目次へ戻る

マツダ デミオの新車・中古車価格 スペック 燃費 ユーザー評価一覧

マツダ デミオの新車・中古車価格 スペック 燃費 ユーザー評価一覧

デミオは、マツダが手掛けるコンパクトカーです。1996年から発売され、現行モデルは4代目になります。2020年ごろには新型デミオが発売されるのではともささやかれている注目のデミオ。本記事ではそんなデミオについて改めて新車・中古車価格、スペック、燃費、ユーザー評価一覧についてまとめています。


マツダ デミオとは

デミオはマツダが1996年から製造販売しているハッチバックスタイルのコンパクトカーです。

2014年に登場した現行型は、マツダのデザインテーマである「魂動 -Soul of Motion」の外観とコンパクトカーの域を超えた質感の高いインテリア、そしてスカイアクティブテクノロジーによって人馬一体のドライブを可能としました。

エンジンは1.5Lのガソリンエンジンとクリーンディーゼルターボが用意されています。

マツダ デミオの基本スペック・燃費

駆動方式 FF
ボディサイズ(全長×全幅×全高)4,060㎜×1,695㎜×1,500㎜
室内寸法(長さ×幅×高さ)1,805㎜×1,445㎜×1,210
車両重量 1050kg
最大乗車定員 5名
燃費 JC08モード 19.0km/L
最小回転半径 4.7m
総排気量 1496cc
最高出力 81kw〈110ps〉/6,000r.p.m
最大トルク 141N・m〈14.4kgf・m〉/4,000r.p.m
燃料タンク容量 44L
新車価格 1,393,200円

コンパクトなボディサイズに余裕のある1,500ccエンジンを搭載しており、走りは軽快、低燃費も実現しています。
さらに150万円を切る価格は魅力です。

マツダ デミオの実燃費

1,500ccガソリンエンジン搭載車の実燃費は、15~16km/Lがユーザーの平均です。
カタログのJC08モード燃費は19~19.8km/L(アイドリングストップ付き)なので、約2~3割ダウンといったところです。

1,500ccガソリンエンジン搭載車の燃費ということでは、平均的かやや上回っているという印象ですが、より燃料費を抑えたいという場合は、1,500ccクリーンディーゼルを選ぶと良いでしょう。

燃費が良い上に燃料単価も1Lあたり20円ほど安いので、燃料費を安く抑えることができます。
その上、トルクフルな力強い走りが可能です。

※なお燃費性能はドライバーの運転の仕方や道路状況によって大きく変わります。

マツダ デミオの新車・中古車

デミオの新車価格は約140万円とそこまで高価ではありません。

ただグレードによって価格は大きく変化し、充実した装備になると200万円近い価格までアップします。
ディーゼル車は200万円前後です。

マツダ デミオの新車価格

15C 1,393,200円
15S 1,490,400円
15S Touring 1,733,400円
15S Touring L Package 1,814,400円
XD 1,814,400円
XD Touring 2,014,200円
XD Touring L Package 2,073,600円

マツダのデミオの価格を調べてみました。
ガソリン車に比べてディーゼル車の方が30万円弱高くなります。
また内装によっても、価格は大きく変わってきます。
L Packageを選ぶとワンランク上の車の価格帯となります。

マツダ デミオの中古車価格

2018年式 1.5S 走行距離1万キロ 約135万円
2017年式 XDツーリング 走行距離0.7万キロ 約170万円
2016年式 XDツーリング 走行距離4.5万キロ 約120万円
2016年式 1.3S 走行距離1.6万キロ 約100万円

デミオの中古車ですが、多く出回っています。
値落ち率はそれほど大きくはない印象です。
ガソリン車に関してはマイナーチェンジ前は1300ccとなるので注意が必要です。

マツダ デミオのデザイン

デミオのデザインは「魂動 -Soul of Motion」というマツダの統一したデザインテーマが採用されており、躍動感とボリュームのあるデザインが特徴的です。
内装にも大変力が入れられており、イタリア車のような高級感があります。

エクステリア

生命感を形にするデザイン、それがマツダの「魂動デザイン」です。
躍動的で生命力あふれる造形は非常にインパクトがあり、コンパクトカーであることを忘れさせてくれます。

デザイナーたちが手作業でクレイ(粘土)を削り、作り上げていったと言われており、人の心を打つ魅力に溢れたエクステリアが完成しました。

またボディカラーにも力を入れており、特に透明感のあるソウルレッドクリスタルメタリックは人気があります。

インテリア

外観同様にインテリアにもこだわりを見せています。
色の使い方と仕立ての良さに徹底的にこだわって、見た目の高級感と気持ちの良い手触りは一クラス以上の質感があります。
まるでおしゃれなイタリアの車のように、従来の国産コンパクトカーにはなかったもので、常に目と手に触れる内装の素晴らしさだけでもデミオを買う価値があります。
またグレードによって革調のシートを選ぶことができ、さらに質感がアップします。

マツダ デミオの口コミ・評価

デミオの口コミ・評価はすこぶる高いです。
見た目の美しさはさることながら、走行性能も高く評価されており、コンパクトカーの新しい基準が誕生したとさえ言われています。

