目次へ戻る

【タイプ別2019年最新情報】おすすめ!人気の高圧洗浄機

【タイプ別2019年最新情報】おすすめ!人気の高圧洗浄機

高圧洗浄機は洗車に使ったり外壁を洗浄したり、あらゆる場所の洗浄に便利なので、購入を考えている人もいるでしょう。そこで今回は、ケルヒャーなどの有名なメーカーを含め、家庭用と業務用のおすすめの高圧洗浄機を紹介します。気になる動作音を抑える静音タイプも紹介しています。


おすすめの高圧洗浄機ランキングから自分にあった物を見つけよう

洗浄力の高さが魅力的な高圧洗浄機ですが、いざ購入するとなると、どんなものがいいのか悩んでしまいますよね。

特に初めて高圧洗浄機を購入する場合は、何を基準に選ぶべきかが明確ではないこともあるでしょう。

そこで、数ある高圧洗浄機の中から自分にあったものを見つけるために、おすすめの高圧洗浄機を紹介します。

高圧洗浄機の種類の選び方

高圧洗浄機のおすすめから、自分に合った物を見つけるためには、どのように高圧洗浄機を選ぶべきかを知っておかなければなりません。

ますは、高圧洗浄機の種類のおすすめの選び方から見てみましょう。

①ポータブルタイプ

ポータブルタイプの高圧洗浄機の最大の特徴は、コンパクトで場所をあまりとらないため、保管に便利なところです。

家庭で簡単に使用するような場合は、ポータブルタイプの高圧洗浄機を選ぶのがおすすめです。

使用用途としては、ガーデニング用品・自転車・バイク・網戸・小型~中型車などの洗浄に適しています。

②据え置きタイプ

家庭で使う高圧洗浄機の種類には、ポータブルタイプの他に据え置きタイプの高圧洗浄機があります。

据え置きタイプの高圧洗浄機は、高いところまで水が届くものもあり、比較的広い範囲の洗浄に向いています。

例えば、外壁や石畳・大型車・農耕機、2階の窓など高いところの汚れを洗浄したい場合には据え置きタイプの高圧洗浄機を選ぶのがおすすめです。

③業務用タイプ

家庭向けの高圧洗浄機に対し、業務用タイプの高圧洗浄機も販売されています。家庭用の高圧洗浄機でも業務用と同じくらい汚れは落とせますが、業務用高圧洗浄機は、家庭用に比べると耐久性に優れています。

そもそも家庭用の高圧洗浄機は、業務用に比べると使用頻度が少ないと想定されて作られています。

当然のことですが、業務用は毎日使用することを想定して作られているので、耐久性も高くなるのです。

そのため、使用頻度がとても高い人は業務用の高圧洗浄機を選ぶのがおすすめです。

高圧洗浄機の機種の選び方

高圧洗浄機の種類選びも大切ですが、機種についても考慮しなければなりません。どのような高圧洗浄機が自分には向いているのかを知るためには、機種のおすすめの選び方から考えてみましょう。

①節水の度合いで選ぶ

高圧洗浄機の機種を選ぶとき、水の使用量について検討する必要があります。高圧洗浄機は、ホース洗浄に比べると節水が可能ですが、機種によってはさらに節水が可能になります。

圧力を調整できるタイプの高圧洗浄機なら、無駄な水の使用が防げるため節水が可能です。また、タンクタイプや貯水を利用する高圧洗浄機は残り湯を再利用できるため、かなりの節水になります。

②サイズや重さなど商品の特性で選ぶ

どんなにおすすめの高圧洗浄機でも、サイズや重さが合わなければ意味がありません。収納場所が小さく、使用する場所も限られているなら、コンパクトなものを選ぶのがおすすめです。

