トップへ戻る

西日本豪雨による被災・水没車両の買取4000台超えのタウ|今後も強化

西日本豪雨による被災・水没車両の買取4000台超えのタウ|今後も強化

損害車買取シェアNo.1の「株式会社タウ」より、西日本豪雨による被災車両の買取台数が4000台を超えたとの発表がありました。今後も事態収束に向け、全国の提携レッカー業者と協力し、被災車両の引き取りを強化していくようです。詳細についてお届けします。

⏳この記事は約3~4分で読めます。


平成30年7月豪雨

2018年6月28日から7月8日頃にかけ、広島、岡山などを始めとする西日本広範囲にて、甚大な被害、爪痕を残した平成30年7月豪雨(西日本豪雨)。

今現在も各所での復旧作業は続き、JR山陽本線が運行を見合わせていた区間の運行再開が10月中までに再開するという発表もされました。

徐々に復旧の作業は進むも、数多くの住宅被害、人的被害を残す災害となりました。

「自動車情報サイト」として、出来うる限り被害に遭われた方々、関係者の方々へ役立つ情報などを届けていきたいと思っております。

タウによる西日本豪雨の損害・水没車両の買取 4000台超える

2018年7月、西日本豪雨による被災地域の復旧活動に貢献すべく、「被災地復旧支援チーム」を発足した「株式会社タウ」。

8月2日にタウより発表された情報では、水没車両の迅速な引き取りに取組み「被災地復旧支援チーム」発足から約3週間で損害車の買取台数が4000台を超えました。

タウの調べによると西日本豪雨の影響で水害を受けた車両の台数は、およそ70,000台と想定され、交通インフラの復旧を妨げる要因にもなりえます。

被災車両の引取り体制を強化。

タウは、豪雨災害による総買取台数を約5,000台と予測しているようですが、8月1日の時点での買取台数は先述の通り4000台を超え、更に増加する可能性もあります。

水害などを始めとした被災車両の引き取り体制を強化すべく、提携レッカー業者との連携や、被災地域を中心としたエリア15ヵ所(最多時)に臨時モータープールを設置しています。

買取られた車両は、泥や砂を洗浄し、 約60項目に及ぶ査定結果と損傷箇所を撮影した画像とともに、 タウのウェブオークションを通じ、世界118ヵ国に向け販売される仕組みとなっています。

引き続き水没車の迅速な買い取りで、 車を無くされてしまった方の経済的サポートと、 被災地の早期復旧への寄与を目指し、取り組んでいくようです。

買取事例

この度の豪雨により、被災(水害)した車両の買取事例としては、トヨタ ハリアーが70万円の価格にて買い取られた事例も出ています。

同様に、愛車が水没してしまった等被害に遭われてしまった方は、無料の問い合わせ窓口も設置されていますので、是非参考にして頂けると幸いです。

タウでは、今回平成30年7月豪雨で被水・冠水した車の処理に関する相談・問い合わせを下記にて受け付けています。

■お電話でのご連絡
コールセンター 0120-123-999(24時間受付)

■インターネットから
https://www.tau-reuse.com/

JAFも注意呼びかけ 冠水車両、エンジンは掛けないで

また、JAFからも過去の災害救援の経験から冠水車両の取り扱いについて、下記の注意喚起がなされています。

■エンジン、ヘッドライトなど、電気系統の漏電で火災が発生する可能性があるため、まずはエンジンをかけない(エンジンキーを回す、エンジンボタンを押さない)

■ボンネット内が浸水している場合、火災防止のためバッテリーのマイナス側のターミナルを外す。

■外したターミナルは、バッテリーと接触しないように絶縁処置をする。

■HV車、EV車についてはむやみに触らない。

上記、火災の発生や感電など、思わぬ二次災害に繋がってしまうのでご注意下さい。

最後に

当サイトでは、今後も読者の皆様に役立つ情報、メリットのある情報を随時お届けしていければと考えております。

私たち自身が出来ることは決して多くありませんが、周りの方々に今回掲載させて頂いたような情報を存じてないと言う方がいらっしゃるのであれば、知って頂くだけでも価値があると思っております。

情報を届けるということ程度しか出来ませんが、いち早く復旧されることを祈っております。

関連する投稿


【初心者向け】中古車査定のキホン!車の買取・お得に売却する方法は

【初心者向け】中古車査定のキホン!車の買取・お得に売却する方法は

違う車が欲しい、自分の車を売却して別の車が欲しいな。そんなことを思った時、まず初めに考えるのが中古車査定ではないでしょうか。しかし、何からすればいいのかわからない。そもそもどこに行くの?そんな悩みをお持ちの方!本記事では初心者向けに中古車査定のキホンから、車の買取や下取り、より高く、お得に買い取ってもらえる方法をご紹介いたします。


