目次へ戻る

一部の自動車に装着されている!フライホイールの役割と構造、費用は?

一部の自動車に装着されている!フライホイールの役割と構造、費用は?

一部の自動車にはフライホイールと呼ばれる部品が装着されています。今回はこのフライホイールについて、その役割や構造について紹介し、そのチューニングや交換にかかる費用についても学びましょう。


フライホイールの役割

アイドリングを安定させる

みなさんはフライホイールについてご存知でしょうか。

フライホイールの役割はエンジンのアイドリングを安定させることです。

4サイクルエンジンをベースに説明しますと、吸気・圧縮・燃焼/膨張・排気という4行程によって動力が生み出されます。

しかし、これら4行程のうち実際に動力が生み出されるのは燃焼/膨張行程の前半部分のみなので、これ以外の行程と比べるとトルク変動が発生することになります。

エンジンにトルク変動が発生するということはエンジンの回転数にばらつきが発生します。特に低回転時にそれは顕著で、低回転つまりアイドリング時に回転数が安定しないとエンジンストールの可能性も高くなります。

これらのようなトラブルを回避するため、そしてエンジンを安定させるためにフライホイールという部品が存在しているのです。

動力をクラッチディスクへ伝える

アイドリングを安定させる役割に加えて、動力をクラッチディスクへ伝えることもフライホイールの役割となっています。

これは乾式単板クラッチディスクにおける話で、フライホイールとクラッチディスクがプレッシャープレートによってくっついたり離れたりするのです。この動きは運転席足元のクラッチペダルの踏み戻しによって行われることとなります。

トルコン装着車両にフライホイールは装着されない

MT車には必ずフライホイールが装着されている一方で、多段式AT車やCVT車にはトルコン(トルクコンバータ)と呼ばれる部品を装着するタイプではトルコンがフライホイールの役割を担うこととなるためフライホイールが使われることはありません。

フライホイールの構造

クランクシャフトの端に取り付けられている

フライホイールの構造について説明しますと、フライホイールが取り付けられているのはクランクシャフトの端部分です。

クランクシャフトにはフライホイールだけでなく、コンロッドやクランクシャフトプーリーといった部品も装着されています。

もちろんコンロッドの先端にはピストンが装着されていますから、4行程によってクランクシャフトが回転すると同時にフライホイールも回転するということです。

フライホイールの慣性モーメントを活用する

フライホイールを装着することでエンジンのトルク変動を抑えることができる理由は、フライホイールの慣性モーメントを活用していることとなっています。慣性モーメントとは動いている物体が回り続けようとする時にどれくらい回り安いかを示す数値(場合によってはその現象のこと)のことです。フライホイールの慣性モーメントは大きく、それによってエンジンのトルク変動を防ぐ役割を果たしています。

慣性モーメントを活かすための設計・材料

フライホイールの慣性モーメントが大きい理由はその作りや材質が関係しています。例えば重量が同じ2つのフライホイールがあるとすると、外径のより大きい物の方が慣性モーメントは大きくなります。フライホイールの重量と外径が同じ場合、フライホイールの重量配分が外側にあるものの方が慣性モーメントは大きいです。

フライホイールに採用される材料は、鋳鉄ならびにクロムモリブデン鋼やアルミニウム合金などとなっています。鋳鉄のフライホイールは純正品として多く採用され、クロムモリブデン鋼やアルミニウム合金を使ったフライホイールは軽量フライホイールとして取り付けられることが多いです。軽量フライホイールについては後ほど詳しく紹介します。

なお、フライホイール内部にはトーションスプリングが装着されています。トルク変動による衝撃がフライホイールに伝わった時、それを緩和する役割の部品です。

フライホイールの縁にある歯車の役割

フライホイールの縁部分をよく見てみると歯車が設けられています。セルスターターを回転させるとその回転がフライホイールの歯車に伝えられて、エンジンを始動させるという仕組みとなっているのです。エンジン始動にも一役買っていることとなります。

