目次へ戻る

【ネットで買える】駐車監視機能付きおすすめドライブレコーダー4選&選び方

【ネットで買える】駐車監視機能付きおすすめドライブレコーダー4選&選び方

ドライブレコーダー(ドラレコ)の中でも駐車場での当て逃げ、盗難、車上荒らし、いたずらに対応するのが、駐車監視機能です。使い道にあったドライブレコーダーの選び方や、Amazon・楽天で購入できる駐車監視機能付きドライブレコーダーのオススメをご紹介します。


駐車監視機能とは?

駐車監視機能とは、車のエンジンを切った後も録画が作動するドライブレコーダーの機能の1つです。

通常、ドライブレコーダーは走行中の煽り運転の対策として使われますが、駐車監視機能付きドライブレコーダーを選べば、駐車場での当て逃げや盗難、いたずら等の証拠を残すことが可能です。

当て逃げなどで車に傷がついてしまった場合は、加害者の証明が出来ない場合、自身が加入している車両保険が降りないことも多いです。加害者の姿や車のナンバー等映像としての証拠を残しておくことが愛車を守るポイントになります。

【監視方法で選ぶ】 3つの監視方法とメリット&デメリット

駐車監視機能付きドライブレコーダーで重要なのが、駐車監視機能の監視方法です。監視方法には主に3つの種類があります。こちらでは3つの監視方法とそれぞれのメリット・デメリットをご紹介します。

1. モーションセンサー(動体検知)方式

モーションセンサー(動体検知)方式と呼ばれる録画方法です。人や車などの動きを察知して録画を開始します。駐車場での不審な動きや衝撃を伴わないいたずらを録画したい方におすすめです。

一部のドライブレコーダーがオプションとして設定しています。

2. Gセンサー(衝撃検知)方式

Gセンサー(衝撃検知)方式と呼ばれる録画の開始方法です。車体に衝撃を感知した際に録画を開始します。衝撃の感度は機種によって様々で、感度を切り替えられる機種も存在します。盗難や当て逃げ、いたずらなどほとんどのトラブルをカバーできるため全ての方におすすめです。

多くのドライブレコーダーが標準機能として搭載しています。

3. 常時撮影方式

常時撮影方式は、駐車中も常に録画を行う方法です。この方式はドライブレコーダーのバッテリーが長時間必要になるため、オプションで車のバッテリーから給電を行う配線を購入するものがほとんどです。駐車場が遠くにある方や車から離れる時間が長い方におすすめです。

一部のドライブレコーダーがオプションとして設定しています。

監視方式のメリット・デメリット

 
常時録画Gセンサー(衝撃感知)・モーションセンサー(動体検知)
メリット常に録画されているSDカードの記録容量が圧迫されない・車載バッテリーの消費がない
デメリットSDカードの記録容量が圧迫される・バッテリーの消費が激しい録画できていない場合がある

監視方式によって上記のようなメリット・デメリットがあります。

・常時録画方式
デメリットとして、扱うデータも膨大になるためSDカードの記録容量が圧迫され、エンジンを切った後のためバッテリーの消費が激しくなってしまいます。

・Gセンサー(衝撃感知)、モーションセンサー(動体検知)方式
デメリットとしては、衝撃を検知してからの録画となるため、録画ができていない場合があります。

【2018年最新】駐車監視機能付きのおすすめドライブレコーダー5選

駐車監視機能がついてるドライブレコーダーであっても、通常のドライブレコーダーとしての性能が劣ってしまっては意味がありません。他の記事でも設けた、下記の4つの基準を満たした駐車監視機能付きのおすすめドライブレコーダーをご紹介します。

■画質:フルHD以上
■HDR/WDR対応
■LED信号対策済み
■水平画角が100度以上、垂直画角が60度以上

おすすめ1. 【高画質】【常時録画】ケンウッド DRV-830

ケンウッド(KENWOOD) ドライブレコーダー DRV-830

画質:WQHD/水平132°垂直70°(対角144°)/HDR搭載済/地デジ対策済み/LED信号対策済み

楽天でみる
 
機種名録画方法録画可能時間
DRV-830Gセンサー(衝撃検知)検知前10秒/検知後15、30、60秒(設定による)
※オプション 常時録画SDカードの容量・枚数、フレームレートによる

こちらはケンウッドの「DRV-830」です。また、WQHDの画質を保持し、microSDスロットが2つあるため記録時間が拡張が可能、Gセンサーも検知前の段階で録画をしてくれるといった機能があります。また録画する動画の滑らかさを意味するフレームレートを下げることで更に記録可能な時間を変えることができます。

