目次へ戻る

ブレーキキャリパーの役割と構造|交換や塗装に掛かる費用についても紹介

ブレーキキャリパーの役割と構造|交換や塗装に掛かる費用についても紹介

動いている車を止めるためになくてはならない部品がブレーキです。ブレーキにもいろいろ種類があり、ディスクブレーキタイプに必要な部品の1つがブレーキキャリパーになります。今回はブレーキキャリパーについて、その役割と構造を紹介します。


ブレーキキャリパーとは

ブレーキキャリパーとはディスクブレーキ車に使われている部品の1つです。ディスクブレーキ車では車が動くと同時にディスクローターと呼ばれる丸い部品が回転します。

ディスクブレーキ車に使われる部品の1つ

ディスクローターが回転しているところでその外側から摩擦材であるブレーキパッドを押し当てることで回転が車が減速する(ブレーキがかかる)のですが、この一連の動きになくてはならないのが「ブレーキキャリパー」なのです。

ブレーキキャリパーの無いブレーキもある

ディスクブレーキ車であれば必ずブレーキキャリパーが使われますが、4輪全てにディスクブレーキが必ず使われるわけではありません。

というのも、前輪にだけディスクブレーキを採用し、後輪にはドラムブレーキを採用する車も存在しているからです。さらに言えば、ディスクブレーキを使わないで4輪ともドラムブレーキを採用している車も存在します(ダンプカーや大型トラックのような高重量車)。

ブレーキキャリパーの構造

ピストンがパッドを押す

このピストンがブレーキパッドを押さえつけることによって回転するディスクローターの回転が遅くなって車は減速することとなります。ここで疑問となるのが、どのような仕組みでこのピストンが動くのかということです。

ピストンを動かすのは液圧

ブレーキパッドを押さえつけるピストンを動かすものは液圧になります。

ブレーキフルードと呼ばれる液体がブレーキブースターとマスターシリンダー及びブレーキキャリパーの間に通っている配管を満たしているのですが、運転手がブレーキペダルを踏むと、その踏力がブレーキフルードの液圧となってピストンを押さえつけるのです。

なお、実際に液圧を生み出すにはマスターシリンダーで、マスターシリンダーが液圧に変換しているものはブレーキブースターで増幅された踏力になります。

ブレーキキャリパーの種類

車を減速させるという目的からすれば、ブレーキキャリパーの構造において最も重要な部分はピストンです。

フローティングタイプディスクブレーキ

フローティングタイプとは浮動型や型押し式とも呼ばれるブレーキキャリパーです。

その名称から察しがつくように、ディスクローターに対して片側からのみピストンを押し付けるような構造になっています。

フローティングタイプのブレーキキャリパーではピストンが内側にある構造で、そのピストンが内側のブレーキパッドを押さえつけると反力が生まれて、その反力によってスライドピンが動いて外側のブレーキパッドもディスクローターを押さえつけるようになっているのです。

ブレーキキャリパーの種類の中でも最もシンプルなタイプでコンパクト(ピストンが外側に無いため)かつ軽量で、多くの乗用車で使われているブレーキキャリパーとなっています。

基本的にはピストンが内側に1つ付いているタイプが多いですが、モデルによってはピストンが内側に2つ採用されていることもあります。

なお、以下で紹介するオポーズドタイプのキャリパーと比較すると制動力やコントロール性及び剛性が低いという点がデメリットです。

オポーズドタイプディスクブレーキ

オポーズドタイプとは対向ピストン型とも呼ばれることのあるブレーキキャリパーです。

こちらも名称からその特徴がわかりやすくなっていて、ブレーキキャリパーの内側だけでなく外側にもピストンを持つキャリパーとなっています。ブレーキパッドの面積が大きいものを使用する際に確実にパッドをディスクローターへ押さえつけるようにするためにオポーズドタイプが採用されることが多いです。

つまりは、高級車やスポーツ走行を目的とする車種に使われることが多くなっています。

オポーズドタイプではピストン同士がブレーキパッドを挟んで向かい合うような位置関係を持った構造となりますので、少なくとも2つ以上のピストンが使われています。

ピストンを2つ備えたものを2ポット式キャリパー、4つ持つものを4ポッド式キャリパー、そしてピストンを6つ持つのを6ポッド式キャリパーと呼ぶのが一般的です。

フローティングタイプのブレーキキャリパーと比較すると、減速時のコントロール性の高さやブレーキ性能の高さが際立っています。

剛性の高さや取り付けられているピストン数の多さがその要因ですが、構成部品がフローティングタイプよりも多くて重たいことや、部品の多さからメンテナンス時に手間がかかること、そして手間がかかるということは部品代が高くつくといったデメリット(欠点)もあります。

ブレーキキャリパーの交換方法

ブレーキキャリパーを交換するには車のジャッキアップし他状態で作業する必要があります。ジャッキアップ後、ブレーキホースを取り外してナックルとブレーキキャリパーの取り付け部のボルトを外すと、キャリパーを外すことが可能です。キャリパーの構造上、ブレーキパッドはディスクローターに押さえつけられていますので、キャリパーを外しにくいことがあります。

整備工場にキャリパー交換を依頼した場合、業者によっては差はあると思いますが、スーパーオートバックスではブレーキキャリパー1つにつき税込3,240円(別途ブレーキフルードも必要)とのことです。

