目次へ戻る

【50周年記念】日産GT-R イタルデザイン仕様が7月12日 世界初公開!

【50周年記念】日産GT-R イタルデザイン仕様が7月12日 世界初公開!

2018年6月29日、日産自動車とイタルデザイン(Italdesign)は共に50周年となることを記念し、共同開発した「Nissan GT-R50 by Italdesign」の詳細を発表しました。本記事にて、現在公開されているデザイン等詳細の情報をお届けします。


共に50周年の日産GT-Rとイタルデザイン

2018年6月29日、日産自動車とイタルデザイン(Italdesign)は共に50周年となることを記念し、共同開発した「Nissan GT-R50 by Italdesign」の詳細を発表しました。

日産GT-Rは、1968年に開催に開催された東京モーターショーに「スカイラインGTレーシング仕様」を出品し、ほぼそのままの姿で翌年1969年に初代GT-Rとして発売されました。

今現在は、「GT-R」という車種名にて生産、販売されている日産が世界に誇るスポーツカーですが、2002年まではスカイラインの最上級グレードという位置づけで生産されていました。

スカイライン、GT-R、共に歴史は長く、スカイラインは2018年で還暦となる60周年を迎えています。

イタルデザインとは?

イタルデザインとは、ジョルジェット・ジウジアーロが、1968年に設立されたイタリアのデザイン会社で自動車のデザインを主に扱っています。

デザインをつとめた代表的な車種には、ロータス・エスプリ、ダイハツ ムーヴ(2代目}、デロリアン、フォルクスワーゲン ゴルフ(初代)、トヨタ アリスト・レクサスGS(初代)等が挙げられます。

7月12日開催のグッドウッド2018で世界初公開!

この共同開発された「Nissan GT-R50 by Italdesign」は2018年7月12日、イギリスで開催される「グッドウッド・フェスティバル・オブ・スピード2018」で世界初公開されると発表されています。

このグッドウッド2018を皮切りに、今後数か月の間、世界各地で披露される予定となっています。

Nissan GT-R50 by Italdesign デザインは

日産とイタルデザイン、初の共同開発となるNissan GT-R50 by Italdesignは、「GT-R NISMO」2018年モデルをベースに、内外装デザインを日産デザインヨーロッパと日産デザインアメリカが、開発・設計・製造をイタルデザインが担当しています。

フロントデザインは、車両横幅いっぱいに広がる個性的なゴールドのインナーパネルを採用し、ボンネット上はパワーバルジ、シャープなLEDヘッドライトがホイールアーチから冷却用のインテーク上端へ向け配されています。

サイドデザインは、ルーフラインがベース車より54mm低くくなっています。ルーフ中央部を低く、外側を少し高くすることで筋肉質な印象に。
フロントフェンダーの特徴的なエアアウトレット「サムライブレード」は、ドア下方部からショルダーラインまで配され、ゴールドカラーを嵌め込むことで存在感を高めています。

リヤデザインは、ゴールドの大胆な配色により独立した塊感の印象を与え、リヤホイール周りの頑丈で力強いフレアーでトレッドの広さが強調されています。

ショルダーラインはリアウィンドウ下部に向かってテーパーがかかりトランクリッドへ収束、リアウィンドウラインはベース車より長く深く。スカイラインの象徴とも言える特徴的な丸型テールライトは、空洞を囲む細いリングのようなデザインが採用。

大きな可変式リアウイングが全体の印象を引き締めている。また、フロント21×10インチ、リヤ21×10.5インチの専用デザインホイールを採用。「リキッドキネティックグレイ」塗装仕上げのエクステリアカラーは、50周年記念として「エナジェティックシグマゴールド」がアクセントになってる。

インテリアでは、センターコンソール、インストパネル、ドアの内張りには2種類のカーボンファイバーを、シート素材には黒のアルカンターラと、同じく黒のイタリア製レザーを採用。

エクステリアにあわせて、インストパネル、ドア、スイッチ類にもゴールドのアクセントが散りばめられています。
専用ステアリングはハブとスポークがカーボンファイバー製で、リムはフラットボトムのデザインにマッチしたアルカンターラのトリムが採用されています。

パワートレインは、GT3車両用の大容量・大口径ツインターボチャージャーと大型インタークーラーに加え、耐久性の高いクランクシャフト・ピストン・コネクティングロット・ベアリング、高流量ピストンオイルジェットと大容量燃料噴射装置を採用したほか、カムシャフト、イグニションシステム、吸排気システムも改良。手作業で組み立てた3.8リットルV6「VR38DETT」エンジンは、最高出力720ps、最大トルク780Nmを発生する見込みだ。この強大なパワーを、強化デュアルクラッチシーケンシャル6速リアトランスアクセルとより強化されたデファレンシャル、ドライブシャフトが四輪に伝える。

足回りでは、ビルシュタイン・ダンプトロニックを採用した新サスペンションシステムを開発。フロント6ピストン、リヤ4ピストンのブレンボ製ブレーキには赤いキャリパーを組み合わせた。エンジンの出力を最大限に生かすためのグリップを確保するため、タイヤはミシュランのパイロットスーパースポーツ(フロント255/35 R21、リヤ285/30 R21)を履く。

