目次へ戻る

文句なしにカッコイイ!20代女子が選ぶ見た目がカッコイイと思うSUV5選

文句なしにカッコイイ!20代女子が選ぶ見た目がカッコイイと思うSUV5選

カッコイイ車、と聞くと貴方はどんな車、ブランド、車種を思い浮かべますか。カッコイイ車、イコール高級車ではありませんよね!なんとなくこの見た目がカッコイイ!だから好き!そんな車は人の数だけあると思います。今回はそんな、価格やブランドを度外視して、単純に見た目がカッコイイと思うSUVを独断と偏見でまとめています。

⏳この記事は約3~4分で読めます。


カッコイイ車って何だろう

女性に「カッコイイ車」と聞くと、大抵の女性は「ベンツ」「BMW」「フェラーリ」「ランボルギーニ」と高級車一覧のような、まるで定型文のような答えを返してきたりしませんか。しますよね!

私は(まだまだ車初心者ですが)それを聞くとなんだか悲しい気持ちになります。なぜなら、彼女たちが言っているのはその車の魅力というよりは、その車の持つ「ブランド力」をカッコイイと言っているように聞こえるからです。

ネームバリューのあるブランド・高級車だけがカッコイイわけじゃない!

でも、一方で、あまり彼女たちが車のことを知らないからこそ、テレビで見たり、高級車と呼ばれていたり、芸能人やセレブが持っている車のことをカッコイイと言っている人も多いのではないでしょうか。

こんなカッコイイ車を知らないなんてもったいない!知らずに生きていくのは惜しい!!というわけで、今回は僭越ながら、20代編集部員である私が、素直に、純粋に見た目がカッコイイ!女心を掴んで離さない!と思う車を独断と偏見でまとめました。

本記事の中に、これはカッコイイ…!と思っていただける車があれば幸いです。

【本気出して考えてみた】車好き女子と仲良くなれる!?出会い方7選

https://matome.response.jp/articles/1156

20代女性編集部員の独断と偏見で選ぶシリーズ。今回は車好き女子と仲良くなるには?です。

【見なきゃ損】本当に面白い!海外オススメクルマ番組ランキング トップ5

https://matome.response.jp/articles/1112

20代女性編集部員の独断と偏見で選ぶシリーズ。今回は海外オススメ車番組です。

20代女性編集部員が選ぶ!カッコイイ車!SUV編

そもそもSUVってどんな車?

そもそも論ですが、SUVとはどのような車の事なのか、皆さんご存知でしょうか?

SUVは、「Sports Utility Vehicle」の頭文字を取ったもので、簡単に言うと「スポーティーで実用的な車」という意味です。けれどもこれは名目に過ぎず、各メーカーによってかなり開きがあります。

ただ、明確な定義はなく一般的に、車高が高くタイヤも大きくてアウトドアに適しているような車をSUVと呼ばれています。

(正直「これはSUVです」とメーカーが言って発売すればそれがSUV…。というくらいアバウトです)

というわけで早速、カッコイイと思うSUVを見ていきましょう!

~国産車~

これは必修科目でしょ!トヨタのC-HR

まず一番に挙げたいのが、トヨタのコンパクトSUV・C-HRです。2016年の12月より発売され、今なお勢いは衰えず、売れ行きもとても好調です。

目を惹く特徴的なエクステリアはダイヤモンドをモチーフにデザインされています。まさに新しいSUVといった表情が見て取れますね!

このデザインは好き嫌いがかなりはっきり別れるデザインかと思いますが、裏を返せばそれだけ斬新で先鋭的だからとも言えるでしょう。道路でC-HRに遭遇すると思わず目を留めてしまう魅力があります。

難点は、リアガラスがかなり小さいこと。斬新なデザインにした結果、リアガラスも細く鋭い形状になり、運転中は少々見づらいです。

価格は約300万円です。

サルーンのような荘厳なたたずまい、これが本当にSUV!?ハリアー

SUV、というボディタイプとは裏腹に、洗練された場所、(例えば銀座とか、白金でしょうか…)が似合うのがこのハリアーという車の魅力です。

ハリアーは、トヨタが1997年から販売しているクロスオーバーSUV。

コンセプトが高級サルーン!!の乗り心地と快適性です。車名の由来は、鷹の一種である「チュウヒ」の英語名で、エンブレムのモチーフもチュウヒになっています。

このチュウヒエンブレムがまたカッコイイんですよね。まるで外車のようなこなれ感があります。

チュウヒエンブレムを見たらその車はハリアー。

内装も豪華です

しかし、高級サルーンを自負しているだけあり、価格も少しお高めです。価格は約300万円~460万円ほどです。

また、少しサイズ感が大きいので、ある程度の広さを持つ駐車場に置いてあげてくださいね。(その分、乗り心地はとても良いです)

また、ハリアーはついに2020年フルモデルチェンジを控えています!こちらも要チェックですよ!

