目次へ戻る

AT車でも起こりうるエンスト。その原因と対処法を徹底解説

AT車でも起こりうるエンスト。その原因と対処法を徹底解説

今回はMT車(マニュアルトランスミッション車)では起こりやすいエンストが実はAT車(オートマ車)でも起こります。本記事ではその原因、理由と対処方法や直し方についてご紹介していきます。


そもそもエンストとは?

エンストという現象は、何らかの理由でエンジンの回転が停止し、十分な駆動力を発揮できなくなることを指しています。

そもそもエンストという言葉の名称は、「エンジンストップ(Engine Stop)」と思われがちですが、正しくは「エンジンストール(Engine Stall)」という言葉になります。

これは、意図的に停止するニュアンスを含んでいる「ストップ」に対して、段々と勢いを失って停止するという意味の「ストール」という言葉の方が適切であるとされている為です。

エンストが起こる原因って?

エンストは、基本的にはMT車で半クラッチが足りていない際に起こる現象です。これは、エンジンの力の源を解説すると少しイメージがつきやすくなります。

エンジンが生み出す力には、馬力とトルクの2種類があり、これらはエンジンの回転数が上がれば上がるほど増加していきます。

車が停止している状態から推進力を持って発進するために必要なのは、主にトルクの力ですが、アイドリング状態の回転数だけでは不十分です。その為、アクセルを踏み込んで、エンジンの回転数を上げ、トルクを増加させる必要があります。

MT車の場合

AT(オートマチックトランスミッション)車であれば、この一連の動作を自動で行いますが、MT(マニュアルトランスミッション)車の場合には、ドライバーがクラッチを踏んで、ギアを1速に入れつつアクセルを踏んで回転数を上げて、半クラッチを経てクラッチを繋ぎ、車両を発進させるという流れを組まなければいけません。これが上手に出来ないと、エンジンも車も止まってしまいエンストしてしまいます。

またエンジンの回転数が十分であったとしても、急激にクラッチを繋ぐとこれもまたエンストしやすくなります。発進時に1速でなく、2速で発進しようとしたりしても、エンストになる確率が上がってきます。

ですので、車をスムーズに発進させる際には、エンジンの回転数を徐々に上昇させて十分なトルクを発生させ、低いギアから力をタイヤに伝えていくという作業の連続になります。この動作が一つでも機能しないと、発進時にギクシャクしたり、エンストする確率が上がってしまいます。

AT車もエンストするって本当?

頻度としてはそこまで多くはありませんが、AT車であっても燃料制御周りのトラブルが原因でエンストが起こる場合があります。どのようなケースがあるのかを列挙してみます。

発進時にエンストが起こるケース

アイドリングの回転数が低い為、トルクが足りない

シフトレバーをN(ニュートラル)もしくはP(パーキング)からD(ドライブ)に入れると、エンジンにトルコン(トルクコンバーター)の負荷がかかります。その際にアイドリングの回転が低過ぎると、エンジンの回転がトルコンの負荷に耐えきれずにエンストを起こすことがあります。

走行中にエンストが起こるケース

ポンプの詰まりや燃料制御などといった燃料系のトラブル

燃料ポンプやキャブレターの詰まり、燃料噴射プログラムにトラブルが起きている場合などの、最適量の燃料を噴射が出来ない状況になると、エンジンが十分なパワーを発生する事が出来ず、エンストの種となります。

その他のケース

違う燃料を給油した

ガソリン車に軽油を入れた場合やディーゼル車にガソリンを入れた場合なども、燃料の適切な燃焼が起きずにエンストしてしまいます。また最悪の場合はエンジンが壊れる事もあるので、給油の際には注意が必要です。

アクセル開度センサーや燃料ポンプへのエアーの混入

スロットルバルブのバキュームセンサー(アクセルの動きを検知するセンサー)の異常や、燃料ポンプのひび割れなどによるエアーの混入でエンストが起きる事があります。定期的なメンテナンスを行って、整備をするようにしましょう。

エンストしてしまった場合の直し方・対処方法は?

