目次へ戻る

フィットの先代ホンダのロゴ とはどんな車?┃消えた理由、維持費や購入法を徹底解説

フィットの先代ホンダのロゴ とはどんな車?┃消えた理由、維持費や購入法を徹底解説

皆さんの中に、ホンダのロゴを購入しようかどうか迷っているけど詳細が良く分からずお悩みではないですか?実は、ロゴは後の「フィット」につながる車なんです!本記事では、ロゴがそもそもどんな車なのか、維持費や購入方法なども含めて詳しく解説しています。(※情報は2019年5月現在のもの)

⏳この記事は約3~4分で読めます。


1 ホンダのロゴとは

それでは早速ホンダのロゴについて紹介をしていきます。

まずはどんな車なのか概要から説明をしていきましょう。

 シティの後継車種として登場

元々は製造・販売元の本田技研工業が開発した小型自動車シティの後継車種としてのスタートしたのがきっかけです。シティはスタイルを重視しすぎたあまりコンパクトカー本来の機能性が損なわれてしまいました。
そこでその反省を活かす形で、ロゴは非常に実用的なモデルとして開発をされました。ただし、少々実用的な要素にこだわりすぎたためか見た目は割と平凡な形になっています。

「あれ?シティって今もあるんじゃないの?」と思われたかたもいるかと思いますが、実は先代となったシティは今も製造・販売が続いています。

ただし、元々の小型車というスタイルではなく一般車として大きさも変わり、デザイン性もかなりアップしています。

後継車はフィット

ホンダ フィット

「逆にホンダのロゴって聞いた事がない」という方もいるでしょう。実は、このモデルは2001年6月を最後に絶版となり、現在は製造・販売は行われておりません。その代わりに、後継車として今も絶大な人気を博しているのがフィットです。今や大人気車種の仲間入りを果たしたフィットですが、実は誕生にあたってはこんな歴史があったんです。

 車名の由来は?

ホンダのロゴですが、車名の由来はラテン語のLogosから来ており、「意味」「言葉」「理性」といった意味を持ち合わせています。

2 ホンダのロゴGA3/5型が消えた理由

先ほども申し上げたように現在は後継車のフィットに生まれ変わりその役目を終えたロゴですが、一体なぜ絶版に至る事になったのでしょうか。

1996年に製造・販売が開始されてからおよそ5年という短い歳月で幕を閉じたのには以下のような理由があります。

デザインが乏しかった

こちらは写真を見て頂くと分かりますが、デザイン性が少し乏しいというのが弱点でした。先代のシティがデザインにこだわりすぎるあまり実用性を損なったというところから生み出されただけに実用性にフォーカスした背景は先ほどご説明した通りですが、あまりにもそこにばかり注力をしすぎて普段使いをするにあたっては寂しいデザインとなってしまいました。

確かにロゴを検討するユーザーは、卓越したデザイン性を求めているわけではないと思いますが、それでもやはり人間なので少しでもデザインは良いものを使いたいと思うのが常です。

また、機能性向上とは言っても限界はあり、一定ラインがクリア出来ればあとはやはり見た目に目がいくのは自然な事でしょう。

高速域での走行に不安があった

コンパクトカーとは言えども小回りが効く事に重点をおいていたり、価格帯の安さに魅力を感じているわけであって、何も高速道路を利用しないとか限定した使い方だけをするユーザーばかりではありません。

ロゴは高速域での走行が不安定とお客様からの声が続出し、使い勝手の悪さが際立ってしまいました。

それでもフィットになり大成功を収めた

ホンダ フィット

ホンダ フィット

上記のように発売当初からあまり芳しくない状況が続いたホンダのロゴですが、そこはさすがの本田技研工業で、転んでもただでは起きず、先代のシティ、後継のロゴの反省を活かして遂に大ヒット車種フィットを生み出す事に成功します。

結果的には大ヒット車を生み出す土台としての役割となったわけですが、本田技研工業の意地を見せる形で大成功を収めます。

3 ホンダのロゴの維持費

ここまででだいぶホンダのロゴについて理解が深まってきたことと思います。それでは次に気になる維持費について詳しく見ていきましょう。

ホンダのロゴの中古価格相場

コンパクトカーという事もあってか中古車市場における値段も非常にコンパクトなものになっています。平均価格はおよそ25万円で、頭も45万円ほどを見越しておけば問題はないでしょう。そういった意味では非常に経済的には優しい車という事が出来ます。車体も小さく小さなスペースでも停車させておく事が可能な点もポイントです。

ホンダのロゴは新品で購入することは可能?