一般的に重さがあるものは洗浄力が強いため、使用箇所が広くて収納場所も十分に取れるなら、サイズが大きくてしっかりしたものを選ぶのがおすすめです。

③メーカーや商品の特性で選ぶ

高圧洗浄機は種類や機種も含めると、多種多様です。色々なメーカーからも販売されていて、高圧洗浄機の有名なメーカーもあります。

また、静音性に優れていたり、汚れ落ちのスピードが速く洗浄時間が短縮できるものであったり、機種によって特性が異なります。

商品の特性を考慮したうえで選ぶのもいいですし、有名なメーカーからおすすめの高圧洗浄機を選ぶのもいいでしょう。

おすすめの業務用洗浄機

耐久性に優れ、使用頻度が高い人におすすめの業務用洗浄機は、どんな商品がいいのでしょうか。まずはおすすめの業務用洗浄機から紹介します。

①ケルヒャー 冷水高圧洗浄機 HD 7/15 CX

ケルヒャー 冷水高圧洗浄機 HD 7/15 CX 60Hz

200V電源に対応したハイパワーな業務用高圧洗浄機で、特記するべきはその耐久性です。

ポンプシリンダーヘッドと給水部が真鍮製になっていて、業務用らしく耐摩耗性と耐腐食性に優れています。

また、ハイパワーでありながらコンパクトであるところもおすすめで、強力な洗浄力を求めて業務用高圧洗浄機を家庭で使用したい人にもピッタリです。

②クランツレ 業務用 冷水高圧洗浄機 K-1122TST

業務用高圧洗浄機を初めて使用する人には、こちらの商品をおすすめします。電源は100Vですが、水圧は100V電源の中ではトップクラスの強さです。

100Vでありながら、200Vと同じポンプを採用していることで吐出圧力に耐える仕様になっているため、耐久性にも優れています。

③リョービ AJP-4210GQ

リョービ AJP-4210GQ(50Hz) 高圧洗浄機

業務用高圧洗浄機は、多くのモデルで10万円以上の価格設定になっていますが、リョービのこの高圧洗浄機は、6万円程度で購入が可能なので、リーズナブルなものを探している人にもおすすめです。

静音性にも優れているうえ、一日2回使用しても耐えることができる耐久性、そしてコンパクトなところもおすすめのポイントです。

外壁や洗車におすすめの家庭用高圧洗浄機

次に、外壁や洗車をするのにおすすめの家庭で手軽に使用できる家庭用高圧洗浄機をご紹介します。

①アイリスオーヤマ 高圧洗浄機 温水対応タンク式 SBT-512N

【デッキブラシ+回転ブラシセット】アイリスオーヤマ 高圧洗浄機 静音タイプ 温水対応 タンク式 SBT-512N

電化製品などでも人気を博しているアイリスオーヤマからも、高圧洗浄機が発売されています。こちらの高圧洗浄機は、タンク式なので残り湯や雨水などを貯水して使えるのがおすすめポイントです。

タンク式で水道が近くになくても使えるため、外壁を一周洗浄することも可能です。ノズルやホースをタンクの中に入れられるので、使用後は比較的コンパクトに収納できます。

②ヒダカ 高圧洗浄機 HK-1890

ヒダカ 高圧洗浄機 HK-1890 (標準セット) 50Hz (東日本地区専用) 【国内最高クラスの圧力!】

高圧ホースがセットされていて、外壁などの高い位置の洗浄に役立ちます。使い方のDVDが付属していて、初めて高圧洗浄機を使用する人にもおすすめです。

ノズルも2種類セットされているため、使用用途に応じて使い分けできるのもおすすめポイントです。外壁だけでなく、洗車や細かい部分の清掃にも向いています。

ただし、こちらの高圧洗浄機は東日本と西日本と使用地域を分けられているので、購入時には注意が必要です。

③日立工機 家庭用高圧洗浄機 FAW105(S)

HiKOKI(旧日立工機) 高圧洗浄機 FAW105(S)

