目次へ戻る

交換用マフラーの騒音規制見直しが11月30日から公布・施行!どう変わった?

交換用マフラーの騒音規制見直しが11月30日から公布・施行!どう変わった?

国土交通省は11月30日、四輪車の交換用マフラーの騒音規制を見直したと発表しました。新車時の近接排気騒音が車種毎に定められた一定の値を超える四輪自動車等に交換用マフラーを備える場合、新車時の騒音から悪化しないことを確認する相対値規制を導入する等の改正となります。詳しく紹介していきます。


はじめに

「自動車騒音の大きさの許容限度」(昭和50年環境庁告示第53号)が改正され、交換用マフラーを備えた車両のうち、四輪車などの近接排気騒音について車種ごとに上限値を定めた絶対値規制に代えて、使用過程時、新車時騒音から悪化しないことを確認する近接排気騒音の相対値規制が導入されました。

言葉だけだとわかりにくいので、詳しく掲載していきます。

改正の概要

2018年11月30日付けで「自動車騒音の大きさの許容限度」(昭和50年環境庁告示第53号)が改正され、交換用マフラーを備えた車両のうち一部の四輪自動車等の近接排気騒音について、車種毎に上限値を定めた絶対値規制に代え、使用過程時において新車時の騒音から悪化しないことを確認する近接排気騒音の相対値規制を導入されました。

環境省_「自動車騒音の大きさの許容限度」(昭和50年環境庁告示第53号)の一部改正について

http://www.env.go.jp/press/106201.html

新車時の近接排気騒音値が車両の種別毎に一律に設けられた許容限度を上回る四輪自動車等に交換用マフラーを備える場合の近接排気騒音の許容限度について、騒音規制法第16条第1項の規定に基づく「自動車騒音の大きさの許容限度」(昭和50年環境庁告示第53号)の一部を改正しました。

改正の経緯

交換用マフラーを備える場合の近接排気騒音の許容限度については、昨年12月に新車時の近接排気騒音値が車両の種別毎に一律に設けられた許容限度を上回る二輪自動車等について、新車時の騒音から悪化しないことを確認する相対値規制を導入する等の改正が行われました。

四輪自動車等についても同様の改正を行ったのが今回の改正になります。

改正の内容

新車時の近接排気騒音値が車両の種別毎に一律に設けられた許容限度を上回る四輪自動車等に交換用マフラーを備える場合の近接排気騒音の許容限度について、新車時の騒音から悪化しないことを確認する相対値規制が適用されます。

施行期日

平成30年11月30日とすでに施行されました。

いきなり施行された感がありますが、実は平成30年1月29(月)~平成30年2月27(火月)まで改正についての意見募集(パブリックコメント)がされていました。

残念ながら 「「自動車騒音の大きさの許容限度」の一部を改正する案」に対する意見の募集(パブリックコメント)の意見提出件数は3件と寂しい結果でしたが。

「自動車騒音の大きさの許容限度」改正にともない、交換用マフラーを備えた車両のうち一部の四輪自動車等の近接排気騒音について、車種毎に上限値を定めた絶対値規制に代え、使用過程時において新車時の騒音から悪化しないことを確認する近接排気騒音の相対値規制を導入されることになりました。

これに対応するため、「道路運送車両の保安基準の細目を定める告示」(平成14年国土交通省告示第619号)について改正が実施されました。

やはり言葉だけだとわかりにくいので、詳しく見ていきましょう。

実際どうなる?

ちょっと長くなりましたが今回の改正内容について、簡単に言うと、
具体的に車種毎に定められた一定の値を超えた車両に関して基準値+5dBまでに抑えなさいという内容です。

車種毎に定められた一定の値

・乗合車・貨物車(車両総重量3.5t 超、最高出力150kW 超) :94dB
・乗合車・貨物車(車両総重量3.5t 超、最高出力150kW 以下) :93dB
・乗合車・貨物車(車両総重量3.5t 以下) :92dB

・乗用車(車両後部にエンジンを有するもの) :95dB
・乗用車(車両後部にエンジンを有するもの以外のもの) :91dB
※2 新車時の近接排気騒音(車検証等に記載)に5dB を加えた値以下であること。

例を挙げるとFRモデルは91dbが基準値ですが、新車時の接排気騒音(車検証等に記載)が92dbだった場合、97dbまでは許容されるということです。

例:乗用車(車両後部にエンジンを有するもの以外のもの)
新車時の近接排気騒音:92dB(>91dB) 規制値:92+5 = 97dB

プラス5dBの幅を持たせてるは経年劣化で音が大きくなっていく可能性があるので安全マージンのためにとられているのかもしれません。

ちょっとわからなかったのが新車時の近接排気騒音が基準値以内(例:80dB)の車両の場合は91dbまでOKなのか車種の設定値プラス5dbまでOKなのかが不明ですね。

基本はJASMA(日本自動車スポーツマフラー協会)会員企業のアーキュレー、フジツボなど有名所の車種に適合したスポーツマフラーなら概ねこの数値を超えないものなので実質問題はなさそうですね。

ちなみに車検は平成22年4月1日以前に生産された車両の場合、JSMA認定品マフラーなら問題なく車検は通りますが、平成22年4月1日以後に生産された車両車両に装着されているスポーツマフラーは「事前認証」を取得した性能等確認済マフラーでないと車検を受けることができません。