ブレーキキャリパーの塗装について

純正ディーラーのオプションでも用意されているのでご存知の方もいらっしゃると思いますが、ブレーキキャリパーを塗装することもできます。

新車を購入する場合にはそのまま塗装されたものを購入できますし、それとは別でブレーキキャリパーの塗装作業をしている業者もあるようです。

安いもので5,000円、高い物なら100,000円以上するものもありますので、気になる方は見積もり依頼されることをおすすめします。

なお、自分でキャリパーを塗装することも可能です。その場合、耐熱塗料やハケ、錆を落とす道具やシリコンオフなどを用意しておきましょう。

まとめ

ブレーキキャリパーの役割や構造及びその種類について紹介しました。ブレーキキャリパーはディスクブレーキ採用車に使われている部品です。

ディスクブレーキでもドラムブレーキでもブレーキペダルを踏んだ時の踏力をブレーキフルードの液圧へ変換していることは同じですが、どのように摩擦材を押さえつけて減速さえるのかと言う構造的違いがあることを覚えておきましょう。

ブレーキキャリパーといってもフローティングタイプやオポーズドタイプがあり、その中でもピストンの数に違いがあるなど様々です。

ブレーキキャリパーの種類を知ることは、その車がどれくらいのスペックを備えているのかを知る目安とも言えます。今現在気になっている車がある方は、その車にどのようなブレーキが採用されているのかを調べてみてはいかがでしょうか。

関連するキーワード


メンテナンス カスタム

関連する投稿


まさかパンク?万が一に備えてのパンク修理キット!

まさかパンク?万が一に備えてのパンク修理キット!

ドライブ中にタイヤが突然のパンクしたら、とっても困りますね?そんな時に大活躍するのがパンク修理キットです。自分でもパンクを直せるので、何かと重宝しますよ。今回はパンク修理キットを使用したほうが良い理由と使用しない理由をわかりやすく紹介していきます。


ミッションオイルとは?交換しないとどうなる?

ミッションオイルとは?交換しないとどうなる?

普段、あまり意識することのないミッションオイル。実はとても重要な役割を果たしています。ミッションオイルを定期的に交換しないで放っておくと大変なことになってしまいますので、この記事ではその大切なミッションオイルの役割や交換に関して詳しく解説していこうと思います。


重要! ハブベアリングの役割とは?

重要! ハブベアリングの役割とは?

自動車の車体と車輪をつなぐ役割を果たすハブベアリング。あまり注目されることの少ない部品ですが、その果たす役割は超重要!ハブベアリングの不具合は、放置すると最悪の場合、事故につながる危険性もあるので早めに対処しましょう。


温めるだけじゃない!? シートヒーターが欲しい!

温めるだけじゃない!? シートヒーターが欲しい!

高級車にしかついていなかったシートヒーター。最近の車には標準装備だったり、オプションでつけることもできます。基本的には文字通りシートを温める機能ではありますが、近年ではそれ以外の機能や利用目的で注目を集めています。今回はそんなシートヒーターについてみていきましょう!!


【奥が深い】マットブラック塗装、まさに漆黒!こだわりの黒!

【奥が深い】マットブラック塗装、まさに漆黒!こだわりの黒!

本記事では一度は憧れる!?マットブラック塗装についてご紹介します。マットブラックの効果やメリット・デメリット。さらにオリジナルな独創性にこだわったマットブラック塗装の支持者の理由を追求!また、塗装の方法や手入れ法についても解説します。これを読めば貴方もきっとマットブラック塗装がしたくなっちゃうかも?


最新の投稿


トヨタのミニバン イプサム|燃費やスペック・サイズ、中古価格までを一覧で紹介

トヨタのミニバン イプサム|燃費やスペック・サイズ、中古価格までを一覧で紹介

トヨタの人気ミニバン「イプサム」の歴代モデルの性能や燃費・中古価格などをまとめていきます。「イプサム」に乗り換えを検討されている方は是非参考にしてください。


【気になっている人必見】トヨタのRAV4新型 試乗記まとめ

【気になっている人必見】トヨタのRAV4新型 試乗記まとめ

熱い視線が注がれているトヨタの新型RAV4。買うかどうか迷っている…。家族になんと説明しようか…。いや、でもなあ…。なんて頭を抱えてお困りの方もいらっしゃるのではないでしょうか。そんな悩めるあなたに、本記事ではRAV4新型の試乗記をまとめました。生のRAV4新型の試乗記を読んで、検討の材料にしてみてくださいね!


熊本を訪れたらぜひ立ち寄りたい道の駅10選

熊本を訪れたらぜひ立ち寄りたい道の駅10選

熊本県には道の駅が多数存在しており、地元の名物が買えたり人気のフードが食べられたりするところがあります。 そんな熊本ので人気のある道の駅を10選集めてみました。


【最新鋭の商用トラック】日野 プロフィア|価格・特徴を紹介

【最新鋭の商用トラック】日野 プロフィア|価格・特徴を紹介

約13年ぶりにモデルチェンジした日野の大型トラック「プロフィア」の最新装備や、価格から特徴とその魅力などについてご紹介していきます。


マクラーレン新型スーパーカーGTが登場!カシミア素材がオプションで追加!?

マクラーレン新型スーパーカーGTが登場!カシミア素材がオプションで追加!?

マクラーレンオートモーティブは5月15日、新型スーパーカーのマクラーレン『GT』(McLaren GT)を発表しました。4.0リットルV8ツインターボ搭載。0-100km/h加速3.2秒、最高速326km/hとのこと。気になる最新情報をまとめました。