トップへ戻る

【最新版】おすすめポータブルナビ10選|選び方から取り付け方も解説

【最新版】おすすめポータブルナビ10選|選び方から取り付け方も解説

ポータブルナビのおすすめ商品から、いまや必須ともいえるBluetooth(ブルートゥース)対応のポータブルナビの紹介をしていきます。取り付け方に関する工夫やアンテナについても解説していきます。(2020年3月、2019年最新モデルに情報更新しました)

⏳この記事は約3~4分で読めます。


ポータブルナビとは?

カーナビには、車体と一体化(インダッシュタイプ)したものと、ダッシュボードに取り付けて使うポータブルナビの大きく分けて2つのタイプがあります。

カーナビがついていない車をお持ちの方は、スマホのナビアプリを利用するのもひとつの手段ですが、充電がすぐになくなったり、データ使用量が増えて低速モードになってしまったり、常用するには不便に感じることも。

そんな時は、「ポータブルナビ」がおすすめです。

ポータブルナビは「ポータブル・ナビゲーション・デバイス」、「PND」などと呼ばれることも。
ポータブルナビは着脱できるカーナビとして防犯・携帯性に優れており、車に取り付けて使う他にも、いろいろな場所に持ち運べて自由な使い方ができるため、人気です。

取り付け簡単!

取り付け方も簡単で、多くは吸盤などを利用して見やすい場所に取り付けるだけで使用できます。

機能は通常のインダッシュタイプのカーナビと同じで、GPSとともに車速パルスやジャイロセンサーを使用した自立航法システムを用いて、位置情報を測位しています。

多くは地図情報だけでなく、交通規制や渋滞などの交通情報VICSも利用可能で、フルセグやワンセグに対応していてテレビ放送も見られるモデルもラインナップしています。

ポータブルナビの選び方

ポータブルナビといっても、機能も価格も様々です。選び方のポイントを紹介しますので、自分のスタイルに合ったポータブルナビを選んでみましょう。

1、画面のインチ数

液晶画面のサイズは5インチと7インチが主流となっています。

・5インチ(サイズ:横13cm×縦10cm程度)

軽自動車など、小さな車のダッシュボードに取り付けても邪魔になりません。コンパクトなポータブルナビを探している方におすすめのサイズです。重量も200g程度と軽量でポケットにいれて持ち運べるサイズ感です。

・7~8インチ(サイズ:横18cm×縦13cm程度)

重量は約400g前後、5インチよりも一回り大きい分、価格も1万円ほど高い傾向にありますが、ポータブルナビでは一番人気のあるサイズです。視認性がよく、検索の際にも操作しやすいのがメリットです。

・9インチ(サイズ:横23cm×縦15cm程度)

ポータブルナビとしては最大クラスで、重量も約500g程度と、大きく重いためか商品ラインナップも少ないです。持ち運びのためというよりは、簡単に設置できるカーナビとしての使用がおすすめです。

車から取り外して持ち運ぶことが多い方は5インチ、運転中の見やすさを重視し、カーナビとして使用する方は7インチのポータブルナビを選ぶとよいでしょう。

2、地図情報を無料で更新できるものを選ぶ

新しい道路ができた時やインターチェンジが開通した時など、ポータブルナビの地図情報を更新できる機能があると長く使えて便利です。

メーカーやモデルによっては地図情報の更新機能がないかわりに、安価で販売しているタイプもあります。数年後の車の買い替えまで使用できればOKという場合や、大体の場所がわかれば問題なし、という方であれば地図情報を更新できないタイプのほうがメリットになる場合もあるでしょう。

また、「3年間は更新無料」など、無料更新できるタイプも多く出ているので、地図情報の更新方法は購入前に確認しておくと安心です。最近ではSDメモリーカードを使って簡単に更新できるタイプも販売されています。

3、バックカメラは対応可能か確認する

ポータブルナビの中には、バックカメラに対応して車の後方が確認できるタイプも。バックカメラやリアビューカメラがオプションで別売りとなっているケースが多く、ポータブルナビのモニターで確認することができます。

車の後方部は、ルームミラーやサイドミラーでは見えづらく、死角が生じやすい場所です。バックカメラを利用してしっかり確認できると、駐車や車庫入れの時にも安心ですね。
車高が高く、死角が生じやすいクルマを使われている方には特におすすめの機能です。