新車を買う前に必ず読んで!2021年発売が予想される新車たち

新車を買う前に必ず読んで!2021年発売が予想される新車たち

クルマって、いつ買えばいいんでしょうね。次々に新しいモデルが出て、迷ってしまいますね。そんなに頻繁に買い換える事ができないのがクルマ。出来るだけ後悔しないクルマ選びをしたいですよね。2021年に発売されるかもしれないクルマの情報を片っ端から集めてみました!


急増するネットの中古車買取 仕組みやメリット・デメリットは?

急増するネットの中古車買取 仕組みやメリット・デメリットは?

インターネット上で「車 買取」と検索すると多数存在する車の買取サービス。テレビCMでも有名なカーセブンやラビット等の買取業者とは別に「最大○社の中から一括査定」というサービスも多々存在しています。本記事ではネットの車買取サービスの仕組みやメリット、デメリットについて説明すると共におすすめサービスの紹介をしています。


【初心者向け】年式で見る愛車の売り時!愛車を賢く売ろう!

【初心者向け】年式で見る愛車の売り時!愛車を賢く売ろう!

愛車も長く乗っていると、気になる新型車が出てきて購入を迷うこともあります。いざ乗り換えるために、今の愛車を売って新車のために資金の足しにしようとしても「思っていたより全然安い」なんてことも・・・。こちらの記事では愛車の売り時について紹介しています。


いつが売り時?大事な愛車を高く売る方法

いつが売り時?大事な愛車を高く売る方法

大事にしていた愛車もそのうち、買い替えの時がやってきてしまいます。大事にしていた愛車なら、高く売りたい!と思ってしまうのが世の常ではないでしょうか。そんな時に行うべき方法をこの記事では紹介しています。


最新の投稿


軽自動車の名義変更で必要な書類と当日の流れを徹底解説!

軽自動車の名義変更で必要な書類と当日の流れを徹底解説!

名義変更はクルマの売買時にだけ必要なものではありません。引っ越しや結婚といった際にも、その手続きが必要です。そこで今回は、軽自動車の名義変更手続きについてまとめました。


移動式オービスによる取り締まり|運用が広がっている理由とは?

移動式オービスによる取り締まり|運用が広がっている理由とは?

高速道路などを走行中、オービスがピカッと光ってしまい、心配になった経験をお持ちの方は少なくないかもしれません。近年、オービスの新たな形として「移動式オービス」が運用の幅を広げています。これまでのオービスと何が違うのでしょうか?今回は、移動式オービスについてまとめました。


車のコーティングとワックス、どう違う?それぞれ費用や耐久性で比較

車のコーティングとワックス、どう違う?それぞれ費用や耐久性で比較

洗車は面倒だけど、愛車のピカピカな状態はできるだけ長く保ちたいもの。キレイなボディを維持しやすくなる方法といえば、自分で施工ができるワックスと、プロに頼むのが一般的なコーティングがあります。どちらにもメリットとデメリットがあるので、実際にあなたの愛車にはどちらがぴったりなのか、事前にしっかり検討しておきたいところ。かかる費用やかかる手間など、それぞれを詳しく比較していきます。


カーフィルム・ウィンドウフィルム最新10選|暑さや紫外線をカット

カーフィルム・ウィンドウフィルム最新10選|暑さや紫外線をカット

うだるような暑さや照りつける直射日光は、ガラスを通り抜けてくるので車内にいる間も油断大敵です。近年の車ではUVカットガラスが標準装備される例も増えてきてはいますが、紫外線や赤外線の遮断性能だけでなく遮熱性能まで備えた最新のカーフィルムを貼り付けることで、車内の快適性がグンと向上しますし、見た目の高級感やプライバシー性も向上させることができます。おすすめ商品をご紹介していきます。


スマートキーとは?便利な利用シーンや最新機能、防犯対策までご紹介

スマートキーとは?便利な利用シーンや最新機能、防犯対策までご紹介

近年の車で広く装備されるようになった機能のひとつに「スマートキー」が挙げられるでしょう。キーはポケットに入れておくだけで、ドアロックの解錠からエンジン始動まで可能な同機能は、今や現代の車にはなくてはならない機能となっていますよね。そんなスマートキーに関して詳しく解説していくとともに、最新のスマートキーが実現する便利な機能までご紹介していきます。