トップへ戻る

現行レクサスのSUV一覧  スペック・燃費ほか

現行レクサスのSUV一覧 スペック・燃費ほか

レクサスブランドのSUVが根強い人気を博しています。レクサスというネームバリューだけでなく、SUVという人気ジャンルということで、その勢いは止まりません!こちらでは、レクサスから発売されているSUVのスペックを一覧で見ることができます。購入をお考えの方は、ぜひ参考にしてください。

⏳この記事は約3~4分で読めます。


SUVとは?

レクサス 欧州SUVラインナップ

レクサス 欧州SUVラインナップ

現在人気のSUVですが、なぜこれほどまでに多くのメーカーがこぞってSUVを発表しているのでしょうか。

そもそもSUVとは何か?から考えていきましょう。SUVはSport Utility Vehicle(スポーツユーティリティビークル)の頭文字をとってSUVと呼ばれています、日本語に訳せば、多目的スポーツ車です。

日常の通勤や買い物などの普段使いはもちろんのこと、スポーツやレジャーまで多くのシーンで活躍できるのがSUVです。

室内の広さや車高の高さなど全てが多用途に使える設計は、 各メーカーのSUVに共通している点です。

近年ではどのメーカーもSUVをラインナップしています。最近では、軽SUVといったように軽自動車カテゴリでもSUVタイプ、SUV風といったモデルがでていることからもSUV人気が伺えますね。

軽自動車からスーパーカーのランボルギーニまでSUVの人気は止まることを知りません。

このSUV人気はレクサスにも勿論大きな影響を与えているようです。

レクサスとは?

レクサス LC500 インスピレーション シリーズ 2020年モデル Nori Green

レクサス LC500 インスピレーション シリーズ 2020年モデル Nori Green

レクサスと言えば、トヨタの高級車ブランドです。

1989年より北米で展開され、2005年からは国内でも発売されているレクサス。

当時、日本の車=大衆車というイメージが強くあった国外に向けて、トヨタが満を持して発売したのが初代LSでした。

LSは発売初年度だけで約11,600台を売り上げるヒットとなったほか、LSの持つ静粛性と内外装の組上げ精度は、他のメーカーにも大きな衝撃を与えるなど、広範囲に多大な影響を与えました。

【特徴1】オーナーに求められるもの

さて、このレクサスにほれ込んでオーナーになるためには、求められることが幾つかあげられます。

一部では年収制限があるのではないかという噂がありましたが実際のところ年収による制限はありません。

しかしながらオーナーになる条件として、反社会勢力関係と係わりのない事とタクシーとして使用しないこと、といった事は求められる条件の一つです。

また、レクサスのオーナーになればレクサスオーナーズカードが手に入ります。

このレクサスオーナーズカードに憧れる方も多いのではないでしょうか。

レクサスはストックを持たないことでも有名で、完全なオーダーメイド形式をとっています。

しかしその反面、購入から納車まで遅いものだと約半年以上待つ時間が必要なこともあります。その時間的な余裕もレクサスオーナーに求められるものです。

こういったことがレクサスを所有するために求められることです。しかしこれらの条件をクリアーしオーナーになれば、一段上の満足感が得られるのもレクサスの魅力です。

また、レクサスのショールームに行くことで、レクサスが提供するサービスとはいかなるものかが分かるかと思います。

オーナーズカードをお持ちの方はもちろんですが、そうでない方へのサービスも手厚いです。

レクサスが気になっている方は、是非一度レクサスのショールームへ足を運んでみてはいかがでしょうか。

レクサスの現行SUV一覧

レクサスは豊富なラインナップで構成されています。スーパースポーツなレクサスからセカンドカーとして最適なモデル、そしてSUVのレクサスも勿論存在します。

今回はこんなレクサスの中からSUVに焦点を当ててご紹介します。レクサスのSUVは4つのモデルがあり、ご自身の好みや用途に合わせて選ぶことが可能です。
それでは、さっそくレクサスのSUVを見ていきましょう!

(※情報は2019年12月現在のもの)

【レクサス最小のSUV】レクサス・UX

レクサスUX

レクサスUX

レクサスの中でもコンパクトな車体のSUVであるUXは、トヨタのコンパクトSUVであるC-HRをベースモデルに、トヨタ初の女性チーフエンジニアが開発の指揮を取って作られたレクサスです。

レクサスのSUVモデルの中でも、このUXは最小モデルのSUVにあたりますが、決して小さいだけの車ではないのがレクサスです。

ターゲットとしては、女性からセカンドカーとしての使用まで、幅広い層をカバーできるコンパクトSUVと呼ぶのが適当ではないでしょうか。

UX スペック

 
【トヨタ レクサス・UX】 スペック表
ボディサイズ(全長×全幅×全高)4,495×1,840×1,540mm(ホイールベース:2,640mm)
最大乗車定員5名
車両重量1580kg~1610kg
燃費JC08モード:25.2km/L・27.0km/L
エンジン種類直列4気筒
最高出力(kW(PS)/rpm)107 (146) / 6,000(kW(PS)/rpm)
最大トルク(N・m/rpm)188 (19.2) / 4,400(N・m/rpm)
駆動方式前輪駆動・E-Four (電気式4輪駆動方式)
トランスミッション電気式無段変速機

