目次へ戻る

トヨタのマークXの新車・中古車価格、スペック、燃費、ユーザー評価は

トヨタのマークXの新車・中古車価格、スペック、燃費、ユーザー評価は

マークXはトヨタ自動車がマークⅡの実質の後継車として、2004年より製造販売しているセダンです。 スタイリッシュな外観とスポーティな走りを得意としており、普通のまじめなセダンとは一線を画します。本記事ではそんなマークXについてまとめています。


トヨタのマークXとは

トヨタ マークX

トヨタ マークX

マークXはトヨタ自動車がマークⅡの実質の後継車として、2004年より製造販売しているセダンです。

スタイリッシュな外観とスポーティな走りを得意としており、普通のまじめなセダンとは一線を画します。

エンジンはV6の2.5L及び3.5Lを搭載し、サスペンションはフロントがダブルウィッシュボーン式、リアはマルチリンク式が採用され、駆動方式はFRと4WDから選ぶことができるスポーティなセダンとして、ユーザーから高く評価されています。

トヨタ マークXの基本スペック・燃費

トヨタ マークX

トヨタ マークX

駆動方式 FR
ボディサイズ(全長×全幅×全高)4,770㎜×1,795㎜×1,435㎜
室内寸法(長さ×幅×高さ)1,975㎜×1,500㎜×1,170㎜
車両重量 1510kg
最大乗車定員 5名
燃費 JC08モード 11.8km/L
最小回転半径 5.2m
総排気量 2,499cc
最高出力 149kW[203PS]/6,400r.p.m.
最大トルク 243N・m[24.8kgf・m]/4,800r.p.m.
燃料タンク容量 71L
新車価格 2,916,000円

2.5Lエンジンでも十分パワフルな走りが可能ですが、さらに力強い走りを求めるなら、318馬力を発揮する3.5Lがおすすめです。
燃費もそれほど変わりません。
スポーツタイプのGR SPORTもおすすめです。

トヨタ マークXの実燃費

トヨタ マークXの燃費はカタログ上は10lm/L(3.5L)~11.8km/L(2.5L)となっています。
燃費性能に関して1世代前という印象です。

トヨタ マークXの実燃費は8.5km/L~9.5km/Lが平均的な数字で、リッター10kmに到達するのは難しいようです。

燃費を気にするユーザーだと月々の燃料代が辛くなるかもしれません。
2.5Lエンジンはレギュラーガソリン使用なので、3.5Lエンジンのプレミアムガソリンに比べると燃料費を抑えることができるでしょう。

トヨタ マークXの新車・中古車

トヨタ マークXの新車価格は2,656,800円からとなっており、クルマの性能を考えるとバーゲンプライスです。
中古車の全国平均価格は131.8万円となっており、車高を低くしたり、エアロパーツを装備したりするなどカスタマイズされたものも少なくありません。

トヨタ マークX グレード別新車価格

250G“F package” 2,656,800円
250G 2,916,000円
250S 3,207,600円
250RDS 3,434,400円〜
350RDS 3,850,200円〜
350RDS “GR SPORT” 4,428,000円

装備の充実した売れ筋のGグレードでも300万円を切る価格が設定されています。
RDSになると価格は大幅にアップしますが、タイヤがインチアップされよりスポーティな外観となります。

トヨタ マークXの中古車価格

トヨタ マークX

トヨタ マークX

2017年式 走行距離2.3万キロ 250S 約240万円
2015年式 走行距離3.6万キロ 250G 約145万円
2013年式 走行距離8.3万キロ 250G 約110万円

トヨタ マークXの中古車は全ユーザーがかなり手を加えているものが多いですが、ノーマルのままだと割安なものも出回っているようです。

出費を抑えたいという方は、中古で調べてみてもよいかもしれません。

トヨタ マークXのデザイン

トヨタ マークXの魅力の一つは、スタイリッシュな内外装のデザインにあります。
スポーティで個性的なセダンが欲しいという方の満足を十分満たしてくれることでしょう。

エクステリア

トヨタ マークX

トヨタ マークX

インパクトのある肉感的なフロントフェイスは見る角度によって印象が変わります。
野生の肉食動物が獲物を狙って低く身構えたようなスタイルは、ワイルドでありスポーティなもの。
3連のシャープなヘッドライトとリアライトのデザインは、マークエックスの個性を主張します。
インチアップされたタイヤは一層スポーティさが増し、純正アルミともマッチしてかっこいいです。

インテリア

トヨタ マークX

トヨタ マークX

インテリアは外観ほどの派手さはありません。
しっかり感があって高品質にまとまっています。
スイッチ類は手が届きやすく機能的にレイアウトされ、4連のアナログメーター類はスポーティなデザインとなっています。
ステアリングは本革、シートはスポーティなバケットタイプです。
RDSグレードになるとシートや内装がグレードアップし、特にブラック&レッドの合成皮革のシートとトリムの表皮はスポーティで高級感があります。

トヨタ マークXの口コミ・評価

トヨタ マークX

トヨタ マークX

トヨタ マークXは基本設計が古くなっている点が指摘されることもありますが、トヨタ車の中では独特なポジションを占めており、スポーティな走りは一定の評価があります。
手を加えてカスタムしやすいという点を評価しているユーザーも少なくありません。

ジャーナリストによる試乗評価

「プレミアムに搭載される3.5リッターエンジンは、マークXのボディに対して余裕十分というか、過剰なくらいの動力性能を持つ。
高速域での加速伸びなどはとても気持ちが良いし、18インチタイヤに前述の振動数感応型のショックアブソーバーを備えた足回りも相当に良い。」

