トップへ戻る

コンパクトながらやはりレクサス|UXスペック・価格・評価ほか

コンパクトながらやはりレクサス|UXスペック・価格・評価ほか

レクサスからコンパクトSUV・新型UXが発売されました。UXはレクサスファン以外の方からも大きな注目を集めています。UXはこれまでレクサスから販売されているSUVから多くの魅力を詰め込んだ車種といえます。今回は、そんなUXのスペック・価格・評価などをご紹介していきます。

⏳この記事は約3~4分で読めます。


レクサスUXの魅力

SUVのジャンルのひとつとしてすっかり定着したクロスオーバー車。SUVのなかでも昔ながらの本格オフローダー四駆はクロスカントリーと呼ばれ一線を画す存在ですが、今ではランクルやラングラーなどのごく少数派となりました。

90年代にそんなクロスカントリーに変わってデビューしたのがクロスオーバー。英語のCrossoverは交わりや交差を意味しますが、自動車の世界では複数のジャンルが交わったモデルといったニュアンスで使われています。

レクサスUXも自らを都会派コンパクトクロスオーバーと呼び、2018年11月27日に発売されました。

レクサス UX エクステリアを重視したモデル|画像で紹介

リアコンビネーションも既存のレクサスとは違い、左右一体の翼形状が個性的なUX。デザインだけでなく、空力性能も備え持っているところがレクサスらしさを感じさせます。

レクサスUXは日本に適したサイズ感

レクサスUXのボディサイズをみてみると、全長4495㎜×全幅1840㎜×全高1540㎜。NXと比較してみると全長は145㎜短くなっていることがわかります。

これまではNXでも大きすぎないサイズで博してきたのですから、これくらいの長さは都心部でも取り回しに気を遣うことがさらに少なくなる、まさに街乗りするには最適なサイズ感といえるでしょう。

タワーパーキングにもギリギリで収まるサイズではあるのですが、コンパクトか?ときかれるとそう呼べる部類でもありません。普通に使う分には持て余して困るというほどの大きさではなく、室内のスペースは運転席まわりをダッシュボードがドライバーを囲むようなデザインになっていることから、程よいタイトな印象を受けます。

レクサスならではの乗り心地

高い操作性、グリップ性、コーナリング、安定性、剛性、低重心化。これらはクロカンで求めることができない部分ですが、自らをクロスオーバーと呼ぶUXはそこを満たしてくれる車といえるでしょう。

ホイルベースが2640㎜ということもあり、より小回りがきく車となっています。

レクサスUXの内装が粋すぎる|画像で紹介

レクサスUXのUX250h F SPORTと、ガソリンモデルUX200それぞれの内装画像の一例をご紹介します。

レクサスUX250hのF SPORT

スタイリッシュな黒をベースとし赤を組み合わせることで、都会派をイメージさせるスポーティーなデザインとなっています。プレミアム感はありながら、大人の落ち着きを感じさせるのが、レクサスならではというところでしょう。

また、各所にあしらわれる赤のステッチが内装のアクセントになっていて、インテリアに統一感を持たせています。

UX200

グレートブラックの組み合わせで上質感を形にしているUX200の内装は、一見シンプルにみえますが日本らしい美意識が積極的に取り入れられています。

フロントシートには繊細なキルティングや通気性を向上させる穴あけ加工が施されており、洗練されたみた目と実用性を両立した設計になっています。

その他にも、自分好みで内装の色や変えることは可能なので、気になる方はぜひ、公式サイトをチェックしてみてください。

レクサスUXの燃費

レクサスUXのハイブリッド・ガソリンのカタログとWLTCモードの燃費をそれぞれ紹介します。

UX250hのカタログ燃費

e燃費によるレクサス UX250hの平均実燃費 17.52km/L

2WDAWD(4WD)
JC08モード燃費27.0㎞/L25.2㎞/L
WLTCモード22.8㎞/L21.6㎞/L
市街地モード(WLTC-L)22.0㎞/L21.1㎞/L
郊外モード(WLTC-M)23.4㎞/L21.7㎞/L
高速道路モード(WLTC-H)
22.7㎞/L21.7㎞/L
※上記燃費はメーカー公式サイトより(2020年3月現在)