【駐車監視機能について】
・Gセンサー(衝撃検知)録画
Gセンサーは検知前10秒から録画することができます。Gセンサー(衝撃感知)機能の弱点である、「衝撃があった後には証拠が不十分だった」という状況を無くす非常に便利な機能です。

・常時録画
オプションで専用の車載電源ケーブル「CA-DR100」を購入することで駐車時の常時録画が可能になります。

ケンウッド(KENWOOD) ドライブレコーダー 電源ケーブルCA-DR100

楽天でみる

おすすめ2. 【常時録画】コムテック HDR-751G

コムテック ドライブレコーダー HDR-751G

画質:FHD/水平136°垂直70°(対角168°)/HDR・WDR搭載済/地デジ対策済み/LED信号対策済み

楽天でみる
 
機種名録画方法録画可能時間
コムテック HDR-751GGセンサー(衝撃検知)検知後12秒
※オプション 常時録画4、8、12時間(設定による)

2018年2月28日に発売されたコムテックの「HDR-751G」です。スリムな形でありながら、対角168°という広い視野角を持っています。

【駐車監視機能について】
・Gセンサー(衝撃検知)録画
Gセンサー(衝撃検知)録画は衝突を検知してから約12秒を録画します。衝撃の感度はOFFを含めて11段階に調節が可能です。

・常時録画
オプションで専用の駐車監視・直接配線コード「HDROP-14」を購入することで4、8、12時間の常時録画が可能になります。

コムテック 駐車監視・直接配線コード HDROP-14 ドライブレコーダー用オプション HDROP-14

楽天でみる

おすすめ3. 【高画質】【モーションセンサー】PAPAGO GoSafe 34G GS34G-32G

PAPAGO GoSafe 34G GS34G-32G

画質:WQHD/水平108°垂直60°(対角140°)/WDR搭載済/地デジ対策済み/LED信号対策済み

楽天でみる
 
機種名録画方法録画可能時間
PAPAGO GoSafe 34G GS34G-32GGセンサー(衝撃検知)
※オプション モーションセンサー(動体検知)動体を検知する度に1分間

海外メーカーPAPAGOの「PAPAGO GoSafe 34G GS34G-32G」です。WQHD画質を採用した広角140°の撮影に対応します。

【駐車監視機能について】
・Gセンサー(衝撃検知)録画

・モーションセンサー(動体検知)
オプションで専用のスマート常時直結電 源コード「A-JP-RVC-1」を購入することで動体検知モードの利用が可能になります。カメラで動体を検知すると録画を開始し、1分間変化がないと待機モードに戻ります。

【PAPAGO】【国内正規販売品】GS110、GS110P、GS115、GS118、GS272、GS200、GS268、GS318、GS372、GS381、GS388mini、GS300、GS310P、GS350、GS510P、GS520、GS525、GS360 専用 スマート常時直結電源コード A-JP-RVC-1

楽天でみる

おすすめ4. 【高画質】【モーションセンサー】ユピテル DRY-ST7000c

ユピテル DRY-ST7000c

画質:WQHD/水平 不明 垂直不明(対角145°)/HDR搭載済/地デジ対策済み/LED信号対策済み

楽天でみる
 
機種名録画方法録画可能時間
DRY-ST7000cGセンサー(衝撃検知)
※オプション モーションセンサー(動体検知)動体を検知する度に1分間

ユピテルの「DRY ST-7000c」です。WQHD画質を採用した広角145°の撮影に対応します。

【駐車監視機能について】
・Gセンサー(衝撃検知)録画

・モーションセンサー(動体検知)
オプションで専用の電源ユニット「OP-VMU01」を購入することで動体検知モードの利用が可能になります。カメラで動体を検知すると録画を開始し、1分間変化がないと待機モードに戻ります。

ユピテル ドライブレコーダー用 駐車監視・電圧監視機能付電源直結ユニット OP-VMU01

楽天でみる

まとめ

駐車監視機能を持つドライブレコーダーをご紹介しました。ドライブレコーダーによって、常時録画機能や、モーションセンサー(動体検知)機能のどちらをオプションとして設定しているかにも違いがあるため、用途にそった駐車監視機能付きのドライブレコーダーを選びましょう。

【録画範囲・価格 何で選ぶ?】ドライブレコーダー おすすめ16選&選び方

https://matome.response.jp/articles/1111/

売れ筋モデル、人気商品や前後録画、360°録画など、用途、タイプ別でのおすすめドライブレコーダーをチェックしたい方はこちらをご覧下さい。

関連する投稿


タイヤ交換の所要時間&工賃比較!タイヤ持ち込み対応のお店一覧も

タイヤ交換の所要時間&工賃比較!タイヤ持ち込み対応のお店一覧も

タイヤの溝がすり減ってきて、そろそろタイヤ交換の時期...。これからタイヤ交換を考えている方に必要な情報を一覧で分かりやすくご紹介します。具体的には、タイヤ交換の所要時間と工賃比較、自分で選んだタイヤを持ち込みできるお店をご紹介します。


