目次へ戻る

フィットの先代ホンダのロゴ とはどんな車?┃消えた理由、維持費や購入法を徹底解説

フィットの先代ホンダのロゴ とはどんな車?┃消えた理由、維持費や購入法を徹底解説

「軽自動車が欲しいんだけどロゴって実際どうなの?」 「ロゴって聞いたことあるけど実際に今購入は可能なの?」 このようにロゴを購入しようかどうか迷っているけど詳細が良く分からずお悩みではないですか?実は、このロゴは後の「フィット」にもつながる車なんです! この記事では、ロゴがそもそもどんな車なのか、維持費や購入方法なども含めて詳しく解説しています。ぜひご覧いただきロゴを購入する前に参考にしてください!


1 ホンダのロゴとは

それでは早速ホンダのロゴについて紹介をしていきます。先ずはどんな車なのか概要から説明をしていきましょう。

 シティの後継車種として登場

元々は製造・販売元の本田技研工業が開発した小型自動車シティの後継車種としてのスタートしたのがきっかけです。シティはスタイルを重視しすぎたあまりコンパクトカー本来の機能性が損なわれた事からその反省を活かす形で非常に実用的なモデルとして開発をされました。ただし、少々実用的な要素にこだわりすぎたためか見た目は割と平凡な形になっています。

「あれ?シティって今もあるんじゃないの?」と思われたかたもいるかと思いますが、実は先代となったシティは今も製造・販売が続いています。ただし、元々の小型車というスタイルではなく一般車として大きさも変わり、デザイン性もかなりアップしています。

現在はフィットとなり活躍

ホンダ フィット

「逆にホンダのロゴって聞いた事がない」という方もいるでしょう。実は、このモデルは2001年6月を最後に絶版となり、現在は製造・販売は行われておりません。その代わりに、後継車として今も絶大な人気を博しているのがフィットです。今や大人気車種の仲間入りを果たしたフィットですが、実は誕生にあたってはこんな歴史があったんです。

 車名の由来は?

ホンダのロゴですが、車名の由来はラテン語のLogosから来ており、「意味」「言葉」「理性」といった意味を持ち合わせています。

詳しい由来については是非開発者に聞いてみたいものですね。

2 ホンダのロゴGA3/5型が消えた理由

先ほども申し上げたように現在は後継車のフィットに生まれ変わりその役目を終えたロゴですが、一体なぜ絶版に至る事になったのでしょうか。

1996年に製造・販売が開始されてからおよそ5年という短い歳月で幕を閉じたのには以下のような理由があります。

デザインが乏しかった

こちらは写真を見て頂くと分かりますが、デザイン性が少し乏しいというのが弱点でした。先代のシティがデザインにこだわりすぎるあまり実用性を損なったというところから生み出されただけに実用性にフォーカスした背景は先ほどご説明した通りですが、あまりにもそこにばかり注力をしすぎて普段使いをするにあたっては寂しいデザインとなってしまいました。

確かにコンパクトカーユーザーはBMWやアルファロメオのような高級車独特の卓越したデザイン性は求めていないでしょうが、それでもやはり人間ですから少しでもデザインは良いものを使いたいと思うのが常です。また、機能性向上とは言っても限界はあり、一定ラインがクリア出来ればあとはやはり見た目に目がいくのは自然な事でしょう。

高速域での走行に不安があった

コンパクトカーとは言えども小回りが効く事に重点をおいていたり、価格帯の安さに魅力を感じているわけであって、何も高速道路を利用しないとか限定した使い方だけをするユーザーばかりではありません。

ロゴは高速域での走行が不安定とお客様からの声が続出し、使い勝手の悪さが際立ってしまいました。

それでもフィットになり大成功を収めた

上記のように発売当初からあまり芳しくない状況が続いたホンダのロゴですが、そこはさすがの本田技研工業で、転んでもただでは起きず、先代のシティ、後継者のロゴの反省を活かして遂に大ヒット車種フィットを生み出す事に成功します。

結果的には大ヒット車を生み出す土台としての役割となったわけですが、本田技研工業の意地を見せる形で大成功を収めます。

3 ホンダのロゴの維持費

ここまででだいぶホンダのロゴについて理解が深まってきたことと思います。それでは次に気になる維持費について詳しく見ていきましょう。

ホンダのロゴの中古価格相場

コンパクトカーという事もあってか中古車市場における値段も非常にコンパクトなものになっています。平均価格はおよそ25万円で、頭も45万円ほどを見越しておけば問題はないでしょう。そういった意味では非常に経済的には優しい車という事が出来ます。車体も小さく小さなスペースでも停車させておく事が可能な点もポイントです。

ホンダのロゴは新品で購入することは可能?

ホンダのロゴGA3に関しては先ほど来申し上げている通り2001年を最後に絶版となっておりますので、現在新車という形で購入をする事が出来なくなっています。

ホンダのロゴの燃費

次に気になる燃費ですが、約15km/Lとなっています。一般的なコンパクトカーに比べると現在においてはちょっと見劣りするかなという感じはします。

一般車であればまだしもコンパクトカーとして利用をするのであればもう少し燃費は良い方がいいかもしれないですね。

ホンダのロゴの車検代の目安は

車検費用についてはおよそ60,000円ほどを見越しておけば大丈夫でしょう。このあたりはやはり小型車という事もありますので、経済的には優しいですね。

値引き相場も知りたい

値引きに関してはあまり期待をしない方が良いでしょう。

ただでさえ、すでに絶版となっているモデルで中古車としてしか手に入らないため、新車に比べて値引きを受けにくいですし、またそもそもがコンパクトカーという事もありあまり大きく値引きをしてもらえるものでもありません。

