目次へ戻る

ディーゼル車のメリット・デメリット。維持費は安い?おすすめ車種は?

ディーゼル車のメリット・デメリット。維持費は安い?おすすめ車種は?

ガソリン車やHV車に負けることのない人気と魅力が多くあるディーゼル車。本記事では、ディーゼル車のメリット・デメリットや、維持費についての情報をまとめています。更に、今おすすめのディーゼル車も合わせて掲載しています。


ディーゼル車とは?

ディーゼル車は、文字通りディーゼルエンジンを搭載した車のことを指しますが、ではディーゼルエンジンとはどのようなエンジンなのでしょうか。

ディーゼルエンジンの基本的な仕組みと構造ですが、その仕組みは、シリンダー内で圧縮されて高温となった空気に、燃料(軽油)を吹きかけて燃焼させることによってパワーを生み出す、というものです。

燃料を吹きかける為のインジェクターシリンダー内にあり、ガソリン車のような火花を飛ばす着火役のスパークプラグが存在しないことが特徴です。

ディーゼル車への給油は軽油。違うガソリンを入れてしまった場合は?

ガソリンスタンドでは、「レギュラー」「ハイオク」「軽油」を3つの種類がありますが、うっかりミスで違う燃料を入れないように注意しましょう。

ガソリンと軽油の沸点の違いを活かしてそれぞれのエンジンは構成されています。ですので、間違ったガソリンを入れてしまうとエンジン内部の機器に悪影響を及ぼします。

ガソリンスタンドへはある程度燃料が残っている状態で行くと思いますので、間違った燃料を入れてもすぐにトラブルが起きてしまうというわけではありません。ただ、軽油の割合が少なくなってくると、ノッキング(エンジンから異音が聞こえる、振動が起きるという症状)が起こり、マフラーからは白煙が出ます。

このノッキング状態を放置してしまうと、ディーゼルエンジンに大きなダメージを与えてしまいますし、ガソリン車よりもエンジンへのダメージが大きいので、修理には高額な費用がかかってしまうケースもあります。

違う燃料を入れた事に気付いた際には、何よりもまずエンジンをスタートさせてはいけません。給油時に気付いた場合であれば、ガソリンスタンドのスタッフに事情を説明して燃料を抜き取ってもらう事とエア抜きを依頼します。

運転中に異変に気付いたのであれば、直ちに安全な場所に停車し、エンジンを停止します。その上でロードサービスやJAFに連絡を取り、近くの整備工場まで車を移動して貰って同様の作業を依頼してください。

ディーゼル車のメリット

ディーゼル車のメリットは大きく三点です。ここではそのメリットをそれぞれ説明していきます。

【ディーゼル車のメリット】
①燃費の良さ
②燃料代の安さ
③加速性能の高さ

①燃費の良さ

ディーゼルエンジンは、エンジンの構造上、発生する熱のエネルギー変換効率が良いので、ガソリンエンジンよりも2割〜3割ほど燃費が良くなっています。

②燃料代が安い

ディーゼルエンジンは、軽油が燃料です。軽油は、レギュラーガソリンと比較しても20円〜30円程1ℓ当たりの価格が安いため、ランニングコストの節約が出来ます。

③加速性能の良さ

ディーゼルエンジンは、トルクの性能の良さに特徴があります。

トルクは、「車のタイヤを回転させる力」を差しますが、この性能の数値が車の加速に影響を与えます。

同じようなスペックのガソリンエンジンと比べてもトルク性能の数値が良い傾向にあるので、運転者にとっては発進時などにスムーズな運転が実現できます。

ディーゼル車のデメリット

ディーゼルエンジンのメリットもあれば、もちろんデメリットもあります。ここからはディーゼル車、およびディーゼルエンジンのデメリットをテーマごとに解説してきましょう。

車体価格が高額

ガソリン車と比較した際に、車体価格が高額であるという事も挙げられます。

ディーゼル車(クリーンディーゼル車を含む)は、最新の技術によって作られています。また、この後解説をしていきますが、エンジンオイルやオイルフィルターの指定があるので、同じようなタイプのガソリン車と比較すると、30〜40万円程効果になるのが一般的です。

