トップへ戻る

「シエンタ」に2列シート車を新設定!「フリード+」とどう違う?

「シエンタ」に2列シート車を新設定!「フリード+」とどう違う?

トヨタは11日、「シエンタ」をマイナーチェンジ、2列シート車を新設定しました。同じような設定の車種にホンダの「フリード+」があります。そこで、このライバル2車はどこが違うのか、2列シート車を中心に比較し、また、2列シート車の必要性も考えてみました。

⏳この記事は約3~4分で読めます。


シエンタ「FUNBASE」の場合

今回「シエンタ」に追加設定された2列シート5人乗り仕様「FUNBASE」は、2列目シートを倒すことで、フラットな荷室フロアに最大荷室長2,065mmの大容量ラゲージを確保させています。その広さは、26インチのマウンテンバイク2台を積載できるとしており、デッキサイド両側には、ユーティリティホールを9個ずつ用意し荷物の固定にも配慮しています。

また、ラゲッジボードは、荷物の種類や用途によって、高さをかえることもできます。さらに、ディーラーオプションのユーティリティフックやシステムバーと組み合わせることで、さまざまなアクティビティに対応した荷室の使い方ができるとしています。

もともと3列シート(6、7人乗り)のためにあるスペースですから、サードシートを取り払えば大きな荷室スペースが得られるのは当然。コンパクトハッチ以上のスペース、あるいは「カローラフィルダー」をも勝るスペースを確保できるのです。

荷室長:2,065mm
荷室幅:1,260mm
荷室高:1,085mm
荷室フロア高:505mm(4WDは525mm)

フリード+の場合

では、「フリード+」ではどうかというと、サードシートを取り払うというのは同じ手法であり、「シエンタ」より奥行きは少ないものの、荷室を開口部地上高335mm という超低床化することで、「シエンタ」より高い室内高と、使い勝手を向上させ、ダブルフォールダウン機構を採用したことにより、フルフラット化を実現し車中泊も可能なフラット空間と床下収納を同時に実現していることです。また、軽量・高強度のユーティリティボードを使ってシートアレンジをすれば、セミダブルサイズのマットレスが敷けるフラットスペースが出来上がります。

似ているようで、「シエンタ」と根本的に異なるのは、「フリード+」そのものが、2列シート車を念頭に開発されていること。そして、前モデルに設定されていた「フリードスパイク」のノウハウがあり、後部荷室スペースの有効な使いみちを熟知した造りとなっていることにあります。

荷室長:1,710mm
荷室幅:1,260mm
荷室高:1,240mm
荷室フロア高:335mm(FF車)

意外と思うかもしれませんが、「シエンタ」は「フリード+」より全長が短いのです。全高が「フリード+」より低いためですが、そのため室内長も「フリード+」の方が長くなります。しかし、ホイールベースは「シエンタ」の方が長く、その結果、荷室長は「シエンタ」の方が長いという逆転現象が起きています。

トヨタとホンダの思惑の違い

アウトドアや車中泊に最適で、用途に対応した荷室の使い方ができるのはどちらも同じ。これまで「フリード」だけに設定されてきたのは、トヨタがコンパクトであtっても、3列シートであることがユーザーの求める車であると考えていたからにほかなりません。そのために存在するのであって2列シート車をわざわざ設定する意味はないと。必要なら「カローラフィルダー」があるということもあります。

事実、直近の販売成績では「シエンタ」が、「フリード/フリード+」を上回っています。

ホンダは、「フリード+」だけでなく、軽自動車の「N-BOX」にも商用バンの「N-VAN」を設定するなど、アウトドアや車中泊を重要視しています。広い室内を持つ「N-BOX」同様に、「フリード」の持つ優れたパッケージングを有効利用するのは、車種の少ないホンダとしては必然といえるでしょう。