運転中にエンストに気づいたらまずは停車を

駐車場でエンストを起こした際には、エンジンをかけなおせば基本的には問題ありません。むしろ、注意しなければいけないのは、走行中にエンストが発生した場合です。オートマ車が坂道発進時にエンストを起こすと、不慣れな為か、初期対処が遅れてしまうことがあります。

エンストしたと感じたら、まずは車の停車を優先させましょう。停車するためには、ギアをN(ニュートラル)に入れて、ハザードランプをつけて周りの車に異常を知らせながら停車をする準備をしていきます。

その次にブレーキによる停車を試みますが、エンスト時にはいつも以上にブレーキが硬い状態です。強い力でブレーキペダルを一気に踏み込んで、車を停車させましょう。

車を停車させたら、N(ニュートラル)からP(パーキング)にギアチェンジをして、サイドブレーキをかけます。

再度車を発進させる

安全を確認した後に再度車を発進させる場合には、ギアをPの状態に戻していることを確認してからエンジンをかけていきましょう。もしも、道路の途中で車を停車させていて、ギアをPに戻してから再度エンジンをかけても正常に作動しない場合には、ギアをNに入れた後に車を押して、安全な場所まで移動させるようにしましょう。

後続車による事故を防ぐ事も重要

高速道路などを走行している際などの思わぬエンストで、すぐにエンジンを始動できない場合には、車に搭載してある三角停止板や発煙筒を使って後続車にトラブルがあったことを伝えるなどして、自身の身の安全と後続車への危険を知らせましょう。また、JAF等に連絡して、車の移動の手配を行います。

故障の場合のエンストも存在する

エンストの修理費用は、壊れた箇所によって大きく変わってきます。修理代が大きくかかるケースは無論エンジンの故障です。故障の詳細内容にもよりますが10~50万円程度の高額な修理代がかかるケースも多くあります。

エンジン以外の細かいパーツの故障が原因であれば、数千円程度でパーツ交換が可能なのですが、カー用品店などに依頼して作業をする場合には、1時間もかかりませんが、工賃を含めて数万円程度するケールもあいます。ここではエンストにおける修理例をいくつか紹介します。

坂道走行の際に加速時のエンスト

燃料の噴射関連のセンサーにトラブルの可能性があります。燃料機器系のトラブルであれば、燃料ポンプの交換を行い、また根詰まりであれば燃料ホースを洗浄する事で解決する可能性があります。

走行中の急なエンスト

電気系統のトラブルの可能性があります。バッテリーが上がってしまているという単純なトラブルの可能性もありますが、何度もエンストを繰り返す場合には発電系のオイルネーターが故障している疑いがあります。オイルネーターの修理や交換には5万円程度の費用がかかります。

上記でご紹介している事例はエンストの原因の一部であり、実際にはエンストの原因にはさまざま可能性があります。1つの故障であればお金はかかりますが、対処可能ですが、複数箇所にまたがって故障しているという可能性も否定出来ません。そうなると、修理費用が予想以上に高くかかる可能性もあるので、そのような場合には廃車を検討することをおすすめします。

まとめ

AT車だからと安心していると、急なエンスト時に適切な対処が出来なくなってしまうケースもあるので、十分注意が必要です。また、もしも故障が原因のエンストであれば、修理箇所によっては高額な費用がかかることもあります。場合によっては車の買い替えも検討してみてはいかがでしょうか。

関連するキーワード


豆知識 メンテナンス

関連する投稿


【メンテナンス&DIY】ちゃんと気にしてる?ホイールバランス

【メンテナンス&DIY】ちゃんと気にしてる?ホイールバランス

自動車のホイールのスポークの合間から見える、板状の鉛の様な物。これが何か気になった人はいないでしょうか?これは「バランスウエイト」と呼ばれる、タイヤの回転のバランスを取るための”おもり”です。今回の記事ではこのバランスウエイト(バランスウェイト)とホイールバランスについてご案内していきます。


今更聞けない!?ハイブリッドの種類とマイルドハイブリッドについて

今更聞けない!?ハイブリッドの種類とマイルドハイブリッドについて

ハイブリッドと一言で言っても実はいくつか種類があります。今回わかりやすく解説しながら、最も取り扱いが簡単なマイルドハイブリッドの仕組みについて迫りたいと思います。来る電気自動車の時代に向けて勉強してみましょう。


【気を付けて】免許取り消しの点数から再取得までを解説!

