トップへ戻る

【個性あふれる】見た目が個性的・ユニークな車10選

【個性あふれる】見た目が個性的・ユニークな車10選

今回の記事のテーマは「見た目がユニークな車」です。今時点で新車で購入することのできる国産車・輸入車合わせて10車種を紹介します。どんな個性的・ユニークな車があるのか?見ていきましょう。(※情報は2019年11月現在のものです)

⏳この記事は約3~4分で読めます。


ユニークな見た目の車に乗る楽しさ・魅力とは?

①目立つことができる

ロータス エキシージS

ユニークな見た目の車に乗る魅力は何と言っても目立つことができる点です。

街中を走っている車と比べて見た目がユニークとなれば、何をしていても目立ちます。

言い方を変えれば、乗っているだけ人目を引くことができる、というわけです。

カーナリズムをご覧になっている読者の皆様であれば、車を選ぶ際にこだわりを持っている方もいるかと思います。

目立ち方は人それぞれとしても、ちょっと変わった車に乗っているということは所有することやドライブの際の満足度を高めてくれます。

②車に個性がある

もう1つは車に個性があるということです。

最近の自動車の顔は、メーカー毎に同じようなものが多いと言われています。

顔でなくとも、ボディや構造などでなにかしら個性あふれる車に乗る、というのは、車選びの醍醐味であり、オーナーの車に対するこだわりが感じられます。

【知っておきたい】見た目がユニークな車に乗る際に理解しておきたいことって?

人によって、好みが分かれる

ルノー カングー

ユニークな車に乗る際に理解しておくべきことしては、人によって好みが分かれる可能性は高いということです。

ユニークということは世間一般に販売されている車の平均から少しかけ離れているということになります。平均を基準とすると、それはつまり、ユニークな車はバランスが悪いとも言えるのです。

外装デザインはその車に乗らなくてもわかりますので、どれだけ性能や快適性が良い車でも見た目で怪訝な顔をされることも…なきにしもあらず、かもしれません。

そして何よりも自動車は決して安いものではありませんから、後から「やっぱり個性的すぎたかも…」と後悔しないようにしっかりと納得した上で購入することも大切です。

見た目が個性的・ユニークな自動車(現行モデル)10選

見た目がユニークな現行国産車

トヨタ ポルテ/スペイド

トヨタ ポルテ

トヨタ スペイド

トヨタが販売しているポルテとスペイドは、2BOXのコンパクトカーです。

これら2台をユニークたらしめる理由は左側面に大きく取り付けられているスライドドアです。スライドドアが採用されているコンパクトカーは珍しくありませんが、これら2台では助手席と後部座席のドアが一体化されています。

左側に本来あるはずの助手席がなく、その代わりに大きいスライドドアが装着されているのを見ると、初めてみた方は驚くこと間違いなし。

これだけ大きいスライドドアを採用してもボディ剛性を保っているという点からも非常に気になる車となっています。

新車価格帯:税抜1,693,000~1,999,000円

日産 ジューク

日産 ジューク

見た目がユニークな車と言えば日産 ジュークを外すことはできないでしょう。

ユニークな箇所として知られているのがフロントフェイス、特に灯火類の位置です。ボンネット上にある左右のライトとその下のグリル部分にある丸いライトが存在感を放っています。

実はグリル側の丸いライトがヘッドライトで、その上にある一般的なヘッドライトのような形をしているのはポジショニングランプとターンシグナルの役割を担っているのです。

ボンネットに装着されるライトと言えばナイトラリーでよく使われるフォグランプが思い浮かびます。そのように考えると結構マニアックでスポーティーなデザインとも言えるでしょう。

新車価格帯:税抜1,829,000~3,212,000円

日産 NV200バネット

日産 NV200バネット

お次に紹介するユニークな見た目を持つ車両は日産 NV200バネットです。

ファミリー向けミニバンにも仕事で使われる商用車ワゴンにも見えてしまうなデザインとなっています。ボンネットからリアゲートに至るまでのボディラインも独特で、キャラクターラインに関して言えばいかにも商用車という感じの実用性を想像させる印象です。実際、バンタイプとワゴンタイプの2つが用意されています。

フロントフェイスのデザインは、最近の車というよりは一昔前といいますか、どことなく懐かしさを感じさせるようなものとなっています。

ちなみにこの車、イエローキャブ仕様やロンドンタクシー仕様が製作されるなど、働く車として外国でも活躍している、貴重な車種なのです。

新車価格帯:税抜1,606,000~2,263,000円

ホンダ N-ONE(エヌワン)

ホンダN-ONE

近未来感とレトロなデザインを折衷させたような軽自動車となっているのがホンダ N-ONEです。

見ての通りユニークな見た目をしている軽自動車になります。ユニークたらしめているのは、昔の車でありそうなまん丸としたヘッドライト、軽トールワゴンまでは行かずに何かスポーティー性を感じさせるボディ形状とデザイン、この2つです。

