目次へ戻る

日産の高級車ブランド インフィニティ|現行モデルを一覧で紹介!日本でも買える?

日産の高級車ブランド インフィニティ|現行モデルを一覧で紹介!日本でも買える?

日産が海外に展開している高級車ブランドがインフィニティです。今回は、現行で発売されているインフィニティの車両モデルを一覧で紹介します。合わせて、日本国内で購入する場合や、購入にあたって発生する費用の種類も見ていきましょう。


インフィニティとは

インフィニティとは日産が展開する海外向け高級車ブランドです。

北米/中南米、欧州、アジア/大洋州、中東/アフリカと世界中に展開されているブランドになります。国の数にして50か国以上への展開です。このように世界に代表される日産の高級ブランドなのですが、残念ながら日本国内でのインフィニティブランドの展開はされていません。

日産の高級車ブランド

インフィニティは日本語で「無限」という意味を持った言葉になります。

英語ではinfinity、イタリア語ではinfinitiです。実際にインフィニティの車をご覧いただくとわかりますが、ロゴはINFINITIとなっていてイタリア語が採用されています。

その上にあるパックマンのような円形のエンブレムは静岡と山梨にある富士山で、それが無限の彼方へ続いていく様子をINFINITIと掛けているようです。

日本でインフィニティを購入するには

日本でインフィニティを購入するには並行輸入車か逆輸入車を手に入れることです。先ほど少し紹介しましたが、インフィニティブランドは日本国内で展開されていません。

正規ディーラーで購入することができない、つまり正規輸入車は無いということになります。

並行輸入車か逆輸入車で手に入れる

そうなった場合に残る手段は1つで、逆輸入車(並行輸入車)を手に入れることです。

並行輸入車や逆輸入車を専門に取り扱う販売業者は存在していて、その中でもインフィニティに力を入れているところもありますので、購入する環境はあると考えてよいでしょう。

インフィニティに得意な店舗を見つけよう

インフィニティ車を日本国内で乗りたいと考えているのであれば、インフィニティに得意な店舗を見つけることが大きなポイントの1つです。

インフィニティを専門に取り扱っている店舗・整備工場や、インフィニティ専門店でなくとも外国仕様車の整備をすることのできる十分な知識・技術を持った整備士のいる整備工場であれば、購入時の相談や購入後の整備・メンテナンスをしてもらうことができるでしょう。

並行輸入車や逆輸入車の場合、仮に国内に正規ディーラーがあったとしても十分なサービスを受けることができない、むしろ取り合ってくれないケースがあることになります。

上述したようにインフィニティは日本で展開されていないブランドですから、そのような車の専門性に長けた店舗・整備工場との関係性が充実したカーライフに大きく影響するのです。

インフィニティのカーラインナップ

国内に正規ディーラーが無いインフィニティですが専門的にインフィニティブランド車種を取り扱っているショップが存在します。

そのようなショップの紹介では、セダン、クーペ、クロスオーバー、SUVという4つのボディタイプで、1-4車種ずつ車が用意されています。以下ではボディタイプごとにその車種を紹介します。

   
【インフィニティ 現行車種&ボディタイプ&価格一覧表】 
名称 ボディタイプ 価格
Q70L セダン $51,800~
Q70 セダン $50,300~
Q50 セダン $35,550~
Q60 クーペ $40,750~
2019 QX30 クロスオーバー $30,150~
2019 QX50 クロスオーバー $36,550~
QX60 クロスオーバー $44,250~
QX80 SUV $65,400~
※2019年1月現在のデータになります ※価格は米ドル概算です

インフィニティのセダン

まずはインフィニティにてラインナップされているセダンの車種から紹介していきます。

Q70L

Q70Lはインフィニティのセダン車ラインナップの中で最上位に当たる車種(日本では日産フーガに該当)で、下記にて紹介するQ70のロングバージョンとして販売されています。

3.7 LUXE
3.7 LUXE AWD
5.6 LUXE
5.6 LUXE AWD

の4種類のグレードが用意されています。車両価格は最も安い3.7 LUXEグレードで$51,800(米ドル 日本円で約570万円)、最も高い5.6 LUXE AWDグレードで$67,600(約743万円)です。グレードによって装備は異なりますが、ベースグレードの3.7 LUXEにはヒート効果を持ったレザーステアリングホイール、調整可能なフロントシートなどが用意されています。

※日本円換算は1ドル約110円で計算

Q70

セダンラインナップの中で中堅にあたるのがQ70です。

Q70Lと同じ4ドアセダンとなっていて、最上位グレードの5.6 LUXE AWDを代表に、Q70 5.6 LUXE/3.7 LUXE AWD/3.7 LUXEの計4種類のグレードが用意されています。