5 まとめ

いかがでしたでしょうか。ここまでホンダのロゴについてその誕生裏話から維持費について、また所有するとなった場合の購入方法を詳しく説明してきました。

たしかにデザイン性では多少劣る所はあるかもしれませんが、実用的なコンパクトカーが安価で手に入る事を考えれば興味がある方も多いのではないかと思います。今回の記事がそういった方のお役に少しでも立てていれば幸いです。

関連する投稿


あなたはどの軽にする?おすすめ軽自動車まとめ ハスラー ウェイク スペーシア 

あなたはどの軽にする?おすすめ軽自動車まとめ ハスラー ウェイク スペーシア 

軽自動車は税金が安いため、根強い人気がありますね。しかし軽自動車と一言でいっても種類は様々。メリットはなにがあってどうして人気なのか、あまり詳しくない人もいるかもしれません。そんなあなたにはぜひ、このまとめがオススメです。オススメの人気軽自動車を紹介します!


【新車で買える】マニュアル車(MT車)一覧!

【新車で買える】マニュアル車(MT車)一覧!

オートマ車(AT車)が増えた中でも、やはりマニュアル車(MT車)に乗りたい!という人が車好きの中には多いのではないでしょうか。本記事では、2018年3月現在、新車で買えるマニュアル車(MT車)をまとめています。【8月7日更新】


【最新版】軽自動車おすすめ10選!人気・燃費・広さで選ぶなら?

【最新版】軽自動車おすすめ10選!人気・燃費・広さで選ぶなら?

国内の自動車販売台数の内、3割以上の販売台数を占める軽自動車。こちらの記事では「燃費(JC08モード&実燃費)」、ファミリーに勧めたい「広さ・使い勝手」、「人気車種」と、各それぞれの項目でおすすめの軽自動車の概要や、特徴、新車・中古車平均価格、ユーザー評価等の情報を随時更新し掲載しています。


【最新版】2019年発売が予測される新型車(国産車)&新車情報まとめ

【最新版】2019年発売が予測される新型車(国産車)&新車情報まとめ

毎年多くの車種が発表される自動車業界。2019年はどのような新型車・フルモデルチェンジ車に出会えるでしょうか。トヨタ、ホンダ、レクサス、三菱、スバル、マツダ、日産、スズキ、ダイハツ、光岡。名だたる国産車メーカーの新型車・新車最新情報、予測を網羅!2019年はどんな新型車が出る?そんな時は本記事を!【3月27日更新】


車内空間の広さが特徴のミニバン! ホンダ オデッセイ ハイブリッド

車内空間の広さが特徴のミニバン! ホンダ オデッセイ ハイブリッド

ホンダ オデッセイ ハイブリッドは運転していて楽しく、燃費が最高に良いハイブリッド車です。乗り心地、シートの座り心地も大変良いので長時間の運転でも疲れる事はありません。また、シートを倒すと心地よい眠りに誘われます。今回はそんなホンダ オデッセイ ハイブリッドについて掲載します。


最新の投稿


ジムニーシエラ 新型!燃費・走行性能・価格・評価・中古価格は?

ジムニーシエラ 新型!燃費・走行性能・価格・評価・中古価格は?

スズキのジムニーフルモデルチェンジの期待が高まる中、ジムニーシエラも同じタイミングで発売が発表され話題となっています。新型のスペックも気になりますが、改めてジムニーのワイド版・ジムニーシエラについての基本情報・スペック・燃費・評価・新車価格を見ていきたいと思います。


そり遊び、 BBQ、デイキャンプまでできる 道の駅 パティオにいがた

そり遊び、 BBQ、デイキャンプまでできる 道の駅 パティオにいがた

道の駅 パティオにいがたは地元の味が楽しめ、特産品が買えるコーナーはもちろん、デイキャンプ場や地域に親しめるスポットが揃っています。 ドライブのついでや、家族のレジャースポットとして訪れたい道の駅です。


スバルのレオーネとはどういう車だったのか?現在の中古車価格相場も紹介!

スバルのレオーネとはどういう車だったのか?現在の中古車価格相場も紹介!

平成生まれの人だったとしてもレオーネという車の名前を聞いたことがあるかもしれません。今でもそのいぶし銀のような存在感を見せるスバルのレオーネとは、どういう車だったのかについて誕生の経緯やモデルを取り上げて紹介します。また、レオーネの中古車の価格相場もチェックしてみましょう。


【コスモスポーツからRX-8まで】ロータリーエンジンを搭載していた車10選

【コスモスポーツからRX-8まで】ロータリーエンジンを搭載していた車10選

みなさんはロータリーエンジンを知っていますか?ロータリーエンジンが搭載されていた車とは?本記事ではロータリーエンジンの仕組みとそのメリットデメリット、またロータリーエンジンを搭載していた車をご紹介します。車選びの参考にしてみてくださいね。


ポルシェのオープンカー ボクスター┃歴代モデルやスペック、燃費等

ポルシェのオープンカー ボクスター┃歴代モデルやスペック、燃費等

高級スポーツカーの代名詞とも言えるポルシェの造る2シーターオープンカー、それが『ボクスター』です。ポルシェのラインナップの中ではエントリーモデルとも言われていますが、ミッドシップレイアウトのエンジンと軽量の車体で本格的なスポーツ走行が出来ます。今回はそんなポルシェ ボクスターの魅力をご紹介していきます。


アクセスランキング


>>総合人気ランキング