目次へ戻る

総額10億円超え!? 世界のスーパーカー パトカー特集!

総額10億円超え!? 世界のスーパーカー パトカー特集!

こちらは海外のスーパーカーパトカー特集の記事です。ドバイ、イタリアをはじめ、世界のパトカーには、驚くほど高額なスーパーカーを利用しているものがあります。いくつかの車両をピックアップし紹介していきます。


ドバイ警察スーパーカーパトカー ギネス公認の総額8億円軍団!

まずは世界的にも有名な、ドバイ警察からのご紹介。アラブ首長国連邦、ドバイ警察が保有するスーパーカーパトカーの軍団が2017年3月、世界最速パトカーとしてギネスに認定されました。

この世界最速のパトロールチームは、14台のスーパーカーで編成されていて、最速400k/h、1000psを誇るブガッティ「ヴェイロン」を筆頭として、アウディ「R8」、ベントレー「コンチネンタルGT」、マクラーレン「MP4/1」、ランボルギーニ「アヴェンタドール LP700-4」、フェラーリ「FF」、アストンマーティン「One-77」、日本が世界に誇る日産「GT-R」などで、総額はおよそ8億円という価格!

ドバイ警察は、超豪華なプロモーションビデオを制作するなど、実質的な警務より観光客や世界の注目を集める、話題性やエンターテインメント性を重視しているようです。

超豪華!ドバイ警察スーパーカー軍団のプロモーションビデオ

その超豪華なプロモーションビデオがこちらです。

動画を見ていただいてもわかるとおり、間違いなく世界最強軍団と言えるスーパーパトカー軍団。どう見ても映画のワンシーンとしか思えないPVですが、日本でも同様のスーパーパトカー軍団を結成し、PV制作すれば、警察希望者の数もグンと増えるかも知れないですね。

ドバイ警察はレクサス RC Fまでもパトカーに!

世界に名だたるスーパーカーを、次々とパトカーとして導入しているドバイ警察ですが、2015年2月には公式Facebookページを通じてレクサスの高性能車が配備したことを明らかにしました。

このドバイ警察に導入されたレクサスRC Fは、「IS F」用の2UR-GSE型直噴5.0リットル V型8気筒ガソリンをベースに新開発したエンジンを搭載。チタンバルブ、鍛造コンロッドのほか、シリンダーヘッドなどの新設計部品を採用。また、排気系も改良し、出力を大幅に向上させた。定常走行域ではアトキンソンサイクル化により、燃費や環境性能も引き上げているんだとか。

5.0リットルV8は、最大出力477ps/7100rpm、最大トルク54kgm/4800-5600rpm。IS F(最大出力430ps、最大トルク51.5kgm)に対して、40ps以上、2.5kgmの性能がアップしています。トランスミッションはパドルシフト付きの8速「SPDS」(スポーツ・ダイレクト・シフト)。欧州仕様の場合、0-100km/h加速4.5秒、最高速270km/h(リミッター作動)の性能。日本国内での価格は953万円。

2020年の万博開催地はドバイに決定していて、中東初の万博開催ということもあり、豪華なパトカー、ポリスカーを揃え世界へのアピールを強化しているようです。

イタリア警察 スーパーカーパトカーの元祖!

世界最速パトカーとしてギネスが認めたドバイ警察のインパクトは甚大ですが、スーパーカー×パトカーの元祖とも言えるのが、イタリア警察です。2017年4月、ランボルギーニから「2代目」となる「ウラカン」がイタリア警察に寄贈されました。

イタリア警察 2代目ウラカン

イタリア警察独自のブルーとホワイトで塗装され、サイドには3色のイタリアンカラー・ラインと「POLIZIA」のロゴ。

この「ウラカン ポリツィア」は、2017年からハイウェイパトロール、及び医療機関の臓器輸送としても活躍するようです。

イタリア警察に贈られたこのランボルギーニ ウラカン LP610-4の新車価格は2,970万円。

ちなみに初代の「ウラカン ポリツィア」はこちら。

初代 ウラカン ポリツィア

初代にはサイドのイタリアンカラーラインは入っていませんでした。ちなみにこのウラカン LP610-4は、2014年のジュネーブモーターショーで初公開された車両。ミッドシップには、新開発の直噴5.2リットルV型10気筒ガソリン自然吸気エンジンを搭載。最大出力610ps/8250rpm、最大トルク57.1kgm/6500rpmを引き出します。

