目次へ戻る

アイドリングストップとは?燃費・バッテリーへの影響は?キャンセル可能?

アイドリングストップとは?燃費・バッテリーへの影響は?キャンセル可能?

燃費向上や環境に優しいという事から近年アイドリングストップ機能が広く普及し、販売されている新車の多くに搭載されています。しかしアイドリングストップが苦手な方も少なくありません。当記事ではアイドリングストップ機能が燃費やバッテリーに与える影響や、メリット・デメリットについて、キャンセラーについて等を紹介しています。


アイドリングストップとは?

今や、フェラーリやポルシェにも搭載されているアイドリングストップ機能。

低燃費競争が激化している近年では、燃費向上に役立つ最新技術を次々に導入しており、アイドリングストップ機能は多くの車種に搭載されています。

赤信号や渋滞などで車が停止している場合、一定の条件下で自動的にエンジンが停止する仕組みになっています。

多くの車がブレーキを強く踏んだ際にエンジンが停止するため、信号待ちなどの停止時間に燃費を消費しないことで無駄なアイドリングを無くし「燃費」と「環境」の両方へ配慮した機能です。

ブレーキから足を離したり、ハンドルを動かすなど何かしらの操作を行うと自動的にエンジンが再始動します。

アイドリングストップ 実際どうなの?

これまでの車は停止状態でもエンジンが回転していたので、その分燃料も使っていました。

アイドリングストップ機能が搭載された車は停止したときにエンジンも停止させるので燃費が向上します。

日産車のアイドリングストップ機能を例に上げて説明すると、エンジンが十分に暖まった状態で、一旦車速が20km/hになるとアイドリングストップが作動可能な状態になります。

ブレーキを踏んでから約1秒後にアイドリングストップが作動して、ブレーキを踏んでいる間はエンジンが停止し続けます。

再出発時には、ブレーキから足を離すと約0.4秒後にエンジンが再始動するため、エンジンが停止しても早めの発信準備を行うことができます。

駐車操作を繰り返す場面や、渋滞時に車速8km/h以内の低速で前進と停止を繰り返す場合は車が状態をしっかりと把握してアイドリングストップの機能をコントロールしてくれます。

そのため、エンジン停止や再始動のわずらわしさを感じずに運転することができます。

アイドリングストップのメリットや効果は?デメリットは?

燃費の向上に繋がる、環境に良いとされているアイドリングストップ機能ですが、その効果は実際同なのでしょうか。

アイドリングストップ機能がもたらす効果や、反対に悪影響を与える点についてを紹介していきます。

アイドリングストップの効果・メリット

・燃費向上・燃料の節約

まず1点目に挙げる効果・メリットは、赤信号や渋滞で停止しているときにエンジンも停止するので無駄な燃費を削減してくれという点です。

毎日1時間、アイドリング時にエンジンを停止することで年間2~4万円の燃料代を節約することが可能といわれています。

燃料としては10分間で約0.15~0.2Lを削減することが可能です。

・排出ガスの抑制

アイドリングで排出される排気ガスが10分間でおよそ70~100g削減することができます。

・停止中にエンジン音がしない

エンジンがオフになるので信号待ちなどをしているときでも静かです。

・税金が安くなる

環境に配慮したエンジンと認定されることが多いため各種自動車の税金が安くなる場合があります。

アイドリングストップの悪影響・デメリット

反対にアイドリングストップ機能が車に与える悪影響やデメリットについてを紹介します。

・エアコンが停止する

アイドリングストップが作動している場合は、エンジンがオフになるためエアコンも停止します。
夏場や冬場はエアコンが作動しないと不便に感じることもありますが、最近ではエンジンがオフになった際に自動送風への切り替えの車もあります。

・アイドリングストップが短いと燃費が悪くなる

アイドリングストップは毎日1時間できたとして、年間2~4万円の燃料費を削減できます。
ただ、1日1時間のアイドリングストップを毎日行うのは不可能に等しく、特に買い物など生活に使用している場合はまず無理と考えて下さい。


一般には「アイドリングストップの時間が5秒以下」の場合は、燃費の消費が節約を上回ると言われています。

つまり、エンジンの停止時間が5秒を超えない場合、アイドリングストップは行わない方が良いということになります。

・タイミングベルトの劣化が激しい

アイドリングをこまめに止めることでエンジン始動時の振動がタイミングベルトに伝わり寿命を縮めてしまうというデメリットもあります。

アイドリングストップはバッテリーにダメージを与えている?

上記のことがメリットやデメリットとして挙げられますが、他にもバッテリーへの負担が掛かるという点もあります。

アイドリングストップ機能搭載車のバッテリー寿命は、普通のバッテリーよりも短いと言われています。

アイドリングストップによってパワーの供給源であるエンジンは停止しているのに、ある程度の電装品は使われ続けます。

そして、アイドリングストップを利用する際には、エンジンのオンとオフを何度も繰り返し、エンジン始動時にはセルフモーター稼働のために多くの電力を消費するため、バッテリーに大きな負担がかかります。

