目次へ戻る

プジョーのハッチバック!208 スペック 試乗評価 気になる価格は?

プジョーのハッチバック!208 スペック 試乗評価 気になる価格は?

みなさんは、プジョーの208を知っていますか?208は、3ドア・または5ドアのハッチバックです。207の後継車で、プジョーラインナップの中で一番コンパクトサイズの車になります。手頃でキュートな208の魅力を改めて見ていきましょう。スペック 試乗評価 気になる価格についてもまとめています。


プジョーのハッチバック!208 スペック 試乗評価 気になる価格は?

プジョーの208知ってる?

みなさんは、プジョーの208を知っていますか?208は、3ドア・または5ドアのハッチバックです。207の後継車で、プジョーラインナップの中で一番コンパクトサイズの車になります。

手頃でキュートな208の魅力を改めて見ていきましょう。スペック 試乗評価 気になる価格についてもまとめています。

プジョー 208 スペック

 
【プジョー 208 Style 5MT】 スペック表
ボディサイズ(全長×全幅×全高)3,975×1,740×1,470mm(ホイールベース:2,540mm)
最大乗車定員5名
車両重量1,040kg
燃費JC08モード:19.0km/L
エンジン種類直列3気筒DOHC
最高出力(kW/rpm)60/5,750
最大トルク(N・m/rpm)118/2,750
タンク容量 50L
駆動方式前輪駆動
トランスミッション5速マニュアル

プジョー 208 エクステリア画像

プジョー 208 インテリア画像

プジョー 208 試乗評価は?

プジョー208は決して最新のモデルではないが、運動性、快適性、乗り心地、静粛性のバランスが良く、ミニツアラーとしての魅力は依然としてハイレベルであった。とくに欧州Bセグメントの平均を大きく超えていたのは、中速コーナーが連続するようなワインディングロードで、強い雨の降るヘビーウェットコンディションでも安定感は良好。また、ハンドリングもドライバーを楽しい気持ちにさせるものだった。高速道路での巡航フィール、静粛性も優れていた。

総じてプジョー208は、欠点をいろいろ内包しながらも、走行性能は依然としてハイレベルで、ツーリングを楽しいものにするクルマだった。数あるライバルのなかでこのモデルがフィットするカスタマー像はまず、週末に快適で楽しいツーリングをしたいという人、また住宅事情などの制約でサブコンパクトカー1台に保有が制約されるが輸入車に乗ってみたいという人、お洒落な装いのクルマに乗ってみたい人などだろう。

プジョー 208 価格は199万円から

プジョー208の価格は以下の通りになっています。

■208 SIGNATURE(特別仕様車) 210万円から
■208 TECH PACK EDITION(限定車) 237万円から
■208 First Selection(特別仕様車) 199万円から
■208 Style 5MT 199万円から
■208 Allure 237万円から

【最新情報】208新型はもうすぐ!?508 風フロントマスク?

プジョーのコンパクト・ハッチバック『208』の新型プロトタイプを、豪雪のフィンランドでカメラが捉えました。

ヘッドライトはダミーではありますが、兄貴分『508』風のフロントマスクが予想されています。

捉えた開発車両はワイドなエアインテーク、ヘッドライトからバンパーへつながるLEDデイタイムランニングライトの一部などが見てとれる。またリアエンドでは、508に似たテールライト、大型のルーフスポイラーやツインエキゾーストパイプを装着していることから、高性能モデル「GTi」の可能性があるようだ。

新型では、『DS 3 クロスバック』と共有するプラットフォーム、「CMP」(Common Modular Platoform)を採用。トレッドを拡大し、ホイールベースを延長。居住空間が向上するとともに、軽量化が図られる。コックピットには、フルデジタルクラスタとなる第2世代「i-Cockpit」を搭載。508と似たデザインが見てとれる。

パワートレインは、1.2リットル直列3気筒エンジンを搭載。GTiは最高出力225psまで向上する1.6リットル直列4気筒ターボエンジンが予想される。また新型にはEVの設定も確実視されている。こちらは、最高出力115ps程度を発揮する50kWhバッテリーを搭載、実質的航続距離は400km程度を目指しているようだ。

ワールドプレミアは、3月のジュネーブモーターショーと予想されている。

最後に

本記事では、プジョーの208についてご紹介しました。

プジョーは他にも様々な車種を展開しています。

他の車種も知りたいという方は、下記記事も合わせてご覧ください。

関連するキーワード


プジョー 車種情報 208

関連する投稿


【ジュネーブモーターショー2019】EVのプジョー『e-208』登場!