2列シート車を設定した理由

ではなぜ今、2列シート車を設定したのでしょう。アウトドアや車中泊での利用を無視できないと踏んだのが一般的な考え方です。しかし、「シエンタ」のユーザーが本当に3列シートを使い倒しているかというと、ミニバンの「ノア/ヴォクシー」でさえ、普段は一人か+お子さんという程度。それより小型の「シエンタ」ではそれ以上にサードシートは利用されていないのです。

しかし、広い室内は開放的ですし荷物もいっぱい積めます。そうなると、収納したサードシートがジャマになるというユーザーも多いのではないでしょうか。めったに使わないすわり心地の悪いシートよりも、広くて荷物を積みやすいスペースがあったほうが良いと思っても不思議ではありません。

その他スペックの比較

シエンタ「FUNBASE」のグレード体系は「G」と「X」。それぞれに1.5Lとハイブリッドが設定され、すべてFFで4WDの設定はありません。燃費はハイブリッド車が28.8km/L、1.5Lガソリン車が20.2km/L。車両価格は1,776,600~2,340,360円となります。

フリード+のグレード体系は「B」、「G」、「G・ホンダセンシング」、「ハイブリッドB」、「ハイブリッドG・ホンダセンシング」、「ハイブリッドEX」。そして「B」と「ハイブリッドEX」以外には4WDも設定されています。燃費はハイブリッド車が27.2km/L、1.5Lガソリン車が19.0km/L車両価格は1,900,000円~2,676,000円となっています。

グレードが3列シート車同様に多いフリード+に対して、売れ筋グレードに絞ったシエンタ「FUNBASE」という構図になります。その他、シエンタ「FUNBASE」の方が燃費も上で価格も割安と見えます。

まとめ

かつてはお家芸だったトヨタの「後出しジャンケン」。ホンダ得意のアウトドアや車中泊での利用車を「シエンタ」に設定しました。実用的な装備と設定の「フリード」に対して、ファッショナブルなデザインとカラフルなボディカラーが売り物の「シエンタ」。そこに実用的な装備と設定という「フリード」の得意技まで取り込んだシエンタ「FUNBASE」は、ただものではないのかもしれません。

関連する投稿


トヨタ ヤリスの燃費 金メダル級の高効率?!世界頂点級のハイブリッドとガソリン、実燃費は

トヨタ ヤリスの燃費 金メダル級の高効率?!世界頂点級のハイブリッドとガソリン、実燃費は

シャープなデザインと優れた走行性能をひっさげて、ヴィッツに代わる新たな名前で登場した「トヨタ ヤリス」は、2020年のデビューから国内市場だけでなく世界的な人気を獲得しています。そんなヤリス、ハイブリッド車では世界トップレベルの低燃費を実現しているなど、その高効率性がハンパないことはご存知でしたか? 話題のハイブリッド車だけでなく、力強さのガソリン車まで含めて、ヤリスの燃費を分析していきます。


【販売台数 過去最高!】トヨタ アルファード これを読めば人気の理由がわかる!

【販売台数 過去最高!】トヨタ アルファード これを読めば人気の理由がわかる!

今、トヨタのアルファードが人気沸騰中です。何と、発売から6年を経過したにもかかわらず、過去最高の販売実績を記録しているのです。そんなアルファードの人気の理由はどこにあるのでしょうか?そこで、今回はアルファードの魅力を徹底的に検証し、その人気の理由をご紹介します。


【2021年最新】トヨタの現行スライドドア車まとめ!乗り降り楽々で魅力的な最新車はコレ

【2021年最新】トヨタの現行スライドドア車まとめ!乗り降り楽々で魅力的な最新車はコレ

ご家族が乗り込むことも多いファミリーカーに備わっているとうれしい装備といえば、後席用のスライドドアではないでしょうか。乗り降りがしやすく、荷物を載せるのにもうれしいスライドドアは、軽自動車から大型のミニバンまで選択肢も広くなっていますよ。この記事では、2021年8月現在のトヨタ車ラインナップのうち、スライドドアを持つ車をまとめてみましたので、次の愛車選びに役立ててみてください。