【気を付けて】免許取り消しの点数から再取得までを解説!

行政処分である免許取り消しの制度の仕組みは、交通違反として最も重い処分です。点数による処分がどのように行われているのかしりたいところでしょう。免許取り消しの理由は、また、違反による点数によって講習を受ける必要性があります。取り消しの期間から最終的に再取得までの流れを改めて見ていきましょう。


【メンテナンス】必要!?タイミングチェーンの交換、寿命って?

【メンテナンス】必要!?タイミングチェーンの交換、寿命って?

普段、車を運転している人でも、タイミングチェーンの存在についてあまり意識することはないと思います。タイヤの様に摩耗せず、ワイパーなどの様に定期的な交換が必要な部品では無いためです。しかしタイミングチェーンは、人知れず重要な役割を果たしている部品です。今回はそんなタイミングチェーンについて調べてみました。


【要注意】「プシュルルルルル」という謎の音。バックタービン音とは

【要注意】「プシュルルルルル」という謎の音。バックタービン音とは

信号が青になった瞬間、勢い良く駆け出した車から聞こえる、「ブーン」という加速音の後の「プシュルルルルル」という謎の音。今回はこの音の正体についてまとめました。気になる方はぜひ、本記事を参考にしてみてくださいね。


最新の投稿


アウディQ3の派生形最新クーペSUV 名称はQ4になる?

アウディQ3の派生形最新クーペSUV 名称はQ4になる?

アウディのコンパクトSUV『Q3』の派生モデルとして設定が予定されているクーペSUVの開発車両が、ニュルブルクリンクで初の高速テストを開始しました。名称はQ4になる確率が高い?最新情報をまとめています。


映画『マッドマックス』でお馴染み!!世紀末カーのインターセプターとは

映画『マッドマックス』でお馴染み!!世紀末カーのインターセプターとは

映画マッドマックスで有名になったインターセプターのベースとなる車が、【フォード ファルコンXB GTクーペ 1973(V8インターセプター)】です。40代後半から70代のカーマニアを熱狂させた車を紹介し、レプリカと中古車やミニカーのプラモデルにまで、映画の世界観と共にインターセプターを紹介しましょう。


マツダ3 5月24日国内発売!アクセラの後継車・価格やエンジン情報も

マツダ3 5月24日国内発売!アクセラの後継車・価格やエンジン情報も

期待の一台がついに国内発売されます。その名もアクセラという名称を改めた、マツダ3です。マツダ3という名称は国外で使用されていましたが、今回のフルモデルチェンジで日本でも世界統一名となるマツダ3に名称が変更されました。価格は約218万円(ハッチバック)、約247万円(セダン)です。本日5月24日よりガソリン1.5Lとディーゼルモデルが発売されます。


【復活】あのイタリア名門ブランド・デトマソが7月に新型車を初公開

【復活】あのイタリア名門ブランド・デトマソが7月に新型車を初公開

みなさんは、【復活】あの名門ブランド・デトマソが7月に新型車を初公開あの名門ブランド、デトマソをご存知でしょうか。デトマソは1959年に設立したイタリアの名門ブランドです。2004年に惜しまれながらも解散してしまいました。そのため、7月に新型車を発表するという情報はとても喜ばしいものなのではないでしょうか。本記事では改めてデトマソについて見ていきましょう。


【カローラセダンの兄弟車】トヨタの中国部門 レビン新型を発売!

【カローラセダンの兄弟車】トヨタの中国部門 レビン新型を発売!

トヨタ自動車の中国部門は5月21日、新型『レビン』(Toyota Levin)を発売しました。このレビンは、カローラセダンの兄弟車にあたります。