目次へ戻る

【徹底比較】スライドドアのあるクルマは?購入時のポイントも

【徹底比較】スライドドアのあるクルマは?購入時のポイントも

今回はスライドドアのある普通自動車・小型自動車の比較を行います。スライドドアの車両と一言でも言っても、スペックや搭載機能に違いが明確にあるなど、購入の際に押さえるべきポイントも数多いです。現行のスライドドア搭載国産車ラインアップもご紹介!

⏳この記事は約3~4分で読めます。


スライドドアのある普通自動車・小型自動車を比較!

スライドドア仕様の車が欲しい。けれどどんな種類の車があるの?そういう疑問をお持ちの方も多いのではないでしょうか。

本記事では、そんな疑問にお答えします!

スライドドアのある普通自動車・小型自動車を並べ、比較していきます。おさえておくべきポイントも記載しましたので、スライドドア仕様の車種を検討している方は必見ですよ!

国内自動車メーカーのスライドドア採用車両のラインアップ(軽自動車含む)

トヨタのスライドドア車

トヨタ アルファード

OEMや姉妹モデルはありますが、トヨタ自動車のスライドドア採用車のラインアップは次の13車種です。

・スペイド
・タンク/ルーミー
・ポルテ
・アルファード
・ヴェルファイア
・ヴォクシー
・エスクァイア
・シエンタ
・ノア
・ハイエースワゴン
・ピクシス バン
・ピクシス メガ

ホンダのスライドドア車

ホンダ フリード

ホンダ フリード

ホンダの現行カーラインアップでスライドドアがついている車種5つで、以下の通りです。

・フリード
・オデッセイ
・ステップワゴン
・N-VAN
・N-BOX

日産のスライドドア車

日産 セレナ

日産 セレナ

日産のカーラインアップに載っている次の6車種にはスライドドアが採用されています。

・NV100クリッパー リオ
・デイズ ルークス
・エルグランド
・セレナ
・NV350キャラバン
・NV200バネット

マツダのスライドドア車

マツダ フレアワゴン

マツダ フレアワゴン

マツダ車でスライドドアが搭載されているのは次の2車種のみです。

・フレア ワゴン
・スクラム ワゴン

スズキのスライドドア車

スズキ エブリイワゴン

スズキ エブリイワゴン

スライドドアを採用するスズキの車には次の7台があります。

・エブリイワゴン
・スペーシア
・スペーシア カスタム
・スペーシア ギア
・ソリオ
・ソリオ バンディット
・ランディ

ダイハツのスライドドア車

ダイハツ ムーヴキャンバス

ダイハツ ムーヴキャンバス

ダイハツの以下の5車種にはスライドドアが採用されています。

・ムーヴ キャンバス
・タント
・ウェイク
・アトレーワゴン
・トール

三菱のスライドドア車

三菱のデリカD:5新型

三菱のデリカD:5新型

三菱のスライドドア車は現在7車種となっています。

・デリカD:2
・デリカD:5
・デリカD:5 URBAN GEAR
・デリカD:5 ガソリン仕様
・EKスペース
・EKスペース カスタム
・タウンボックス

スバルのスライドドア車

スバル ジャスティ

スバル ジャスティ

スバルのスライドドア車は現在2車種となっています。

・ジャスティ
・ジャスティ カスタム

いすゞのスライドドア車

いすゞ コモ

いすゞ コモ


いすゞにはコモと呼ばれるワンボックス車両にスライドドアが装備されています。

【スライドドア】どの車種で比較する?

日本自動車販売協会連合会の「乗用車ブランド通称名別順位」を参照

上記の通り、スライドドアが採用されている車は大量にあります。

比較するにあたって今回は以下のように規定しています。

タイトルにあるように今回は普通自動車・小型自動車での比較ですので、一般社団法人 日本自動車販売協会連合会が発表している「乗用車ブランド通称名別順位」の4月~9月の販売数ランキングの中で、スライドドア付きの車種トップ5をピックアップ及び比較してみましょう。

スライドドア付き車種でトップ5にランクインしたのは次の通りです。

・トヨタ シエンタ:55,602台、前年比143.9%
・トヨタ ルーミー:49,206台、前年比110.8%
・日産 セレナ:45,928台、前年比96.7%
・トヨタ ヴォクシー:45,615台、前年比111.9%
・ホンダ フリード:43,468台、109.6%

比較にあたって押さえるポイント

ボディサイズ・乗車定員・客室内寸法

小型自動車及び普通自動車となると、コンパクトカーサイズのものから本格的なミニバンサイズのものまで存在します。

また、ボディサイズに合わせて乗車定員も決まってくることが多いです。乗車定員5名のスライドドア車両や8名まで乗れるスライドドア車両など、ボディサイズと合わせて確認しておくことも失敗しないクルマ選びに不可欠ですね。