価格は5.6 LUXE AWDが$65,900~(約724万円)で、ベースグレードの3.7 LUXEが$50,300~(約553万)です。

Q50

セダンモデルの中で最も安いモデルにあたるのがQ50(日本では日産 スカイラインに相当)です。

PURE
LUXE
SPORT
RED SPORT 400

という4種類のモデルが用意されていて、それぞれ2種類のグレードが用意されています。

この中で最も安いモデルであるのがPUREモデルで、2.0t PUREが$35,550~(約390万円)、2.0t PURE AWDモデルが$37,550~(約413万円)です。この8種類の中で最も価格の高いRED SPORT 400 AWDが$53,250~となっていますが、これまで紹介したモデルと比較しても比較的安いことがよくわかるでしょう。

インフィニティのクーペ

Q60

Q60はインフィニティのラインナップで唯一のクーペです。

PURE
LUXE
RED SPORT 400

という3つのモデルがあり、それぞれに2グレードずつ用意、計6種類のグレードが販売されています。Q60の中で最も高いのがRED SPORT 400 AWDの$56,900(約625万円)で、最も安いのがPUREの$40,750(約448万円)です。

価格帯としては、セダンモデルであるQ50と同程度となっています。

インフィニティのSUV

続いてはインフィニティのSUVラインナップの紹介です。

QX80

エレガンスとスポーツ性を兼ね備えているのがQX80です。

QX80はクロスオーバー&SUVラインナップの中で最上位モデルとなっています。

LIMITED 4WD
LUXE 4WD
LUXE

という3種類のグレードが用意されていて、最も価格の高いLIMITED 4WDが$90,100~(約990万円)で、最も安いのが$65,400~(約719万円)です。価格としてはインフィニティのラインナップの中で最も高額なモデルとなっています。

QX60

クロスオーバー&SUVの中で上位2番目のモデルにあたるのがQX60です。4グレードが用意されています。

最も価格の高いLUXE AWDグレードが$47,850~(約526万円)で、最も安いPUREグレードが$44,250~(約486万円)です。セダンやクーペの最上位モデルとの比較でわかるとおり、価格帯は比較的安い部類になっています。

洗練されたスタイルで都会でも一際目立つデザインを備えたクロスオーバーSUVです。

QX50

インフィニティのクロスオーバー&SUVの中で中堅にあたるのがQX50です。

現在、6種類のグレードが用意されています。最も高いグレードにあたるESSENTIAL AWDが$45,150~(約496万円)となっていて、最も安いのがQX50 PUREの$36,550~(約403万円)です。

サイズやその見た目で先ほどのQX60と比較すると、SUVらしいスタイルになっているのがわかります。

QX30

インフィニティのクロスオーバー&SUVラインナップにおいて最も価格の安くなっているモデルがQX30です。ラインナップでは現在6種類のグレードが用意されています。
SPORT
ESSENTIAL AWD
ESSENTIAL
LUXE AWD
LUXE
PURE

最も価格の高いSPORTグレードが$40,100~(約440万円)で、最も価格の安いPUREグレードが$30,150~(約331万円)です。今回紹介したインフィニティのラインナップの中で最も安く手に入れることのできるインフィニティ車と言って間違いないでしょう。

インフィニティの購入にあたって発生する費用

インフィニティの購入にあたって発生する費用ですが、現地(国外)にある車両を購入する、つまり逆輸入する際の発生する費用と同じです。

まず車両本体を現地で購入する費用が発生します。車両を購入後にはそれを日本へ輸出するための各種費用(陸送費・輸出保険料・送料etc)が発生することも覚えておきましょう。

日本に到着した際には通関費用・陸送費や消費税などが発生し、その後には日本国内を走るための車両の仕様変更や整備に排ガス検査、車検取得費用などが発生することも忘れてはいけません。

業者に依頼することがほとんどだと思いますが、その場合には代行手数料や整備工賃が発生することも覚えておきましょう。

インフィニティの中古車価格相場

インフィニティの中古車は国内中古車市場でも幾台か確認することができます。

例えば、セダンのQ50であれば、カーセンサーnetにて1台登録されていて、2017年式で走行距離198kmの国内未登録車が車両本体価格469万円です。(2019年2月5日現在)

2019年モデルのQX50と2018年モデルのQX50のESSENTIAL AWDグレード2台はそれぞれ車両価格800万円/支払総額908.6万円と730万円/844万円と言う価格設定になっています。

QX50の最上級グレードであるESSENTIAL AWDが現地価格$45,150~となっていることを考慮すると、これらはその2倍前後の価格です。

米国インフィニティ 中古車車検索 | レスポンス(Response.jp)

http://response.jp/assistance/usedcar/search/UI/

米国インフィニティの中古車を買うならレスポンス中古車。レスポンス中古車は、最大20万台以上の豊富な在庫から中古車を検索できます

まとめ

日本国内では展開されていない日産の海外向けブランドであるインフィニティの車両を日本国内で所有したい場合には、逆輸入するか日本国内の中古車市場から見つけて手に入れるかの2つの方法から選択することが可能です。

