目次へ戻る

ラ・フェラーリ 性能・価格・中古車情報・オープンモデル・所有者などまとめ

ラ・フェラーリ 性能・価格・中古車情報・オープンモデル・所有者などまとめ

世界限定499台で発売されたフェラーリが発売するGTカー。それがラ・フェラーリです。当時のスクーデリア・フェラーリのF1ドライバーであったフェルナンド・アロンソとフェリペ・マッサの意見が反映されたスーパーカーです。2013年~2016年まで発売されました。本記事ではラ・フェラーリについてまとめています。


ラ・フェラーリ 性能・価格・中古車情報などまとめ

ラ・フェラーリとは

世界限定499台で発売されたフェラーリが発売するGTカー。それがラ・フェラーリです。

フェラーリ初の市販ハイブリッドカーとして、2013年のジュネーブモーターショーにてお披露目されました。

当時のスクーデリア・フェラーリのF1ドライバーであったフェルナンド・アロンソとフェリペ・マッサの意見が反映されたスーパーカーです。

ラ・フェラーリはエンツォフェラーリの後に登場し、2013年~2016年まで発売されました。

2016年にはスパイダーモデルのアぺルタが登場した他、イタリア地震のチャリティのために500台目が生産されています。

本記事ではラ・フェラーリについてまとめています。

ラ・フェラーリ 名前の由来は?

「ラ・フェラーリ」の「ラ」ですが、イタリア語の女性単数名詞に付く定冠詞なんです。

つまり、英語で言うところの「ザ」にあたります。

ラ・フェラーリ スペック

 
【フェラーリ ラ・フェラーリ】 スペック表
ボディサイズ(全長×全幅×全高)4,702×1,992×1,116mm
最大乗車定員2名
車両重量1,255kg
エンジン種類6.3リッターV型12気筒エンジン・電気モーター
最高出力(kW(PS)/rpm)963PS/9,250rpm(合計出力)
駆動方式MR
トランスミッション7速DCT

ラ・フェラーリ エクステリア画像

ラ・フェラーリ インテリア画像

ラ・フェラーリのオープンカーモデル! アぺルタ

2013年3月、ジュネーブモーターショー13で発表されたフェラーリの最高峰モデルで、フェラーリ初の市販ハイブリッド車、ラ・フェラーリのオープンモデル。クーペボディの限定499台は、2013年の時点で完売しており、今度はオープンボディが追加される。

フェラーリは、「クライアント向けプレビューの後、すでに予約完売」とコメント。クーペボディの場合、日本円で約1億6000万円だったラ・フェラーリ。オープンボディはこれを上回り、2億円近い価格と予想されるだけに、今回もスーパーカービジネスの堅調さを示す「完売御礼」となった。

ラ・フェラーリの新車価格は?中古で購入できるの?

ラ・フェラーリに惹かれしまった!という方。気になるのはやっぱり価格ですね。

ラ・フェラーリの新車価格ですが、135万ドル、日本円では約1.6億円ほどでした。

しかし、残念ながらラ・フェラーリは限定499台の生産であり、そのすべてが完売してしまったので新車を購入することはできません。

また、中古車としても出回ることは限りなくゼロに近いですが、極稀に中古車として販売されることもあります(価格は応相談になることが多いです)ので、我こそはラ・フェラーリが欲しいんだという猛者は、アンテナを張っておくことをオススメします。

気になる!ラ・フェラーリ所有者って?

(c) Getty ImagesF1フランスGP

F1ドライバーのルイス・ハミルトン。

(c)GettyImages

サッカー選手のクリスチアーノ・ロナウド。

(C)GettyImages

イギリスの人気バンド、ジャミロクワイを率いているジェイケイ。

このように、改めてラ・フェラーリの所有者を見てみると、かなりの大物が所持していることがわかりますね。

ラ・フェラーリ ミニカーでゲットするのも手

ど~~~してもラ・フェラーリが欲しい。でもそもそもお金がないし、売られていないし…。なんてお嘆きのみなさま。そんな時は、ミニカーでラ・フェラーリを手に入れるという案はどうでしょうか。

タカラトミーは、ダイキャスト製ミニカー『トミカ』シリーズにて「フェラーリモデル」を26年ぶりに展開、第1弾として『ラフェラーリ』『テスタロッサ』など計6モデルを8月18日から発売します。

実車は応相談ですが、ミニカーのラ・フェラーリであればポケットマネーで買えますね!

「トミカ No.62 ラフェラーリ」は、トミカには珍しく、テールライトにも別パーツを使用。ヘッドライトとボディの際はこれまでにないほどに細いのが特徴だ。ヘッドライトも通常の塗装ではなく透明なパーツで表現している。カラーは通常モデルのレッドと初回特別仕様の2色で、価格(税別)は各450円。

最後に

本記事では、ラ・フェラーリについて改めてご紹介いたしました。

世界限定499台で生産されたラ・フェラーリ。今もなお人気の高いスーパーカー中のスーパーカーです。

気になる方は、まずミニカーから、所有してみては?