JASMA 日本自動車スポーツマフラー協会|車検対応

http://www.jasma.org/about_muffler/safety_inspection.html

日本自動車スポーツマフラー協会は、ニーズが多様化する業界の広いカテゴリーを対象に、企業のコンプライアンス(法令順守)を達成すべく業界の健全化のため活動する団体です。

最後に

昔は近所を夜爆音を鳴らしながら駆け抜けていくバイクやクルマもそれなりにいましたが、最近はマフラー規制がより厳しくなりそういった違法マフラーの車両も少なくなってきましたね。

マフラー交換自体は走行性能やフィーリングも良くなる場合も多いですし、何と言っても2本出し、4本出しで見た目もよくなるので筆者的には規制範囲なら肯定派です。

しかし最近は純正マフラーから交換すると入庫不可なディーラーや、売却時の純正戻しなども面倒で昔ほど交換する方が減ってきた気がします。

市場が縮小してきている上に、規制もどんどん厳しくなりマフラー生産メーカーも大変だと思いますが、日本には技術力の高いマフラーメーカーも多いので頑張って欲しいですね。

関連するキーワード


メンテナンス カスタム

関連する投稿


【メンテナンス】必要!?タイミングチェーンの交換、寿命って?

【メンテナンス】必要!?タイミングチェーンの交換、寿命って?

普段、車を運転している人でも、タイミングチェーンの存在についてあまり意識することはないと思います。タイヤの様に摩耗せず、ワイパーなどの様に定期的な交換が必要な部品では無いためです。しかしタイミングチェーンは、人知れず重要な役割を果たしている部品です。今回はそんなタイミングチェーンについて調べてみました。


【要注意】「プシュルルルルル」という謎の音。バックタービン音とは

【要注意】「プシュルルルルル」という謎の音。バックタービン音とは

信号が青になった瞬間、勢い良く駆け出した車から聞こえる、「ブーン」という加速音の後の「プシュルルルルル」という謎の音。今回はこの音の正体についてまとめました。気になる方はぜひ、本記事を参考にしてみてくださいね。


【メーカー別情報有り】慣らし運転の必要性まとめ!

【メーカー別情報有り】慣らし運転の必要性まとめ!

新車を買った時やオイル交換をした時などに必要な車の慣らし運転。知ってるようで知らない慣らし運転のコツややり方などを紹介しています。このページで慣らし運転の知識を身につけて安全なカーライフを送ってください。


車のサテライトスピーカー おすすめ10選と取り付け方

車のサテライトスピーカー おすすめ10選と取り付け方

車内での音楽を楽しむための必須アイテムであるサテライトスピーカー。 今回は取り付け方から、その効果、これから購入する人向けにおすすめ商品までご紹介していきます。


まさかパンク?万が一に備えてのパンク修理キット!

まさかパンク?万が一に備えてのパンク修理キット!

ドライブ中にタイヤが突然のパンクしたら、とっても困りますね?そんな時に大活躍するのがパンク修理キットです。自分でもパンクを直せるので、何かと重宝しますよ。今回はパンク修理キットを使用したほうが良い理由と使用しない理由をわかりやすく紹介していきます。


最新の投稿


海外からも人気の三菱 パジェロイオ|スペック、燃費評価、リフトアップ法も紹介

海外からも人気の三菱 パジェロイオ|スペック、燃費評価、リフトアップ法も紹介

地球上のあらゆる大地を舞台に戦いをみせてきた三菱パジェロのサイズ感をミドルクラスに制作されたパジェロイオ。ダカールラリーでも優勝経験を果たし、その雄姿も相まって1990年代、RVブームに乗り販売台数を大きく伸ばしました。今回は、パジェロイオが愛された理由をまとめご紹介します。


幻の国産車!?スズキのセダン・キザシってどんな車?

幻の国産車!?スズキのセダン・キザシってどんな車?

スズキが2009年に発売したセダン『キザシ』。この『キザシ』という言葉には、物事の始まりの予兆という意味と、芽が出るという二つの意味合いがあります。今回の記事では、志高く誕生したものの短命に終わった『スズキ キザシ』についてまとめています。


【タイプ別2019年最新情報】おすすめ!人気の高圧洗浄機

【タイプ別2019年最新情報】おすすめ!人気の高圧洗浄機

高圧洗浄機は洗車に使ったり外壁を洗浄したり、あらゆる場所の洗浄に便利なので、購入を考えている人もいるでしょう。そこで今回は、ケルヒャーなどの有名なメーカーを含め、家庭用と業務用のおすすめの高圧洗浄機を紹介します。気になる動作音を抑える静音タイプも紹介しています。


今更聞けない!?ハイブリッドの種類とマイルドハイブリッドについて

今更聞けない!?ハイブリッドの種類とマイルドハイブリッドについて

ハイブリッドと一言で言っても実はいくつか種類があります。今回わかりやすく解説しながら、最も取り扱いが簡単なマイルドハイブリッドの仕組みについて迫りたいと思います。来る電気自動車の時代に向けて勉強してみましょう。


【気を付けて】免許取り消しの点数から再取得までを解説!

【気を付けて】免許取り消しの点数から再取得までを解説!

行政処分である免許取り消しの制度の仕組みは、交通違反として最も重い処分です。点数による処分がどのように行われているのかしりたいところでしょう。免許取り消しの理由は、また、違反による点数によって講習を受ける必要性があります。取り消しの期間から最終的に再取得までの流れを改めて見ていきましょう。