トップへ戻る

レクサスのSUV UX NX RX LX 内装徹底比較!

レクサスのSUV UX NX RX LX 内装徹底比較!

あの高級車レクサス。その中でも今人気の高いレクサスSUV。その内装・インテリアはどうなっているのか?気になる方は多いのではないでしょうか。本記事ではそんな方のためにレクサスの現行SUVの内装画像をまとめました。比較検討の参考にしてみてくださいね。各車種の室内の広さやシートマテリアルについてもまとめています。

⏳この記事は約3~4分で読めます。


レクサスのSUV 内装画像比較!UX NX RX LX 一覧

あの高級車レクサス。その中でも今人気の高いレクサスSUV。その内装・インテリアはどうなっているのか?気になる方は多いのではないでしょうか。

本記事ではそんな方のためにレクサスの現行SUVの内装画像をまとめました。比較検討の参考にしてみてくださいね。

【参考】レクサス 現行SUV価格一覧表

   
【レクサス 現行SUV&ボディタイプ&価格一覧表】 
名称 ボディタイプ 価格
LX SUV 1115万円~
RX SUV 497万2000円~
NX SUV 440万円~
UX SUV 390万円~
※2018年11月現在のデータになります ※価格は概算です

レクサス 現行SUV室内長×室内幅×室内高比較

 
【レクサス 現行SUV室内長×室内幅×室内高比較】 
UX 1,830×1,520×1,170(mm)
NX 2,080×1,520×1,180(mm)
RX 2,775×1,590×1,200(mm)
LX 2,850×1,645×1,640(mm)

レクサス UXとは

2018年11月27日より発売されたのが、レクサスの最小コンパクトSUV、UXです。

ついに400万円以下でレクサスのSUVが購入できる時代が来た…と驚いた方もいるのではないでしょうか。

UXは「クリエイティブ・アーバン・エクスプローラー」をコンセプトに、新たなライフスタイルを探求するきっかけ「CUE」となることを目指した都会派コンパクトクロスオーバーです。

レクサスの最小コンパクトSUV UXのインテリア(内装)

レクサス UX250h

レクサス UX250h

レクサス UX250h

レクサス UX250h

レクサス UX250h

レクサス UX250h

レクサス UX250h

レクサス UX250h

レクサス UX250h

レクサス UX200 F SPORT

レクサス UX200 F SPORT

レクサス UX200 F SPORT

レクサス UX200 F SPORT

レクサス UX200 F SPORT

レクサス UX200 F SPORT

レクサス UX200 F SPORT

レクサス UX200 F SPORT

レクサス UX200 F SPORT

レクサスUX インテリア(内装)データ

■室内の広さ
室内長×室内幅×室内高は1,830×1,520×1,170mm

■シートマテリアル
UX250h “version L” 本革
UX200 “version L” 本革

UX250h “F SPORT” “F SPORT”専用 本革(※メーカーオプション)or“F SPORT”専用L tex
UX200 “F SPORT” “F SPORT”専用 本革(※メーカーオプション)or“F SPORT”専用L tex

UX250h “version C” L tex
UX200 “version C” L tex

UX250h ファブリック
UX200 ファブリック

レクサス NXとは

レクサス『NX』は2014年のラインナップ以降、レクサスのグローバルな販売を牽引してきたプレミアムSUVの中核モデルと言えます。

2017年にマイナーチェンジを行いました。

2018年上半期(1~6月)の欧州新車販売実績を見ると、レクサス全体の4割がNXだったという結果からも、日本のみならず海外でも人気が高いことがわかりますね。

UXとRXの中間のボディサイズです。

レクサスのSUV NXのインテリア(内装)