また、少し細かい点ですが、自動車税についても記載をしておきます。

ディーゼルエンジン車の場合、新規登録後10年を経過すると、自動車税が1割増しになります。

一方のガソリンエンジンであれば、新規登録後13年経過での1割増という差があるので、愛車の維持費という部分に影響が出る可能性があります。

もちろん、先ほどメリットで記載した通り、ディーゼルエンジンは燃費の良さや、燃料である軽油の価格が安いという部分がありますので、燃料代は安く済むという点はありますが、初期費用がかかるという部分は拭えないようです。

専用のエンジンオイルが高い

メンテナンス費用の観点からは、ディーゼル車専用のエンジンオイルが必要になる為、維持費が少し嵩みます。

環境問題に配慮した最新のクリーンディーゼル専用のエンジンオイルは、通常のガソリンエンジンのエンジンオイルと比較すると高価なものです。

ディーゼル車のエンジンオイルの交換目安ですが、通常の走行状態なら約10,000km、もしくはエンジンオイルを据え付けてから約1年程になります。費用はかかってしまいますが、定期的にメンテナンスを行い、長く愛用出来る状態を整えてください。

ちなみに、ディーゼル車は「ちょっとご近所まで」というチョイ乗りを繰り返していると、機器内に「スス」が少しずつ溜まってしまいます。

ある程度の走行距離を走れば解消されますので、車のコンディションを常に良好な状態に保ち、メンテナンス費を抑えるためにも時々はお出かけがてら車の調子を整えましょう。

アドブルーが必要な場合も

ディーゼルエンジンの排出ガスの浄化システムという観点で、NOx(窒素酸化物)を処理するためのアドブルー(尿素水)の定期的な補充が必要な車種もあります。

アドブルーが足りない状態では、排出ガスがクリーンな状態にならないので、環境に影響を与えてしまいます。

その為、燃料同様にアドブルーも定期的に補給しなくてはなりません。車種によってはアドブルーが空になっている状態だとエンジンが正常にスタートしないというタイプもあります。

ディーゼル車 おすすめの国産車種3選

最後に、人気車種紹介と称して、おすすめの3車種をご紹介します。

マツダ デミオ

マツダ デミオは、マツダの掲げる「人馬一体」の走りをコンパクトサイズながら実現した、マツダの人気車種です。マツダの車種で一番安いクリーンディーゼル車となっています。

【スペック性能】
乗車定員 5名 駆動方式 FF/4WD
価格 ¥1,393,200〜(税込)
トランスミッション 6EC-AT/6MT
燃費(JC08モード燃費)26.4km/L
※記載はディーゼルエンジン

マツダ CX-5

マツダ CX-5は、マツダの新世代クリーンディーゼルエンジン「スカイアクティブテクノロジー」が搭載されているSUVです。

パワフルかつクリーンなディーゼルエンジンのおかげで軽快な走りが楽しめます。安全性や、安定感などのマツダの最新技術の結晶で大ヒットとなりました。

【スペック情報】
乗車定員 5名
駆動方式 2WD/4WD
価格 ¥2,570,400〜(税込)
トランスミッション 6EC-AT/6MT
燃費(WLTCモード燃費)
市街地モード 13.4~16.9km/L
郊外モード 16.5~19.2km/L
高速道路モード 18.6~20.9km/L
※記載はディーゼルエンジン

トヨタ ランドクルーザープラド

トヨタ自動車が販売する4WD SUVです。高級感の溢れる内装と、どんな悪路であっても走破出来るパワフルさが特徴のモデルです。

乗車定員 7名
駆動方式 4WD
価格:5,363,280円〜
トランスミッション:フレックスロックアップ付スーパーインテリジェント 6速オートマチック〈6 Super ECT〉
燃費(JC08モード燃費)
11.2km/L
※記載はディーゼルエンジン

まとめ

ディーゼル車は近年クリーンディーゼルの導入により、今まで以上に環境に優しい車になりました。

ただ、環境に優しいかどうかはその人の観点によって異なるものです。

自分の車の使用頻度によって、ディーゼル車かガソリン車か自分のカーライフにあったものを検討してみてはいかがでしょうか。

関連するキーワード


燃費 維持費

関連する投稿


ダウンサイジングターボって何?燃費が良いは本当?欠点・デメリットは?

ダウンサイジングターボって何?燃費が良いは本当?欠点・デメリットは?

欧州車を中心に採用されているダウンサイジングターボは、なぜこれほどまでに人気があるのでしょう? また、デメリットはあるのでしょうか? 今回は、ダウンサイジングターボとは何か、分かりやすく掲載します。


本当に燃費の良い、おすすめの軽自動車ランキングTOP10 !

