目次へ戻る

総額10億円超え!? 世界のスーパーカー パトカー特集!

総額10億円超え!? 世界のスーパーカー パトカー特集!

こちらは海外のスーパーカーパトカー特集の記事です。ドバイ、イタリアをはじめ、世界のパトカーには、驚くほど高額なスーパーカーを利用しているものがあります。いくつかの車両をピックアップし紹介していきます。


ドバイ警察スーパーカーパトカー ギネス公認の総額8億円軍団!

まずは世界的にも有名な、ドバイ警察からのご紹介。アラブ首長国連邦、ドバイ警察が保有するスーパーカーパトカーの軍団が2017年3月、世界最速パトカーとしてギネスに認定されました。

この世界最速のパトロールチームは、14台のスーパーカーで編成されていて、最速400k/h、1000psを誇るブガッティ「ヴェイロン」を筆頭として、アウディ「R8」、ベントレー「コンチネンタルGT」、マクラーレン「MP4/1」、ランボルギーニ「アヴェンタドール LP700-4」、フェラーリ「FF」、アストンマーティン「One-77」、日本が世界に誇る日産「GT-R」などで、総額はおよそ8億円という価格!

ドバイ警察は、超豪華なプロモーションビデオを制作するなど、実質的な警務より観光客や世界の注目を集める、話題性やエンターテインメント性を重視しているようです。

ドバイ警察はレクサス RC Fまでもパトカーに!

世界に名だたるスーパーカーを、次々とパトカーとして導入しているドバイ警察ですが、2015年2月には公式Facebookページを通じてレクサスの高性能車が配備したことを明らかにしました。

このドバイ警察に導入されたレクサスRC Fは、「IS F」用の2UR-GSE型直噴5.0リットル V型8気筒ガソリンをベースに新開発したエンジンを搭載。チタンバルブ、鍛造コンロッドのほか、シリンダーヘッドなどの新設計部品を採用。また、排気系も改良し、出力を大幅に向上させた。定常走行域ではアトキンソンサイクル化により、燃費や環境性能も引き上げているんだとか。

5.0リットルV8は、最大出力477ps/7100rpm、最大トルク54kgm/4800-5600rpm。IS F(最大出力430ps、最大トルク51.5kgm)に対して、40ps以上、2.5kgmの性能がアップしています。トランスミッションはパドルシフト付きの8速「SPDS」(スポーツ・ダイレクト・シフト)。欧州仕様の場合、0-100km/h加速4.5秒、最高速270km/h(リミッター作動)の性能。日本国内での価格は953万円。

2020年の万博開催地はドバイに決定していて、中東初の万博開催ということもあり、豪華なパトカー、ポリスカーを揃え世界へのアピールを強化しているようです。

イタリア警察 スーパーカーパトカーの元祖!

世界最速パトカーとしてギネスが認めたドバイ警察のインパクトは甚大ですが、スーパーカー×パトカーの元祖とも言えるのが、イタリア警察です。2017年4月、ランボルギーニから「2代目」となる「ウラカン」がイタリア警察に寄贈されました。

イタリア警察 2代目ウラカン

イタリア警察独自のブルーとホワイトで塗装され、サイドには3色のイタリアンカラー・ラインと「POLIZIA」のロゴ。

この「ウラカン ポリツィア」は、2017年からハイウェイパトロール、及び医療機関の臓器輸送としても活躍するようです。

イタリア警察に贈られたこのランボルギーニ ウラカン LP610-4の新車価格は2,970万円。

ちなみに初代の「ウラカン ポリツィア」はこちら。

初代 ウラカン ポリツィア

初代にはサイドのイタリアンカラーラインは入っていませんでした。ちなみにこのウラカン LP610-4は、2014年のジュネーブモーターショーで初公開された車両。ミッドシップには、新開発の直噴5.2リットルV型10気筒ガソリン自然吸気エンジンを搭載。最大出力610ps/8250rpm、最大トルク57.1kgm/6500rpmを引き出します。

トランスミッションは、7速デュアルクラッチの「LDF」。駆動方式はフルタイム4WD。カーボンファイバーなどの軽量素材の採用により、車両重量は1422kgに抑えられ、0-100km加速3.2秒、最高速325km/hという世界屈指のパフォーマンス。

イタリア警察がランボルギーニをパトカーとして導入するのは、2004-2008年の『ガヤルド』以来、6年ぶりだったようです。(2014年当時)

当時最速!?のスーパーカーパトカー、ガヤルド!

こちらがその、イタリア国家警察に配備されていた『ガヤルドLP560-4』。

最大出力560psを発生する5.2リットルV10搭載し、0-100km/h加速3.7秒、最高速度325km/hというスーパーカー。イタリア警察では2004年にローマ警察に、2005年にボローニャ警察に、そして2008年にイタリア国家警察にガヤルドが配備されていました。

2008年3月のジュネーブモーターショーで発表されたガヤルドのビッグマイナーチェンジ版となっていて、エンジン排気量は5.0リットルから5.2リットルに拡大。最大出力は60psアップの560ps。

ボディの軽量化や足回りのリファインの効果もあって、0-100km/h加速は0.3秒短縮して3.7秒、最高速度は10km/hアップの325km/hを実現。日本での価格は2428万円からというスーパーカーです。

ちなみに、こちらのガヤルドが走行しているだけで違反行為がめっきり減っていたようです。逃げようと思っても逃げれませんしね。

ミラノではマフィアから没収したフェラーリまでパトカーに!