トヨタ ヤリスのユーザー評価・評論家評価・実燃費まとめ

トヨタ ヤリスのユーザー評価・評論家評価・実燃費まとめ

2020年2月に発売されて以降、国産コンパクトカーの人気を牽引する立場を維持し続けているトヨタ ヤリス。お求めやすい価格帯ながら充実の機能と優れたデザインが印象的ですが、車の魅力は写真やカタログの数値では測り切れない部分もあるものですよね。そこで、実ユーザーや自動車評論家がヤリスに乗ってどのように感じたのかを、実燃費とともにチェックすることで、ヤリスの具体的な評価を確認していきましょう。


販売絶好調!ヤリスファミリーのどこが魅力?ライバルは?

販売絶好調!ヤリスファミリーのどこが魅力?ライバルは?

2020年2月発売のヤリスを皮切りに、GRヤリス、ヤリスクロスと、「ヤリスファミリー」が広がっています。3台それぞれが各セグメントで確固たる人気を獲得していることもあって、2021年に入ってからも登録者国内販売台数の首位を堅持し続けている「ヤリスファミリー」の魅力は一体どこなのか、ライバルと比べてどうなのか、詳しく探っていきましょう。


最新の投稿


軽自動車の名義変更で必要な書類と当日の流れを徹底解説!

軽自動車の名義変更で必要な書類と当日の流れを徹底解説!

名義変更はクルマの売買時にだけ必要なものではありません。引っ越しや結婚といった際にも、その手続きが必要です。そこで今回は、軽自動車の名義変更手続きについてまとめました。


移動式オービスによる取り締まり|運用が広がっている理由とは?

移動式オービスによる取り締まり|運用が広がっている理由とは?

高速道路などを走行中、オービスがピカッと光ってしまい、心配になった経験をお持ちの方は少なくないかもしれません。近年、オービスの新たな形として「移動式オービス」が運用の幅を広げています。これまでのオービスと何が違うのでしょうか?今回は、移動式オービスについてまとめました。


車のコーティングとワックス、どう違う?それぞれ費用や耐久性で比較

車のコーティングとワックス、どう違う?それぞれ費用や耐久性で比較

洗車は面倒だけど、愛車のピカピカな状態はできるだけ長く保ちたいもの。キレイなボディを維持しやすくなる方法といえば、自分で施工ができるワックスと、プロに頼むのが一般的なコーティングがあります。どちらにもメリットとデメリットがあるので、実際にあなたの愛車にはどちらがぴったりなのか、事前にしっかり検討しておきたいところ。かかる費用やかかる手間など、それぞれを詳しく比較していきます。


カーフィルム・ウィンドウフィルム最新10選|暑さや紫外線をカット

カーフィルム・ウィンドウフィルム最新10選|暑さや紫外線をカット

うだるような暑さや照りつける直射日光は、ガラスを通り抜けてくるので車内にいる間も油断大敵です。近年の車ではUVカットガラスが標準装備される例も増えてきてはいますが、紫外線や赤外線の遮断性能だけでなく遮熱性能まで備えた最新のカーフィルムを貼り付けることで、車内の快適性がグンと向上しますし、見た目の高級感やプライバシー性も向上させることができます。おすすめ商品をご紹介していきます。


スマートキーとは?便利な利用シーンや最新機能、防犯対策までご紹介

スマートキーとは?便利な利用シーンや最新機能、防犯対策までご紹介

近年の車で広く装備されるようになった機能のひとつに「スマートキー」が挙げられるでしょう。キーはポケットに入れておくだけで、ドアロックの解錠からエンジン始動まで可能な同機能は、今や現代の車にはなくてはならない機能となっていますよね。そんなスマートキーに関して詳しく解説していくとともに、最新のスマートキーが実現する便利な機能までご紹介していきます。