トランスミッションは、7速デュアルクラッチの「LDF」。駆動方式はフルタイム4WD。カーボンファイバーなどの軽量素材の採用により、車両重量は1422kgに抑えられ、0-100km加速3.2秒、最高速325km/hという世界屈指のパフォーマンス。

イタリア警察がランボルギーニをパトカーとして導入するのは、2004-2008年の『ガヤルド』以来、6年ぶりだったようです。(2014年当時)

当時最速!?のスーパーカーパトカー、ガヤルド!

こちらがその、イタリア国家警察に配備されていた『ガヤルドLP560-4』。

最大出力560psを発生する5.2リットルV10搭載し、0-100km/h加速3.7秒、最高速度325km/hというスーパーカー。イタリア警察では2004年にローマ警察に、2005年にボローニャ警察に、そして2008年にイタリア国家警察にガヤルドが配備されていました。

2008年3月のジュネーブモーターショーで発表されたガヤルドのビッグマイナーチェンジ版となっていて、エンジン排気量は5.0リットルから5.2リットルに拡大。最大出力は60psアップの560ps。

ボディの軽量化や足回りのリファインの効果もあって、0-100km/h加速は0.3秒短縮して3.7秒、最高速度は10km/hアップの325km/hを実現。日本での価格は2428万円からというスーパーカーです。

ちなみに、こちらのガヤルドが走行しているだけで違反行為がめっきり減っていたようです。逃げようと思っても逃げれませんしね。

ミラノではマフィアから没収したフェラーリまでパトカーに!

世界のパトカー、やはり規模が違います。続いてはイタリア、ミラノ警察から。2017年3月30日、フェラーリ『458スパイダー』をパトカーとして導入した、という発表がありました。

なんと、このフェラーリ458スパイダーは2015年にイタリアのマフィアから、ミラノ警察が没収した1台だそう。イタリアの法律では、マフィアから没収した財産を、警察などの当局が申請により、利用することが認められているんだとか。

フェラーリ458スパイダーは、イタリア警察の車両らしく、ホワイトを基調に、グリーンのアクセントを配したポリスカーに変身しました。

「マフィア」という響きがまさにイタリアンですね。

このフェラーリ458スパイダー、ルーフは片道14秒で開閉。4499ccのV8エンジン搭載で、デュアルクラッチ・トランスミッションとの組み合わせで、0-100km/h加速は3.4秒未満、最高速度320km/h。

2011年に日本で初公開された際の価格は3060万円。

今回、こちらの記事で世界のパトカーとして紹介したスーパーカーの総額がおそよ10億円程。インパクトはかなり絶大ですね。

■パトカーに関連する記事はこちら

ニューヨークモーターショーに日産GT-Rのパトカーが!

http://matome.response.jp/articles/386

20174月12日からアメリカで開催されるニューヨークモーターショー2017にて、『GT-R』のポリスカー仕様が初公開されます。

関連する投稿


フェラーリ初のPHV SF90ストラダーレ 最新情報 スペック  最新画像ほか

フェラーリ初のPHV SF90ストラダーレ 最新情報 スペック 最新画像ほか

フェラーリ初のPHVカーが登場します。その名もずばり『SF90 ストラダーレ』です。本記事ではフェラーリ SF90 ストラダーレの、最新情報、明らかになっているスペック情報のほか、価格や最新のエクステリア画像、そして気になる車名の由来についてもまとめています。フェラーリがお好きな方はぜひこの記事を読んでみてくださいね。


 ランボルギーニ ウラカン モデル別の価格、燃費を一覧で紹介|改良新型も

ランボルギーニ ウラカン モデル別の価格、燃費を一覧で紹介|改良新型も

ランボルギーニ ウラカンはガヤルドの後継車として2014年3月にジュネーブモーターショーにて正式発表され、日本ではその年の7月に発売されました。日本における販売価格や燃費や内装、各種仕様など気になるところをお伝えします。


【ジュネーブモーターショー2019】その名はサメ。ジネッタのスーパーカー!