ジャーナリストによる試乗評価

「これまでの日本製Bセグメントカーに在りがちだった、我慢を強いるクルマから、小さくても堂々と乗れるクルマへと脱皮した」

「少人数乗車でロングドライブをこなすような使い方をする場合、デミオは素晴らしいクルマだった。
路面状況によらず操縦安定性は良好で、変な緊張を覚えることがない。
疲労蓄積度も小さく、連続運転時間が2時間、3時間と積み重なっても身体の違和感は少ない。」

まとめ

マツダ デミオはデザイン性の高さと走行性能の高さから、従来のコンパクトカーの域を完全に超えた車です。
マツダの車作りに対する情熱が伝わってきます。

ディーゼルエンジンを搭載しているという点も他社にはない魅力です。
予算に合わせてグレードを選ぶことができ、上位グレードに用意された高品質な内装は、デミオの価値をさらに引き上げてくれるでしょう。

関連する投稿


マツダ ロードスター NBの楽しみ方 ┃性能・スペックや燃費・カスタム等一覧

マツダ ロードスター NBの楽しみ方 ┃性能・スペックや燃費・カスタム等一覧

ロードスターは1989年に登場し、2019年で30周年を迎えています。その間、NAに始まってNB、NC、そしてNDまで4世代の進化をしています。長い間愛され続けているロードスターの性能やカスタム情報を見ていき、その魅力に迫っていきます。今回は、2代目ロードスターNBの楽しみ方を中心に見ていきましょう。


マツダ デミオ改めマツダ2改良新型 発売は9月 価格は約154万円

マツダ デミオ改めマツダ2改良新型 発売は9月 価格は約154万円

マツダのデミオ改良新型が9月に登場します。デミオは名前を世界統一名に変更し、デミオ改め「マツダ2」となります。新車価格は154万4400円から。気になる最新情報をまとめています。


【出るかMX-30】 マツダが一挙に証票登録!

【出るかMX-30】 マツダが一挙に証票登録!

マツダが欧州にて、『MX-30』をはじめ『CX-10』『CX-20』『CX-40』『CX-50』『CX-60』『CX-70』、そして『CX-80』など一挙に商標登録していることが明らかになりました。これは…?


マツダの車種名が続々世界統一車名に!変わった車種名まとめ

マツダの車種名が続々世界統一車名に!変わった車種名まとめ

マツダの車種名が続々と世界統一の名前に変わってしまい、寂しいという方や驚かれた方もいるのではないでしょうか。 本記事ではあらためてどのクルマがどの名前になったのかをまとめています。アテンザ、デミオ、ロードスターほか。


マツダのフラッグシップ!アテンザ改めマツダ6改良モデル!発売は8月1日

マツダのフラッグシップ!アテンザ改めマツダ6改良モデル!発売は8月1日

マツダのアテンザが改良されて登場します。名前は世界統一の「マツダ6」に変更されました。発売は8月1日で、予約受注を開始しています。


最新の投稿


広島県北部の道の駅┃国の特別名勝三段峡やライダーオススメまで!

広島県北部の道の駅┃国の特別名勝三段峡やライダーオススメまで!

広島県もついに北部へとたどり着きました。前回は瀬戸内海側を紹介してまいりましたが、今回は島根県側となる北部地区にある道の駅について紹介します。


ホンダのミニバン ステップワゴン モデューロX┃スペックや他車比較!

ホンダのミニバン ステップワゴン モデューロX┃スペックや他車比較!

ファミリー向けミニバンとして人気のステップワゴン。中でもモデューロXは2018年のマイナーチェンジでガソリン車に加え新しくハイブリッド車を発表しました。さらに2020年にステップワゴンがマイナーチェンジの噂も。今年秋の増税前、ほぼ完成形に近づいたモデューロXを買うなら今です!


高級SUV レクサス LX ┃歴史や特徴、中古価格、スペック等 一覧

高級SUV レクサス LX ┃歴史や特徴、中古価格、スペック等 一覧

レクサスのSUV高級ブランドの「LX」。レクサスは高級車になるので、ブランド名は知っていても車自体はまだまだ身近なブランドではないかもしれません。国内では発売台数が限られているレクサスブランドの「LX」のエンジンに室内空間や走行性能などがランドクルーザーと大きく違う点や、歴史から車体価格・燃費までを詳しく解説していきます。


トヨタの大ヒット車種プリウスの次期モデル┃スペックや燃費、中古車価格等

トヨタの大ヒット車種プリウスの次期モデル┃スペックや燃費、中古車価格等

トヨタの大ヒット車種「プリウス」の時期モデルについて様々な予測がされています。初代モデルから現行のモデルどれも注目されていますが、以前から問題視されていたギアの何が問題なのかも時期モデルと一緒に考えてみます。燃費は世界トップレベルの「プリウス」は今後フルモデルチェンジして登場するのか、販売終了してしまうのかなど推測しまとめてご紹介します。


マツダ ロードスター NBの楽しみ方 ┃性能・スペックや燃費・カスタム等一覧

マツダ ロードスター NBの楽しみ方 ┃性能・スペックや燃費・カスタム等一覧

ロードスターは1989年に登場し、2019年で30周年を迎えています。その間、NAに始まってNB、NC、そしてNDまで4世代の進化をしています。長い間愛され続けているロードスターの性能やカスタム情報を見ていき、その魅力に迫っていきます。今回は、2代目ロードスターNBの楽しみ方を中心に見ていきましょう。