レクサスNX

レクサスNX

レクサスNX

レクサスNX

レクサスNX

レクサスNX

レクサスNX

レクサスNX

レクサスNX

レクサスNX インテリア(内装)データ

■室内の広さ
室内長×室内幅×室内高は2,080×1,520×1,180mm

■シートマテリアル
NX300h “version L” 本革
NX300“version L” 本革

NX300h “F SPORT” “F SPORT”専用本革
NX300“F SPORT” “F SPORT”専用本革

NX300h “I package” L tex
NX300“I package” L tex

NX300h ファブリック
NX300 ファブリック

レクサス RXとは

RXは、「高級セダンの乗り心地と快適性を兼ね備えたSUV」として開発されました。初代と2代目は国内に限り、トヨタのハリアーとして発売されました。

3列シート・7人乗りのロングバージョンである「RX350L」、ハイブリッドモデルの「RX450hL」が2017年に投入されています。

RXは、NXとLXの中間サイズに位置するモデル。

レクサスのプレミアムSUV RXのインテリア(内装)

レクサス RX200t Version L

レクサス RX200t Version L

レクサス RX200t Version L

レクサス RX200t Version L

レクサス RX200t Version L

レクサス RX200t Version L

レクサス RX200t Version L

レクサス RX200t Version L

レクサス RX200t Version L

レクサスRX インテリア(内装)データ

■室内の広さ
室内長×室内幅×室内高は2,775×1,590×1,200mm

■シートマテリアル
RX450hL セミアニリン本革
RX450h“version L” セミアニリン本革
RX300“version L” セミアニリン本革

RX450h“F SPORT” “F SPORT”専用本革
RX300“F SPORT” “F SPORT”専用本革

RX450h 本革/ファブリック
RX300 本革/ファブリック

レクサス LXとは

レクサスのフラッグシップSUV・それがLXです。レクサスSUVラインナップの中では一番サイズが大きく、価格も高いラグジュアリーで高級志向なモデルです。

トヨタのランドクルーザーの姉妹車というだけあって、ランクル譲りの頑丈なラダーフレームと走破性に加え、プレミアムSUVに恥じないラグジュアリーな内装が売り。

2017年に改良され、7人乗りタイプに加えて5人乗りタイプが新設定されています。

レクサスの最高級ラグジュアリーSUV LXのインテリア(内装)

LX570 2列シート・5人乗り

 LX570 2列シート・5人乗り

LX570 2列シート・5人乗り

 LX570 2列シート・5人乗り

LX570 2列シート・5人乗り

 LX570 2列シート・5人乗り

LX570 2列シート・5人乗り

 LX570 2列シート・5人乗り

LX570 2列シート・5人乗り

レクサスLX570 3列シート・7人乗り

レクサスLX570 3列シート・7人乗り

レクサスLX570 3列シート・7人乗り

レクサスLX570 3列シート・7人乗り

レクサスLX570 3列シート・7人乗り

レクサスLX570 3列シート・7人乗り

レクサスLX570 3列シート・7人乗り

レクサスLX570 3列シート・7人乗り

レクサスLX570 3列シート・7人乗り

レクサスLX インテリア(内装)データ

■室内の広さ
室内長×室内幅×室内高は2,850×1,645×1,640mm

■シートマテリアル
LX570 セミアニリン本革

最後に

本記事では高級車ブランドとして有名なレクサスのSUVの、そのまた内装について焦点を当ててまとめてきましたがいかがでしたでしょうか。

高級車は乗り心地はもちろんのこと、室内の内装まで思わずテンションが上がってしまうほどに魅力的ですよね。

関連する投稿


トヨタ ヤリスクロスはライバル多数でもまだ「買い」か?徹底比較!

トヨタ ヤリスクロスはライバル多数でもまだ「買い」か?徹底比較!

とどまるところを知らないSUVブームの中でも、特に人気が高く各メーカーがしのぎを削っているのはコンパクトSUVクラス。コンパクトSUVだけで3車種も用意するトヨタのラインナップの中でも、登場が最も新しく人気を牽引しているのが「ヤリスクロス」です。国産車だけでなく輸入車とも比較されるような完成度の高さが話題のヤリスクロス、登場から1年が経つ今も「買い」なのか調査しました。


マツダ CX-5のグレードを解説、ベストチョイスはこれだ!

マツダ CX-5のグレードを解説、ベストチョイスはこれだ!

