トップへ戻る

【タイプ別2019年最新情報】おすすめ!人気の高圧洗浄機

【タイプ別2019年最新情報】おすすめ!人気の高圧洗浄機

高圧洗浄機は洗車に使ったり外壁を洗浄したり、あらゆる場所の洗浄に便利なので、購入を考えている人もいるでしょう。そこで今回は、ケルヒャーなどの有名なメーカーを含め、家庭用と業務用のおすすめの高圧洗浄機を紹介します。気になる動作音を抑える静音タイプも紹介しています。

⏳この記事は約3~4分で読めます。


おすすめの高圧洗浄機ランキングから自分にあった物を見つけよう

洗浄力の高さが魅力的な高圧洗浄機ですが、いざ購入するとなると、どんなものがいいのか悩んでしまいますよね。

特に初めて高圧洗浄機を購入する場合は、何を基準に選ぶべきかが明確ではないこともあるでしょう。

そこで、数ある高圧洗浄機の中から自分にあったものを見つけるために、おすすめの高圧洗浄機を紹介します。

高圧洗浄機の種類の選び方

高圧洗浄機のおすすめから、自分に合った物を見つけるためには、どのように高圧洗浄機を選ぶべきかを知っておかなければなりません。

ますは、高圧洗浄機の種類のおすすめの選び方から見てみましょう。

①ポータブルタイプ

ポータブルタイプの高圧洗浄機の最大の特徴は、コンパクトで場所をあまりとらないため、保管に便利なところです。

家庭で簡単に使用するような場合は、ポータブルタイプの高圧洗浄機を選ぶのがおすすめです。

使用用途としては、ガーデニング用品・自転車・バイク・網戸・小型~中型車などの洗浄に適しています。

②据え置きタイプ

家庭で使う高圧洗浄機の種類には、ポータブルタイプの他に据え置きタイプの高圧洗浄機があります。

据え置きタイプの高圧洗浄機は、高いところまで水が届くものもあり、比較的広い範囲の洗浄に向いています。

例えば、外壁や石畳・大型車・農耕機、2階の窓など高いところの汚れを洗浄したい場合には据え置きタイプの高圧洗浄機を選ぶのがおすすめです。

③業務用タイプ

家庭向けの高圧洗浄機に対し、業務用タイプの高圧洗浄機も販売されています。家庭用の高圧洗浄機でも業務用と同じくらい汚れは落とせますが、業務用高圧洗浄機は、家庭用に比べると耐久性に優れています。

そもそも家庭用の高圧洗浄機は、業務用に比べると使用頻度が少ないと想定されて作られています。

当然のことですが、業務用は毎日使用することを想定して作られているので、耐久性も高くなるのです。

そのため、使用頻度がとても高い人は業務用の高圧洗浄機を選ぶのがおすすめです。

高圧洗浄機の機種の選び方

高圧洗浄機の種類選びも大切ですが、機種についても考慮しなければなりません。どのような高圧洗浄機が自分には向いているのかを知るためには、機種のおすすめの選び方から考えてみましょう。

①節水の度合いで選ぶ

高圧洗浄機の機種を選ぶとき、水の使用量について検討する必要があります。高圧洗浄機は、ホース洗浄に比べると節水が可能ですが、機種によってはさらに節水が可能になります。

圧力を調整できるタイプの高圧洗浄機なら、無駄な水の使用が防げるため節水が可能です。また、タンクタイプや貯水を利用する高圧洗浄機は残り湯を再利用できるため、かなりの節水になります。

②サイズや重さなど商品の特性で選ぶ

どんなにおすすめの高圧洗浄機でも、サイズや重さが合わなければ意味がありません。収納場所が小さく、使用する場所も限られているなら、コンパクトなものを選ぶのがおすすめです。