ホンダのロゴGA3に関しては先ほどから申し上げている通り2001年を最後に絶版となっておりますので、現在新車という形で購入をする事が出来なくなっています。

ホンダのロゴの燃費

次に気になる燃費ですが、約15km/Lとなっています。一般的なコンパクトカーに比べると現在においてはちょっと見劣りするかなという感じはします。

一般車であればまだしもコンパクトカーとして利用をするのであればもう少し燃費は良い方がいいかもしれないですね。

ホンダのロゴの車検代の目安は

車検費用についてはおよそ60,000円ほどを見越しておけば大丈夫でしょう。このあたりはやはり小型車という事もありますので、経済的には優しいですね。

値引き相場も知りたい

値引きに関してはあまり期待をしない方が良いでしょう。

ただでさえ、すでに絶版となっているモデルで中古車としてしか手に入らないため、新車に比べて値引きを受けにくいですし、またそもそもがコンパクトカーという事もありあまり大きく値引きをしてもらえるものでもありません。

5 まとめ

ホンダのロゴ

ホンダのロゴ

いかがでしたでしょうか。ここまでホンダのロゴについてその誕生裏話から維持費について、また所有するとなった場合の購入方法を詳しく説明してきました。

たしかにデザイン性では多少劣る所はあるかもしれませんが、実用的なコンパクトカーが安価で手に入る事を考えれば興味がある方も多いのではないかと思います。今回の記事がそういった方のお役に少しでも立てていれば幸いです。

おすすめ記事はこちら

関連する投稿


軽自動車の白ナンバー取得方法 料金・手続き方法・図柄入りナンバーも紹介

軽自動車の白ナンバー取得方法 料金・手続き方法・図柄入りナンバーも紹介

軽自動車も白ナンバーにできる!?正確にいうと通常の白ナンバーというわけではないですが、東京オリンピック2020、ラグビーワールドカップなどの図柄入りナンバー、地方版図柄入りナンバーなどの白い特別仕様のナンバーに変更することが可能です。本記事では手続き方法、料金、また白ナンバーにするメリット・デメリットに関してご紹介しています。


【2020年】新型車(国産車)&新車情報 最新情報

【2020年】新型車(国産車)&新車情報 最新情報

2020年はどのような新型車・フルモデルチェンジ車に出会える?本記事では2020年に発売が予測される国産車をピックアップ!トヨタ、ホンダ、レクサス、三菱、スバル、マツダ、日産、スズキ、ダイハツ、光岡。名だたる国産車メーカーの新型車・新車最新情報、発売日予測を網羅!2020年はどんな新型車が出る?そんな時は本記事を!(※2020年6月更新しました)


2021年以降発売が予測される新型車・新車情報 最新版

2021年以降発売が予測される新型車・新車情報 最新版

2021年以降にフルモデルチェンジ・発売が予測される新型車(国産車)をまとめています。トヨタ、ホンダ、レクサス、三菱、スバル、マツダ、日産、スズキ、ダイハツ、光岡。新車最新情報、気になる発売日やネットでの反応も!随時更新です。


軽自動車税っていくら?いつ支払う?そんな疑問を解決!

軽自動車税っていくら?いつ支払う?そんな疑問を解決!

軽自動車を所持していると支払うことになる税金、「軽自動車税」について解説します。2019年から税額が変わったとか古くない車がお得とか言われるけど結局どういうことなのか、支払い方法を含めて解説します。


今、中古車が熱い!ホンダの人気中古車5選

今、中古車が熱い!ホンダの人気中古車5選

生活が一変した今、これまで以上に自動車にかける予算も抑えたいと思う人も多いでしょう。そこで今、新車よりも断然リーズナブルな中古車が注目されています。この記事では中古車でもけっして見劣りしないメーカー別の魅力的な中古車をご紹介します。今回はホンダ車の中から人気のある中古車から5車種を厳選してみました。


最新の投稿


【2020年お盆休み】渋滞予測、混雑日、ピーク、混雑する道路は?

【2020年お盆休み】渋滞予測、混雑日、ピーク、混雑する道路は?

2020年のお盆休み期間中の高速道路の渋滞予測から、最も渋滞が予測されるピーク日をまとめています。今年は新型コロナウィルスの影響で、例年にも増してどうなるかわからない状況です。そんなお盆休みの渋滞予測に関する情報を随時更新していきます。


【被害多発】リレーアタックとは?対策法を紹介!

【被害多発】リレーアタックとは?対策法を紹介!

最近、被害の増えている自動車盗難の新たな手口、「リレーアタック」。従来の自動車盗難とは違い、現場に痕跡が残りにくいのも特徴の1つです。今回は、リレーアタックの手口と、対策についても詳しくお伝えします。


オービスの仕組みを知ろう!速度や罰金なども詳しく解説

オービスの仕組みを知ろう!速度や罰金なども詳しく解説

高速道路などにある「オービス」というものをご存知でしょうか?ついつい気が緩んでしまい速度が上がってしまって、ピカッと光られてしまった。そんなことがないように、今回はこのオービスのシステムについて詳しく解説します。


【2020年最新】日産のSUV一覧!新型情報もご紹介

【2020年最新】日産のSUV一覧!新型情報もご紹介

日産にはコンパクトSUVから本格的SUV までラインナップされています。人気があるSUVですが、「日産のSUVにはどんな特徴があるのか」と迷う方もいるかもしれません。e-POWERやプロパイロットなど魅力的な機能を備えた日産のSUVをまとめてご紹介します!


【最新情報】トヨタ 新型ヤリスクロス|内装・スペック・口コミ

【最新情報】トヨタ 新型ヤリスクロス|内装・スペック・口コミ

トヨタは2020年4月23日にオンライン上にて「ヤリスクロス」を初公開しました。そして7月中旬より先行予約が開始されるとの情報も。 新型コンパクトSUV市場はまたまた混戦の予感さえしています。「ヤリスクロス」とはどのようなクルマなのでしょうか。コンパクトSUV「ヤリスクロス」を徹底調査してお届けしていきます。