水道に接続して使用するタイプの高圧洗浄機ですが、他の水道式高圧洗浄機に比べると、しっかりと節水できるので家庭での使用でも安心です。

コンパクトなポータブルタイプなので、置き場所が限られている人にもおすすめです。洗車はもちろん、延長高圧ホースが付属しているので外壁にも使用できます。

おすすめの静音に特化した高圧洗浄機

続いて紹介するのは、静音に特化した高圧洗浄機です。家庭での使用は近隣への騒音も気になるところですよね。静音に優れている高圧洗浄機を見てみましょう。

ケルヒャー K4サイレントホームキット

ケルヒャー(KARCHER) 高圧洗浄機 K 4 サイレント ホームキット(50Hz)

静音性を重視するなら、ケルヒャーのK4サイレントホームキットがおすすめです。特徴は水冷式モーターを使用していることで、同社の他のモデルと比較しても人が感じるノイズ音が約半分に抑えられています。

そのため、住宅街でも静かに使用することができ、密接した住宅地でも気兼ねなく使用できます。

水ハネが少ないのも魅力的で、車の洗浄だけでなく、多目的な洗浄に向いています。

メーカー別おすすめの高圧洗浄機

最後は、おすすめの高圧洗浄機のおすすめメーカーを紹介します。有名なメーカーの高圧洗浄機を使用したい人は、参考にしましょう。

①ケルヒャー 高圧洗浄器 K2クラシックプラス K2CP

KARCHER(ケルヒャー) 高圧洗浄器 【洗剤タンク付き ・ コンパクト】 K2クラシックプラス K2CP

ケルヒャーはドイツに本社があるメーカーで、高圧洗浄機の中ではトップクラスの人気を誇っています。

そのケルヒャーの商品の中で、K2クラシックプラス K2CPはコンパクトであり、音が静かなところも魅力的なところです。

水圧も家庭で使うのには十分な強さで、女性にも扱いやすいです。1万円程度で購入が可能なのでコスパも申し分ありません。

②リョービ AJP-1700V 699700A

リョービ(RYOBI) 高圧洗浄機 AJP-1700V 699700A

リョービは日本のメーカーで、高圧洗浄機のメーカーとしては日本で人気が高いのが特徴です。

リョービのAJP-1700V 699700Aは、高い所の洗浄に適していて、調整機能が手元に搭載されているため、使いやすいと評判になっています。

大型車輪がついているので、移動も楽にできるところもおすすめポイントです。ノズル類は本体に入れることができ、コンパクトに収納できます。

自分にあった高圧洗浄機で生活を快適に!

高圧洗浄機のおすすめの商品を紹介しました。高圧洗浄機は大きさや重さ、水圧など機種やタイプがたくさんあり、自分の使い勝手のいいものを選ぶことができます。

有名なメーカーの高圧洗浄機を選ぶのもおすすめですが、まずは自分の使用用途に合ったものを選ぶのがおすすめです。

自分に合った高圧洗浄機を選んで、家庭での洗浄に是非役立てましょう。

関連する投稿


【急発進を防止】『ペダルの見張り番Ⅱ』 でペダルの踏み間違えを防止!!

【急発進を防止】『ペダルの見張り番Ⅱ』 でペダルの踏み間違えを防止!!

オートバックス専売の、データシステムが手掛けるペダル踏み間違え防止装置『ペダルの見張り番』は自動車のアフターパーツとしては異例の大ヒットでした。そしてついに『ペダルの見張り番Ⅱ』も登場! 高齢者の重大事故が社会問題となっている昨今。本記事では『ペダルの見張り番Ⅱ』とは一体どんなものなのかご紹介していきます。


大ヒット!ペダル踏み間違い防止・対策に「ペダルの見張り番」

大ヒット!ペダル踏み間違い防止・対策に「ペダルの見張り番」

オートバックスセブンから発売されている、ペダル踏み間違え防止装置『ペダルの見張り番』は自動車のアフターパーツとしては異例の大ヒットとなっています。 高齢者の重大事故が社会問題となっている背景もあり、注目されるこの商品ですが、一体どんなものなのか動画も含めてご紹介していきます。


【今こそ知りたい】ガラスコーティング、洗車時の注意点とおすすめコーティング剤は?