レクサスUX

レクサスUX

レクサスUXの側面画像です

レクサスUX

レクサスUXの後方画像です

レクサスUX

【コンパクトクロスオーバーSUV】レクサス・NX

レクサスNX

レクサスNX

レクサス・NXは数種類あるレクサスSUVの最初のモデルです。開発コンセプトとして掲げられた言葉「Premium Urban Sports Gear」という言葉があります。

その言葉の通り、都会の喧騒のなか颯爽と走り抜ける爽快感と、SUVらしい力強さを兼ね備えたコンパクトクロスオーバーSUVです。このNXにはターボ搭載モデルとハイブリッドタイプの2種類があります。

NX スペック

 
【トヨタ レクサス・NX】 スペック表
ボディサイズ(全長×全幅×全高)4,640×1,845×1,645mm(ホイールベース:2,660mm)
最大乗車定員5名
車両重量1,760kg~1,850kg
燃費JC08モード:19.8km/L・21.0km/L
エンジン種類直列4気筒
最高出力(kW(PS)/rpm)112 (152) / 5,700(kW(PS)/rpm)
最大トルク(N・m/rpm)206 (21.0) / 4,400~4,800(N・m/rpm)
駆動方式前輪駆動・E-Four (電気式4輪駆動方式)
トランスミッション電気式無段変速機
レクサスNXの画像です

レクサスNX

レクサスNXの側面画像です

レクサスNX

レクサスNXの正面画像です

レクサスNX

【クロスオーバーSUV】レクサス・RX

レクサスRX

レクサスRX

高級セダン並みの上質な乗り心地と、荒地でも突き進んでゆく力強さを兼ね備えた、SUVの相反するものを見事に両立させた、高級クロスオーバーSUVというジャンルを確立させたモデルです。

ちなみに日本国内では、トヨタハリアーとして初代・2代目RXは発売されていました。

このモデルは、特にSUVモデルの色合いが、一番レクサスSUVモデルの中では強いモデルかも知れません。レクサスSUVのスタンダードと言えるモデルです。

RX スペック

 
【メーカー名 車種名】 スペック表
ボディサイズ(全長×全幅×全高)4,890×1,895×1,710mm(ホイールベース:2,790mm)
最大乗車定員5名
車両重量2,030kg~2,140kg
燃費JC08モード:18.2km/L・18.8.0km/L
エンジン種類V型6気筒
最高出力(kW(PS)/rpm)193 (262) / 6,000(kW(PS)/rpm)
最大トルク(N・m/rpm)335 (34.2) / 4,600(N・m/rpm)
駆動方式前輪駆動・E-Four (電気式4輪駆動方式)
トランスミッション電気式無段変速機
レクサス RXの画像です

レクサスRX

レクサス RXの側面画像です

レクサスRX

【レクサス最上級SUV】レクサス・LX

レクサスLX

レクサスLX

レクサス・SUVモデルの頂点にあたる車種が、レクサス・LXになります。レクサス・LXはトヨタランドクルーザーを兄弟車として誕生し、SUVのみならず全てのレクサスの中でも上級モデルとして位置づけられています。

高級車のSUVでありながら、その走破性能は数あるSUV車に比べても何ら遜色のない仕上がりです。全てにおいて上質な走り・装備はSUVの枠にはまることなく、まぎれもない高級車であり続けています。

LX スペック

 
【メーカー名 車種名】 スペック表
ボディサイズ(全長×全幅×全高)5,080×1,980×1,910mm(ホイールベース:2,850mm)
最大乗車定員5名~8名
車両重量2,955kg~3,170kg
燃費JC08モード:6.5km/L
エンジン種類V型8気筒
最高出力(kW(PS)/rpm)277 (377) / 5,600(kW(PS)/rpm)
最大トルク(N・m/rpm)534 (54.5) / 3,200(N・m/rpm)
駆動方式4輪駆動 (フルタイム4WD)
トランスミッション8 Super ECT (スーパーインテリジェント8速オートマチック)
レクサス LXの画像です

レクサス LX

レクサス LXの側面画像です

レクサス LX

レクサス LXの後方画像です

レクサス LX

まとめ

レクサス LX

レクサスLX

レクサスは高級車ブランドにふさわしい、一段上の全ての贅沢を提供して頂ける、本物のラグジュアリーなモデルが目白押しです。

そんなレクサスのSUVとくれば、ラグジュアリーかつ、普段使いにも抜群で、SUVとしても楽しめるまさに無敵の車なのではないでしょうか。

関連するキーワード


レクサス 車種情報 SUV

関連する投稿


【新車情報】2021年以降発売が予測される新型車・新車情報

【新車情報】2021年以降発売が予測される新型車・新車情報

【最新】2021年以降にフルモデルチェンジ・発売が予測される新型車(国産車)の最新情報をまとめています。トヨタ、ホンダ、レクサス、三菱、スバル、マツダ、日産、スズキ、ダイハツ、光岡。また、気になるネットの声もお届け。随時更新しています。


【マセラティ特集】歴史から初のSUVレヴァンテまで!

