目次へ戻る

今冬日本発売予定のホンダ新型「インサイト」のカスタマイズカーが米国で初公開!

今冬日本発売予定のホンダ新型「インサイト」のカスタマイズカーが米国で初公開!

米国ホンダは、米国ラスベガスで10月30日に開幕するSEMAショー2018において、新型「インサイト」のカスタマイズカーを初公開すると発表しました。日本では2018年冬発売予定の「インサイト」ですがアメリカはすでに発売中です。詳しく見ていきましょう。

⏳この記事は約3~4分で読めます。


はじめに

米国ホンダは、米国ラスベガスで10月30日に開幕するSEMAショー2018において、新型「インサイト」のカスタマイズカーを初公開すると発表しました。
日本では2018年冬発売予定の「インサイト」ですがアメリカはすでに発売中です。

新型インサイトのパワートレインは、ホンダの2モーターハイブリッドシステムで、1.5リットル直列4気筒ガソリン「アトキンソンサイクル」エンジンに、2個のモーター、リチウムイオンバッテリーを組み合わせたものです。

米国仕様はハイブリッドシステム全体で、151hpのパワーを発揮。
モーターは、27.2kgmのトルクを持ち米国EPA(環境保護局)燃費は、市街地モードで23.4km/リットルと公表されています。

日本仕様はまだ不明ですが、それに準じたスペックや数値になると思われます。

詳しく見ていきましょう。

新型ハイブリット車「インサイト」

新型『インサイト』ですが、米国では今年6月29日に発表されておりすでに発売中で、米国EPA(環境保護局)燃費は、市街地モードで23.4km/リットル。
ベース価格は2万2830ドル(約252万円)で販売されています。

新型インサイトは3世代目にあたり4年ぶりにスタイリッシュな4ドアクーペスタイルにて復活しました

ホンダの乗用車ラインナップの位置づけとしては、『シビック』と『アコード』の間に位置する5名乗りのクーペ型セダンになります。

パワートレインは1.5リットル直列4気筒ガソリンアトキンソンサイクルエンジンと、評価の高い2モーターのハイブリッドシステム「スポーツ ハイブリッドi-MMD」を組み合わせとなっています。

米国ではホンダのセダンラインアップでは販売好調の『シビック』の上位モデルということでホンダの期待も大きそうです。

もちろんホンダの先進の安全運転支援システム「ホンダ センシング」が全車に標準装備されています。

燃費、走り、デザイン性の三拍子揃った上質な一台になっています。

日本では2018年冬に発売予定!

日本では『インサイト』は2018年冬に発売予定となっており現在ホームページで先行公開中です。

米国仕様と日本仕様違いは標準装備としては、フロントグリルを専用デザインとして、トランクスポイラーを追加し更にスポーティな外観を実現しています。

更に走りの面でも独自のチューニングを施し、国内ユーザーのニーズに応える仕上がりを目指したそうで非常に楽しみですね。

今後、ホームページで新型インサイトに関する情報を順次公開していくとのことで注目していきたいですね。

先行情報サイト | インサイト| Honda

https://www.honda.co.jp/INSIGHT/new/

こちらはHonda インサイトの公式情報ページです。この冬登場する新型インサイトの様々な魅力をお伝えしていきます。

動画にてスタイリッシュさをアピール

ホンダは動画にてトヨタ・プリウスを思わせるハリボテを切り出してスタイリッシュなインサイトに変身するというプロモーション動画でスタイリッシュさをアピールしています。

インサイトのカスタマイズカー

毎年秋に米国ラスベガスで開催されるチューニングカー&カスタマイズカーのイベントSEMAショーにて新型インサイトのカスタマイズカーを初公開すると発表しました。

SEMAショー2018で初公開予定の新型インサイトのカスタマイズカーは、17インチのSBK製ホイールを装着し、前後バンパーやフォグランプには、クロームのトリムが追加されています

ドアシルやドアパネル、足元には照明を追加装備。

アメリカンホンダは、これらのオプション装備は全米のホンダディーラーで購入可能とのことで日本のホンダアクセスの純正アクセサリーのような位置づけでしょうね。

日本では無限があるのでインサイトの無限パーツも発売されるでしょうから非常に楽しみですね!