客室内寸法も明記されているので、こちらも確認しておくと安心です。

車両重量

スライドドアを採用している車両は総じて車両重量が重たくなる傾向にあります。車両重量は燃費性能や走行時の加速感に影響しますし、それは運転時のフィーリングにも大きく関わってくるので気にかけておきたい要素の1つです。

エンジンスペック・燃費

EVへ舵を切るメーカーも増えてきましたが、今の時代はまだまだ内燃機関を持つエンジンが主流です。というわけでエンジンがどれくらいのスペック(出力・トルク)を持っているのかもチェックしましょう。

内燃機関を持つ車両も電気自動車も、いかほどの燃費性能を備えているのかは知っておきたいところです。カタログ値はもちろんのこと、当メディアの姉妹サイトの1つであるe燃費にて実燃費データをチェックすることもできます。

スライドドアの機能・ドアの数

スライドドアの機能や車種に装備されているドアの数などもチェックしましょう。

スライドドアも種類が様々で、足をドア下部にかざすだけで開くことができる機能があったり、助手席ドアと一体型になっているモデルがあります。

後部座席の左右両方にスライドドアが採用されているのが最近の定番ですが、稀にスライドドアが助手席側のみのモデルや、助手席のドアと一体型になっている車種もあるので(例えばトヨタ ポルテ)、チェックしておきたいところです。

【スライドドア採用車】ボディサイズ・乗車定員・客室内寸法を比較

ボディサイズ

トヨタ シエンタ

まずはボディサイズから。ボディサイズは基本的に、全長 x 全幅 x 全高という3つの要素で表されています。

各車種のボディサイズをまとめると、以下の通りです。

シエンタ
全長4,260mmx 全幅1,695mm x 全高1,675mm(4WDモデルは1,695mm)

ルーミー
全長3,700mm(カスタム系グレードは3,725mm) x 全幅1,670mm x 全高1,735mm

セレナ
全長4,685mm x 全幅1,695mm(ハイウェイスター系は4,770mm x 1,740mm) x 全高1,865mm(4WDは1,875mm)

ヴォクシー
全長4,695mm(ZSグレードは4,710mm) x 全幅1,695mm(ZSは1,735mm) x 全高1,825mm(4WDは1,865または1,870mm)

フリード
全長4,265mm(フリードプラスの2WDモデルは4,295mm) x 全幅1,695mm x 全高1,735mm(4WDモデルは1,710mm)

全長・全幅・全高を総合的に判断すると、ルーミーが最もコンパクトであることがわかります。

セレナとヴォクシーのどちらかが最も大きい車種であることは確実で、全長と全高どちらに重きを置くのかで判断が分かれそうです。

乗車定員

トヨタ ヴォクシー

トヨタ ヴォクシー

乗車定員は次の通り。

・シエンタ:2列シート車/5名、3列シート車/7名(4WDモデルは6名)

・ルーミー:2WD・4WDモデルともに5名

・セレナ:8名、e-POWERモデルでは7名

・ヴォクシー:7名モデルと8名モデル。ハイブリッド車は7名モデルのみ。

・フリード:6名または7名。フリードプラスは5名

同車種でも5名モデルと6−7名モデルを用意していたり、同車種のハイブリッド車はガソリン車よりも乗車定員数が少ない(ガソリン車の方が乗車定員が多い)ということがわかります。

客室内寸法

客室内寸法は次の通りです。

・シエンタ:3列シート/室内長2,535mm x 室内幅1,470mm x 室内高1,280mm、2列シート/1,900mm(車いす仕様1,850mm) x 1,450mm(1,470mm) x 1,280mm(1,290mm)

・ルーミー:室内長2,180mm x 室内幅1,480m x 室内高1,355mm

・セレナ:室内長3,170mm(又は3,240mm)室内幅1,545mm x 室内高1,400mm

・ヴォクシー:室内長2,930mm x 室内幅1,540mm x 室内高1,400mm

・フリード:室内長3,045mm x 室内幅1,455mm x 室内高1.275mm
フリード+:室内長2,310mm x 室内幅1,455mm x 室内高1,275mm(又は1,285mm)

室内寸法はボディサイズに影響されるということは確実で、実際のところ室内寸法もボディサイズトップクラスのセレナとヴォクシーで大きくなっています。

7人乗り仕様車だと2列目シート中央が通り抜けできるウォークスルータイプになっていることが多いです。ただし、シエンタの7人乗り3列シートモデルはウォークスルーできないようになっています。