実際、N-ONEにはRSというスポーティー系のグレードも用意されています。15インチホイールにパドルシフト、ローダウンサスペンションを標準装備しているのです。

新車価格帯:税抜1,112,000~1,641,000円

【新車で買える】マニュアル車(MT車)一覧! | カーナリズム

https://matome.response.jp/articles/1049

パドルシフトじゃなくてMT車が良いという方はこちらの記事もチェック。

三菱 iMiEV(アイミーブ)

三菱 iMiEV

今年2019年で販売開始から10年という節目を迎えたのが三菱 iMiEVです。

まさに近未来の車という感じの独特なデザインで、このようなデザインの自動車を10年以上前から開発・販売していた三菱自動車はさすがの一言に尽きます。

現行車種ですと電気自動車が数多く登場していますが、実はiMiEVは世界で初めて販売された量産型電気自動車なのです。

コンパクトなボディサイズからは愛嬌も感じられます。小さいだけでなくデザインも独特とあれば、ユニークという言葉以外に何が当てはまるのでしょうか。

新車価格:2,730,000円

スズキ ハスラー

スズキ ハスラー

見た目がユニークと言えば、スズキが販売している軽自動車のハスラーを紹介しないわけにはいきません。

爬虫類のようなフロントフェイスを持ち、ポップでファンシーなボディカラー、軽自動車ということもありコンパクトなボディなど、小動物のような雰囲気を持ち合わせたデザイン性がまさにユニークと言えるでしょう。

ちなみにこの車、内装のカラーリングは外装に合わせたものを採用しています。内装と外装の統一感が絶妙です。

さらには一部グレードでMT仕様のグレードも用意されています。軽自動車ですから維持費も安くなっています。デザイン性やマニュアルならではのシフト操作などを低予算で楽しみたい方にオススメの1台です。

新車価格帯:税抜1,019,000~1,619,000円

光岡 Like-T3(ライクティースリー)

光岡 Like-T3

光岡が販売するLike-T3は前輪1つに後輪2つを持つ、少し変わった三輪自動車です。愛嬌を強く感じます。

ただの自動車ではなく、電気自動車となっています。写真をご覧いただくと分かるとおり2人乗車も可能です。ウィンドウスクリーンも装着されています。

航続距離60km、充電時間は最大6時間と日常生活での実用性はあまり期待できませんが、施設内作業車やマーシャルカーとしての活躍場面が多いです。

乗車席後方の荷台は最大100kgまで積載することができるようになっています。

価格帯:1,395,000~1,435,000円

見た目がユニークな現行輸入車

ルノー トゥインゴ

ルノー トゥインゴ

ルノー トゥインゴは可愛らしい見た目を持ったコンパクトカーです。

全体的に丸っとしたボディデザインとなっていながらも、リアスポイラーなどスポーティー性を感じさせる要素をさりげなく持ったコンパクトカーとなっています。

ボディサイズは全長3,645mm x 全幅1,650mm x 全高1,545mmで1.5Lコンパクトカーと比べると全長の短さが特に短いです。

排気量も0.9Lと小排気量で自動車税も比較的安く抑えることができる点は魅力の1つと言えるでしょう。デザインもおしゃれですから、輸入車に乗ってほんの少しだけ車で贅沢をしてみたいという方にオススメです。

新車価格帯:1,986,000~2,140,000円(税込)

ルノー カングー

ルノー カングー

ルノー カングーと言えば見た目がユニークな車のトップ3に入ると言っても過言ではない自動車です。

1度目にしたら決して忘れることがないであろう独特のボディデザインを持っています。独特のボディデザインとは裏腹に自動車としては実用性に重きが置かれていて、リアゲートは観音開きでフラットフロアに高く取られた室内高など、アウトドアや業務用としての活躍の場面は多いです。

6MT仕様と6速EDCというMT機能付きAT仕様車がラインアップされているので、スポーツ走行がしたいわけではないけれどMT車に乗りたいという方にもオススメです。

新車価格帯:2,647,000~2,546,000円(税込)

まとめ

今回は見た目がユニークな現行車を国産・輸入車合わせて10台を紹介しました。

決して安くない自動車だからこそ無難なデザインや人気のデザインを持ったものを手に入れたいところですが、だからこそ後から後悔しないためや個性を強調するためにユニークな見た目のものを購入する、という考え方も一興です。

何か個性的な車がないかなと思い始めたら、まずは街中で見かけて、おっこれはと思った車種のメーカーをチェックすることから始めてみてはいかがでしょうか。

だけどやっぱりモテる車に乗りたい そんな貴方におすすめの記事

関連する投稿


トヨタ ヤリスの燃費 金メダル級の高効率?!世界頂点級のハイブリッドとガソリン、実燃費は

トヨタ ヤリスの燃費 金メダル級の高効率?!世界頂点級のハイブリッドとガソリン、実燃費は

シャープなデザインと優れた走行性能をひっさげて、ヴィッツに代わる新たな名前で登場した「トヨタ ヤリス」は、2020年のデビューから国内市場だけでなく世界的な人気を獲得しています。そんなヤリス、ハイブリッド車では世界トップレベルの低燃費を実現しているなど、その高効率性がハンパないことはご存知でしたか? 話題のハイブリッド車だけでなく、力強さのガソリン車まで含めて、ヤリスの燃費を分析していきます。


【販売台数 過去最高!】トヨタ アルファード これを読めば人気の理由がわかる!