台数限定で生産する可能性も!しかし、価格が…。

本記事にてご紹介したNissan GT-R50 by Italdesignですが、将来的には台数限定で生産する可能性もあると言う情報です。

しかし、その場合には50台以下の生産、価格も約90万ユーロ(1億1700万円)からになると言う情報です。

限定車両として販売されるのは嬉しいことですが、価格が価格なだけにおいそれとは手が出ません。

新たな情報が入り次第随時、更新してお届けしてまいります。

50周年という永い期間に渡り支持されている日産GT-Rとイタルデザイン。
この組み合わせからは目が離せませんね。

関連するキーワード


日産 車種情報 GT-R

関連する投稿


日産 オッティ(OTTI)とはどんな車?┃維持費や購入法を徹底解説

日産 オッティ(OTTI)とはどんな車?┃維持費や購入法を徹底解説

オッティを購入しようかどうか迷っているけど詳細が良く分からず悩んでいるという人はいませんか?実は、日産のイメージが強いオッティですが、三菱自動車工業からのOEMで出来ていた車なんです。この記事では、オッティがそもそもどんな車なのか、維持費や購入方法なども含めて詳しく解説しています。是非、記事の内容をご覧いただきオッティを購入する前に参考にしてください!


高級感あふれるセダン 日産 シルフィ(SYLPHY)┃維持費や購入法を徹底解説!

高級感あふれるセダン 日産 シルフィ(SYLPHY)┃維持費や購入法を徹底解説!

「高級なイメージのある日産シルフィを乗り回してみたい」「乗りたい気持ちはあるけど実際のところ維持費とかってどのくらいかかるの?」このようにシルフィを購入しようかどうか迷っているけど詳細が良く分からずお悩みではないですか?実は、そのスタイリッシュさの割には案外お手頃に手が届く値段の車なんです!本記事では、シルフィがそもそもどんな車なのか、維持費や購入方法なども含めて詳しく解説しています。是非、記事の内容をご覧いただき、日産シルフィを購入する前の参考にしてください!


【超期待】日産 プロパイロット2.0!高速の車線変更だってお手の物

【超期待】日産 プロパイロット2.0!高速の車線変更だってお手の物

痛ましい交通事故のニュースが続く昨今。そんな中、日産が新たに開発してくれました!ついにプロパイロット2.0が登場します。 プロパイロット2.0ではなんと高速道路の車線変更だってできてしまう?とか…?プロパイロット2.0はスカイライン改良新型に搭載される予定とのこと。最新情報をまとめています。


新時代のコンパクトバン!日産欧州NV250を発表!

新時代のコンパクトバン!日産欧州NV250を発表!

日産の欧州部門は5月14日、日産『NV250』(Nissan NV250)を発表しましたた。NV250はビジネスユーザー向けの新しい汎用性の高いコンパクトバンで、日産の欧州戦略商用車になる模様です。最新情報をお届けいたします。


日産ムラーノ 間もなくフェイスリフトされる新型から歴代モデルまで徹底比較!

日産ムラーノ 間もなくフェイスリフトされる新型から歴代モデルまで徹底比較!

日産シティーSUVのフラッグシップモデルのムラーノ。国内では持て余すボディサイズですが海外では人気の高いモデルです。現在は国内販売はされていませんが、モデルチェンジに合わせてその詳細に迫ります。


最新の投稿


海外からも人気の三菱 パジェロイオ|スペック、燃費評価、リフトアップ法も紹介

海外からも人気の三菱 パジェロイオ|スペック、燃費評価、リフトアップ法も紹介

地球上のあらゆる大地を舞台に戦いをみせてきた三菱パジェロのサイズ感をミドルクラスに制作されたパジェロイオ。ダカールラリーでも優勝経験を果たし、その雄姿も相まって1990年代、RVブームに乗り販売台数を大きく伸ばしました。今回は、パジェロイオが愛された理由をまとめご紹介します。


幻の国産車!?スズキのセダン・キザシってどんな車?

幻の国産車!?スズキのセダン・キザシってどんな車?

スズキが2009年に発売したセダン『キザシ』。この『キザシ』という言葉には、物事の始まりの予兆という意味と、芽が出るという二つの意味合いがあります。今回の記事では、志高く誕生したものの短命に終わった『スズキ キザシ』についてまとめています。


【タイプ別2019年最新情報】おすすめ!人気の高圧洗浄機

【タイプ別2019年最新情報】おすすめ!人気の高圧洗浄機

高圧洗浄機は洗車に使ったり外壁を洗浄したり、あらゆる場所の洗浄に便利なので、購入を考えている人もいるでしょう。そこで今回は、ケルヒャーなどの有名なメーカーを含め、家庭用と業務用のおすすめの高圧洗浄機を紹介します。気になる動作音を抑える静音タイプも紹介しています。


今更聞けない!?ハイブリッドの種類とマイルドハイブリッドについて

今更聞けない!?ハイブリッドの種類とマイルドハイブリッドについて

ハイブリッドと一言で言っても実はいくつか種類があります。今回わかりやすく解説しながら、最も取り扱いが簡単なマイルドハイブリッドの仕組みについて迫りたいと思います。来る電気自動車の時代に向けて勉強してみましょう。


【気を付けて】免許取り消しの点数から再取得までを解説!

【気を付けて】免許取り消しの点数から再取得までを解説!

行政処分である免許取り消しの制度の仕組みは、交通違反として最も重い処分です。点数による処分がどのように行われているのかしりたいところでしょう。免許取り消しの理由は、また、違反による点数によって講習を受ける必要性があります。取り消しの期間から最終的に再取得までの流れを改めて見ていきましょう。