世界のパトカー、やはり規模が違います。続いてはイタリア、ミラノ警察から。2017年3月30日、フェラーリ『458スパイダー』をパトカーとして導入した、という発表がありました。

なんと、このフェラーリ458スパイダーは2015年にイタリアのマフィアから、ミラノ警察が没収した1台だそう。イタリアの法律では、マフィアから没収した財産を、警察などの当局が申請により、利用することが認められているんだとか。

フェラーリ458スパイダーは、イタリア警察の車両らしく、ホワイトを基調に、グリーンのアクセントを配したポリスカーに変身しました。

「マフィア」という響きがまさにイタリアンですね。

このフェラーリ458スパイダー、ルーフは片道14秒で開閉。4499ccのV8エンジン搭載で、デュアルクラッチ・トランスミッションとの組み合わせで、0-100km/h加速は3.4秒未満、最高速度320km/h。

2011年に日本で初公開された際の価格は3060万円。

今回、こちらの記事で世界のパトカーとして紹介したスーパーカーの総額がおそよ10億円程。インパクトはかなり絶大ですね。

■パトカーに関連する記事はこちら

ニューヨークモーターショーに日産GT-Rのパトカーが!

http://matome.response.jp/articles/386

20174月12日からアメリカで開催されるニューヨークモーターショー2017にて、『GT-R』のポリスカー仕様が初公開されます。

関連する投稿


マクラーレン 650Sのスペック、燃費・性能・魅力までを網羅

マクラーレン 650Sのスペック、燃費・性能・魅力までを網羅

英国自動車メーカーのマクラーレンは紛れもないスーパーカーメーカーの代表のひとつと言えるでしょう。今回は、マクラーレン 650Sのスペックについて、さらに日本ではどれくらいの金額から買うことができるのか、中古車価格についても紹介します。


日本のスーパーカー!レクサスのLFA(エルエフエー)とはどういう車なのか!?

日本のスーパーカー!レクサスのLFA(エルエフエー)とはどういう車なのか!?

日本にはスーパーカーと呼ばれる車はあまり多く存在しません。しかしその中でもレクサスブランドで発売されたLFAという車は、日本を代表するスーパーカーの1つといえます。今回はLFAの概要とスペック、価格帯やライバル車、中古車市場の価格相場などを見ていきます。


フェラーリ テスタロッサってどんな車?スペック 燃費 まとめ

フェラーリ テスタロッサってどんな車?スペック 燃費 まとめ

スーパーカーの代名詞ともいえる車を数多く送り出してきた自動車メーカーフェラーリ。そんなフェラーリのなかでもバブル期に日本に輸入され、国内でも人気をよんだテスタロッサについて紹介していきます。


あのスーパーカーメーカーのブガッティ SUVは発売するの?

あのスーパーカーメーカーのブガッティ SUVは発売するの?

ランボルギーニやフェラーリなど、様々なスーパーカーメーカーがSUVを発売している昨今。そんな中、数年前から、ブガッティがクロスオーバーSUVを開発するという噂があります。今回はそのブガッティのSUVの最新CGを入手しました!本記事では最新情報をまとめています。


最速480km/h 幻と名高いスーパーカー トゥアタラ市販化!

最速480km/h 幻と名高いスーパーカー トゥアタラ市販化!

米スーパーカーメーカーのSSC(シェルビー・スーパーカーズ)が開発した幻のスーパーカー『トゥアタラ』。このトゥアタラ市販型がついに初公開されることがわかりました。本記事ではトゥアタラの最新情報および最新画像についてもまとめています。


最新の投稿


都道府県別道の駅まとめ┃埼玉県

都道府県別道の駅まとめ┃埼玉県

埼玉県は北関東への中継地点としての役割を担っています。最近は住みたい街ランキングで上位に入ったり、映画などでも一躍人気を博していますが、観光地への移動時の休憩地点として利用者も多く、その分道の駅も数多くあります。今回は、そんな埼玉県のおすすめスポットをご紹介します。


【解説】千葉銀行のマイカーローン┃金利や審査、申し込み方法等まとめ

【解説】千葉銀行のマイカーローン┃金利や審査、申し込み方法等まとめ

千葉、東京、埼玉、茨城のみならず、神奈川県(一部地域を除く)までのエリアをカバーする千葉銀行では、新車・中古車・下取り車のローン残債、借換えもご相談にのります。エリア内の方で、車の購入をお考えの方は、千葉銀行のマイカーローンがどのようなものなのか気になるところでしょう。この記事では金利や審査、申込み方法等を解説します。


トヨタ エスティマの燃費、口コミ・評価から中古車情報一覧|新型の噂も

トヨタ エスティマの燃費、口コミ・評価から中古車情報一覧|新型の噂も

1990年から発売されているトヨタのミニバン「エスティマ」の歴代モデルの燃費や中古価格などをまとめてみました。「エスティマ」に乗り換えをお考えの方は、是非参考にしてください。(※情報は2019年4月現在のもの)


全てがスーパーサイズ! トヨタのピックアップ タンドラの魅力とは

全てがスーパーサイズ! トヨタのピックアップ タンドラの魅力とは

USトヨタが北米市場で販売しているフルサイズピックアップトラック『トヨタ タンドラ』(以降、タンドラ)の魅力に迫ります。(※情報は2019年4月現在のもの)


トヨタのミニバン ノアの歴史!維持費やカスタム法を徹底解説

トヨタのミニバン ノアの歴史!維持費やカスタム法を徹底解説

トヨタのノアは、ヴォクシーやエスクァイアと並んでトヨタの主力ミニバンです。しかしながら、その細かな違いが分からずに、選択肢に悩んでいる人も多いと思います。そもそも同クラスの車種を選ぶ基準は難しいところですよね。ノアの魅力は、「家族が楽しめる車」に仕上がっている点だと言えます。よりファミリーカーとしての資質が強いのが特徴です。今回は、ノアの魅力とともに、ヴォクシーやエスクァイアとの違いについても細かく解説していきます。(※情報は2019年4月現在のもの)