欲しい車種が決まったら次はグレード選びです。そこで、まず車種のグレードの内容と特長を把握して自分に必要なグレードを判断することが重要になります。今回はマツダの人気SUVであるCX-5のグレードについて解説し、CX-5を検討する人のお役に立ちたいと思います。


ホンダ CR-V|7人乗りが登場した、世界で認められるSUVの実力とは?

ホンダ CR-V|7人乗りが登場した、世界で認められるSUVの実力とは?

ホンダ CR-Vは、とくに北米・欧州でその実力を評価され、2019年の世界販売台数では、第4位になりました。5代目となった現行モデルでは、7人乗りが新たに登場しています。今回は、CR-Vの歴史と、現行モデルの実力をまとめています。


7人乗りが8人乗りと比べて人気な理由は?7人乗りのおすすめ車種もご紹介!

7人乗りが8人乗りと比べて人気な理由は?7人乗りのおすすめ車種もご紹介!

大人数が乗車できるクルマは、なにかと重宝します。しかし、購入しようと思う場合に悩むのは「7人乗りにするか」、「8人乗りにするか」ということかもしれません。今回は、そんなときの参考になる記事です。


コンパクトSUVの魅力とは?選ばれる理由とおすすめ車種をご紹介

コンパクトSUVの魅力とは?選ばれる理由とおすすめ車種をご紹介

コンパクトSUVは、クルマの性能と価格のバランスがよく、汎用性が高いことから、人気を得ています。今回は、コンパクトSUVの定義、メリット、おすすめ5車種についてまとめました。


最新の投稿


軽自動車の名義変更で必要な書類と当日の流れを徹底解説!

軽自動車の名義変更で必要な書類と当日の流れを徹底解説!

名義変更はクルマの売買時にだけ必要なものではありません。引っ越しや結婚といった際にも、その手続きが必要です。そこで今回は、軽自動車の名義変更手続きについてまとめました。


移動式オービスによる取り締まり|運用が広がっている理由とは?

移動式オービスによる取り締まり|運用が広がっている理由とは?

高速道路などを走行中、オービスがピカッと光ってしまい、心配になった経験をお持ちの方は少なくないかもしれません。近年、オービスの新たな形として「移動式オービス」が運用の幅を広げています。これまでのオービスと何が違うのでしょうか?今回は、移動式オービスについてまとめました。


車のコーティングとワックス、どう違う?それぞれ費用や耐久性で比較

車のコーティングとワックス、どう違う?それぞれ費用や耐久性で比較

洗車は面倒だけど、愛車のピカピカな状態はできるだけ長く保ちたいもの。キレイなボディを維持しやすくなる方法といえば、自分で施工ができるワックスと、プロに頼むのが一般的なコーティングがあります。どちらにもメリットとデメリットがあるので、実際にあなたの愛車にはどちらがぴったりなのか、事前にしっかり検討しておきたいところ。かかる費用やかかる手間など、それぞれを詳しく比較していきます。


カーフィルム・ウィンドウフィルム最新10選|暑さや紫外線をカット

カーフィルム・ウィンドウフィルム最新10選|暑さや紫外線をカット

うだるような暑さや照りつける直射日光は、ガラスを通り抜けてくるので車内にいる間も油断大敵です。近年の車ではUVカットガラスが標準装備される例も増えてきてはいますが、紫外線や赤外線の遮断性能だけでなく遮熱性能まで備えた最新のカーフィルムを貼り付けることで、車内の快適性がグンと向上しますし、見た目の高級感やプライバシー性も向上させることができます。おすすめ商品をご紹介していきます。


スマートキーとは?便利な利用シーンや最新機能、防犯対策までご紹介

スマートキーとは?便利な利用シーンや最新機能、防犯対策までご紹介

近年の車で広く装備されるようになった機能のひとつに「スマートキー」が挙げられるでしょう。キーはポケットに入れておくだけで、ドアロックの解錠からエンジン始動まで可能な同機能は、今や現代の車にはなくてはならない機能となっていますよね。そんなスマートキーに関して詳しく解説していくとともに、最新のスマートキーが実現する便利な機能までご紹介していきます。