一工夫あると良いポータブルナビの取り付け方

道路運送車両の保安基準に定められている運転者席の視界基準に従って、視界を妨げないように取り付ける必要がありますが、ポータブルナビの取付位置には特別な決まりはありません。コンパクトで取り外しもできるので、設置場所の自由度が高いのも特徴のひとつです。

とはいえ、運転中でもドライバーが画面を確認しやすく操作もしやすい場所となると、やはりダッシュボード上で中央付近に取り付ける場合が多くなるでしょう。

ポータブルナビには一般的にダッシュボードに取り付けるためのベースが付属しています。
実際に運転席に座って、ポータブルナビとベースをダッシュボードに仮り置きして、なるべく水平で見やすい位置を見つけましょう。

取り付け位置を決めたら、汚れや油分をしっかりと除去してから、付属の両面テープや吸盤を使ってダッシュボードにベースを貼り付けます。

ベースがしっかりと固定したら、ポータブルナビを設置しましょう。このとき、見やすさをじゅうしして上下左右の角度を大きくしすぎるとGPSの誤差が大きくなることがあるので、注意が必要です。

ポータブルナビの設置が済んだら、電源ケーブルをシガーソケットに挿し込み、本体に電源を繋いできちんと動作するか確認します。

さらに使いやすく!おすすめ取り付け方法を伝授

取り付け自体はとても簡単ですが、一工夫するとさらに使いやすくなります。

・配線処理
足元へのシガーソケット増設や、配線をダッシュボードの開口部から引き回したり、パネルの中を通すことで、見た目もすっきりし、うっかり配線に引っ掛けてしまうことも防げます。

・サンバイザー
ポータブルナビ用のサンバイザーを使って日差しを遮ることで、どんな時でも画面を見やすくしてくれます。

・ボックスやアームの利用
カーナビやオーディオを取り付けるためのDINスペースが用意されている車種では、ポータブルナビを固定するボックスやアームがカー用品店などで販売されているので、すっきりと設置することが可能です。

おすすめポータブルナビ10選

最後に、Amazonで購入可能なおすすめのポータブルナビを10商品紹介していきます。

<パナソニック ポータブルカーナビ ゴリラ CN-G530D 5インチ>

パナソニック ポータブルカーナビ ゴリラ CN-G530D 5インチ ワンセグ SSD16GB バッテリー内蔵 PND 2019年モデル CN-G530D

カーナビ本来の機能だけでなく、豊富なエンターテイメント機能も備えているのがこのパナソニックのゴリラ CN-G530Dです。トリプル衛星受信で自車位置測位率アップ。

そして、見やすく高品質なゼンリン地図を採用しており、逆走を検知してくれるおすすめのポータブルナビです。

<ユピテル 4ヶ国語対応 ポータブルカーナビ WNL55ML 5インチ>

ユピテル 4ヶ国語対応 ポータブルカーナビ WNL55ML 5インチ オービス情報 4カ国語(日/英/中/韓)音声&地図表示 19年地図データ収録

ユピテルから発売されている、ポータブルナビです。このWNL55MLは、4か国語(日・英・中・韓)に対応しています。2020年に行われる東京オリンピックでも活躍してくれそうなナビですね。

地図データはまっぷるナビPro3 2019年春版ハイクオリティマップを採用しているほか、内蔵バッテリーで、満充電していれば電源供給がない中でも約2時間使用することが可能です。

<パナソニック ポータブルカーナビ ゴリラ CN-G1300VD 7インチ VICS WIDE>

パナソニック ポータブルカーナビ ゴリラ CN-G1300VD 7インチ VICS WIDE ワンセグ SSD16GB バッテリー内蔵 PND 2019年モデル CN-G1300VD

ポータブルカーナビでは初めて、新交通情報サービス「VICS WIDE」に対応したモデルです。このカーナビがあれば渋滞を回避し、より速く目的地に到着できるようナビしてくれます。