セダン・クーペ・クロスロード&SUVというカーラインナップで、それぞれにいくつかのグレードが用意されており、価格も現地価格で$30,000ほどのものから$90,000以上のグレードなど、幅広くなっています。

現地買付から整備まで行う専門業者も存在していますので、購入したい方はまず見積もりを依頼してみましょう。

関連する投稿


【デトロイトモーターショー2019】インフィニティ初!EVクロスオーバー登場

【デトロイトモーターショー2019】インフィニティ初!EVクロスオーバー登場

日産自動車の海外向け高級車ブランドであるインフィニティは、デトロイトモーターショー2019において、EVコンセプトカーの『QXインスピレーションコンセプト』(Infiniti QX Inspiration Concept)をワールドプレミアしました。


【デトロイトモーターショー2019】日産次世代EVセダンIMs初公開

【デトロイトモーターショー2019】日産次世代EVセダンIMs初公開

日産はデトロイトモーターショー2019にて、次世代EVスポーツセダンを提示したコンセプトカー、IMsを初公開しました。


日産リーフの航続距離を40%向上!ハイパフォーマンスモデル リーフe+とは

日産リーフの航続距離を40%向上!ハイパフォーマンスモデル リーフe+とは

日産は、CES 2019において、『リーフe+』を初公開しました。リーフe+は、新開発e-パワートレインを採用した他、パフォーマンスと航続距離の向上がされています。気になる最新情報をまとめてお届けいたします。


【最新版】2019年発売が予測される新型車(国産車)&新車情報まとめ

【最新版】2019年発売が予測される新型車(国産車)&新車情報まとめ

毎年多くの車種が発表される自動車業界。2019年はどのような新型車・フルモデルチェンジ車に出会えるでしょうか。トヨタ、ホンダ、レクサス、三菱、スバル、マツダ、日産、スズキ、ダイハツ、光岡。名だたる国産車メーカーの新型車・新車最新情報、予測を網羅!2019年はどんな新型車が出る?そんな時は本記事を!【1月9日更新】


日産デイズ/三菱 eKワゴン新型 ワールドプレミアは2019年3月か

日産デイズ/三菱 eKワゴン新型 ワールドプレミアは2019年3月か

日産と三菱の合併会社「NMKV」が開発し、兄弟モデルとして発売されている軽自動車『デイズ』『デイズハイウェイスター』、及び『eKワゴン』『eKカスタム』ですが、2019年春頃に新型が発表される予定です。いったいどんな点が新しくなったのでしょうか。


最新の投稿


クルマのインジェクションとは。仕組み・役割からキャブ車との違いを説明

クルマのインジェクションとは。仕組み・役割からキャブ車との違いを説明

世の中には、インジェクション攻撃、インジェクション成形、インジェクションステーキなど、インジェクションと名の付くものはたくさんありますが、ここで取り上げるインジェクションとはフューエルインジェクション(Fuel Injection System)。ガソリンエンジンの燃料噴射装置です。その仕組みと役割、歴史について説明しています。


【2月15日発売】三菱のデリカD:5新型 価格・スペック・燃費・変わった点は?

【2月15日発売】三菱のデリカD:5新型 価格・スペック・燃費・変わった点は?

2月15日、ついに三菱のオールラウンドミニバン・デリカD:5が発売されました。新型デリカD:5は、フロントデザインコンセプトのダイナミックシールドを取り入れ、装いも新たに生まれ変わりました。いったいどのような姿に進化したのか?最新情報をお届けします。


車のターボタイマーとは?必要性や取り付けに掛かる費用、使い方まで徹底解説

車のターボタイマーとは?必要性や取り付けに掛かる費用、使い方まで徹底解説

ターボ車に取り付けるターボタイマー。ターボ車に長く乗ってある人であれば役割や必要性について理解していると思いますが、これから初めてターボ車に乗る方やNA車(非ターボ車)に乗っている方にとっては、どのような役割なのかご存知でない方も多いもではないでしょうか?今回はターボタイマーの必要性から取り付け方や費用、使い方について紹介していきます。


ベントレーのSUV ベンテイガ! 試乗記・新車価格は?

ベントレーのSUV ベンテイガ! 試乗記・新車価格は?

ベントレー初のSUV、それが『ベンテイガ』です。ベンテイガは2016年から発売されています。2000万円以上もする高級SUVのため、なかなか見る機会は少ないかもしれないこの一台。本記事ではベンテイガについてまとめています。


トヨタ カローラ新型欧州仕様発表!3ボディが揃い踏み!

トヨタ カローラ新型欧州仕様発表!3ボディが揃い踏み!

トヨタ自動車の欧州部門、トヨタモーターヨーロッパは2月13日に、新型『カローラ』(Toyota Corolla)シリーズの詳細を発表しました。日本で発売されたハッチバック(日本名:『カローラスポーツ』)だけでなく、ワゴン、4ドアセダンと、3種類のボディタイプが欧州では設定されるとのことです。