目次へ戻る

コンパクトながら走りはやはりレクサス|UXスペック・価格・評価ほか

コンパクトながら走りはやはりレクサス|UXスペック・価格・評価ほか

レクサスから新型UXが発売され、世界的にも人気のあるコンパクトSUVのカテゴリに投入されるUXはレクサスファン以外の方からも大きな注目を集めています。UXはこれまでレクサスから販売されているSUVから引き継いだ性能を詰め込んだ車種といえます。今回は、そのようなUXの規格・価格・評価などをご紹介していきます。


レクサスUXの魅力

SUVのジャンルのひとつとしてすっかり定着したクロスオーバー車。SUVのなかでも昔ながらの本格オフローダー四駆はクロスカントリーと呼ばれ一線を画す存在ですが、今ではランクルやラングラーなどのごく少数派となりました。

90年代にそんなクロスカントリーに変わってデビューしたのがクロスオーバー。英語のCrossoverは交わりや交差を意味しますが、自動車の世界では複数のジャンルが交わったモデルといったニュアンスで使われています。

レクサスUXも自らを都会派コンパクトクロスオーバーと呼び、2018年11月27日を期にレクサスから一回り小さなSUVを発売することとなりましたが、すでに納期は半年以上待ちとなるようです。

エクステリアを重視したモデル|画像で紹介

レクサスを象徴するスピンドルグリルは角度により表情を変えるUXオリジナルを採用。ガソリンモデルとハイブリッドモデルはフィンタイプのスピンドリルが起用され、スポーツタイプには既存のレクサスモデルと同じダークメッキモール仕上げのメッシュグリルが採用されています。

前後の張り出したフェンダー、クーペ風の流れるようなボディライン、三眼LEDヘッドランプとアローヘッド形状のクリアランスランプが特徴で、その迫力はワンランク上のクラスのNXにも引けを取らない仕上がりになっています。

リアコンビネーションも既存のレクサスとは違い、左右一体の翼形状が個性的なUX。デザインだけでなく、空力性能も備え持っているところがレクサスらしさを感じさせます。

アルミホイールは、ベースグレードのUX250とバージョンCが215/60R17 96Hタイヤとエアロベンチレーティングアルミホイールを標準装備しており、バージョンLが225/50RF18 95Vランフラットタイヤとダークプレミアムメタリック塗装のアルミホイールを標準装備します。

ボディカラーはこれまでのレクサスにはなかった3つの新色を取り入れ、計13色のカラーバリエーションから自分好みでUXを楽しくことができそうです。

UXは日本に適したサイズ感

レクサスUXのボディサイズをみてみると、全長4495㎜×全幅1840㎜×全高1540㎜。NXと比較してみると全長は145㎜短くなっていることがわかります。これまではNXでも大きすぎないサイズで博してきたのですから、これくらいの長さは都心部でも取り回しに気を遣うことがさらに少なくなる街乗りするには最適なサイズ感といえるでしょう。

タワーパーキングにもギリで収まるサイズではあるのですが、コンパクトか?ときかれるとそう呼べる部類でもありません。普通に使う分には持て余して困るというほどの大きさではなく、室内のスペースは運転席まわりをダッシュボードがドライバーを囲むようなデザインになっていることから、程よいタイトな印象を受けます。

ただし、ハッチゲートを開けてみるとラゲッジスペースの狭さに拍子抜けしてしまうことも。少なくともゴルフバックを積もうとするなら、リアシートを倒さないと無理なつくりになっています。

レクサスならではの乗り心地

高い操作性、グリップ性、コーナリング、安定性、剛性、低重心化。これらはクロカンで求めることができない部分ですが、自らをクロスオーバーと呼ぶUXはそこを満たしてくれる車といえるでしょう。

ホイルベース2640㎜は、ランクル200のホイルベース2850㎜に比べ格段に小回りがきく車となっています。SUVに小回りを求めるのはおかしいかもしれませんが、クロスオーバーはあくまでも実用性ありきの車です。そのあたりは求められことかもしれません。

2016年パリモーターショーではキネティックシートが話題を呼びましたが、市販のモデルでは、残念ながら採用はされませんでした。

さらには、タイヤでもレクサスブランドは手を抜きません。ブリヂストンがトランザT005Aを新車装着用として供給を始めています。トランザT005Aは、新型UXの特徴である操縦安定性や上質な乗り心地の実現に貢献をしています。

