トップへ戻る

スズキのワゴンR スティングレー 中古価格 内装 試乗評価は?

スズキのワゴンR スティングレー 中古価格 内装 試乗評価は?

スズキの軽トールワゴン・ワゴンR。このワゴンRには三つの顔があります。新定番スタイルのベーシックな「FA」(非マイルドハイブリッド)、「FX」、スタイリッシュ系の「FZ」、そしてカスタム系の「スティングレー」。本記事ではそんなスティングレーについてご紹介します。中古 カスタム 内装 試乗評価 ターボの威力など。

⏳この記事は約3~4分で読めます。


スズキのワゴンR スティングレーについて知りたい

スズキの軽トールワゴン・ワゴンR。このワゴンRには三つの顔があります。新定番スタイルのベーシックな「FA」(非マイルドハイブリッド)、「FX」、スタイリッシュ系の「FZ」、そしてカスタム系の「スティングレー」。本記事ではそんなスティングレーについてご紹介します。中古 カスタム 内装 試乗評価 ターボの威力など。

スズキの軽ワゴン!ワゴンRスティングレーって?

スズキのワゴンRスティングレーとは、「クールフェイス ワゴンR」をデザインコンセプトとして2007年に発売されました。

ワゴンRよりもエクステリアがスタイリッシュに、またそれに合わせて内装もスポーティーかつ高級感があるものになっているなど違いが見られます。

キャッチコピーは「顔で戦え。目で挑め。」。

現行モデルは6代目。スティングレーの意味は「STING(刺激)」と「RAY(光線)」を合わせた造語です。

スズキの軽ワゴン!ワゴンRスティングレー エクステリア画像

ワゴンR スティングレー

ワゴンR スティングレー

ワゴンR スティングレー

ワゴンR スティングレー

ワゴンR スティングレー

ワゴンR スティングレー

ワゴンR スティングレー

ワゴンR スティングレー

スズキの軽ワゴン!ワゴンRスティングレー インテリア画像

 ワゴンR スティングレー

ワゴンR スティングレー

 ワゴンR スティングレー

ワゴンR スティングレー

 ワゴンR スティングレー

ワゴンR スティングレー

スズキの軽ワゴン!ワゴンRスティングレー 試乗評価

試乗したのは最上級グレードとなる「スティングレー ハイブリッドT」。すなわちターボモデルである。

まず紹介したいのはマイルドハイブリッドについて。その核となるのがISG(モーター機能付き発電機)で、モーター出力は先代S-エネチャージの2.2ps、3.1kg-mから3.1ps、5.1kg-mへと微小ながら向上。しかしリチウムイオンバッテリーの容量は3Aから10Aに増強されているのがポイント。

発進から約100km/hまでの領域で最長30秒のエンジンアシスト、アイドリンクストップ時間は先代と変わらないものの、その頻度がUP。そして新型ワゴンRの大きなハイライトと言えるのが時速約13km/h以下で、モーターの力によって1回最長約10秒間のクリープ走行が行える点。

ターボエンジンは2000回転あたりから豊かなトルクが出て、高回転までスムーズに回りきる。高回転域のサウンドもなかなかだ。ただし、先代に対してCVTの最終減速比を燃費重視方向に変更(先代4.572→新型4.064)したため、1000回転台のトルクが細めに感じられ、40km/h程度で走っていると、MTで高いギアのまま速度を落としたときのようにギクシャクすることがあり、再加速するためアクセルを踏んでもレスポンスを受け付けず、ステアリングにビリビリした振動が伝わってくることがあった

走りのスッキリ感はピカイチ

ライバルのターボモデルと比較すれば、走りのすっきり感、乗り心地、ロードノイズを含む静粛性の高さはさすが新しいだけあってピカイチ。街乗り域では静かすぎてISGのヒュイーンという磁音、クリープ走行時のジーという歩行者警報音がけっこう気になるほどなのである

デザインがアリならスティングレー

パワーユニットのトルク感、静粛性、どちらをとっても標準タイプのワゴンRに比べてスティングレーが勝っている。約30万円ほどの価格差があるので当たり前といえば当たり前だが、乗り比べるとやはり差を感じてしまう。あとはスタリングが気に入るか? だ。予算的に納得がいき、スタイリングを受け入れられるならターボエンジンのハイブリッドTはオススメできるグレードとなる。

スズキの軽ワゴン!ワゴンRスティングレー 価格

ハイブリッドT 
2WD CVT 1,658,880円
4WD CVT 1,779,840円

ハイブリッドX
2WD CVT 1,488,240円
4WD CVT 1,609,200円

スズキの軽ワゴン!ワゴンRスティングレー 中古価格

ワゴンRスティングレーの現行モデル。

気になる中古価格の平均価格は約111万円ほどで、約50万円~250万円ほどで購入できるようです

関連するキーワード


スズキ 車種情報 ワゴンR

関連する投稿


【最新版】新車で買える!MT車(マニュアル車)まとめ

【最新版】新車で買える!MT車(マニュアル車)まとめ

MT車に乗りたい、今現在どのようなMT(マニュアル)車が販売されているのかを知りたい!という方。今回は国産MT(Hパターン)車をまとめました。MT車が欲しいあなたに必見の記事ですよ!