【今こそ知りたい】ガラスコーティング、洗車時の注意点とおすすめコーティング剤は?

カーコーティングの中でも硬いガラス質の皮膜でボディを多い、キズに強いと言われている「ガラスコーティグ」。本記事ではガラスコーティングとは何かといった疑問から、ガラスコーティングのメリット、ポリマーコーティングやワックスとの違い、コーティング後の洗車方法や注意点、おすすめのコーティング剤についてを紹介しています。


電子ドアミラー?サイドミラーの進化?修理方法も詳しく紹介

電子ドアミラー?サイドミラーの進化?修理方法も詳しく紹介

車に乗るときサイドミラーは調整しますか?実は調整方法をご存知な方は意外と少ないかもしれません。 サイドミラーも年々進化をしており最近ではカメラを搭載することが可能になりました。サイドミラーの修理方法や自分で行う場合のやり方を徹底的に紹介していきます。


ポリマーコーティングによる特別な効果を確認しよう

ポリマーコーティングによる特別な効果を確認しよう

ポリマーコーティングとはどんなものでしょうか。具体的な意味と使用時の効果について、気になる値段を調べてワックスの上手な方法やコーティングの効果や耐久性における詳しい分析について調べてみます。メンテナンスの手入れの方法など、ポリマーコーティングの良さを見ていきます。


最新の投稿


スズキのジムニー|燃費から価格・中古車価格 新型の評価を合わせて紹介

スズキのジムニー|燃費から価格・中古車価格 新型の評価を合わせて紹介

スズキの軽自動車「ジムニー」の燃費や性能、価格も含めてご紹介していきます。これから車の購入を検討している方は是非参考にしてください。


ホンダのモビリオ スパイク 中古車情報、スペック、燃費、評価など

ホンダのモビリオ スパイク 中古車情報、スペック、燃費、評価など

みなさんはホンダのモビリオスパイクをご存知でしょうか。モビリオスパイクは小型のトールワゴンです。2002年から2008年まで発売されていました。本記事ではモビリオスパイクの中古車価格をはじめ、スペック、燃費、評価についてもまとめています。


スズキのハッチバック バレーノってどんな車?中古車価格、スペック、燃費、評価ほか

スズキのハッチバック バレーノってどんな車?中古車価格、スペック、燃費、評価ほか

スズキから発売されているバレーノは、ハッチバック型の乗用車です。インドで生産され、世界に発売されています。2019年春ごろよりインド市場のトヨタへOEM供給される予定です。そんなスズキのバレーノについてご紹介していきましょう。


日産のミッドサイズSUV デュアリスの中古車価格、スペック、燃費、評価一覧

日産のミッドサイズSUV デュアリスの中古車価格、スペック、燃費、評価一覧

デュアリスとは、日産のミドルサイズのSUVです。日本では販売終了してしまいましたが、各国では名前を変えて発売されています。「キャシュカイ(QASHQAI)」もしくは「ローグ スポーツ(ROGUE SPORT)」など、一度は車名を聞いたことがあるのではないでしょうか。これが元デュアリスなんです。本記事では改めて日産のSUV、デュアリスについてまとめています。


【カーメイト調べ】半数以上が今後360度録画可能ドラレコが欲しいと回答!

【カーメイト調べ】半数以上が今後360度録画可能ドラレコが欲しいと回答!

カーメイトは、同社製品ユーザーを対象とした交通トラブル実態調査を実施。その結果、ドライブレコーダーの映像が最も活用されたのは「側面衝突」だったことが明らかになりました。また、今後購入するなら360度録画可能のドラレコという意見も上がっています。