トップへ戻る

文句なしにカッコイイ!20代女子が選ぶ見た目がカッコイイと思うSUV5選

文句なしにカッコイイ!20代女子が選ぶ見た目がカッコイイと思うSUV5選

カッコイイ車、と聞くと貴方はどんな車、ブランド、車種を思い浮かべますか。カッコイイ車、イコール高級車ではありませんよね!なんとなくこの見た目がカッコイイ!だから好き!そんな車は人の数だけあると思います。今回はそんな、価格やブランドを度外視して、単純に見た目がカッコイイと思うSUVを独断と偏見でまとめています。

⏳この記事は約3~4分で読めます。


カッコイイ車って何だろう

女性に「カッコイイ車」と聞くと、大抵の女性は「ベンツ」「BMW」「フェラーリ」「ランボルギーニ」と高級車一覧のような、まるで定型文のような答えを返してきたりしませんか。しますよね!

私は(まだまだ車初心者ですが)それを聞くとなんだか悲しい気持ちになります。なぜなら、彼女たちが言っているのはその車の魅力というよりは、その車の持つ「ブランド力」をカッコイイと言っているように聞こえるからです。

ネームバリューのあるブランド・高級車だけがカッコイイわけじゃない!

でも、一方で、あまり彼女たちが車のことを知らないからこそ、テレビで見たり、高級車と呼ばれていたり、芸能人やセレブが持っている車のことをカッコイイと言っている人も多いのではないでしょうか。

こんなカッコイイ車を知らないなんてもったいない!知らずに生きていくのは惜しい!!というわけで、今回は僭越ながら、20代編集部員である私が、素直に、純粋に見た目がカッコイイ!女心を掴んで離さない!と思う車を独断と偏見でまとめました。

本記事の中に、これはカッコイイ…!と思っていただける車があれば幸いです。

【本気出して考えてみた】車好き女子と仲良くなれる!?出会い方7選

https://matome.response.jp/articles/1156

20代女性編集部員の独断と偏見で選ぶシリーズ。今回は車好き女子と仲良くなるには?です。

【見なきゃ損】本当に面白い!海外オススメクルマ番組ランキング トップ5

https://matome.response.jp/articles/1112

20代女性編集部員の独断と偏見で選ぶシリーズ。今回は海外オススメ車番組です。

20代女性編集部員が選ぶ!カッコイイ車!SUV編

そもそもSUVってどんな車?

そもそも論ですが、SUVとはどのような車の事なのか、皆さんご存知でしょうか?

SUVは、「Sports Utility Vehicle」の頭文字を取ったもので、簡単に言うと「スポーティーで実用的な車」という意味です。けれどもこれは名目に過ぎず、各メーカーによってかなり開きがあります。

ただ、明確な定義はなく一般的に、車高が高くタイヤも大きくてアウトドアに適しているような車をSUVと呼ばれています。

(正直「これはSUVです」とメーカーが言って発売すればそれがSUV…。というくらいアバウトです)

というわけで早速、カッコイイと思うSUVを見ていきましょう!

~国産車~

これは必修科目でしょ!トヨタのC-HR

まず一番に挙げたいのが、トヨタのコンパクトSUV・C-HRです。2016年の12月より発売され、今なお勢いは衰えず、売れ行きもとても好調です。

目を惹く特徴的なエクステリアはダイヤモンドをモチーフにデザインされています。まさに新しいSUVといった表情が見て取れますね!

このデザインは好き嫌いがかなりはっきり別れるデザインかと思いますが、裏を返せばそれだけ斬新で先鋭的だからとも言えるでしょう。道路でC-HRに遭遇すると思わず目を留めてしまう魅力があります。

難点は、リアガラスがかなり小さいこと。斬新なデザインにした結果、リアガラスも細く鋭い形状になり、運転中は少々見づらいです。

価格は約300万円です。

サルーンのような荘厳なたたずまい、これが本当にSUV!?ハリアー

SUV、というボディタイプとは裏腹に、洗練された場所、(例えば銀座とか、白金でしょうか…)が似合うのがこのハリアーという車の魅力です。

ハリアーは、トヨタが1997年から販売しているクロスオーバーSUV。

コンセプトが高級サルーン!!の乗り心地と快適性です。車名の由来は、鷹の一種である「チュウヒ」の英語名で、エンブレムのモチーフもチュウヒになっています。

このチュウヒエンブレムがまたカッコイイんですよね。まるで外車のようなこなれ感があります。

チュウヒエンブレムを見たらその車はハリアー。

内装も豪華です

しかし、高級サルーンを自負しているだけあり、価格も少しお高めです。価格は約300万円~460万円ほどです。

また、少しサイズ感が大きいので、ある程度の広さを持つ駐車場に置いてあげてくださいね。(その分、乗り心地はとても良いです)

また、ハリアーはついに2020年フルモデルチェンジを控えています!こちらも要チェックですよ!

