目次へ戻る

【2019-20年登場か】スズキのアルト&アルトワークス次期型登場

【2019-20年登場か】スズキのアルト&アルトワークス次期型登場

スズキの軽自動車『アルト』、及び高性能モデル『アルトワークス』次期型に関する情報を入手しました。次期型でどんな進化を見せてくれるのでしょうか。注目です。


スズキのアルト&アルトワークス次期型登場

《APOLLO NEWS SERVICE》スズキ アルトワークス 次期型 予想CG

スズキの軽自動車『アルト』、及び高性能モデル『アルトワークス』次期型に関する情報を入手しました。次期型でどんな進化を見せてくれるのでしょうか。注目です。

貴方は知ってる?スズキのアルト

初代アルトは、1979年に発売されました。

アルトは、元祖・軽ボンネットバンとして大ヒットしています。

1984年に登場した2代目では、高性能版「アルトワークス」を初設定し、3気筒4バルブDOHCインタークーラーターボエンジンを搭載し、最高出力は64psに。

軽自動車の馬力規制が設けられるきっかけとなったモデルとしても有名ですね。

その後も比較的早いモデルサイクルで世代交代がなされ、2014年に登場した現行モデルで8代目を数えるまでに。

そして2019年10月、いよいよ第9世代の登場が期待できそうです。

第9世代!次期型アルト&アルトワークスはどうなる?

次期型アルト&アルトワークスのアーキテクチャには、最新世代の「ハートテクト」プラットフォームを採用し、剛性を高め、軽自動車としては余裕の居住空間を提供してくれると予想。

また、注目は、ISG(モーター機能付発電機)による同ブランドのマイルドハイブリッドシステム「Sエネチャージ」が搭載されること。

これまでの「エネチャージ」が進化したもの。モーターによるエンジンアシストを可能にし、40km/h以上の低燃費、動力性能の向上が実現します。

安全面では現行モデルでも搭載されている「デュアルセンサーサポートブレーキ」をアップデートし、さらなる安全性の確保が見込まれます。

大予想!次期型アルト&アルトワークスはこうなる

《APOLLO NEWS SERVICE》スズキ アルトワークス 次期型 予想CG

兄弟サイトのSpyder7では、この度最新情報をもとに「ワークス」の予想CGを制作しました。

フロントは、『イグニス』の流れを汲んだグリルに、存在感のあるプロジェクター&LEDを装備。ロアグリルは大迫力の大口径台形デザインに。サイドはワイド感を持たせたタイヤハウスデザインと、フロントから繋がるウィンドウラインで精悍さをアピールした。ワークスには、660cc直列3気筒ツインターボエンジンを搭載、最高出力は64psながら、走行性能が大幅に向上すると予想される。

次期型アルトは2019年、次期型アルトワークスは2020年?

アルト新型のワールドプレミアは2019年10月頃、アルトワークスは2020年のデビューを予想しています。

関連する投稿


スズキのコンパクトカー バレーノ改良新型登場 バレーノってどんな車?

スズキのコンパクトカー バレーノ改良新型登場 バレーノってどんな車?

スズキのインド部門、マルチスズキは、改良新型『バレーノ』(Suzuki Baleno)のティザーイメージを公開し、同車の予約受注を開始すると発表しました。みなさんはこのバレーノ、ご存知でしょうか。本記事ではバレーノ改良新型の最新情報と改めてバレーノについてまとめています。


【東京オートサロン2019】大量!カスタマイズされたジムニーまとめ

【東京オートサロン2019】大量!カスタマイズされたジムニーまとめ

あそこもここもむこうもジムニー。東京オートサロン2019では、様々なブースにてカスタマイズされたジムニーが展示されていましたね。本記事ではそんな熱い視線を集めたジムニーをまとめています。


スズキのエスクードが一部改良!安全性能の向上 価格は約265万円

スズキのエスクードが一部改良!安全性能の向上 価格は約265万円

スズキは、コンパクトSUV『エスクード』を一部仕様変更し、予防安全技術「スズキセーフティサポート」を充実させて12月21日より発売しています。本記事は新しくなったエスクードについてまとめました。


【東京オートサロン2019】ジムニーがあのメルセデスAMG風に変身!?

【東京オートサロン2019】ジムニーがあのメルセデスAMG風に変身!?

ドレスアップパーツなどを手掛けるダムドですが、東京オートサロン2019にて新型『ジムニー』と『CX-8』のデモカーを初公開します。このジムニーは昨年8月にCG画像のみ公開し、話題を集めていました。なんと見た目がメルセデスAMG風になる?いやいや、ランドローバーのディフェンダー風?気になる情報をまとめました。


【東京オートサロン2019】ジムニーに「生き残り」仕様登場!?ピックアップも

【東京オートサロン2019】ジムニーに「生き残り」仕様登場!?ピックアップも

東京オートサロン2019で、スズキは、ジムニーをベースに作った孤高の世界観をイメージしたコンセプトモデル車『ジムニーサバイブ』を出品する他、全10台を出品するとのこと。いったいどんな車が展示されるのでしょうか。


最新の投稿


クルマのインジェクションとは。仕組み・役割からキャブ車との違いを説明

クルマのインジェクションとは。仕組み・役割からキャブ車との違いを説明

世の中には、インジェクション攻撃、インジェクション成形、インジェクションステーキなど、インジェクションと名の付くものはたくさんありますが、ここで取り上げるインジェクションとはフューエルインジェクション(Fuel Injection System)。ガソリンエンジンの燃料噴射装置です。その仕組みと役割、歴史について説明しています。


【2月15日発売】三菱のデリカD:5新型 価格・スペック・燃費・変わった点は?

【2月15日発売】三菱のデリカD:5新型 価格・スペック・燃費・変わった点は?

2月15日、ついに三菱のオールラウンドミニバン・デリカD:5が発売されました。新型デリカD:5は、フロントデザインコンセプトのダイナミックシールドを取り入れ、装いも新たに生まれ変わりました。いったいどのような姿に進化したのか?最新情報をお届けします。


車のターボタイマーとは?必要性や取り付けに掛かる費用、使い方まで徹底解説

車のターボタイマーとは?必要性や取り付けに掛かる費用、使い方まで徹底解説

ターボ車に取り付けるターボタイマー。ターボ車に長く乗ってある人であれば役割や必要性について理解していると思いますが、これから初めてターボ車に乗る方やNA車(非ターボ車)に乗っている方にとっては、どのような役割なのかご存知でない方も多いもではないでしょうか?今回はターボタイマーの必要性から取り付け方や費用、使い方について紹介していきます。


ベントレーのSUV ベンテイガ! 試乗記・新車価格は?

ベントレーのSUV ベンテイガ! 試乗記・新車価格は?

ベントレー初のSUV、それが『ベンテイガ』です。ベンテイガは2016年から発売されています。2000万円以上もする高級SUVのため、なかなか見る機会は少ないかもしれないこの一台。本記事ではベンテイガについてまとめています。


トヨタ カローラ新型欧州仕様発表!3ボディが揃い踏み!

トヨタ カローラ新型欧州仕様発表!3ボディが揃い踏み!

トヨタ自動車の欧州部門、トヨタモーターヨーロッパは2月13日に、新型『カローラ』(Toyota Corolla)シリーズの詳細を発表しました。日本で発売されたハッチバック(日本名:『カローラスポーツ』)だけでなく、ワゴン、4ドアセダンと、3種類のボディタイプが欧州では設定されるとのことです。