目次へ戻る

プジョーの7人乗りSUV 5008 最新情報 スペック 試乗記 燃費ほか

プジョーの7人乗りSUV 5008 最新情報 スペック 試乗記 燃費ほか

プジョーの5008は、プジョーのSUVラインナップの中で一番大きなサイズのSUVです。7人乗り3列シートを備えており、ボディサイズは全長4640×全幅1840(1860mm:GT)×全高1650mm。そんなプジョーの5008についてまとめています。


プジョーの7人乗りSUV 5008 最新情報 スペック 試乗記 燃費ほか

プジョーの5008は、プジョーのSUVラインナップの中で一番大きなサイズのSUVです。

7人乗り3列シートを備えており、ボディサイズは全長4640×全幅1840(1860mm:GT)×全高1650mm。

そんなプジョーの5008についてまとめています。

プジョー 5008ってどんなSUVなの?

プジョーの5008は、2009年に発売されました。

当初は3列シートミニバンとして登場し、MTのみの設定でした。6速ATの登場に伴い、日本でも2013年より発売しました。

2017年にモデルチェンジを行い、SUVスタイルに刷新されて発売されました。

EMP2プラットフォーム採用の2代目3008をベースにホイールベースを165mm延長しました。先代同様に3列シートです。2列目は3座独立シートになっています。

2018年7月、クリーンディーゼル搭載グレードについて、従来の6速ATから8速ATへと代わりました。

プジョーのSUV 5008 エクステリア画像

プジョー 5008 新型

プジョー 5008 新型

プジョー 5008 新型

プジョー 5008 新型

プジョーのSUV 5008 インテリア画像

プジョー 5008 新型

プジョー 5008 新型

プジョー 5008 新型

プジョーのSUV 5008 スペック

 
【プジョー 5008Allure】 スペック表
ボディサイズ(全長×全幅×全高)4,640×1,840×1,650mm(ホイールベース:2,840mm)
最大乗車定員7名
車両重量1,550kg
燃費JC08モード:13.6km/L
エンジン種類ターボチャージャー付直列4気筒DOHC
最高出力(kW(PS)/rpm)121kW(165PS) /6000rpm
最大トルク(N・m/rpm)240N·m /1400-3500rpm
タンク容量 56L
駆動方式前輪駆動
トランスミッション6速オートマチック

プジョーのSUV 5008 試乗記・評価・感想

多人数乗りとスタイリッシュさを兼ね備えたのが、プジョーの『5008』。生活感を意識しやすいミニバンと違い、5008はエクステリアデザインが洗練されている。最近はヨーロッパメーカーもSUVのラインアップに力を入れつつあり、プジョーはすでに2列シートの『3008』も登場させている。5008は3008のホイールベースを165ミリストレッチすることで、3列シートに仕立てているモデルだ。

7人乗りSUVというのは、やはり便利でミニバンに迫る使い勝手を備えている。2列目席に2脚チャイルドシートを装着しても、大人が3列席に乗れば、シート幅が足りなくて窮屈な思いをしないですむ。3列目席も左右独立して折り畳めるためオートキャンプなどのレジャーに行くとき、荷物に応じて片側を倒して使うこともできる。ワンタッチで折り畳め、クッションを起こすなどの手間もいらないのもいい。

3列目席の弱点は、こうしたSUVに共通するスペースの狭さだ。レッグスペースが狭いため大人がロングドライブで座るのには、多少の我慢が必要。姿勢が体育座りのようになり、足先の自由度も少ない。ジュニアシートを卒業した身長の子供ならスペース的に余裕があり、乗車姿勢も大人ほどきつくはないだろう。

プジョーのSUV 5008 グレード別価格

価格は5008 アリュールが404万円、5008 GT ブルーHDiが454万円。

最後に

本記事では、プジョー5008の最新情報をお届けいたしました。

他にもプジョーの車種は様々です。気になる方はぜひ、下記記事も参考にしてみてくださいね。

関連するキーワード


プジョー 車種情報 5008 SUV

関連する投稿


【北米専用】マツダCX-9ってどんな車?日本で発売されるの?

【北米専用】マツダCX-9ってどんな車?日本で発売されるの?