また、ランフラットタイヤは内圧がなくなっても所定の速度で一定距離を走行でき、急なパンクが起きても安全な場所まで移動できます。そのようなことから応急用のタイヤが不要となり、車両の軽量化でもタイヤの存在が大きな点といえるのではないでしょうか。

レクサスUXの内装が粋すぎる|画像で紹介

レクサスUXのUX250h F SPORTと、ガソリンモデルUX200それぞれの特徴を比較しながら解説します。

レクサスUX250hのF SPORT

スタイリッシュな黒をベースとし赤を組み合わせることで、都会派をイメージさせるスポーティーなデザインとなっています。プレミアム感はありながら、大人の落ち着きを感じさせるのが、レクサスならではというところでしょう。

また、各所にあしらわれる赤のステッチが内装のアクセントになっていて、インテリアに統一感を持たせています。

UX200

グレートブラックの組み合わせで上質感を形にしているUX200の内装は、一見シンプルにみえますが日本らしい美意識が積極的に取り入れられています。フロントシートには繊細なキルティングや通気性を向上させる穴あけ加工が施されており、洗練されたみた目と実用性を両立した設計になっています。

レクサスUXの燃費

レクサスUXのハイブリッド・ガソリンのカタログとWLTCモードの燃費をそれぞれ紹介します。

ハイブリッドのカタログ燃費

・JC08モード|2WD|27.0㎞/L
・JC08モード|AWD|25.2㎞/L

実燃費に近い、WLTCモードをまとめると、
・市街地モード|21.1㎞/L-22.0㎞/L
・郊外モード|21.7㎞/L-23.4㎞/L
・高速道路モード21.7㎞/L-22.7㎞/L

ガソリン車の燃費性能

・JC08モード|2WD|17.2㎞/L

実燃費に近い、WLTCモードをまとめると、
・市街地モード|12.8㎞/L
・郊外モード|16.4㎞/L
・高速道路モード18.7㎞/L

レクサスUXのエンジンと仕様

エンジンラインナップをガソリンとハイブリッドで紹介します。どちらも新開発されたもので最新の技術が搭載されています。

・UX200(2.0ダイナミックフォースエンジン)
・直列4気筒
・総排気量1986
・最高出力(Kw/rpm)128/6600
・最大トルク(N・m/rpm)209/4000~5200
・トランスミッション:CVT
・使用ガソリン:ハイオク

馬力も約170PS出ているので不満のないエンジンパワーです。

・UX250h(ハイブリッド)
・直列4気筒
・総排気量1986
・最高出力(Kw/rpm)107/6000
・最大トルク(N・m/rpm)188/4400
・トランスアクスルタイプ 2モーター機械分配式
・フロントモーター最高出力 80Kw(109PS)
・フロントモーター最大トルク 202N・m(20.6kgf・m)
・リヤモーター最高出力 5Kw(7PS)
・リヤモーター最大トルク 55N・m(5.6kgf・m)

ドライバーの運転や道路状況に合わせて最適なハイブリッドバッテリーの充放電を制御する機能を初採用されています。

レクサスUXの価格

ここでは、メーカー希望小売価格を紹介します。

・UX250h versionL 2WD(FF):5,090,000円
・UX250h FSPORT 2WD(FF):4,780,000円
・UX250h versionC 2WD(FF):4,490,000円
・UX250h  2WD(FF):4,250,000円

・UX250h versionL AWD:5,350,000円
・UX250h FSPORT AWD:5,040,000円
・UX250h versionC AWD:4,750,000円
・UX250h  AWD:4,510,000円

・UX200 versionL 2WD(FF):4,740,000円
・UX200 FSPORT 2WD(FF):4,430,000円
・UX200 versionC 2WD(FF):4,140,000円
・UX200  2WD(FF):3,900,000円

まとめ

レクサスUXは都会派クロスオーバーという、これまでのレクサスのラインナップにはなかった新たな選択肢として登場しました。レクサスのなかでもっとも手が届きやすい価格帯であり、ビジュアルや街乗りにも適したサイズ感から、これまでレクサスを意識しつつも避けていた層にも支持される車となることでしょう。

関連するキーワード


レクサス 車種情報 UX

関連する投稿


トヨタ レクサスES┃中古価格から評価・口コミ、スペック等 一覧

トヨタ レクサスES┃中古価格から評価・口コミ、スペック等 一覧

高級車「レクサスES」の歴代モデルや性能・燃費などをまとめてみました。「レクサスES」に興味のある方や、乗り換えを考えている方は是非ご覧ください。


レクサスSC|魅力と評価・中古車価格情報を紹介

レクサスSC|魅力と評価・中古車価格情報を紹介

見るものを虜にしてしまうレクサスSC。そのSCのボディは90年代初頭、バブル全盛期に夜の街を駆け巡って人気を博したトヨタソアラを彷彿とさせます。今回は、レクサスSCの魅力と意外な一面、評価、また中古車価格情報を、画像を織り交ぜながらご紹介します。