【マセラティ特集】歴史から初のSUVレヴァンテまで!

マセラティという自動車ブランドをご存じでしょうか?イタリアの高級スポーツカーメーカーです。このマセラティが、SUVを発売し、大きな人気を得ています。今回は、マセラティの歴史と、そこから生まれたSUVレヴァンテについて解説します。


【SUV人気に迫る】その理由から、歴史、おすすめのSUV紹介まで!

【SUV人気に迫る】その理由から、歴史、おすすめのSUV紹介まで!

SUVの人気は、とどまることを知らない状況。その需要を反映してか、発表される多くの新型車が、SUVタイプのクルマになっています。では、どうしてそれほどSUVは人気を博しているのでしょうか?今回は、SUVの歴史と、おすすめのSUVを紹介しています。


ちょうどいいサイズのSUV!スズキ クロスビーの魅力を解説!

ちょうどいいサイズのSUV!スズキ クロスビーの魅力を解説!

欧州でのSUVブームから、日本でも大型のSUVが人気となり街中でも見かけるようになりました。少し大きすぎるという方にはコンパクトSUVがおすすめです。今回紹介するスズキ クロスビーはちょうどいいサイズのコンパクトSUVで、その魅力を他のメーカーと比較しながらご紹介します。


普段使いからレジャーまで幅広く楽しめるマツダ CX-30を徹底解剖!

普段使いからレジャーまで幅広く楽しめるマツダ CX-30を徹底解剖!

ミドルサイズのSUVとして高い人気を誇る、マツダのCX-30の特徴や魅力などを紹介します。特に、このモデルの目玉であるスタイルの良さやスカイアクティブエンジンなどを中心に解説します。さらに、価格や同じくマツダの人気SUVのCX-8との比較なども行います。


最新の投稿


【新車情報】2021年以降発売が予測される新型車・新車情報

【新車情報】2021年以降発売が予測される新型車・新車情報

【最新】2021年以降にフルモデルチェンジ・発売が予測される新型車(国産車)の最新情報をまとめています。トヨタ、ホンダ、レクサス、三菱、スバル、マツダ、日産、スズキ、ダイハツ、光岡。また、気になるネットの声もお届け。随時更新しています。


日産 レパードの時代に翻弄された一生! なぜソアラに勝てなかった?

日産 レパードの時代に翻弄された一生! なぜソアラに勝てなかった?

日産の高級パーソナルカー、レパードをご存知でしょうか。それまで高級車といえば後席に乗り込むものが定番だったのが、日本の経済成長と好景気の流れに乗って、幅広いオーナーが自ら運転できる時代が到来し、その流れを牽引する上級志向のハードトップとして登場するも、市場ではなぜか苦戦してしまいます。日産珠玉の上級車、レパードの歴代モデルと、その苦戦の理由をご紹介します。


トヨタ アクアの実燃費はどう?ユーザー投稿の赤裸々燃費値を大公開!

トヨタ アクアの実燃費はどう?ユーザー投稿の赤裸々燃費値を大公開!

ハイブリッドカーの定番ブランドに成長した感のあるトヨタ アクア。既存のコンポーネンツをうまく活用したことで、同じくハイブリッド専用車であるプリウスに迫るような低燃費と、お財布にやさしい価格設定を両立して人気を博しています。そんなアクアですが、ハイブリッドなのは有名でも、実燃費がどのくらいなのか意外と知らない方も多いのでは。この記事で、アクアとライバルの実燃費を確認していきましょう。


トヨタ アクアの内装はどんな感じ?お買い得なのにリラックス空間?!

トヨタ アクアの内装はどんな感じ?お買い得なのにリラックス空間?!

ニッポンのスタンダードカーとして、先進のハイブリッドコンパクトとして、長年トヨタのラインナップを支えてきたアクア。しかし、その空力性能が良さそうな低く構えたボディは、全高を高めにとる近年の流行からは正反対の雰囲気で、室内が狭いんじゃないの?と不安に思ってアクアを選ばい方もいらっしゃるかも。実は落ち着きのあるゆとりの空間が広がるアクアのインテリアについて、ご紹介していきます。


トヨタ スターレットの歴史を調査!復活を望む声多数の名車

トヨタ スターレットの歴史を調査!復活を望む声多数の名車

スターレットとは、トヨタが1973年から生産・販売し、1999年に5代目まで継続した車です。燃費が良く小回りの利く車として人気のあった車です。本記事ではそんなスターレットについてご紹介しています。