目次へ戻る

スカイライン ハイブリッドで優雅に走ろう┃概要やグレード別スペック燃費など一覧

スカイライン ハイブリッドで優雅に走ろう┃概要やグレード別スペック燃費など一覧

スカイライン ハイブリッドは静かなモーター走行とダイナミックに走るV6エンジンが特徴のハイブリッドカーです。その優れた走行性能は走り出した時から感じることができるでしょう。それではスカイライン ハイブリッドについて見ていきます。


スカイライン ハイブリッドの概要

日産のスカイラインはハイブリッドもあります。2014年に13代目になる際にV37型としてフルモデルチェンジをしてハイブリッドが誕生しました。12代目のV36型の時はV6 2.5LまたはV6 3.7Lの2つのガソリンエンジンが搭載されていました。

今回のV37型では2.0Lにダウンサイジングされたターボ搭載エンジンを採用したスカイラインが発売され、先代の2.5L車は2014年度で生産が終わりました。

また、スカイライン ハイブリッドはインフィニティ Q50として海外展開もしています。こちらの名称は日産がインフィニティとして展開している地域に限ります。日本国内ではインフィニティとして発売していないので日産の名称で販売されています。

グレードは次の通りのラインアップです。
・スカイライン 350GT ハイブリッド
・スカイライン 350GT ハイブリッド タイプP
・スカイライン 350GT FOUR ハイブリッド
・スカイライン 350GT FOUR ハイブリッド タイプP
・スカイライン 350GT ハイブリッド タイプSP
・スカイライン 350GT FOUR ハイブリッド タイプSP

スカイライン ハイブリッド グレード別スペック一覧

スカイライン 350GT ハイブリッドのスペック(2017年12月販売モデル)


ボディタイプ 4ドアセダン
乗車人数5名
駆動方式FR
変速機7速AT
ボディサイズ

全長 4815mm 全幅 1820mm 全高 1440mm

ホイールベース2850mm
車両重量1780kg

スカイライン 350GT ハイブリッド タイプPのスペック(2017年12月販売モデル)


ボディタイプ 4ドアセダン
乗車人数5名
駆動方式FR
変速機7速AT
ボディサイズ全長 4815mm 全幅 1820mm 全高 1440mm
ホイールベース2850mm
車両重量1790kg

スカイライン 350GT FOUR ハイブリッドのスペック(2017年12月販売モデル)


ボディタイプ 4ドアセダン
乗車人数5名
駆動方式フルタイム4WD
変速機7速AT
ボディサイズ全長 4815mm 全幅 1820mm 全高 1450mm
ホイールベース2850mm
車両重量1860kg

スカイライン 350GT FOUR ハイブリッド タイプPのスペック(2017年12月販売モデル)


ボディタイプ 4ドアセダン
乗車人数5名
駆動方式フルタイム4WD
変速機7速AT
ボディサイズ全長 4815mm 全幅 1820mm 全高 1450mm
ホイールベース2850mm
車両重量1870kg

スカイライン 350GT ハイブリッド タイプSPのスペック(2017年12月販売モデル)


ボディタイプ 4ドアセダン
乗車人数5名
駆動方式FR
変速機7速AT
ボディサイズ全長 4815mm 全幅 1820mm 全高 1440mm
ホイールベース2850mm
車両重量1810kg

スカイライン 350GT FOUR ハイブリッド タイプSPのスペック(2017年12月販売モデル)


ボディタイプ 4ドアセダン
乗車人数5名
駆動方式フルタイム4WD
変速機7速AT
ボディサイズ全長 4815mm 全幅 1820mm 全高 1450mm
ホイールベース2850mm
車両重量1890kg

スカイライン ハイブリッドの燃費

スカイライン ハイブリッドの燃費はだいたい12㎞/L前後となっています。また、5月が年間を通して最も燃費が良いというデータがあり、5月から10月までは概ね12㎞/Lをキープしています。