~外車・輸入車~

可愛さとかっこよさとほのかに香るレトロ!MINIクロスオーバー

コンパクトなたたずまい、スタイリッシュでありながら可愛らしさも忘れない。それがMINIのクロスオーバーです。

2017年にフルモデルチェンジを行い、2代目に進化し、クロスオーバーはDセグメントとボディサイズがアップ。それにより居住性が高まり、居住性が良くなりました‥。というのはもちろん嬉しいですが、そんな御託はこの際どうでもよいのです。

このSUVはひたすらカワイイ。

とにかくカワイイ。これにつきます。

どこか異国情緒が漂う、そうイタリアとかミラノで映えそうなデザイン、けれども日本の都会でもアウトドアでも存在感が引き立ち、それでいて浮かないデザイン性はさすがMINIだなという印象です。

こんな車を購入した日には、毎日でも一緒にいたくなりますね。

価格は約335万円~560万円ほど。

ポルシェだけど何だか身近。SUV×スポーツカー!マカン

ポルシェは高級車だし、そりゃいい車だろうよ、なんて思うことなかれ。

このマカンは、ポルシェのラインナップにおいて、同じくSUVであるカイエンの下に位置するモデルです。カイエンはほとんどのグレードが1000万円超の高級車ですが、マカンは約685万円から販売されています。(それでもかなりお高いですが)

カイエンと比較すると一回り小さいSUVですが、日本、それも都会に住んでいる方であれば絶対にオススメしたい一台です。

見た目もとてもかっこよく、それでいて女性ウケも良いフロントフェイスです。

フロントフェイスはちょっとカエルみたい?

ポルシェらしい、SUV然とした軽快な走りがマカンにはあります。そして、カイエンに比べてサイズダウンしたことから、より愛嬌のある、かつスポーティーな使いやすいモデルになっていることも魅力的。マカン、君はSUV、いやでもやっぱりスポーツカーなの?

そんな走りを楽しみたい人にオススメです。

ラグジュアリー&悪路走行を極めた決定版!メルセデスベンツGクラス

メルセデスベンツのエンブレム。ベンツブランドの高級感を持ちながらもオフローダーに恥じない走り。まさにラグジュアリーと走破性を兼ね備えた究極オフローダー。それがメルセデスベンツのGクラスです。先日行われた、デトロイトモーターショー2018にて新型Gクラスが発表され話題になりました。

このキュービックなデザインと高級ブランドであるベンツというギャップがたまりません。

アウトドアを極めたSUV、スタイリッシュさを追求した都会系SUVといった車は多数ありますが、このアウトドア感満載なデザイン性と、高級車然とした風格を上手く兼ね備えているところがさすがメルセデスベンツだなあと思わずうなってしまいます。

新型Gクラスでは、伝統の悪路走破性をさらに追求。

フロントアクスルのダブルウイッシュボーンは、サスペンションのサブフレームを介さず、ラダーフレームに直結。

メルセデスベンツによれば、リアはリジットアクスルを新開発。その結果、悪路走破性の高さを示すアプローチアングルは31度、デパーチャーアングルは30度、ランプブレークオーバーアングルは26度と、現行比でそれぞれ1度向上、そして最低地上高は241mmとしています。

さすがですね…。


アウトドアなデザインとは裏腹に、インテリアデザインは大幅にモダンな造りです。2つの大型12.3インチディスプレイモニターが2個並ぶダッシュボードは、デジタルコクピット化しています。

価格は、ドイツ本国でのベース価格は、10万7040ユーロ(約1455万円)とのこと。

さすがですね…。

最後に

いかがでしたか。

僭越ながら、道で出会ったときに、カッコイイ!オシャレ!素敵!と思わず思ってしまうそんなSUV車を独断と偏見でまとめました。

(蓋をあけてみれば思った以上に高級車を選んでしまったこと、深く深く反省しています)

SUVと一言で言っても、それぞれの車にそれぞれの魅力があって5選、選ぶのはけっこう厳しいものでした。

2020年も、思わずカッコイイ!と言ってしまうようなSUVの発売に期待したいですね!

独断と偏見シリーズ

20代女性編集部員による、独断と偏見から生まれる迷シリーズ。

【本気出して考えてみた】車好き女子と仲良くなれる!?出会い方7選

https://matome.response.jp/articles/1156

車好きな女子と仲良くなりたい!そんなあなたにはこの記事を!女性編集部員が脳みそをフル活用して出会い方を考えました。

関連する投稿


【2021年版】今買いのファミリーカーはコレ!クラス別おすすめ8選

【2021年版】今買いのファミリーカーはコレ!クラス別おすすめ8選

まだまだ昨年からの混乱の続く2021年、自家用車の存在価値について考え直したという方も多くいらっしゃるのでは。ご家族揃って安心して移動できるファミリーカーは、混乱の現代における強い味方ですよね。そんなファミリーカーの中でも、2021年にこそ選びたい最新おすすめ車を5台ピックアップしてご紹介していきます。普段のお出かけからお子様の送迎まで大活躍間違いなしの車が勢揃いです。


オフロードって何?オフロード車の特徴やおすすめのオフロード車5選!