一般的に重さがあるものは洗浄力が強いため、使用箇所が広くて収納場所も十分に取れるなら、サイズが大きくてしっかりしたものを選ぶのがおすすめです。

③メーカーや商品の特性で選ぶ

高圧洗浄機は種類や機種も含めると、多種多様です。色々なメーカーからも販売されていて、高圧洗浄機の有名なメーカーもあります。

また、静音性に優れていたり、汚れ落ちのスピードが速く洗浄時間が短縮できるものであったり、機種によって特性が異なります。

商品の特性を考慮したうえで選ぶのもいいですし、有名なメーカーからおすすめの高圧洗浄機を選ぶのもいいでしょう。

おすすめの業務用洗浄機

耐久性に優れ、使用頻度が高い人におすすめの業務用洗浄機は、どんな商品がいいのでしょうか。まずはおすすめの業務用洗浄機から紹介します。

①ケルヒャー 冷水高圧洗浄機 HD 7/15 CX

ケルヒャー 冷水高圧洗浄機 HD 7/15 CX 60Hz

200V電源に対応したハイパワーな業務用高圧洗浄機で、特記するべきはその耐久性です。

ポンプシリンダーヘッドと給水部が真鍮製になっていて、業務用らしく耐摩耗性と耐腐食性に優れています。

また、ハイパワーでありながらコンパクトであるところもおすすめで、強力な洗浄力を求めて業務用高圧洗浄機を家庭で使用したい人にもピッタリです。

②クランツレ 業務用 冷水高圧洗浄機 K-1122TST

業務用高圧洗浄機を初めて使用する人には、こちらの商品をおすすめします。電源は100Vですが、水圧は100V電源の中ではトップクラスの強さです。

100Vでありながら、200Vと同じポンプを採用していることで吐出圧力に耐える仕様になっているため、耐久性にも優れています。

③リョービ AJP-4210GQ

リョービ AJP-4210GQ(50Hz) 高圧洗浄機

業務用高圧洗浄機は、多くのモデルで10万円以上の価格設定になっていますが、リョービのこの高圧洗浄機は、6万円程度で購入が可能なので、リーズナブルなものを探している人にもおすすめです。

静音性にも優れているうえ、一日2回使用しても耐えることができる耐久性、そしてコンパクトなところもおすすめのポイントです。

外壁や洗車におすすめの家庭用高圧洗浄機

次に、外壁や洗車をするのにおすすめの家庭で手軽に使用できる家庭用高圧洗浄機をご紹介します。

①アイリスオーヤマ 高圧洗浄機 温水対応タンク式 SBT-512N

【デッキブラシ+回転ブラシセット】アイリスオーヤマ 高圧洗浄機 静音タイプ 温水対応 タンク式 SBT-512N

電化製品などでも人気を博しているアイリスオーヤマからも、高圧洗浄機が発売されています。こちらの高圧洗浄機は、タンク式なので残り湯や雨水などを貯水して使えるのがおすすめポイントです。

タンク式で水道が近くになくても使えるため、外壁を一周洗浄することも可能です。ノズルやホースをタンクの中に入れられるので、使用後は比較的コンパクトに収納できます。

②ヒダカ 高圧洗浄機 HK-1890

ヒダカ 高圧洗浄機 HK-1890 (標準セット) 50Hz (東日本地区専用) 【国内最高クラスの圧力!】

高圧ホースがセットされていて、外壁などの高い位置の洗浄に役立ちます。使い方のDVDが付属していて、初めて高圧洗浄機を使用する人にもおすすめです。

ノズルも2種類セットされているため、使用用途に応じて使い分けできるのもおすすめポイントです。外壁だけでなく、洗車や細かい部分の清掃にも向いています。

ただし、こちらの高圧洗浄機は東日本と西日本と使用地域を分けられているので、購入時には注意が必要です。

③日立工機 家庭用高圧洗浄機 FAW105(S)

HiKOKI(旧日立工機) 高圧洗浄機 FAW105(S)