また、特別警報を地図に表示。気象や津波情報、噴火情報などに対応しています。

<ユピテル 7インチ ワンセグ内蔵 レーダー探知機機能付きポータブルカーナビ YPB742>

ユピテル 7インチ ワンセグ内蔵 レーダー探知機機能付きポータブルカーナビ YPB742

ナビ操作のレスポンスがよく、スムーズな操作ができます。旺文社の地図を採用しているので地図もわかりやすく、イラスト付きの案内表示があるなど、カーナビに不慣れな人でも使いこなすことができます。

<エイ・アイ・ディー(AID) 7インチ ポータブルナビゲーション 地図更新3年無料 ワンセグ 一体型GPS内蔵 TB77NE TB77NE>

エイ・アイ・ディー(AID) 7インチ ポータブルナビゲーション 地図更新3年無料 ワンセグ 一体型GPS内蔵 TB77NE TB77NE

地図情報が3年間無料で更新可能。しかも1ヶ月ごとにメーカーホームベージから地図情報を更新できます。

<MAXWIN(マックスウィン) ポータブルナビ カーナビ 9インチNV-A009>

MAXWIN(マックスウィン) ポータブルナビ カーナビ 9インチ 2019年版地図対応 3年間地図更新無料 フルセグ 地デジ テレビ るるぶ搭載 オービス エコ運転 外部入力 バックモニター NV-A009

地図情報が3年間無料で更新可能。9インチの大画面なので、地図が見やすく操作もしやすいので、大型車でカーナビとして利用するのがメインという方におすすめです。

<Maasai(マサイ)7インチカーナビゲーション MA-1018>

7インチカーナビゲーション たのしさ満載! ナビで旅行に行こう! IPC地図データ製作版 MA-1018

マサイは株式会社池商のカーナビのブランドです。この商品は地図更新ができませんが、その分価格が抑えられているのが特徴です。

またキャンプ場・道の駅・名所などの情報が満載です。

<パナソニック ポータブルカーナビ ゴリラ CN-GP757VD 7インチ >

パナソニック ポータブルカーナビ ゴリラ CN-GP757VD 7インチ ドライブレコーダー内蔵 無料地図更新 ワンセグ PND

高性能なドライブレコーダーを搭載しており、エンジンONで自動で録画がスタート。手動で映像を記録することもできるので、ドライブレコーダーとして使うだけでなく旅行やお出かけ先での思い出作りにも使えます。

<SONY パーソナルナビゲーションシステム U37 ブラック NV-U37/B>

SONY パーソナルナビゲーションシステム U37 ブラック NV-U37/B

スマホなみのサイズ感と防水仕様なので、サイクリングでの使用にもおすすめです。USBからの充電も可能でバッテリーのもちも最長約9時間もあり、長時間のお出かけでも重宝します。

<AWESAFE ポータブルカーナビ ワンセグ搭載 TV機能 7インチ高性能GPSカーナビゲーション 2019年>

ポータブルカーナビ ワンセグ搭載 TV機能 7インチ高性能GPSカーナビゲーション 2019年 最新地図 12V・24V車対応 …

AWESAFEのポータブルカーナビです。ワンセグを搭載しているため、テレビを楽しむことができます。比較的価格が安いのも嬉しいですね。

まとめ

最近ではカーナビが標準装備の車も増えていますが、オプションとして選ぶことができる場合、選択肢のひとつに「ポータブルナビ」を加えるという選択肢があってもいいのかもしれません。

インチ数やバックカメラ機能などより便利なものを選ぶことで、より安全で快適なカーライフを築き上げていきましょう。

他 カー用品・カーアクセサリーに関連する情報はこちらもチェック

関連する投稿


バリアスコート|プロも納得の極艶!ワコーズコーティング剤

バリアスコート|プロも納得の極艶!ワコーズコーティング剤

バリアスコートとは、ワコーズが開発した非常に効果のあるコーティング剤のひとつ。本記事では、ワコーズのバリアスコートの使用方法、使用時の具体的な効果を紹介します。また、その際の注意点もわかりやすく解説。さらに、バリアスコートを実際に使用した方による口コミを、よい評価はもちろん悪い評価も同時にお見せします。バリアスコートとガラスの相性についても触れます。