本当に燃費の良い、おすすめの軽自動車ランキングTOP10 !

様々な機能の発達によりどんどん性能が良くなっている軽自動車ですが、中でも一番の特徴は燃費の良さです。どの車も普通車に比べると燃費の良いものばかりですが、軽自動車の中で本当に燃費の良いのは一体どの車種なのか、TOP10をわかりやすくランキング形式でお届けしたいと思います。


【知っておきたい】WLTCモード燃費って何?JC08モード燃費と何が違うの?

【知っておきたい】WLTCモード燃費って何?JC08モード燃費と何が違うの?

日本では2018年10月から、WLTCモード燃費に切り替わります。そもそもWLTCという言葉を聞いたことはありますか?このWLTCモード燃費とは、燃費をはかる基準で、国連で決められた基準となっています。今までのJC08モード燃費とWLTCモード燃費、いったい何が違うのか、導入の意図は何か。今回の記事で丸裸にします!!


1年で約20円程上がったガソリン価格。推移と対策は

1年で約20円程上がったガソリン価格。推移と対策は

こちらの記事では資源エネルギー庁が発表した石油製品の店頭小売価格週次調査の内容をまとめるとともに、近隣のガソリンスタンドの価格や燃費計測ができる「e燃費」の紹介をしています。


実燃費が簡単に計測できて、節約もできるアプリ「e燃費」が便利

実燃費が簡単に計測できて、節約もできるアプリ「e燃費」が便利

「e燃費」アプリは給油情報を記録していくことで、実際にどのくらいの燃費で走っているのか、確認、振り返ることができるサービスです。自身の燃費を同車種の他のユーザーと比べたりすることで燃費を抑え、節約にもつながります。こちらの記事では「e燃費」の使い方やオススメの機能をまとめています。


最新の投稿


BMWの7シリーズ改良新型が登場!表情刷新でグリルも大型に!

BMWの7シリーズ改良新型が登場!表情刷新でグリルも大型に!

BMWは1月16日、改良新型『7シリーズ』(BMW 7 series)を本国で発表しました。現行7シリーズがデビューからおよそ3年半を経て、初の本格改良を受けています。最新情報をお届けいたします!


マツダのコンパクトSUV CX-3 スペック・価格・中古価格・評価はどう?

マツダのコンパクトSUV CX-3 スペック・価格・中古価格・評価はどう?

マツダから発売されているSUVは沢山ありますね。その中でも一番コンパクトサイズなのがCX-3(シーエックススリー)です。コンパクトサイズのため、街乗りはもちろん、SUVとしていろんな用途で楽しめる車ですね。そんなCX-3について改めてスペック・価格・中古価格・評価など様々な角度から調べてみました。


【完全網羅】マツダのSUV CXシリーズ!CX-3 CX-5 CX-8 CX-9まで

【完全網羅】マツダのSUV CXシリーズ!CX-3 CX-5 CX-8 CX-9まで

マツダの大人気CXシリーズ。日本ではCX-3やCX-5が知られていますが、他にもたくさん販売されています。各車種の違いがわからない。そもそも何が違うの?という人向けに、今回はCXシリーズについてまとめています。これを読めばCXシリーズがより好きになるかも!?です。


【最新情報】トヨタのSUV RAV4ハイブリッド 新型 この春欧州発売!

【最新情報】トヨタのSUV RAV4ハイブリッド 新型 この春欧州発売!

トヨタのSUV、RAV4。このRAV4ハイブリッド新型がこの春欧州にて発売されます。さらにトヨタは、RAV4ハイブリッド新型の燃費も発表しました。2019年春に日本でも発売されるとあって今大注目のRAV4。本記事では欧州仕様のRAV4ハイブリッド新型のハイブリッド性能に焦点を当てました。


ワイドトレッドスペーサーの選び方と取付け方|役割の説明やおすすめ紹介も

ワイドトレッドスペーサーの選び方と取付け方|役割の説明やおすすめ紹介も

ホイールを外側に出すための「ワイドトレッドスペーサー」。ドレスアップアイテムと思われがちですが、サスペンションのチューニングパーツです。ただし、しっかり知識を持たずに取り付けると思わぬ事故にも遭う可能性もあります。今回はワイドトレッドスペーサーの選び方から、取り付け方についてと、取り付けるメリット・デメリット、おすすめのワイトレ等をご紹介していきます。