水道に接続して使用するタイプの高圧洗浄機ですが、他の水道式高圧洗浄機に比べると、しっかりと節水できるので家庭での使用でも安心です。

コンパクトなポータブルタイプなので、置き場所が限られている人にもおすすめです。洗車はもちろん、延長高圧ホースが付属しているので外壁にも使用できます。

おすすめの静音に特化した高圧洗浄機

続いて紹介するのは、静音に特化した高圧洗浄機です。家庭での使用は近隣への騒音も気になるところですよね。静音に優れている高圧洗浄機を見てみましょう。

ケルヒャー K4サイレントホームキット

ケルヒャー(KARCHER) 高圧洗浄機 K 4 サイレント ホームキット(50Hz)

静音性を重視するなら、ケルヒャーのK4サイレントホームキットがおすすめです。特徴は水冷式モーターを使用していることで、同社の他のモデルと比較しても人が感じるノイズ音が約半分に抑えられています。

そのため、住宅街でも静かに使用することができ、密接した住宅地でも気兼ねなく使用できます。

水ハネが少ないのも魅力的で、車の洗浄だけでなく、多目的な洗浄に向いています。

メーカー別おすすめの高圧洗浄機

最後は、おすすめの高圧洗浄機のおすすめメーカーを紹介します。有名なメーカーの高圧洗浄機を使用したい人は、参考にしましょう。

①ケルヒャー 高圧洗浄器 K2クラシックプラス K2CP

KARCHER(ケルヒャー) 高圧洗浄器 【洗剤タンク付き ・ コンパクト】 K2クラシックプラス K2CP

ケルヒャーはドイツに本社があるメーカーで、高圧洗浄機の中ではトップクラスの人気を誇っています。

そのケルヒャーの商品の中で、K2クラシックプラス K2CPはコンパクトであり、音が静かなところも魅力的なところです。

水圧も家庭で使うのには十分な強さで、女性にも扱いやすいです。1万円程度で購入が可能なのでコスパも申し分ありません。

②リョービ AJP-1700V 699700A

リョービ(RYOBI) 高圧洗浄機 AJP-1700V 699700A

リョービは日本のメーカーで、高圧洗浄機のメーカーとしては日本で人気が高いのが特徴です。

リョービのAJP-1700V 699700Aは、高い所の洗浄に適していて、調整機能が手元に搭載されているため、使いやすいと評判になっています。

大型車輪がついているので、移動も楽にできるところもおすすめポイントです。ノズル類は本体に入れることができ、コンパクトに収納できます。

自分にあった高圧洗浄機で生活を快適に!

高圧洗浄機のおすすめの商品を紹介しました。高圧洗浄機は大きさや重さ、水圧など機種やタイプがたくさんあり、自分の使い勝手のいいものを選ぶことができます。

有名なメーカーの高圧洗浄機を選ぶのもおすすめですが、まずは自分の使用用途に合ったものを選ぶのがおすすめです。

自分に合った高圧洗浄機を選んで、家庭での洗浄に是非役立てましょう。

関連する投稿


おすすめカースポンジをご紹介!どうやって使い分ければいい?

おすすめカースポンジをご紹介!どうやって使い分ければいい?

車の洗車に必要なカースポンジですが、その種類はとても多く、どのスポンジを使えば良いか迷うものです。今回は洗車やワックスに適したスポンジの選び方や用途について説明していきます。スポンジの素材や形状についても触れてみたいと思います。


車のコーティング剤のおすすめ10選!種類の違いや選び方のポイント

車のコーティング剤のおすすめ10選!種類の違いや選び方のポイント

車用コーティング剤は艶が出るだけでなく、撥水や塗装の保護効果が期待できるカーメンテナンス用品です。セルフで施工できるものが多く、費用も安い商品が多いので選択に迷うものです。この記事では、車用コーティング剤の種類や選び方、またおすすめ商品をご紹介します。


【タイヤ交換】所要時間&料金相場比較!タイヤ持ち込み対応のお店一覧も

【タイヤ交換】所要時間&料金相場比較!タイヤ持ち込み対応のお店一覧も

タイヤの溝がすり減ってきて、タイヤ交換の時期...。これからタイヤ交換を考えている方に必要な情報を一覧で分かりやすくご紹介します。具体的には、タイヤ交換の所要時間と工賃比較、自分で選んだタイヤを持ち込みできるお店をご紹介します。


コイン洗車場の使い方 必要な準備 覚えておくべきマナーは?