さいごに

『インサイト』の車名は久しぶりの復活になり4ドアクーペのスタイリッシュなデザインで復活してきました。

最近セダンでもデザイン性重視で輸入車やクラウンなどこぞってクーペ風のシルエットのセダンを発売してきています。
インサイトものその流れにのってきたイメージですが、デザイン的に非常にスタイリッシュで欧州車にも負けていないデザインだと思います。

日本でもシビックとアコードの間位の価格設定になるかと思いますが、ホンダセンシング標準装備、ハイブリットで燃費もよく、走りも良いとなればヒットする可能性は非常に高いと思います。
筆者としてはシビックハッチバックを試乗しましたが同等の走行性能が期待できるのか発売されたら試乗してみたいですね。

日本でのインサイトの発表を楽しみに待ちたいと思います。

関連する投稿


【2020年】新型車(国産車)&新車情報 最新情報

【2020年】新型車(国産車)&新車情報 最新情報

2020年はどのような新型車・フルモデルチェンジ車に出会える?本記事では2020年に発売が予測される国産車をピックアップ!トヨタ、ホンダ、レクサス、三菱、スバル、マツダ、日産、スズキ、ダイハツ、光岡。名だたる国産車メーカーの新型車・新車最新情報、発売日予測を網羅!2020年はどんな新型車が出る?そんな時は本記事を!(※2020年6月更新しました)


2021年以降発売が予測される新型車・新車情報 最新版

2021年以降発売が予測される新型車・新車情報 最新版

2021年以降にフルモデルチェンジ・発売が予測される新型車(国産車)をまとめています。トヨタ、ホンダ、レクサス、三菱、スバル、マツダ、日産、スズキ、ダイハツ、光岡。新車最新情報、気になる発売日やネットでの反応も!随時更新です。


今、中古車が熱い!ホンダの人気中古車5選

今、中古車が熱い!ホンダの人気中古車5選

生活が一変した今、これまで以上に自動車にかける予算も抑えたいと思う人も多いでしょう。そこで今、新車よりも断然リーズナブルな中古車が注目されています。この記事では中古車でもけっして見劣りしないメーカー別の魅力的な中古車をご紹介します。今回はホンダ車の中から人気のある中古車から5車種を厳選してみました。


【最新版】新車で買える!MT車(マニュアル車)まとめ

【最新版】新車で買える!MT車(マニュアル車)まとめ

MT車に乗りたい、今現在どのようなMT(マニュアル)車が販売されているのかを知りたい、という方のために今回は国産MT(Hパターン)車をまとめました。MT車が欲しいあなたにおすすめです。


ホンダのSUVクロスロード!歴代モデルとあせない魅力に迫る!

ホンダのSUVクロスロード!歴代モデルとあせない魅力に迫る!

ホンダのSUVのモデルの中でもひっそりと消滅していってしまったシリーズに入るクロスロード。初代モデルは1993年に発売、2代目は2007年に発売以降、2010年でその歴史に幕を閉じました。しかしながら、そんなクロスロード2代目は中古車市場では個性的なCUVとして人気があるんだとか。本記事ではそんなクロスロードについてご紹介いたします。(※2020年5月更新しました)


最新の投稿


【2020年お盆休み】渋滞予測、混雑日、ピーク、混雑する道路は?

【2020年お盆休み】渋滞予測、混雑日、ピーク、混雑する道路は?

2020年のお盆休み期間中の高速道路の渋滞予測から、最も渋滞が予測されるピーク日をまとめています。今年は新型コロナウィルスの影響で、例年にも増してどうなるかわからない状況です。そんなお盆休みの渋滞予測に関する情報を随時更新していきます。


【被害多発】リレーアタックとは?対策法を紹介!

【被害多発】リレーアタックとは?対策法を紹介!

最近、被害の増えている自動車盗難の新たな手口、「リレーアタック」。従来の自動車盗難とは違い、現場に痕跡が残りにくいのも特徴の1つです。今回は、リレーアタックの手口と、対策についても詳しくお伝えします。


オービスの仕組みを知ろう!速度や罰金なども詳しく解説

オービスの仕組みを知ろう!速度や罰金なども詳しく解説

高速道路などにある「オービス」というものをご存知でしょうか?ついつい気が緩んでしまい速度が上がってしまって、ピカッと光られてしまった。そんなことがないように、今回はこのオービスのシステムについて詳しく解説します。


【2020年最新】日産のSUV一覧!新型情報もご紹介

【2020年最新】日産のSUV一覧!新型情報もご紹介

日産にはコンパクトSUVから本格的SUV までラインナップされています。人気があるSUVですが、「日産のSUVにはどんな特徴があるのか」と迷う方もいるかもしれません。e-POWERやプロパイロットなど魅力的な機能を備えた日産のSUVをまとめてご紹介します!


【最新情報】トヨタ 新型ヤリスクロス|内装・スペック・口コミ

【最新情報】トヨタ 新型ヤリスクロス|内装・スペック・口コミ

トヨタは2020年4月23日にオンライン上にて「ヤリスクロス」を初公開しました。そして7月中旬より先行予約が開始されるとの情報も。 新型コンパクトSUV市場はまたまた混戦の予感さえしています。「ヤリスクロス」とはどのようなクルマなのでしょうか。コンパクトSUV「ヤリスクロス」を徹底調査してお届けしていきます。