グレード別の燃費

・スカイライン 350GT ハイブリッド
 17.8㎞/L

・スカイライン 350GT ハイブリッド タイプP
 17.8㎞/L

・スカイライン 350GT FOUR ハイブリッド
 17.0㎞/L

・スカイライン 350GT FOUR ハイブリッド タイプP
 17.0㎞/L

・スカイライン 350GT ハイブリッド タイプSP
 17.8㎞/L

・スカイライン 350GT FOUR ハイブリッド タイプSP
 16.8㎞/L

グレードごとの新車価格

・スカイライン 350GT ハイブリッド
 約496万円

・スカイライン 350GT ハイブリッド タイプP
 約523万円

・スカイライン 350GT FOUR ハイブリッド
 約524万円

・スカイライン 350GT FOUR ハイブリッド タイプP
 約551万円

・スカイライン 350GT ハイブリッド タイプSP
 約556万円

・スカイライン 350GT FOUR ハイブリッド タイプSP
 約585万円

グレードごとの中古価格

・スカイライン 350GT ハイブリッド
 124万円~258万円

・スカイライン 350GT ハイブリッド タイプP
 89万円~479万円

・スカイライン 350GT FOUR ハイブリッド
 193万円~291万円

・スカイライン 350GT FOUR ハイブリッド タイプP
 139万円~358万円

・スカイライン 350GT ハイブリッド タイプSP
 129万円~449万円

・スカイライン 350GT FOUR ハイブリッド タイプSP
 238万円~439万円

カーセンサー調べ(2019年7月現在)

スカイライン ハイブリッドにかかる諸費用と維持費

スカイライン ハイブリッドにかかる諸費用は、取得税が5万5600円(エコカー減税として8万3400円~13万9000円が引かれる)となっています。

重量税は7500円(エコカー減税として2万2500円~3万円が引かれる)、自賠責保険が3万6780円、自動車税が4800円(2月)、リサイクル費用が1万1160円、登録諸費用が4万9299円かかります。

燃料の維持費は、1年間の走行距離が1万2000kmの場合9万4382円かかり、オイル交換時の費用は約8000円かかり、ガソリン車よりも安くすることができます。車検時の費用は約3万円となっていて、エコカー減税により重量税が安くなります。

スカイライン ハイブリッドのカスタム事情

・フロントバンパー
見た目を変えたい人必見のカスタム

・ホイール
王道で好きなデザインやサイズアップ、カラーリングを変えることで好みのスカイライン ハイブリッドにすることができます

・フロントリップ・ハーフスポイラーカスタム
派手に見た目を変えたくない人のためのカスタム

・フロントグリル
見た目をがっつり変えたい人のカスタム

・マフラーカスタム
走っても聞いても見るだけでも楽しいカスタム

・車高調カスタム
かっこよさ重視のカスタム

・ヘッドランプカスタム
無限に広がる光るカスタム

・ウイングカスタム
スポーティーになるカスタム

まとめ

今回は、スカイラインハイブリッドにかかる燃費や維持費をまとめました。スカイラインと比べて、スカイラインハイブリッドタイプの方が確かに燃費はいいのですが、車両価格など全体の価格を見ると、ガソリン車の方がお得なこともあります。

しかし、スカイラインの購入を決める際には、価格面だけではなくV6エンジンの高回転まで回るエンジンの爽快さなど検討することは多くあります。スカイライン ハイブリッドは、柔と剛を兼ね揃えているバランスの良く、優雅に走ることができる車といえますので、ぜひ一度乗って体感してみてください。

関連する投稿


【最新版】2019年発売が予測される新型車(国産車)&新車情報まとめ

【最新版】2019年発売が予測される新型車(国産車)&新車情報まとめ

毎年多くの車種が発表される自動車業界。2019年はどのような新型車・フルモデルチェンジ車に出会えるでしょうか。トヨタ、ホンダ、レクサス、三菱、スバル、マツダ、日産、スズキ、ダイハツ、光岡。名だたる国産車メーカーの新型車・新車最新情報、予測を網羅!2019年はどんな新型車が出る?そんな時は本記事を!【8月更新】