【2018年最新】安全性が証明されたチャイルドシート・ベビーシート4選

【2018年最新】安全性が証明されたチャイルドシート・ベビーシート4選

お子さんの安全に関わるチャイルドシートやベビーシートは、安全なものを選びたいですよね。本記事では独立行政法人が発表した2017年度(2017年4月~2018年3月)版の「チャイルドシート安全性能評価試験」をもとに、安全性が証明された4つのチャイルドシートをご紹介します。


地方版図柄入りナンバー 勝手に選んだベスト10デザインを発表!

地方版図柄入りナンバー 勝手に選んだベスト10デザインを発表!

国土交通省が全国41地域に導入する地方版図柄入りナンバープレートのデザインを公表しました。各地域の魅力溢れる個性的なデザインのご当地ナンバーが目白押しとなっています。そんな41地域のデザインについて筆者個人の独断と偏見によりベスト10を選出してみました。


自作「ホワイトレター」でタイヤをおしゃれにカスタム【画像あり】

自作「ホワイトレター」でタイヤをおしゃれにカスタム【画像あり】

タイヤのロゴが白く着色された「ホワイトレタータイヤ」をご存知でしょうか。既製品もありますが、自分で簡単に仕上げることもできるので、お手軽カスタムとしてジワジワと注目を集めています。今回は自分でペイントする際にオススメのペンマーカーと、ホワイトレタータイヤにカスタムした車の画像集をお届けします。


 メルセデス・ベンツのスピーカー交換。音質改善方法&おすすめブランド

メルセデス・ベンツのスピーカー交換。音質改善方法&おすすめブランド

「メルセデス・ベンツ」オーナーに向けて、純正オーディオの特徴分析、そしてそれを踏まえての音質改善方法を紹介していきます。もっともおすすめな音質改善方法であるスピーカー交換については、その注意点や価格帯ごとのおすすめスピーカーまでを詳しく紹介していきます。


最新の投稿


スマホ画面を投影できるHUD「ハドウェイキャスト」日本上陸PJ開始!特別価格での購入も

スマホ画面を投影できるHUD「ハドウェイキャスト」日本上陸PJ開始!特別価格での購入も

運転手の視線の先にナビを表示することができるヘッドアップディスプレイ(HUD)は最近注目されている機能です。海外のKickstarterで人気を集めた後付け「HUDWAY CAST」の日本上陸に向けたクラウドファンディングプロジェクトが、7月13日(金)より開始されました。詳しくご紹介します。


日産新型セレナ NISMO(ニスモ)新車価格 スペック最新情報

日産新型セレナ NISMO(ニスモ)新車価格 スペック最新情報

日産の人気ミニバン新型セレナの、高性能バージョンであるセレナNISMO(ニスモ)が11月21日より発売開始中です。セレナNISMO(ニスモ)は昨年発売されたセレナのカスタムモデル。日産のスポーツ部門である「NISMO」が開発したコンプリートカーになります。18年にはフルハイブリッドモデルセレナe-powerも発売です!


ホンダ 新型プラグインハイブリッド クラリティPHEV登場

ホンダ 新型プラグインハイブリッド クラリティPHEV登場

7月20日より、ホンダの新型プラグインハイブリッド・クラリティPHEVが登場します。価格は約580万円ほど。クラリティPHEV新型はいったいどんな車になっているのか?気になる情報をお届けいたします。


シビックタイプRの廉価版が登場か?プロトタイプをスクープ

シビックタイプRの廉価版が登場か?プロトタイプをスクープ

ホンダが2017年9月に日本で販売開始した「シビック」シリーズの高性能モデルである「シビック タイプR」に廉価版の噂がでています。本記事では、スクープされた画像と共に、「シビック タイプR」廉価版の可能性についてご紹介します。


【2018年猛暑】貴方も愛車も!夏の暑さを乗り切るオススメカーグッズ5選

【2018年猛暑】貴方も愛車も!夏の暑さを乗り切るオススメカーグッズ5選

2018年、夏。シャレにならない猛烈な暑さに襲われています。それはあなたの愛車も同じ!貴方の車内の暑さ対策は万全ですか?不安な方、あまり気にしていなかった方!本記事を読んで、2018年夏を乗り切りましょう!本記事では夏の暑さ対策カー用品グッズをご紹介いたします。これで今夏も楽しいカーライフを過ごせること間違いなし!