オフロードって何?オフロード車の特徴やおすすめのオフロード車5選!

車の種類や走行シーンを分類するときに、「オフロード」という言葉を目にしたことがあるでしょう。オフロードとは、舗装されていない道。オフロード車であるなら、アウトドアなどで舗装されていない道でも、難なく走破できます。しかし、オフロード車とはどのような車でしょうか?特徴やおすすめのオフロード車をご紹介します。


クロスオーバーSUV、詳しく説明できる?SUVは全部同じじゃない!

クロスオーバーSUV、詳しく説明できる?SUVは全部同じじゃない!

世界中で大流行中のSUVに、「クロスオーバーSUV」と呼ばれるジャンル分けがあることはご存知ですか。SUV系のラインナップがとても幅広くなってくるにしたがって、クロスオーバーという呼び方も度々聞かれるようになってきました。自動車業界以外でも使われるクロスオーバーという言葉は、分かっているようで詳しく意味を知らないという方もいらっしゃるかも。詳しくご説明していきます。


レクサスのSUVはどれを選べば良いの?違いや価格、特徴まで徹底解説

レクサスのSUVはどれを選べば良いの?違いや価格、特徴まで徹底解説

レクサスのSUVは現行の車種だけでも複数種類あり、2021年には新型クーペSUVのLQが発売される見込みです。レクサスのSUVを検討しているものの、種類が多くどれを選べば良いのか分からないという方もいるのではないでしょうか。現行のレクサスは4種類ありますが、価格やボディサイズなど、それぞれコンセプトが大きく異なります。そこで今回は、レクサスのSUVの歴史や特徴、選び方や車種ごとの違い、基本スペックと新車価格などについて徹底解説します。


マツダのSUVシリーズを徹底比較!自分に合った車はどれ?!

マツダのSUVシリーズを徹底比較!自分に合った車はどれ?!

マツダが力を入れるSUVシリーズは、12月17日のCX-30の商品改良によって、全シリーズの新型が出揃いました。そこで、マツダのどのSUVが自分にピッタリなのか分かるように、様々な角度から比較してみました。


最新の投稿


おすすめ収納グッズ!このグッズで車内を快適に!

おすすめ収納グッズ!このグッズで車内を快適に!

車の収納にご不便をお感じになられたことがある方は、意外に多くいらっしゃるのではないでしょうか。そういった場面で重宝するグッズに、収納グッズと呼ばれるものが御座います。収納グッズと呼ばれるものは種類も豊富で、用途により使い分けることで、より快適に車内を使用することが出来るものばかりです。本記事では収納グッズの選び方のほか、おすすめ商品もご紹介していきます。


おすすめカースポンジをご紹介!どうやって使い分ければいい?

おすすめカースポンジをご紹介!どうやって使い分ければいい?

車の洗車に必要なカースポンジですが、その種類はとても多く、どのスポンジを使えば良いか迷うものです。今回は洗車やワックスに適したスポンジの選び方や用途について説明していきます。スポンジの素材や形状についても触れてみたいと思います。


転回とは?標識の意味から上手なやり方まで詳しくまとめてみた

転回とは?標識の意味から上手なやり方まで詳しくまとめてみた

免許を取得した際には確実に勉強したはずの「転回」。では一体なんのこと?と聞かれると、よどみなく答えられる方は意外と少なかったりするのでは。まだまだ意味を覚えてるよ!という初心者の方から、ちょっと怪しいかも?というベテランの方まで、この記事を読めば転回について詳しくなれること間違いなしです。してはいけない場所、上手なやり方など、役立つ情報をご紹介していきます。


中古車オークションでトクする中古車選び、業者じゃなくても使える?

中古車オークションでトクする中古車選び、業者じゃなくても使える?

先行き不安な現代ですから、車にかけるお金はできるだけ節約したいところですよね。新車に比べてお買い得な中古車、さらにお安く手に入れる方法としてよく聞かれるのが「中古車オークション」。オークションの仕組み自体はご存知でも、実際にご自分で参加できるのかなど、詳しくは知らない方も多いのでは。この記事では、中古車オークションに関して詳しく解説していきます。


車の新しい乗り方「サブスクリプション」のメリットとデメリットとは

車の新しい乗り方「サブスクリプション」のメリットとデメリットとは

ちょっと前まではあまり聞かれなかった「サブスクリプション」という言葉、最近よく耳にしませんか。スマホのサービスなどだけでなく、車の所有方法にまで広まってきているサブスクリプション(サブスク)。これまでの所有形態と比べてどのようなメリット・デメリットがあるのでしょうか。CMや広告でよく見る車のサブスクが気になっていた方は必見です。