【スライドドア採用車】車両重量を比較する

各車両の重量は次の通りです。グレードで分けず、車種全体の車両重量で表しています。

シエンタ:1,320kg~1,380kg

ルーミー:1,070kg~1,130kg

セレナ:1,650kg~1,790kg

ヴォクシー:1,560kg~1,620kg

フリード:1,340kg~1,540kg

車両重量もボディサイズに影響するところが多く、コンパクトサイズなルーミーが最も軽くて反対にセレナが最重量車種となっていることがわかります。総じて、スライドドア採用車種は1,300kg~1,800kgの間に収まると考えてよさそうです。

関連する投稿


トヨタ MIRAI(ミライ)初フルモデルチェンジ 発売は2020年秋?最新情報

トヨタ MIRAI(ミライ)初フルモデルチェンジ 発売は2020年秋?最新情報

トヨタの燃料電池車、MIRAI(ミライ)が今秋にフルモデルチェンジを控えていると言われています。MIRAI(ミライ)にとっては初のフルモデルチェンジということで、航続距離のアップや、価格などが気になりますね。本記事ではそんなトヨタのMIRAI(ミライ)最新情報についてまとめています。


【2020年コンパクトSUV対決】日産キックスVSライズVSヴェゼルそしてヤリスクロス

【2020年コンパクトSUV対決】日産キックスVSライズVSヴェゼルそしてヤリスクロス

「このままで終われるか!」という覚悟の元に日産が約2年9カ月ぶりにデビューさせた新型コンパクトSUV『キックス』。いったい『キックス』はどんな車に仕上がっているのか?ライバルとの比較で明らかにします!


今、中古車が熱い!スバルの中古車5選

今、中古車が熱い!スバルの中古車5選

新車が欲しい。でも、欲しい車は高くて買えない。そんな貴方は中古車を考えたことはありますか?中古車の魅力はその価格、一年経過しているだけでワンランク上の車種を買う事も可能なのです。今回はそんな魅力的な中古車の中から、人気のスバル車を5車種選んでみました。


今、中古車が熱い!トヨタのおすすめ中古車5選

今、中古車が熱い!トヨタのおすすめ中古車5選

2019年度の新車販売台数累計を見ても、上位の多くを占めるトヨタ車は、中古車市場においても高い人気を誇ります。その中でも特に人気の高いおすすめしたい車種の中古車を(前モデルも含めて)ご紹介します。


日産の次世代電動SUV アリア 市販版は7月発表 最新情報

日産の次世代電動SUV アリア 市販版は7月発表 最新情報

日産の新たな電動SUV、アリアが登場します。市販版は7月に発表されるとのこと。本記事では今わかっている最新情報をまとめてお届けいたします。


最新の投稿


AR・VRとは?車に搭載されている機能についても解説

AR・VRとは?車に搭載されている機能についても解説

ARとは「拡張現実」VRとは「仮想現実」と呼ばれているもので、いずれもパソコンやスマホなどを使い仮想の世界をあたかも現実の世界にいるような体験ができる技術です。最近では車にもこの技術が使われ始めています。


ドライブレコーダーは前後がいい?タイプ別の特徴や取り付け方も紹介

ドライブレコーダーは前後がいい?タイプ別の特徴や取り付け方も紹介

万が一のことを考えてドライブレコーダーを装着する車が増えてきましたが、前方だけのタイプの方もまだまだ多いようです。しかし、ドライブレコーダーを装着するなら是非前後に装着する事をおすすめします、今回はドライブレコーダーについて詳しくご説明していきます。


スマホホルダーを購入検討中の方必見!使い方や注意点をご紹介

スマホホルダーを購入検討中の方必見!使い方や注意点をご紹介

日本国内での携帯電話の普及率はなんと100%を超えていると報告されています(総務省調べ)。もはや携帯なしでは生活に支障をきたすレベルです。そんな今、車の運転時に必要となってくるのがスマホホルダーです。今回は、スマホホルダーの使い方や注意点についてご紹介していきます。


カーエアコンが効かないのは故障?確認から対処方法までご紹介

カーエアコンが効かないのは故障?確認から対処方法までご紹介

「カーエアコンが効かない!」とお悩みの方必見。夏が本格化する前に、カーエアコンの効きが悪い原因を確認から対処する方法をまとめました。ここ数年、地球温暖化による異常気象によって、日本各地で記録的な猛暑が記録されています。暑い中ではカークーラーが効かないのは、命取りになってしまいます。


知らないと危険?!オーバーヒートとは

知らないと危険?!オーバーヒートとは

気持ち良くドライブをしていたらボンネットから煙が。異臭もするし、見たことのない警告灯も点灯。こんな時どうしたらいいのか?今回は、オーバーヒートの原因と対処法、修理についてを解説します。