関連するキーワード


フェラーリ スーパーカー

関連する投稿


700万円で買えるフェラーリって?!ハッチバック発売はある!?

700万円で買えるフェラーリって?!ハッチバック発売はある!?

フェラーリと言えば、何千万円~億とする、憧れのスーパーカーですね。そんなフェラーリが700万円で買える!?という噂を聞きつけました。フェラーリといえば中古市場でも値下がりすることはほとんどなく、むしろ新車より高くなったりもする車ですが、いったいどういうことなのでしょうか。


【速報】フェラーリ、9月17日に新型車を発表!

【速報】フェラーリ、9月17日に新型車を発表!

速報が入ってきました。イタリアの自動車メーカー・フェラーリが、9月に新型車を発表するとのことです。一体どんなスーパーカーが生み出されるのか?期待が高まりますね。


これは欲しい!26年ぶりに「トミカ」フェラーリモデルが発売!

これは欲しい!26年ぶりに「トミカ」フェラーリモデルが発売!

「トミカ」といえばミニカーの代名詞になっているほど日本で長く愛されています。この度ダイキャスト製ミニカー「トミカ」シリーズにて「フェラーリモデル」を26年ぶりに展開していくようです。お子様はもちろん、大人でもフェラーリファンやクルマ好きには気になるのではないでしょうか。今回発売されるフェラーリミニカーを紹介します。


【激写】フェラーリ 電動直4ターボを開発中の噂!ディーノ新型に搭載か?

【激写】フェラーリ 電動直4ターボを開発中の噂!ディーノ新型に搭載か?

気になるスクープが飛びこんできました。あのフェラーリが、ブランド初となる直列4気筒エンジンを開発しているという噂が一部海外メディアで報じられています。これは電動ターボの直列4気筒エンジンを、特許出願していたことが明らかになったからというもの。果たしてディーノへの搭載はある?最新情報をお届けいたします。


ケーニグセグ、生産終了した「アゲーラRS」後継機種を2019年発表か

ケーニグセグ、生産終了した「アゲーラRS」後継機種を2019年発表か

ケーニグセグが2018年4月に生産終了した「アゲーラRS」の後継機種を発表する予定であることが分かりました。現時点で公式に発表されている情報についてご紹介します。


最新の投稿


「クルマといっしょに旅しよう」!カートラジャパン2018開催!詳細情報

「クルマといっしょに旅しよう」!カートラジャパン2018開催!詳細情報

アイデアとツール次第でカートラベルはもっと自由になる。クルマといっしょなら、旅の楽しみ方は無限大。をコンセプトにした、クルマ×トラベルのイベント、「カートラジャパン2018」が9月28日~30日まで幕張メッセにて開催されます。日常でもっとクルマを楽しみたい方、クルマでの旅が好きな方必見です。開催日程・アクセス・チケット


【圧倒的スペック】トヨタ「GRスーパースポーツ」市販型 気になる値段は億超え!?

【圧倒的スペック】トヨタ「GRスーパースポーツ」市販型 気になる値段は億超え!?

トヨタが2018年1月の東京オートサロンで発表した、『GRスーパースポーツ コンセプト』市販型に関する新たな情報を入手しました。それによると量産モデルでは、何もかもがトヨタ史上最高レベルとなることが予想されるとのこと。そして気になるのがその価格。なんとなんと1億超えとの噂!?


【一部改良】ダイハツ ムーヴキャンバス スマアシⅢ搭載で9月3日発売

【一部改良】ダイハツ ムーヴキャンバス スマアシⅢ搭載で9月3日発売

ダイハツは軽自動車『ムーヴキャンバス』のグレード体系を変更し、全グレードで衝突回避支援システム「スマートアシストIII」を標準装備します。発売は9月3日予定です。いったいどこが変更になったのか?最新情報をまとめました。


BMW「3シリーズ ツーリング」がスクープ!発売時期は?

BMW「3シリーズ ツーリング」がスクープ!発売時期は?

BMWの主力商品で、欧州市場においてはメルセデス・ベンツCクラスと人気を2分する存在であるBMW 3シリーズ。そんなBMW「3シリーズ」の「3シリーズ ツーリング」のプロトタイプのインテリア・エクステリアスクープされました。本記事ではBMW「3シリーズ ツーリング」の最新情報をご紹介します。


ホンダ新型軽バン「N-VAN(エヌバン)」の販売台数情報!売れてる?売れてない?

ホンダ新型軽バン「N-VAN(エヌバン)」の販売台数情報!売れてる?売れてない?

7月13日に発売されたホンダ新型軽バン「N-VAN(エヌバン)」ですが、はたらくクルマに革命を起こせるか注目の一台ですが、実際に受注状況はどうなのでしょうか?全国軽自動車協会連合会が発表した2018年7月 軽四輪車 通称名別 新車販売確報からN-VANと他のライバル車の受注状況を分析します。