【2019年最新版】ミニバンの人気・おすすめランキング!売上TOP9

【2019年最新版】ミニバンの人気・おすすめランキング!売上TOP9

自動車業界の中で1、2を争う人気のミニバンですが、今では使い勝手の良いファミリーに人気のタイプから高級志向のミニバンまで幅広いタイプのミニバンが存在します。この記事ではどんなミニバンが人気なのか、一般社団法人日本自動車販売協会連合会(自販連)が発表している月別統計データをもとに、2019年上半期(1月から6月)のミニバン販売台数トップ9を紹介します。どのミニバンが人気で売れたのか、ランキング形式でお送りします。【8月15日更新】


日産のセダンシルフィ ブルーバードから、シルフィへ┃歴史やスペック

日産のセダンシルフィ ブルーバードから、シルフィへ┃歴史やスペック

シルフィは日産のセダンです。2000年~2009年にかけて販売されたシルフィ(日本名 ブルーバードシルフィ)は世界各国で生産販売され、その後国内でもシルフィの名で現在も販売されています。本記事では、日産のセダン、シルフィについて紹介します。


ド派手なアクションならまかせろ!日産サファリ特集 復活は?

ド派手なアクションならまかせろ!日産サファリ特集 復活は?

今なお熱烈なファンを持つ日産・サファリ。その変遷の歴史から中古車がほしい人向けの情報、伝説のドラマ「西部警察」に日産が全面協力した伝説のオーダーメイドサファリ。そして復活は…?!などの情報をまとめてお伝えします!


日産の関連会社 オーテックジャパン/AUTECHJAPANとは?

日産の関連会社 オーテックジャパン/AUTECHJAPANとは?

オーテックジャパン(以降、オーテック)は、日産自動車グループの一社で、厳選された日産車のカスタマイズと販売を行う日産の関連会社の一つです。今回の記事では、設立から30年以上に渡って数々の名車を生み出してきたオーテックジャパンにスポットライトを当ててご紹介しています。


最新の投稿


100万円以下で購入できる!スバルの中古車 5選

100万円以下で購入できる!スバルの中古車 5選

スバルは国内だけではなく、海外でも人気があります。今回はスバルの歴史とともに100万円以下で購入できるスバルの中古車情報についてみていきましょう。


30万円以下で購入できる!ダイハツ軽自動車の中古車 5選

30万円以下で購入できる!ダイハツ軽自動車の中古車 5選

ダイハツといえば軽自動車、という想像がつくと思います。そして実はダイハツはトヨタの傘下という状況があります。今回はそのことについてと、中古車情報についてを紹介します。


【最新版】2019年発売が予測される新型車(国産車)&新車情報まとめ

【最新版】2019年発売が予測される新型車(国産車)&新車情報まとめ

毎年多くの車種が発表される自動車業界。2019年はどのような新型車・フルモデルチェンジ車に出会えるでしょうか。トヨタ、ホンダ、レクサス、三菱、スバル、マツダ、日産、スズキ、ダイハツ、光岡。名だたる国産車メーカーの新型車・新車最新情報、予測を網羅!2019年はどんな新型車が出る?そんな時は本記事を!【8月更新】


【2019年度版】女性に人気!おすすめのカワイイ軽自動車10選!

【2019年度版】女性に人気!おすすめのカワイイ軽自動車10選!

今や女性に大人気の軽自動車。見た目がかわいい車種から、燃費性能が高く使い勝手も良い子育てに頑張るママさんに人気の車種など様々あります。やはりどうせ乗るならウキウキするような車がいいですよね??そんな女性に人気の軽自動車を10台Pick UPしましたので、軽自動車の購入をお考えの方は是非参考にしてみてください!


【2019年最新版】ミニバンの人気・おすすめランキング!売上TOP9

【2019年最新版】ミニバンの人気・おすすめランキング!売上TOP9

自動車業界の中で1、2を争う人気のミニバンですが、今では使い勝手の良いファミリーに人気のタイプから高級志向のミニバンまで幅広いタイプのミニバンが存在します。この記事ではどんなミニバンが人気なのか、一般社団法人日本自動車販売協会連合会(自販連)が発表している月別統計データをもとに、2019年上半期(1月から6月)のミニバン販売台数トップ9を紹介します。どのミニバンが人気で売れたのか、ランキング形式でお送りします。【8月15日更新】