「明らかにマークX独自の哲学が、ビシッと1本通っている硬派なクルマだ。
だから私は、これをサラリと操る男性がいたら、一目置くにちがいない。」

まとめ

トヨタのマークXはマークⅡの後継車として登場しました。
チェイサーとクレスタは姿を消し、マークⅡだけが残った形でしたが、マークXはスポーティセダンに一変して生まれ変わりました。

目を引く外観にハイパワーエンジンを搭載し、高性能なサスペンションでしっかり受け止める。
デザイン性だけでなく、走る楽しさを持った唯一無二のセダンです。

関連する投稿


クラウンアスリートハイブリッドの魅力とは┃歴史やスペック、燃費等まとめ

クラウンアスリートハイブリッドの魅力とは┃歴史やスペック、燃費等まとめ

クラウンアスリートのハイブリッドモデル「クラウンアスリートハイブリッド」 の燃費をガソリン車とハイブリッド車の比較でお伝えします。高級車の代表格である同車のステータス性や乗り心地、採用されている装備を考えると比較的お手頃とも言える価格や、スペック、魅力も併せて紹介していきます。


トヨタのRAV4もいいけどハリアーの方が良いと思う3つの理由

トヨタのRAV4もいいけどハリアーの方が良いと思う3つの理由

トヨタの新型RAV4は、2019年4月に発売されて以来大ヒットといえる販売で、トヨタのC-HRやホンダのヴェゼルを押さえて一躍国産SUVトップに躍り出ました。そんな中、健闘しているのが2013年に発売された現行ハリアーです。いまだに国産SUVの販売台数では上位につけ、多くのユーザーを引き付けています。では、新型RAV4ではなくハリアーを選ぶ理由は何なのでしょうか?それには3つの理由があるのです。


【2019年】人気!おすすめしたい現行SUV12選

【2019年】人気!おすすめしたい現行SUV12選

日本でも世界でも人気のSUV!今回は今人気・オススメしたいSUVを12種類紹介します。新車の購入を検討している方や、現行車のSUVを中古で購入したいと考えている方にオススメの内容です。燃費、価格、特徴をまとめたほか、合わせてSUVを選ぶ時のポイントもいくつか紹介します。


トヨタの人気SUV ハリアー!価格 燃費 内装 グレード 完全網羅!!

トヨタの人気SUV ハリアー!価格 燃費 内装 グレード 完全網羅!!

トヨタから発売されているSUV、ハリアーは、絶大な人気を誇ります。 ハリアーが気になっている人のために、価格、燃費、他のSUVと比較した結果、グレード、内装、中古車情報についてまとめました。ハリアーが気になる方、必見です!!


【スクープ】トヨタのヤリス(ヴィッツ)新型 東京モーターショー2019で披露?

【スクープ】トヨタのヤリス(ヴィッツ)新型 東京モーターショー2019で披露?

トヨタのハッチバック、ヤリス(日本名:ヴィッツ)の新型プロトタイプがドイツのニュルベルリンクに登場しました。


最新の投稿


アストンマーティン ヴァルキリー最新プロトタイプ発表

アストンマーティン ヴァルキリー最新プロトタイプ発表

アストンマーティンは、開発中の新型ハイパーカー『ヴァルキリー』(Aston Martin Valkyrie)の最新プロトタイプ車を、英国で発表しました。


解放感はピカイチ! オープンタイプのメルセデス・ベンツSLKって?

解放感はピカイチ! オープンタイプのメルセデス・ベンツSLKって?

メルセデス・ベンツSLKは、1996年の初代より2016年の三代目まで生産がなされました。メルセデス・ベンツの2シーターのライトウェイトスポーツカーの位置づけで生産され、発売初年度は生産が追い付かないという人気を誇りました。R170・R171・R172の変遷も見てみましょう。


スカイライン ハイブリッドで優雅に走ろう┃概要やグレード別スペック燃費など一覧

スカイライン ハイブリッドで優雅に走ろう┃概要やグレード別スペック燃費など一覧

スカイライン ハイブリッドは静かなモーター走行とダイナミックに走るV6エンジンが特徴のハイブリッドカーです。その優れた走行性能は走り出した時から感じることができるでしょう。それではスカイライン ハイブリッドについて見ていきます。


クラウンアスリートハイブリッドの魅力とは┃歴史やスペック、燃費等まとめ

クラウンアスリートハイブリッドの魅力とは┃歴史やスペック、燃費等まとめ

クラウンアスリートのハイブリッドモデル「クラウンアスリートハイブリッド」 の燃費をガソリン車とハイブリッド車の比較でお伝えします。高級車の代表格である同車のステータス性や乗り心地、採用されている装備を考えると比較的お手頃とも言える価格や、スペック、魅力も併せて紹介していきます。


三菱の人気車種 デリカ D:5 を再考!現行モデルのスペックや特別仕様車の紹介も

三菱の人気車種 デリカ D:5 を再考!現行モデルのスペックや特別仕様車の紹介も

恐竜の骨格を思わせるリブボーンフレームの採用による最高の衝突安全性能を誇り、高い居住性とSUV的走破性も併せ持つ、三菱が誇るオールラウンダーミニバンがデリカD:5です。発売から10年以上を経てなお三菱をけん引し続ける人気車種の実像に迫ります。