【5月6日発売】レクサスのSUV NX一部改良!価格は約442万円から

【5月6日発売】レクサスのSUV NX一部改良!価格は約442万円から

レクサスは、SUVのNXを一部改良し、5月6日より販売を開始すると発表しました。価格や、改良点など気になる情報をまとめています。


【2019年保存版】現行レクサス車種一覧 価格・特徴【早わかり】

【2019年保存版】現行レクサス車種一覧 価格・特徴【早わかり】

レクサス、と聞くと高級車だし自分には関係のない車。と決めつけている人はいませんか。それはもったいない!レクサスはもちろん高級車ですが、価格からボディタイプまで様々です!一口にレクサス、と言ってもいろんなモデルがあるんです。本記事では、現行レクサスを一覧にし、特徴や価格をまとめてみました。【4月17日更新】


【日本発売は?】レクサス初のミニバンLM300h!上海モーターショーで初公開

【日本発売は?】レクサス初のミニバンLM300h!上海モーターショーで初公開

レクサスは、4月16日に開幕した上海モーターショー2019で、レクサスブランド初となるミニバンタイプの新型車『LM』(LM300h)を世界初公開しました。大注目のLMの最新情報について見ていきましょう。最新のエクステリア画像・インテリア画像も満載です。そして一番気になるポイント…日本導入はあるんでしょうか?


最新の投稿


日産 オッティ(OTTI)とはどんな車?┃維持費や購入法を徹底解説

日産 オッティ(OTTI)とはどんな車?┃維持費や購入法を徹底解説

オッティを購入しようかどうか迷っているけど詳細が良く分からず悩んでいるという人はいませんか?実は、日産のイメージが強いオッティですが、三菱自動車工業からのOEMで出来ていた車なんです。この記事では、オッティがそもそもどんな車なのか、維持費や購入方法なども含めて詳しく解説しています。是非、記事の内容をご覧いただきオッティを購入する前に参考にしてください!


【違反走行をしないために】知っておくべき道路の路肩に関する規制

【違反走行をしないために】知っておくべき道路の路肩に関する規制

車を運転する人も自転車に乗る人も。みなさんの身近にある道路のすぐ傍にある路肩。実は知らないと警察に捕まってしまうかもしれない規制があることをご存知でしょうか。本記事では改めて、知らないと損するかもしれない、路肩に関連した規制と豆知識についてご紹介しています。


根強い人気があるトヨタの高級セダン クラウン┃中古価格やスペック等 一覧

根強い人気があるトヨタの高級セダン クラウン┃中古価格やスペック等 一覧

クラウンの歴史は古く、60年以上の歴史を持つトヨタの人気車種です。トヨタのクラウンは時を超えて常に、時代とともに挑戦し続けています。初めて発売が開始された1955年から現行のモデル全ての特徴や車のスペックに中古車価格などを分かりやすくまとめました。これからトヨタの「クラウン」を検討している方は、是非参考にしてみてください。


北海道の新千歳空港周辺の駐車場情報21選!料金は?予約はできるの?

北海道の新千歳空港周辺の駐車場情報21選!料金は?予約はできるの?

北海道の新千歳空港。観光客が多く訪れるイメージですが、北海道から外に出る人にとっても大事な場所です。特に車移動が多い北海道では駐車場に車を置いて飛行機を利用する人も多いはず。いざというときのために料金が安い、予約ができる、新千歳空港の近隣の駐車場を把握しておきましょう。


アウディ S1とはどんな車?┃維持費や中古の購入方法を解説

アウディ S1とはどんな車?┃維持費や中古の購入方法を解説

「せっかく車を買うならアウディ S1に乗ってみたい」 「アウディって高いイメージがあるけど実際にその費用に見合うだけの満足感を得られるの?」このようにアウディ S1を購入しようかどうか迷っているけど詳細が良く分からずお悩みではないですか?この記事では、アウディ S1がそもそもどんな車なのか、維持費や購入方法なども含めて詳しく解説しています。是非、記事の内容をご覧いただきアウディ S1を購入する前に参考にしてください!