【ジュネーブモーターショー2019】その名はサメ。ジネッタのスーパーカー!

英国のジネッタは、スイスで開幕したジュネーブモーターショー2019において、新型軽量スーパーカー、ジネッタ『アクーラ』(Ginetta Akula,)を初公開しました。その名もなんと「サメ」。


株式会社マリカー(現MARIモビリティ開発)の現在と未来

株式会社マリカー(現MARIモビリティ開発)の現在と未来

人気キャラクターに扮したコスプレでカートに乗り込み、公道を疾走する人気のアクティビティ、公道レンタルカートの代名詞ともなっている株式会社”マリカー”(現MARIモビリティ開発)。『マリオカート』の生みの親である任天堂に裁判で敗れた現在の姿と未来を問う。


【子供の憧れ?】白バイは普通のバイクと何が違う?車種・性能・装備は?

【子供の憧れ?】白バイは普通のバイクと何が違う?車種・性能・装備は?

街中を運転していてよく目にする白バイ。近くにいる時はマジマジと観察する機械はあまり無いと思いますが、どういった車種なのか、普通のバイクとの違いはなんなのか、気になったこともあるのではないでしょうか?今回の記事では、みんなが気になる白バイ(隊員)の車種、性能や装備などの秘密をお話していきます。


最新の投稿


【2019年保存版】現行レクサス車種一覧 価格・特徴【早わかり】

【2019年保存版】現行レクサス車種一覧 価格・特徴【早わかり】

レクサス、と聞くと高級車だし自分には関係のない車。と決めつけている人はいませんか。それはもったいない!レクサスはもちろん高級車ですが、価格からボディタイプまで様々です!一口にレクサス、と言ってもいろんなモデルがあるんです。本記事では、現行レクサスを一覧にし、特徴や価格、中古車価格などをまとめてみました。【7月更新】


【レクサス30周年】レクサス新型の電動モデルが開発中!?最新情報

【レクサス30周年】レクサス新型の電動モデルが開発中!?最新情報

気になる情報が入ってきました。レクサスが2020年をめどに自律走行技術を搭載した新型スポーツ、もしくはラグジュアリーモデルを開発している可能性があるとのこと。最新情報をまとめています。


【2019年8月9日発売】ホンダのN-WGN新型!価格・スペック・改良点は?

【2019年8月9日発売】ホンダのN-WGN新型!価格・スペック・改良点は?

ホンダの大人気軽ハイトワゴン、N-WGN(エヌワゴン)N-WGNカスタム、がフルモデルチェンジして発売されます。発売日8月9日。価格はN-WGNが127万4400円から163万1880円、N-WGNカスタムが151万2000円から179万3880円。本記事ではN-WGN新型の最新情報をまとめています。


日産のスカイライン新型 最新情報まとめ 価格・スペック・変更点ほか

日産のスカイライン新型 最新情報まとめ 価格・スペック・変更点ほか

7月16日に新型スカイラインが発表されました。今回はこのビッグマイナーチェンジがなされた新型スカイラインについて、エンジンスペックやその他の各種スペック、グレードラインアップならびに価格、そして話題を担っている先進安全技術について紹介します。


マツダ デミオ改めマツダ2改良新型 発売は9月 価格は約154万円

マツダ デミオ改めマツダ2改良新型 発売は9月 価格は約154万円

マツダのデミオ改良新型が9月に登場します。デミオは名前を世界統一名に変更し、デミオ改め「マツダ2」となります。新車価格は154万4400円から。気になる最新情報をまとめています。