【ジュネーブモーターショー2019】EVのプジョー『e-208』登場!

ジュネーブモーターショー2019にて、プジョーの新型208のEVモデルが発表されました。プジョーの所属しているPSAグループは、全モデルの電動パワートレイン車設定を予定しています。本記事ではそんなe-208の最新情報をまとめています。


プジョーのSUV 3008最新情報 価格・スペック・燃費・新型情報ほか

プジョーのSUV 3008最新情報 価格・スペック・燃費・新型情報ほか

プジョーのSUV、3008。プジョーが発売しているSUVの中で、5008よりも小さく、2008よりも大きな中間に位置するSUVです。2009年以降、現在に至るまで発売されています。本記事では改めて、プジョー3008について見ていきたいと思います。


プジョーの7人乗りSUV 5008 最新情報 スペック 試乗記 燃費ほか

プジョーの7人乗りSUV 5008 最新情報 スペック 試乗記 燃費ほか

プジョーの5008は、プジョーのSUVラインナップの中で一番大きなサイズのSUVです。7人乗り3列シートを備えており、ボディサイズは全長4640×全幅1840(1860mm:GT)×全高1650mm。そんなプジョーの5008についてまとめています。


プジョーのサルーン!508新型 スペック 気になる価格は?

プジョーのサルーン!508新型 スペック 気になる価格は?

みなさんは、プジョーの508を知っていますか?508は、8年ぶりにモデルチェンジを行い、2018年の11月19日より発売されています。よりシャープに、より最先端をめざした508新型。本記事ではプジョー508新型についてご紹介します。


【2019年最新版】日本で今買える!プジョー現行モデル一覧

【2019年最新版】日本で今買える!プジョー現行モデル一覧

フランスのプジョー。みなさんは聞いたことがありますか?プジョーはSUVからハッチバックまであらゆる車種を扱っています。あまり知らないという人のために、今現在日本で購入できるプジョーの現行モデルをまとめてみました。


最新の投稿


電子ドアミラー?サイドミラーの進化?修理方法も詳しく紹介

電子ドアミラー?サイドミラーの進化?修理方法も詳しく紹介

車に乗るときサイドミラーは調整しますか?実は調整方法をご存知な方も少ないかもしれません。 サイドミラーも年々進化をしており最近ではカメラを搭載することが可能になりました。サイドミラーの修理方法や自分で行う場合のやり方を徹底的に紹介していきます。


あなたに必要かも?!初心者や女性ドライバーに優しいコーナーセンサー

あなたに必要かも?!初心者や女性ドライバーに優しいコーナーセンサー

コーナーセンサーは狭い路地のすれ違いや駐車場での切り返しなどで障害物との距離を教えてくれる便利装備!車の運転に自信のない方には特におすすめのアイテムです。新車で購入するときにつける方が多いですが、後付けも可能です。今回はコーナーセンサーの必要性について紹介していきたいと思います。


丸わかり!エクストレイルで車中泊するやり方とおすすめ車中泊グッズ

丸わかり!エクストレイルで車中泊するやり方とおすすめ車中泊グッズ

好きな時に好きな場所でプライベートな時間を過ごすことができる車中泊が最近ブームです。日産エクストレイルは車中泊するのにぴったりの大人気SUV。ここでは、車中泊が大好きな方からこれからやってみたい初心者まで、エクストレイルで車中泊をやるのに役立つ情報やおすすめグッズなどをご紹介しています。


エンジンマウントは強化すべき?劣化具合もいち早くチェック

エンジンマウントは強化すべき?劣化具合もいち早くチェック

エンジンマウントは車のアキレス腱と言われています。これは強化するにもメリットと、デメリットがあります。エンジンマウントが劣化したときにかかる、工賃や交換時期が気になるとこではないでしょうか。今回は、エンジンマウントとは何かから、劣化に対しての対象方について紹介していきます。


プリウスのバッテリーは2つある?電気自動車もバッテリーは上がる?

プリウスのバッテリーは2つある?電気自動車もバッテリーは上がる?

プリウスに搭載されているバッテリー、実は2つあることをご存知でしたでしょうか? この記事では他の車とは一味違うプリウスのバッテリーについて、バッテリーが2つ搭載されているその理由や寿命、従来のガソリンバッテリーとの違いについても触れていきます。 また、プリウスのバッテリーが上がってしまうその原因とその対策についても紹介します。 最後に、プリウスのバッテリーの核心である駆動バッテリーと補機バッテリーについて、交換目安や充電方法などを軸に詳しく掘り下げます。