ガソリン車の燃費性能


2WD
JC08モード燃費17.2㎞/L
WLTCモード16.4㎞/L
市街地モード(WLTC-L)

12.8㎞/L

郊外モード(WLTC-M)16.4㎞/L
高速道路モード(WLTC-H)
18.7㎞/L
※上記燃費はメーカー公式サイトより(2020年3月現在)

レクサスUXのエンジンと仕様

エンジンラインナップをガソリンとハイブリッドで紹介します。どちらも新開発されたもので最新の技術が搭載されています。

・UX200(2.0ダイナミックフォースエンジン)
・直列4気筒
・総排気量1986
・最高出力(Kw/rpm)128/6600
・最大トルク(N・m/rpm)209/4000~5200
・トランスミッション:CVT
・使用ガソリン:ハイオク

馬力も約170PS出ているので不満のないエンジンパワーです。

・UX250h(ハイブリッド)
・直列4気筒
・総排気量1986
・最高出力(Kw/rpm)107/6000
・最大トルク(N・m/rpm)188/4400
・トランスアクスルタイプ 2モーター機械分配式
・フロントモーター最高出力 80Kw(109PS)
・フロントモーター最大トルク 202N・m(20.6kgf・m)
・リヤモーター最高出力 5Kw(7PS)
・リヤモーター最大トルク 55N・m(5.6kgf・m)

ドライバーの運転や道路状況に合わせて最適なハイブリッドバッテリーの充放電を制御する機能を初採用されています。

レクサスUXの価格

メーカー希望小売価格(消費税込み)
グレード2WD4WD
UX250h“version L”
5,184,259円
5,449,074円
UX250h“F SPORT”
4,868,519円
5,133,334円 
UX250h“version C”
4,573,148円
4,837,963円 
UX250h
4,328,704円
4,593,519円

UX200“version L”
4,827,778円
UX200“F SPORT”
4,512,037円
UX200“version C”
4,216,666円 
UX200
3,972,222円
※上記価格はメーカー公式サイトより(2020年3月現在)


まとめ

レクサスUXは都会派クロスオーバーという、これまでのレクサスのラインナップにはなかった新進気鋭のコンパクトSUVとして登場しました。

レクサスSUVのなかではもっとも手が届きやすい価格帯であり、ビジュアルや街乗りにも適したサイズ感から、これまでレクサスを意識しつつも避けていた層にも支持される車となることでしょう。

関連するキーワード


レクサス 車種情報 UX SUV

関連する投稿


トヨタ ヤリスクロスはライバル多数でもまだ「買い」か?徹底比較!

トヨタ ヤリスクロスはライバル多数でもまだ「買い」か?徹底比較!

とどまるところを知らないSUVブームの中でも、特に人気が高く各メーカーがしのぎを削っているのはコンパクトSUVクラス。コンパクトSUVだけで3車種も用意するトヨタのラインナップの中でも、登場が最も新しく人気を牽引しているのが「ヤリスクロス」です。国産車だけでなく輸入車とも比較されるような完成度の高さが話題のヤリスクロス、登場から1年が経つ今も「買い」なのか調査しました。


マツダ CX-5のグレードを解説、ベストチョイスはこれだ!

マツダ CX-5のグレードを解説、ベストチョイスはこれだ!

欲しい車種が決まったら次はグレード選びです。そこで、まず車種のグレードの内容と特長を把握して自分に必要なグレードを判断することが重要になります。今回はマツダの人気SUVであるCX-5のグレードについて解説し、CX-5を検討する人のお役に立ちたいと思います。


ホンダ CR-V|7人乗りが登場した、世界で認められるSUVの実力とは?

ホンダ CR-V|7人乗りが登場した、世界で認められるSUVの実力とは?

ホンダ CR-Vは、とくに北米・欧州でその実力を評価され、2019年の世界販売台数では、第4位になりました。5代目となった現行モデルでは、7人乗りが新たに登場しています。今回は、CR-Vの歴史と、現行モデルの実力をまとめています。


7人乗りが8人乗りと比べて人気な理由は?7人乗りのおすすめ車種もご紹介!