~外車・輸入車~

可愛さとかっこよさとほのかに香るレトロ!MINIクロスオーバー

コンパクトなたたずまい、スタイリッシュでありながら可愛らしさも忘れない。それがMINIのクロスオーバーです。

2017年にフルモデルチェンジを行い、2代目に進化し、クロスオーバーはDセグメントとボディサイズがアップ。それにより居住性が高まり、居住性が良くなりました‥。というのはもちろん嬉しいですが、そんな御託はこの際どうでもよいのです。

このSUVはひたすらカワイイ。

とにかくカワイイ。これにつきます。

どこか異国情緒が漂う、そうイタリアとかミラノで映えそうなデザイン、けれども日本の都会でもアウトドアでも存在感が引き立ち、それでいて浮かないデザイン性はさすがMINIだなという印象です。

こんな車を購入した日には、毎日でも一緒にいたくなりますね。

価格は約335万円~560万円ほど。

ポルシェだけど何だか身近。SUV×スポーツカー!マカン

ポルシェは高級車だし、そりゃいい車だろうよ、なんて思うことなかれ。

このマカンは、ポルシェのラインナップにおいて、同じくSUVであるカイエンの下に位置するモデルです。カイエンはほとんどのグレードが1000万円超の高級車ですが、マカンは約685万円から販売されています。(それでもかなりお高いですが)

カイエンと比較すると一回り小さいSUVですが、日本、それも都会に住んでいる方であれば絶対にオススメしたい一台です。

見た目もとてもかっこよく、それでいて女性ウケも良いフロントフェイスです。

フロントフェイスはちょっとカエルみたい?

ポルシェらしい、SUV然とした軽快な走りがマカンにはあります。そして、カイエンに比べてサイズダウンしたことから、より愛嬌のある、かつスポーティーな使いやすいモデルになっていることも魅力的。マカン、君はSUV、いやでもやっぱりスポーツカーなの?

そんな走りを楽しみたい人にオススメです。

ラグジュアリー&悪路走行を極めた決定版!メルセデスベンツGクラス

メルセデスベンツのエンブレム。ベンツブランドの高級感を持ちながらもオフローダーに恥じない走り。まさにラグジュアリーと走破性を兼ね備えた究極オフローダー。それがメルセデスベンツのGクラスです。先日行われた、デトロイトモーターショー2018にて新型Gクラスが発表され話題になりました。

このキュービックなデザインと高級ブランドであるベンツというギャップがたまりません。

アウトドアを極めたSUV、スタイリッシュさを追求した都会系SUVといった車は多数ありますが、このアウトドア感満載なデザイン性と、高級車然とした風格を上手く兼ね備えているところがさすがメルセデスベンツだなあと思わずうなってしまいます。

新型Gクラスでは、伝統の悪路走破性をさらに追求。

フロントアクスルのダブルウイッシュボーンは、サスペンションのサブフレームを介さず、ラダーフレームに直結。

メルセデスベンツによれば、リアはリジットアクスルを新開発。その結果、悪路走破性の高さを示すアプローチアングルは31度、デパーチャーアングルは30度、ランプブレークオーバーアングルは26度と、現行比でそれぞれ1度向上、そして最低地上高は241mmとしています。

さすがですね…。


アウトドアなデザインとは裏腹に、インテリアデザインは大幅にモダンな造りです。2つの大型12.3インチディスプレイモニターが2個並ぶダッシュボードは、デジタルコクピット化しています。

価格は、ドイツ本国でのベース価格は、10万7040ユーロ(約1455万円)とのこと。

さすがですね…。

最後に

いかがでしたか。

僭越ながら、道で出会ったときに、カッコイイ!オシャレ!素敵!と思わず思ってしまうそんなSUV車を独断と偏見でまとめました。

(蓋をあけてみれば思った以上に高級車を選んでしまったこと、深く深く反省しています)

SUVと一言で言っても、それぞれの車にそれぞれの魅力があって5選、選ぶのはけっこう厳しいものでした。

2020年も、思わずカッコイイ!と言ってしまうようなSUVの発売に期待したいですね!

独断と偏見シリーズ

20代女性編集部員による、独断と偏見から生まれる迷シリーズ。

【本気出して考えてみた】車好き女子と仲良くなれる!?出会い方7選

https://matome.response.jp/articles/1156

車好きな女子と仲良くなりたい!そんなあなたにはこの記事を!女性編集部員が脳みそをフル活用して出会い方を考えました。

関連する投稿


【2020年上半期】発売されたSUV&これから注目の車は?