コイン洗車場の使い方 必要な準備 覚えておくべきマナーは?

洗車したいけれども自宅にスペースがない場合、「コイン洗車場」を活用している方も多いと思います。しかし、コイン洗車場を初めて利用する方にとっては、どんなルールがあるのだろう?と敷居が高く感じてしまうもの。今回は初心者でも安心して洗車場で洗車するためのノウハウをわかりやすくご紹介します。


いつでも愛車をピカピカに!洗車機を賢く利用しよう!

いつでも愛車をピカピカに!洗車機を賢く利用しよう!

どんなに魅力的なデザインの車や高級車であっても、汚れていては台無しです。逆にある程度古い車であっても綺麗な状態を保つことができればとても魅力的に見えます。なので、定期的に洗車をして愛車をいつでもピカピカの状態にしておきたいものです。とはいえ、手作業での洗車には手間や時間がかかります。忙しい方の場合、頻繁に洗車をする余裕がないかもしれません。そこで便利なのが洗車機です。今回はそんな洗車機を賢く利用する方法をご紹介します。


最新の投稿


おすすめ収納グッズ!このグッズで車内を快適に!

おすすめ収納グッズ!このグッズで車内を快適に!

車の収納にご不便をお感じになられたことがある方は、意外に多くいらっしゃるのではないでしょうか。そういった場面で重宝するグッズに、収納グッズと呼ばれるものが御座います。収納グッズと呼ばれるものは種類も豊富で、用途により使い分けることで、より快適に車内を使用することが出来るものばかりです。本記事では収納グッズの選び方のほか、おすすめ商品もご紹介していきます。


おすすめカースポンジをご紹介!どうやって使い分ければいい?

おすすめカースポンジをご紹介!どうやって使い分ければいい?

車の洗車に必要なカースポンジですが、その種類はとても多く、どのスポンジを使えば良いか迷うものです。今回は洗車やワックスに適したスポンジの選び方や用途について説明していきます。スポンジの素材や形状についても触れてみたいと思います。


転回とは?標識の意味から上手なやり方まで詳しくまとめてみた

転回とは?標識の意味から上手なやり方まで詳しくまとめてみた

免許を取得した際には確実に勉強したはずの「転回」。では一体なんのこと?と聞かれると、よどみなく答えられる方は意外と少なかったりするのでは。まだまだ意味を覚えてるよ!という初心者の方から、ちょっと怪しいかも?というベテランの方まで、この記事を読めば転回について詳しくなれること間違いなしです。してはいけない場所、上手なやり方など、役立つ情報をご紹介していきます。


中古車オークションでトクする中古車選び、業者じゃなくても使える?

中古車オークションでトクする中古車選び、業者じゃなくても使える?

先行き不安な現代ですから、車にかけるお金はできるだけ節約したいところですよね。新車に比べてお買い得な中古車、さらにお安く手に入れる方法としてよく聞かれるのが「中古車オークション」。オークションの仕組み自体はご存知でも、実際にご自分で参加できるのかなど、詳しくは知らない方も多いのでは。この記事では、中古車オークションに関して詳しく解説していきます。


車の新しい乗り方「サブスクリプション」のメリットとデメリットとは

車の新しい乗り方「サブスクリプション」のメリットとデメリットとは

ちょっと前まではあまり聞かれなかった「サブスクリプション」という言葉、最近よく耳にしませんか。スマホのサービスなどだけでなく、車の所有方法にまで広まってきているサブスクリプション(サブスク)。これまでの所有形態と比べてどのようなメリット・デメリットがあるのでしょうか。CMや広告でよく見る車のサブスクが気になっていた方は必見です。