【2021年最新】おすすめハンドルカバー最新10選!オシャレもスポーティも選び放題

【2021年最新】おすすめハンドルカバー最新10選!オシャレもスポーティも選び放題

車の運転での安定性向上や内装をよりおしゃれにするアイテムであるハンドルカバー。今回はまだハンドルカバーを付けたことがない人向けにその必要性や選び方、購入時のポイント、おすすめハンドルカバーまでご紹介していきます。


タイヤ交換の所要時間&料金相場比較!タイヤ持ち込み対応のお店一覧

タイヤ交換の所要時間&料金相場比較!タイヤ持ち込み対応のお店一覧

タイヤの溝がすり減ってきて、タイヤ交換の時期...。これからタイヤ交換を考えている方に必要な情報を一覧で分かりやすくご紹介します。具体的には、タイヤ交換の所要時間と工賃比較、自分で選んだタイヤを持ち込みできるお店をご紹介します。


ロックナットの仕組みと外し方|紛失時の対応も紹介!

ロックナットの仕組みと外し方|紛失時の対応も紹介!

大切な愛車を盗難から守るためのセキュリティパーツ「ロックナット」について紹介します。ロックナットの仕組みや種類、使用方法から取り外し方、また、キーアダプター・ソケットを紛失してしまった場合の対応方法や、取り外しを店舗にて行う場合の工賃・費用、おすすめのロックナットについても掲載しています。


【ETCの取付】店舗取付での工賃や時間も比較、自分で取付はムリなの?

【ETCの取付】店舗取付での工賃や時間も比較、自分で取付はムリなの?

ETCの取り付けをどこですれば良い?そもそも自分で取り付けることは可能?ETCの取り付け方やカー用品点等で取付ける場合の料金・費用は?取り付けにかかる時間は?その他、自分でETCを取付ける際の注意点などを説明しています。


最新の投稿


軽自動車の名義変更で必要な書類と当日の流れを徹底解説!

軽自動車の名義変更で必要な書類と当日の流れを徹底解説!

名義変更はクルマの売買時にだけ必要なものではありません。引っ越しや結婚といった際にも、その手続きが必要です。そこで今回は、軽自動車の名義変更手続きについてまとめました。


移動式オービスによる取り締まり|運用が広がっている理由とは?

移動式オービスによる取り締まり|運用が広がっている理由とは?

高速道路などを走行中、オービスがピカッと光ってしまい、心配になった経験をお持ちの方は少なくないかもしれません。近年、オービスの新たな形として「移動式オービス」が運用の幅を広げています。これまでのオービスと何が違うのでしょうか?今回は、移動式オービスについてまとめました。


車のコーティングとワックス、どう違う?それぞれ費用や耐久性で比較

車のコーティングとワックス、どう違う?それぞれ費用や耐久性で比較

洗車は面倒だけど、愛車のピカピカな状態はできるだけ長く保ちたいもの。キレイなボディを維持しやすくなる方法といえば、自分で施工ができるワックスと、プロに頼むのが一般的なコーティングがあります。どちらにもメリットとデメリットがあるので、実際にあなたの愛車にはどちらがぴったりなのか、事前にしっかり検討しておきたいところ。かかる費用やかかる手間など、それぞれを詳しく比較していきます。


カーフィルム・ウィンドウフィルム最新10選|暑さや紫外線をカット

カーフィルム・ウィンドウフィルム最新10選|暑さや紫外線をカット

うだるような暑さや照りつける直射日光は、ガラスを通り抜けてくるので車内にいる間も油断大敵です。近年の車ではUVカットガラスが標準装備される例も増えてきてはいますが、紫外線や赤外線の遮断性能だけでなく遮熱性能まで備えた最新のカーフィルムを貼り付けることで、車内の快適性がグンと向上しますし、見た目の高級感やプライバシー性も向上させることができます。おすすめ商品をご紹介していきます。


スマートキーとは?便利な利用シーンや最新機能、防犯対策までご紹介

スマートキーとは?便利な利用シーンや最新機能、防犯対策までご紹介

近年の車で広く装備されるようになった機能のひとつに「スマートキー」が挙げられるでしょう。キーはポケットに入れておくだけで、ドアロックの解錠からエンジン始動まで可能な同機能は、今や現代の車にはなくてはならない機能となっていますよね。そんなスマートキーに関して詳しく解説していくとともに、最新のスマートキーが実現する便利な機能までご紹介していきます。