【新車情報】2021年以降発売が予測される新型車・新車情報

【新車情報】2021年以降発売が予測される新型車・新車情報

【最新】2021年以降にフルモデルチェンジ・発売が予測される新型車(国産車)の最新情報をまとめています。トヨタ、ホンダ、レクサス、三菱、スバル、マツダ、日産、スズキ、ダイハツ、光岡。また、気になるネットの声もお届け。随時更新しています。


スズキを代表する軽・アルトってどんな車?

スズキを代表する軽・アルトってどんな車?

スズキは長年に渡り軽自動車の製造販売を行ってきましたが、その中でもアルトはスズキを代表するモデルの一つです。今回はアルトについて解説しています。


カワイイ姿で人気のスズキ アルトラパンをご紹介!

カワイイ姿で人気のスズキ アルトラパンをご紹介!

見た目がカワイイ、スズキの発売するラパン。正式名称はスズキ アルトラパンです。その名の表す通りアルトをベースに開発された軽自動車で、内外装ともにファッション性を強調した車に仕上がっています。今回はこのスズキ アルトラパンについてご紹介します。


燃費の良いおすすめの軽自動車5選を紹介!

燃費の良いおすすめの軽自動車5選を紹介!

軽自動車は普通自動車に比べて燃費が良い傾向にあり税金も安く済むため、車を持つコストを抑えるために選ぶ方も多くいます。とはいえ最近ではさまざまな種類の軽自動車が販売されているため、どれを選べば良いか分からないという方もいるのではないでしょうか。燃費が良い軽自動車には特徴があるため、3つのポイントを抑えて選ぶと低燃費でコストパフォーマンスの良い一台を選ぶことができます。そこで今回は、軽自動車の燃費についての基礎知識や、おすすめの軽自動車を徹底解説します。


最新の投稿


【マイカーローン】車はローンで購入すべき?ローン毎の特徴や金利を解説

【マイカーローン】車はローンで購入すべき?ローン毎の特徴や金利を解説

車が欲しいと思った時、マイカーローンで購入する人は多いですよね。しかしながらローンは価格に金利を上乗せした状態で支払うため損ではないかという意見も。ローンを利用してでも購入すべき時はある?そもそもローンを利用すると、どれくらい余分に支払わなければいけないの?今回は気になるカーローンの特徴と注意事項についても解説します。


おすすめのマニュアル車5選!運転を知的ゲームに変える?!

おすすめのマニュアル車5選!運転を知的ゲームに変える?!

今や、世の中のクルマのほとんどがオートマ車になってしまいました。でも、まだまだマニュアル車も様々なモデルが発売されています。 運転を奥深く、知的なゲームにしてしまう、おすすめのマニュアル車をご紹介いたします!


【最新版】新車で買える!MT車(マニュアル車)まとめ

【最新版】新車で買える!MT車(マニュアル車)まとめ

MT車に乗りたい、今現在どのようなMT(マニュアル)車が販売されているのかを知りたい!という方。今回は国産MT(Hパターン)車をまとめました。MT車が欲しいあなたに必見の記事ですよ!


【新車情報】2021年以降発売が予測される新型車・新車情報

【新車情報】2021年以降発売が予測される新型車・新車情報

【最新】2021年以降にフルモデルチェンジ・発売が予測される新型車(国産車)の最新情報をまとめています。トヨタ、ホンダ、レクサス、三菱、スバル、マツダ、日産、スズキ、ダイハツ、光岡。また、気になるネットの声もお届け。随時更新しています。


【エンジンオイルの選び方】粘度や種類、何を選ぶ?おすすめは?

【エンジンオイルの選び方】粘度や種類、何を選ぶ?おすすめは?

エンジンオイル交換を安く済ませるため、自分で交換したいという方のために、エンジンオイルの種類、粘度、規格についてと選び方についてを紹介しています。さらに粘度別のおすすめのオイルもご紹介します。エンジンオイルを賢く選びたいという方はぜひ本記事をご覧ください。