【販売台数 過去最高!】トヨタ アルファード これを読めば人気の理由がわかる!

今、トヨタのアルファードが人気沸騰中です。何と、発売から6年を経過したにもかかわらず、過去最高の販売実績を記録しているのです。そんなアルファードの人気の理由はどこにあるのでしょうか?そこで、今回はアルファードの魅力を徹底的に検証し、その人気の理由をご紹介します。


【2021年最新】トヨタの現行スライドドア車まとめ!乗り降り楽々で魅力的な最新車はコレ

【2021年最新】トヨタの現行スライドドア車まとめ!乗り降り楽々で魅力的な最新車はコレ

ご家族が乗り込むことも多いファミリーカーに備わっているとうれしい装備といえば、後席用のスライドドアではないでしょうか。乗り降りがしやすく、荷物を載せるのにもうれしいスライドドアは、軽自動車から大型のミニバンまで選択肢も広くなっていますよ。この記事では、2021年8月現在のトヨタ車ラインナップのうち、スライドドアを持つ車をまとめてみましたので、次の愛車選びに役立ててみてください。


【2021年最新】日産の現行スライドドア車まとめ!伝統のミニバンから軽まで種類が豊富

【2021年最新】日産の現行スライドドア車まとめ!伝統のミニバンから軽まで種類が豊富

ご家族で利用される車についていて欲しい機能といえばスライドドア。お出かけやお買い物、とっさの雨でのお出迎えまで、スライドドアが付いていれば日々のカーライフがより充実すること間違いなしですよね。先進の運転支援技術で人気の日産のラインナップでも、スライドドアを装備した車が多数用意されています。一覧でご紹介していきますので、一体どの車種があなたにぴったりなのか、検討してみては。


トヨタ ヤリスのユーザー評価・評論家評価・実燃費まとめ

トヨタ ヤリスのユーザー評価・評論家評価・実燃費まとめ

2020年2月に発売されて以降、国産コンパクトカーの人気を牽引する立場を維持し続けているトヨタ ヤリス。お求めやすい価格帯ながら充実の機能と優れたデザインが印象的ですが、車の魅力は写真やカタログの数値では測り切れない部分もあるものですよね。そこで、実ユーザーや自動車評論家がヤリスに乗ってどのように感じたのかを、実燃費とともにチェックすることで、ヤリスの具体的な評価を確認していきましょう。


最新の投稿


軽自動車の名義変更で必要な書類と当日の流れを徹底解説!

軽自動車の名義変更で必要な書類と当日の流れを徹底解説!

名義変更はクルマの売買時にだけ必要なものではありません。引っ越しや結婚といった際にも、その手続きが必要です。そこで今回は、軽自動車の名義変更手続きについてまとめました。


移動式オービスによる取り締まり|運用が広がっている理由とは?

移動式オービスによる取り締まり|運用が広がっている理由とは?

高速道路などを走行中、オービスがピカッと光ってしまい、心配になった経験をお持ちの方は少なくないかもしれません。近年、オービスの新たな形として「移動式オービス」が運用の幅を広げています。これまでのオービスと何が違うのでしょうか?今回は、移動式オービスについてまとめました。


車のコーティングとワックス、どう違う?それぞれ費用や耐久性で比較

車のコーティングとワックス、どう違う?それぞれ費用や耐久性で比較

洗車は面倒だけど、愛車のピカピカな状態はできるだけ長く保ちたいもの。キレイなボディを維持しやすくなる方法といえば、自分で施工ができるワックスと、プロに頼むのが一般的なコーティングがあります。どちらにもメリットとデメリットがあるので、実際にあなたの愛車にはどちらがぴったりなのか、事前にしっかり検討しておきたいところ。かかる費用やかかる手間など、それぞれを詳しく比較していきます。


カーフィルム・ウィンドウフィルム最新10選|暑さや紫外線をカット

カーフィルム・ウィンドウフィルム最新10選|暑さや紫外線をカット

うだるような暑さや照りつける直射日光は、ガラスを通り抜けてくるので車内にいる間も油断大敵です。近年の車ではUVカットガラスが標準装備される例も増えてきてはいますが、紫外線や赤外線の遮断性能だけでなく遮熱性能まで備えた最新のカーフィルムを貼り付けることで、車内の快適性がグンと向上しますし、見た目の高級感やプライバシー性も向上させることができます。おすすめ商品をご紹介していきます。


スマートキーとは?便利な利用シーンや最新機能、防犯対策までご紹介

スマートキーとは?便利な利用シーンや最新機能、防犯対策までご紹介

近年の車で広く装備されるようになった機能のひとつに「スマートキー」が挙げられるでしょう。キーはポケットに入れておくだけで、ドアロックの解錠からエンジン始動まで可能な同機能は、今や現代の車にはなくてはならない機能となっていますよね。そんなスマートキーに関して詳しく解説していくとともに、最新のスマートキーが実現する便利な機能までご紹介していきます。