このようなことから、アイドリングストップ機能搭載の車にはその特性に合わせて容量がアップし、大型化されたバッテリーが搭載されています。

アイドリングストップ車専用のバッテリーは、通常のバッテリーよりも1.5倍~2倍の価格でバッテリーを交換した場合はおよそ2万円前後の出費になります。

大型でアイドリングストップ専用のバッテリーを使っているので安心ですが、不安な方はキャンセラー等でアイドリングストップ機能をオフして下さい。

【最後に】市販化されているキャンセラーも紹介

また、アイドリングストップ機能はオン・オフの切り替えが出来るようになっていますが、機能をオフにしていても、エンジンを切るとまた同機能がオンの状態に戻ります。

毎回のオン・オフの切替が面倒という方には、市販されているアイドリングストップキャンセラーを備え付けるのも有効でしょう。

下記におすすめの商品を紹介します。

アイストキャンセラー 接続タイプ《全メーカーマイナスコントロール車対応》

アイストキャンセラー 接続タイプ《全メーカープラスコントロール車対応》

アイドリングストップ機能は燃費向上や環境問題などの有効な機能ですが、燃費に良いとされるのは「アイドリングストップの時間が5秒以上の場合」というのは覚えて頂ければ幸いです。

その日の予定や道路状況に応じて、アイドリングストップ機能の使い分けをするのも良いかと思います。

関連する投稿


ETCの取り付け方法&店舗での取り付けに掛かる工賃・時間も比較!

ETCの取り付け方法&店舗での取り付けに掛かる工賃・時間も比較!

ETCの取り付けをどこですれば良いのか、そもそも自分で取り付けることは可能なのか、ETCの取り付け方やカー用品点等で取付ける場合の料金・費用はいくらくらいなのか、取り付けに掛かる時間はどの程度か、その他、自分でETCを取付ける際の注意点などを説明しています。大手カー用品店で掛かる費用、時間の比較等にお役立て下さい。


【後部座席も義務】シートベルトの着用 違反時の点数・罰金は?免除される事例も

【後部座席も義務】シートベルトの着用 違反時の点数・罰金は?免除される事例も

シートベルトは後部座席にも着用義務があります。こちらの記違ではシートベルトを着用しなかった場合の違反点数、違反金・罰金とシートベルトの着用が免除される事例等をまとめて掲載しています。また、シートベルトに関連するカー用品・カーアクセサリーの紹介も掲載しています。


交換用マフラーの騒音規制見直しが11月30日から公布・施行!どう変わった?

交換用マフラーの騒音規制見直しが11月30日から公布・施行!どう変わった?

国土交通省は11月30日、四輪車の交換用マフラーの騒音規制を見直したと発表しました。新車時の近接排気騒音が車種毎に定められた一定の値を超える四輪自動車等に交換用マフラーを備える場合、新車時の騒音から悪化しないことを確認する相対値規制を導入する等の改正となります。詳しく紹介していきます。


【2018-2019冬】スタッドレスタイヤ タイプ別おすすめ12選!価格を比較!

【2018-2019冬】スタッドレスタイヤ タイプ別おすすめ12選!価格を比較!

こちらの記事では、スタッドレスタイヤの必要性と、選び方について紹介すると共に、スタッドレスタイヤの価格、性能からSUVや軽自動車、ミニバン向きにこの冬おすすめのスタッドレスタイヤを紹介しています。


今の20代は知らない?キャブレターとは|仕組み、セッティングについて

今の20代は知らない?キャブレターとは|仕組み、セッティングについて

バイク用語では見聞きすることのあるキャブレターという言葉も、20代の方にとってはなかなか親しみづらい言葉なのではないでしょうか。今回は、実は今もなお熱烈な支持者に愛され続けているキャブレターの仕組みから、調整やセッティング、オーバーホールの方法を解説していきます。これを読めばキャブレターの知識に関しては完璧です。


最新の投稿


【最新版】2019年発売が予測される新型車(国産車)&新車情報まとめ

【最新版】2019年発売が予測される新型車(国産車)&新車情報まとめ

毎年多くの車種が発表される自動車業界。2019年はどのような新型車・フルモデルチェンジ車に出会えるでしょうか。トヨタ、ホンダ、レクサス、三菱、スバル、マツダ、日産、スズキ、ダイハツ、光岡。名だたる国産車メーカーの新型車・新車最新情報、予測を網羅!2019年はどんな新型車が出る?そんな時は本記事を!【12月11日更新】


【まさか復活!?それとも】マツダがMX-6を商標登録 MX-6とは

【まさか復活!?それとも】マツダがMX-6を商標登録 MX-6とは

マツダが『MX-6』の名前を商標登録していたことが判明しました。これは、日本の特許庁の公式サイトから明らかになったものです。このMX-6とは、過去にマツダが発売していたクーぺ。これはいったい…?


大雪時のタイヤチェーン装着義務 13区間(高速7・国道6)で実施|場所はどこ?

大雪時のタイヤチェーン装着義務 13区間(高速7・国道6)で実施|場所はどこ?

2018年11月15日に国土交通省より発表された 「タイヤチェーンを取り付けていない車両通行止め」規制。11月15日~11月28日までの間、パブリックコメントの募集を行い、12月10日に同交通規制が実施される道路を発表しました。実施される道路情報と、規制についての概要、違反時の罰則や実施時期について掲載しています。


トヨタのカローラスポーツ新型 価格・試乗記・スペックほか

トヨタのカローラスポーツ新型 価格・試乗記・スペックほか

6月26日より発売されている、12年ぶりにハッチバックスタイルを復活させた、トヨタの新型車『カローラスポーツ』。本記事ではカローラスポーツの詳細情報をまとめています。価格・試乗記・スペックほか


【ロサンゼルスモーターショー2018】最後のビートルが登場!

【ロサンゼルスモーターショー2018】最後のビートルが登場!

ロサンゼルスモーターショー2018にて、最後のビートルとなる、ザ・ビートル ファイナルエディションが公開されました。長年にわたり、多くの人に愛されてきたビートル。最新情報をまとめています。