フライホイールのチューニングについて

軽量フライホイールとは

軽量フライホイールとは重量を軽くしたフライホイールのことで、純正品よりも軽く作られたホイールと考えていただくと良いです。軽量フライホイールの主なメリットはエンジンレスポンスが向上することにあります。軽量フライホイールは重量が軽くなっているので、クランクシャフトにかかる抵抗が少なくなってエンジンがより速く回転するのです。エンジンレスポンスが良くなれば当然加速性能も向上しますから、タイムを競うモータースポーツでは重宝されることとなります。

一方で、慣性モーメントが小さくなるデメリットがあることを忘れてはいけません。

フライホイールにある程度の重量があることでトルク変動が抑えらえているわけなので、フライホイールが純正品よりも軽ければその軽い分だけトルク変動が増加することとなります。

アイドリング時のエンジン回転数の低下やアクセルペダルを抜いた時の回転数の落ちが早くなるといったことが懸念されるのです。

街乗りメインなら軽量フライホイールは必要ない?

コンマ1秒を競うような場面、つまりはサーキット走行や各種モータースポーツでは軽量フライホイールは大きなメリットを生み出すことでしょう。

しかし、街乗りメインではエンジンを高回転で使用することはほぼ不可能ですし、渋滞にハマることも多々あることを考えると、軽量フライホイールは不必要です。街乗りメインの車には必要のないものと考えて良いでしょう。

フライホイール交換にかかる費用について

フライホイールを交換することはほとんどないってホント?

大前提としてフライホイールを交換することはほとんどありません。

というのも、フライホイールが消耗して使えなくなるという事例がほとんどないからです。交換することがあるのは軽量フライホイールを取り付けるくらいになります。

しかし、クラッチディスクが消耗して交換時期になったにも関わらずそのまま乗っていると、金属むき出しとなったクラッチディスクがフライホイールを破損させる可能性が出てきます。そうなった場合にはフライホイールの直すなり交換する必要が発生して高い修理費用を払うことになるので注意が必要です。

フライホイールの部品代

フライホイールの部品代は純正品の安いもので10,000円、高いもので60,000円くらいです。この価格差は車種による違いが大きく影響しています。興味のある方は愛車のフライホイールがいくらくらいなのかをディーラーや整備工場に問い合わせてみると良いでしょう。

軽量フライホイールの価格は安いものでも30,000円程となっています。ただしこちらも車種によって異なります可能性が高いです。トヨタ86やスズキのスイフトスポーツのフライホイールは大体同じくらいの価格帯となっていました。これらの車なら60,000円ほどあれば吟味して選ぶことができるでしょう。

工賃はどうなっているのか

フライホイールの交換工賃は実はあまり情報がありません。というのも、クラッチ交換と同時にフライホイールを交換することがほとんどのため工賃の算出がほとんどないことが関係しています。整備工場によってはフライホイールの交換にかかる工賃は無料ということもあるくらいです。

まとめ

今回はフライホイールの役割及び構造を紹介しました。アイドリングの安定化・エンジン始動・駆動力の伝達の役割など、フライホイールを装着している車にとってなくてはならない部品であるとわかったことでしょう。

エンジン内部にあってほとんど交換することのない部品ですから無縁の可能性が高い部品です。しかし、今回の記事を通じて興味を持たれた方やスポーツ走行に興味のある方は、クラッチディスク交換の際にぜひ一度現物をみてみてください。

関連するキーワード


メンテナンス ホイール

関連する投稿


手洗い洗車?洗車機?それぞれのメリット・デメリットや費用を調査!

手洗い洗車?洗車機?それぞれのメリット・デメリットや費用を調査!

愛車をいつまでも美しく保つためには洗車を定期的に行う必要があります。洗車には、さまざまな方法があります。定番の手洗いから洗車機による方法、さらにはプロに依頼する方法も。それぞれの方法によって、メリット・デメリットや費用は異なります。今回は洗車方法によってどのような違いがあるか、費用の違いなどについて解説していきます。(※2020年3月更新しました)


コイン洗車場の使い方、必要な準備、覚えておくべきマナーは?

コイン洗車場の使い方、必要な準備、覚えておくべきマナーは?

洗車は愛車を綺麗に保つうえで大切です。洗車したいけれども自宅にスペースがない方場合「コイン洗車場」を活用している方も多いと思います。しかし、コイン洗車場を初めて利用する場合、どんなルールがあるのだろう?と敷居が高く感じてしまうもの。今回は初心者でも安心して洗車場で洗車するためのノウハウをお伝えします!


