発表した「Q8」の高性能モデル、「RS Q8」がスクープされました。パワートレインにランボルギーニ「ウルス」のと共通のエンジンを備えると見られている、「RS Q8」。本記事では「RS Q8」の最新情報をご紹介します。


出た!トヨタ センチュリー新型、21年ぶりのフルモデルチェンジで発売!

出た!トヨタ センチュリー新型、21年ぶりのフルモデルチェンジで発売!

トヨタ自動車は、最高級乗用車(ショーファーカー)『センチュリー』を21年ぶりにフルモデルチェンジし、6月22日より販売を開始しました。貴方は、センチュリーのこと、どれだけ知っていますか?


8年ぶりのモデルチェンジ ボルボ S60新型登場!PHV設定も!

8年ぶりのモデルチェンジ ボルボ S60新型登場!PHV設定も!

ボルボカーズは6月20日、新型ボルボ『S60』を発表しました。S60のフルモデルチェンジは実に8年ぶりのこととなります。PHVも設定され、刷新されたS60新型についてまとめています。


W杯に五輪、芸人…。熊本県警が繰り出す電光掲示板のクセがすごい!

W杯に五輪、芸人…。熊本県警が繰り出す電光掲示板のクセがすごい!

FIFAワールドカップロシア初戦、大迫勇也選手がコロンビア戦で1得点をあげたことにかけた電光掲示板(道路情報板 )の交通標語が話題を呼んでいます。当記事では熊本県警が発信するワールドカップにちなんだ電光掲示板の標語と、過去の流行に絡めた電光掲示板の表示も合わせてご紹介します。