7人乗りが8人乗りと比べて人気な理由は?7人乗りのおすすめ車種もご紹介!

大人数が乗車できるクルマは、なにかと重宝します。しかし、購入しようと思う場合に悩むのは「7人乗りにするか」、「8人乗りにするか」ということかもしれません。今回は、そんなときの参考になる記事です。


コンパクトSUVの魅力とは?選ばれる理由とおすすめ車種をご紹介

コンパクトSUVの魅力とは?選ばれる理由とおすすめ車種をご紹介

コンパクトSUVは、クルマの性能と価格のバランスがよく、汎用性が高いことから、人気を得ています。今回は、コンパクトSUVの定義、メリット、おすすめ5車種についてまとめました。


最新の投稿


【2021年最新】レクサス最新SUVラインナップまとめ!新型NXや未発表モデルも詳細予測

【2021年最新】レクサス最新SUVラインナップまとめ!新型NXや未発表モデルも詳細予測

世界的に需要の高い状態が続いているSUVジャンル。国産車の中でもズバ抜けた高級感と走行性能で高いステータス性を誇る高級車ブランド「レクサス」でも、バリエーション豊富にSUVをラインナップしています。2021年には人気のミドルクラスSUV「NX」の新型モデルも登場予定で、これからさらに盛り上がること間違いなしの、レクサスの最新SUV情報をまとめてみました。


原付二種免許取得の費用や期間目安は?1台でなんでもできる神コスパ

原付二種免許取得の費用や期間目安は?1台でなんでもできる神コスパ

新車販売台数の陰りが囁かれる二輪車の世界でも、ここ最近密かにブームなのが「原付二種」ジャンル。通勤通学からお買い物まで普段使いにぴったりな原付二種は、性能と価格のバランスが取れており、ラインナップ拡大中の今こそ選びたい旬のバイクです。これから原付二種デビューしたい方のために、原付二種を運転するには必要な免許、その取得費用や期間はどれくらいかまで、詳しくまとめてみました。


【2021年最新】中型バイクの人気車種はコレ!最新普通二輪でニッポンを走り倒そう

【2021年最新】中型バイクの人気車種はコレ!最新普通二輪でニッポンを走り倒そう

原付とは段違いの安定感と余裕のパワー、大型二輪よりも格段に扱いやすい車格とリーズナブルな価格で、人気の中型バイク。ひと昔前と比べるとバイク需要の縮小も囁かれますが、最新の中型バイクなら、乗用車さながらの高級装備も多数揃っているモデルも多く、満足度も満点です。毎日の生活にちょうどよい刺激をもたらしてくれるバイクデビューを、この記事でご紹介する中型バイクでしてみてはいかがでしょう。


【2021年最新】ホンダの現行軽自動車全車種まとめ!上質感が光るNシリーズをイッキ見

【2021年最新】ホンダの現行軽自動車全車種まとめ!上質感が光るNシリーズをイッキ見

近年さらに人気が高まり続けている激戦の軽自動車業界で、軽自動車メーカーとして二大巨頭のスズキとダイハツに負けることなく、普通車思考の上質感を備えた魅力的な軽自動車の数々で大いにヒットを飛ばしているのがホンダです。初代N~BOXの登場から風向きの変わったホンダの軽自動車、人気の秘訣はどんなところにあるのでしょうか?ラインナップ全体をまとめましたので、ぜひ確認してみてください。


【2021年最新】ホンダの現行スライドドア車まとめ!人気のミニバン3兄弟と軽に注目

【2021年最新】ホンダの現行スライドドア車まとめ!人気のミニバン3兄弟と軽に注目

日々のカーライフで便利に使えるスライドドア。ファミリーだけでなくビジネス向けの車でも人気の装備となっており、その便利さはお墨付きです。ホンダのスライドドア車は、乗り降りのしやすさや荷物の積み下ろしのしやすさはもちろんながら、ホンダらしい細やかな工夫もたくさん詰まっています。魅力的なホンダの現行スライドドア車を一堂にまとめてみましたので、ぜひ車選びの参考にしてみてください。