車のガラスコーティング、洗車時の注意点とおすすめコーティング剤は?

車のガラスコーティング、洗車時の注意点とおすすめコーティング剤は?

カーコーティングの中でも硬いガラス質の皮膜でボディを多い、キズに強いと言われている「ガラスコーティグ」。本記事ではガラスコーティングとは何かといった疑問から、ガラスコーティングのメリット、ポリマーコーティングやワックスとの違い、コーティング後の洗車方法や注意点、おすすめのコーティング剤についてを紹介しています。


【エンジンオイル】交換時期はいつ?目安は?

【エンジンオイル】交換時期はいつ?目安は?

半年に1度の交換をすすめられることも多い自動車のエンジンオイル。適切な交換時期はいつなのでしょうか?こちらの記事ではエンジンオイルの交換時期について説明しています。


【エンジンオイルの選び方】粘度や種類、何を選ぶ?おすすめは?

【エンジンオイルの選び方】粘度や種類、何を選ぶ?おすすめは?

こちらの記事ではエンジンオイル交換を安く済ませるため、自分で交換したいという方のために、エンジンオイルの種類、粘度、規格についてと選び方についてを紹介しています。さらに粘度別のおすすめのオイルもご紹介します。


最新の投稿


買うならこれ!人気の原付バイク おすすめ車種15選!

買うならこれ!人気の原付バイク おすすめ車種15選!

原付バイクをこれから購入しようと考えている方へ。メーカー毎にオススメのバイクと新車価格、中古価格の相場をご紹介。男性にオススメのカッコイイ原付バイク、女性にオススメの可愛い原付バイク、値段も合わせてそれぞれご紹介しています。また、原付・中型・大型の違いや、そもそも原付とは何か?についてもご紹介!(※2020年4月3日更新しました)


【6月3日発売か】日産新型キックス改良で日本市場へ投入!最新情報

【6月3日発売か】日産新型キックス改良で日本市場へ投入!最新情報

日産から「新型キックス」が6月3日に発売されるという情報が飛び込んできました。 日産の代表的なコンパクトSUVと言えば「ジューク」を連想する人も多いのではないでしょうか。しかしながら、新型ジュークは2019年9月に欧州にて登場するも日本に導入されることはありませんでした。そこでジュークに替わるコンパクトSUVとして日本に導入されるのが「キックス」という訳です。本記事では「新型キックス」日本導入の詳しい内容をまとめていきます。


トヨタのランドクルーザープラド フルモデルチェンジはいつ?最新情報

トヨタのランドクルーザープラド フルモデルチェンジはいつ?最新情報

トヨタのランドクルーザープラド。フルモデルチェンジが2020年に行われると噂があります。現行型のモデルは発売されて11年もの歳月が経ちます。2017年9月にビッグマイナーチェンジが行われてからも既に3年近くなります。次の新型のプラドはどのような車になるか気になるところですよね。本記事では最新のフルモデルチェンジの情報を含め、改めてランドクルーザープラドの燃費、口コミ、価格、試乗記などをまとめてご紹介します。(※2020年4月3日更新しました)


【2020年版】SUVの元祖!ジープのSUV一覧

【2020年版】SUVの元祖!ジープのSUV一覧

ジープと言えば、SUVという言葉が使われるようになる以前からオフロード走行可能4輪駆動車を作ってきた、4輪駆動車の車の王道といっても過言ではありません。しかし、ジープのラインナップには、意外にも2輪駆動車が存在しているのも事実です。今回はジープの2輪駆動、そして4輪駆動のSUV車について紹介しましょう。


クルマを高く売るには?お得に車を売る方法と中古車査定の注意点

クルマを高く売るには?お得に車を売る方法と中古車査定の注意点

自分の車を売却して別の車が欲しいと思った時、まずは今乗っている車を高く売ることが大切になってきますよね。そのためには中古車査定をしてもらう必要があります。けれど、何からすればいいのか?どこに行くの?と悩む方も多いはず。そんな悩みをお持ちの方!本記事では初心者向けに中古車査定のキホンから、車の買取や下取りでより高く、お得に買い取ってもらえる方法をご紹介いたします。