日本国内で発売されていない国産メーカーの車種の中には、非常に魅力的なモデルは多数存在します。その中でもマツダの北米専用車種である「CX-9」は大変興味深い車種といえます。このネーミングだけでも、3列シートSUVとして話題を集めた「CX-8」より大型のクロスオーバーSUVであることが想像できます。では、なぜ北米専用車種なのか?そして日本国内に導入される可能性はあるのか?そもそもどんな車種なのかを解説します。


シボレー トレイルブレイザー┃歴史や基本スペック、歴代モデル情報等一覧

シボレー トレイルブレイザー┃歴史や基本スペック、歴代モデル情報等一覧

日本国内でも販売されていたシボレー「トレイルブレイザー」は、本場アメリカのSUVモデルです。欧州のプレミアムカーとして開発が行われ、最新テクノロジーや製造方法など専用の設計になっています。見た目がカッコよく、幅広い年代から支持されるトレイルブレイザー。本記事では歴代モデルごとにご紹介します。


あのスーパーカーメーカーのブガッティ SUVは発売するの?

あのスーパーカーメーカーのブガッティ SUVは発売するの?

ランボルギーニやフェラーリなど、様々なスーパーカーメーカーがSUVを発売している昨今。そんな中、数年前から、ブガッティがクロスオーバーSUVを開発するという噂があります。今回はそのブガッティのSUVの最新CGを入手しました!本記事では最新情報をまとめています。


【2019年復活】トヨタ 新型RAV4 デザインや価格、仕様はどうなる!?

【2019年復活】トヨタ 新型RAV4 デザインや価格、仕様はどうなる!?

トヨタの世界戦略車の一つ、クロスオーバーSUVのRAV4が2019年4月に日本復活すると公式サイトより発表がありました。新型RAV4の予想されるデザインや、スペック、価格などについて掲載しています。【8月14日更新】


トヨタ RAV4(ラヴフォー)新型 評価・価格・中古車価格・燃費ほか最新情報

トヨタ RAV4(ラヴフォー)新型 評価・価格・中古車価格・燃費ほか最新情報

2019年4月10日より発売されたトヨタのSUV、RAV4(ラヴフォー)。本記事ではトヨタのRAV4新型に関する最新情報をまとめてご紹介します。日本での発売日はいつ?デザインはどうなる?価格はいくらくらい?エンジンは?RAV4新型の情報を渇望している貴方にこの記事を贈ります!【8月14日更新】


最新の投稿


東京モーターショー2017総振返り!メーカー別 注目車種と来場者数は?

東京モーターショー2017総振返り!メーカー別 注目車種と来場者数は?

【11/17情報更新】2017年10月28日~11月5日の10日間で開催された東京モーターショー2017。本記事では東京モーターショーのトレンド、見どころ(出展社、出展車両)、来場者数等の振返りをまとめて掲載しています。東京ビッグサイトに足を運んだ方も、残念ながら行けなかった方も是非ご覧下さい。


フォルクスワーゲン ゴルフⅦ総まとめ!マイチェン後の7.5も┃スペック、燃費・中古価格

フォルクスワーゲン ゴルフⅦ総まとめ!マイチェン後の7.5も┃スペック、燃費・中古価格

「フォルクスワーゲン・ゴルフVII」とは、ゴルフの7代目にあたります。ゴルフの歴史からマイチェンのゴルフ7.5の特徴、性能や燃費、中古車価格などをまとめてみました。ゴルフⅦに乗ってみたい方は参考にしてみてはいかがでしょうか。


200万円以下で購入できる!中古のジャガー5選

200万円以下で購入できる!中古のジャガー5選

ジャガーは錦織圭がアンバサダーを務めている輸入車です。ジャガーはイギリスの高級車メーカーであり、現在はランドローバーと同様にインドのタタ・モーターズ傘下となっています。自動車メーカーの中で、歴史が古いメーカーの1つでもあります。今回は、ジャガーの歴史や中古車についてまとめています。


200万円以下で購入できる!MINIの中古車 4選

200万円以下で購入できる!MINIの中古車 4選

今も変わらず「ミニ」は大人気の車です。これからミニの購入を考えて気になっている方も多くいる事でしょう。今回は、車の購入がはじめてという方でも分かりやすくミニ選びができるよう、ミニとはどのような車なのか解説し、200万円以下で買えるミニの中古車を4選紹介します。


【北米専用】マツダCX-9ってどんな車?日本で発売されるの?

【北米専用】マツダCX-9ってどんな車?日本で発売されるの?

日本国内で発売されていない国産メーカーの車種の中には、非常に魅力的なモデルは多数存在します。その中でもマツダの北米専用車種である「CX-9」は大変興味深い車種といえます。このネーミングだけでも、3列シートSUVとして話題を集めた「CX-8」より大型のクロスオーバーSUVであることが想像できます。では、なぜ北米専用車種なのか?そして日本国内に導入される可能性はあるのか?そもそもどんな車種なのかを解説します。