【2020年上半期】発売されたSUV&これから注目の車は?

2020年上半期も多くのSUVが登場しました。苦戦が続く新車販売の中でも、このSUVだけは絶好調でした。今回はそんな2020年上半期に新登場したSUVを国産車と外車からご紹介します。そして、これから発売予定の注目モデルも合わせてご紹介します!


【新車販売台数ランキング】今売れてる・人気の車とは?SUV・ミニバン・軽自動車他ランキング

【新車販売台数ランキング】今売れてる・人気の車とは?SUV・ミニバン・軽自動車他ランキング

新車販売台数ランキング!この記事では、2019年の販売台数を元に、SUVをはじめとして、その他のボディタイプ別のランキングもご紹介します。(※ランキングの情報は全国軽自動車協会連合会と日本自動車販売協会連合会の情報を参照しています)(2020年更新しました)


【新型予想】噂の新型レクサスRX!ライバルSUVの最新情報も

【新型予想】噂の新型レクサスRX!ライバルSUVの最新情報も

近い将来、フルモデルチェンジが行われると言われるレクサスのプレミアムSUV「RX」。人気の高い車種だけにユーザーにとっては登場が待ち遠しい車です。今回は気になる新型レクサスRXの価格やスペックを予想します。


【決定版】3列シート/7人乗りSUV 国産車&外車 全18車種を一覧で比較!

【決定版】3列シート/7人乗りSUV 国産車&外車 全18車種を一覧で比較!

ファミリーカーとして人気を博しているミニバンに待ったをかけるのが、多人数も乗れるSUV。最近では3列シート・7人乗りSUVが続々市場に導入されています。本記事では、現在日本で購入可能な、現役の国産車から外車まで、ありとあらゆるメーカーの「3列シート/7人乗り SUV」についてまとめてご紹介します。


【2020年最新】トヨタのSUVのおすすめ車種一覧!

【2020年最新】トヨタのSUVのおすすめ車種一覧!

トヨタにはたくさんのSUVモデルがラインアップされています。 この記事ではどんな現行車種があるのか、また新型情報などトヨタのSUVについて知りたいという方向けに、トヨタのSUV情報をまとめていきます! 新車から中古車の相場まで、トヨタのSUVのことを詳しく解説していきましょう。


最新の投稿


エンジンルームの意外と知られていない洗浄方法を解説

エンジンルームの意外と知られていない洗浄方法を解説

エンジンルームの洗浄は、細かい部品がたくさんあり難しそうですよね。しかし、注意点さえ知っていればご自身で洗浄することが可能となります。また、大事な愛車を傷つけたくないという方はカーショップなどで依頼することも一つの方法としてあります。


【2020年(令和2年)お盆休み】渋滞予測、混雑日、ピーク、混雑する道路は?

【2020年(令和2年)お盆休み】渋滞予測、混雑日、ピーク、混雑する道路は?

2020年のお盆休み期間中の高速道路の渋滞予測から、最も渋滞が予測されるピーク日をまとめています。今年は新型コロナウィルスの影響で、例年にも増してどうなるかわからない状況です。そんなお盆休みの渋滞予測に関する情報を随時更新していきます。※いまだ新型コロナウィルスが蔓延している状況からも、どうしても帰省しなければならない、緊急な用事等以外はお盆もご自宅でゆっくりすることをおすすめいたします。


2021年以降発売が予測される新型車・新車情報 最新版

2021年以降発売が予測される新型車・新車情報 最新版

2021年以降にフルモデルチェンジ・発売が予測される新型車(国産車)をまとめています。トヨタ、ホンダ、レクサス、三菱、スバル、マツダ、日産、スズキ、ダイハツ、光岡。新車最新情報を随時更新しています。


【2020年上半期】発売されたSUV&これから注目の車は?

【2020年上半期】発売されたSUV&これから注目の車は?

2020年上半期も多くのSUVが登場しました。苦戦が続く新車販売の中でも、このSUVだけは絶好調でした。今回はそんな2020年上半期に新登場したSUVを国産車と外車からご紹介します。そして、これから発売予定の注目モデルも合わせてご紹介します!


【今さら聞けない】8ナンバーとは?

【今さら聞けない】8ナンバーとは?

車の話をしている時に8ナンバーって聞いたことありませんか?詳しくは知らない・初めて聞いたという方。本記事で一緒に8ナンバーについて見ていきましょう。