トップへ戻る

ブレーキキャリパーの役割と構造|交換や塗装に掛かる費用についても紹介

ブレーキキャリパーの役割と構造|交換や塗装に掛かる費用についても紹介

動いている車を止めるためになくてはならない部品がブレーキです。ブレーキにもいろいろ種類があり、ディスクブレーキタイプに必要な部品の1つがブレーキキャリパーになります。今回はブレーキキャリパーについて、その役割と構造を紹介します。

⏳この記事は約3~4分で読めます。


ブレーキキャリパーとは

ブレーキキャリパーとはディスクブレーキ車に使われている部品の1つです。ディスクブレーキ車では車が動くと同時にディスクローターと呼ばれる丸い部品が回転します。

ディスクブレーキ車に使われる部品の1つ

ディスクローターが回転しているところでその外側から摩擦材であるブレーキパッドを押し当てることで回転が車が減速する(ブレーキがかかる)のですが、この一連の動きになくてはならないのが「ブレーキキャリパー」なのです。

ブレーキキャリパーの無いブレーキもある

ディスクブレーキ車であれば必ずブレーキキャリパーが使われますが、4輪全てにディスクブレーキが必ず使われるわけではありません。

というのも、前輪にだけディスクブレーキを採用し、後輪にはドラムブレーキを採用する車も存在しているからです。さらに言えば、ディスクブレーキを使わないで4輪ともドラムブレーキを採用している車も存在します(ダンプカーや大型トラックのような高重量車)。

ブレーキキャリパーの構造

ピストンがパッドを押す

このピストンがブレーキパッドを押さえつけることによって回転するディスクローターの回転が遅くなって車は減速することとなります。ここで疑問となるのが、どのような仕組みでこのピストンが動くのかということです。

ピストンを動かすのは液圧

ブレーキパッドを押さえつけるピストンを動かすものは液圧になります。

ブレーキフルードと呼ばれる液体がブレーキブースターとマスターシリンダー及びブレーキキャリパーの間に通っている配管を満たしているのですが、運転手がブレーキペダルを踏むと、その踏力がブレーキフルードの液圧となってピストンを押さえつけるのです。

なお、実際に液圧を生み出すにはマスターシリンダーで、マスターシリンダーが液圧に変換しているものはブレーキブースターで増幅された踏力になります。

ブレーキキャリパーの種類

車を減速させるという目的からすれば、ブレーキキャリパーの構造において最も重要な部分はピストンです。

フローティングタイプディスクブレーキ

フローティングタイプとは浮動型や型押し式とも呼ばれるブレーキキャリパーです。

その名称から察しがつくように、ディスクローターに対して片側からのみピストンを押し付けるような構造になっています。

フローティングタイプのブレーキキャリパーではピストンが内側にある構造で、そのピストンが内側のブレーキパッドを押さえつけると反力が生まれて、その反力によってスライドピンが動いて外側のブレーキパッドもディスクローターを押さえつけるようになっているのです。

ブレーキキャリパーの種類の中でも最もシンプルなタイプでコンパクト(ピストンが外側に無いため)かつ軽量で、多くの乗用車で使われているブレーキキャリパーとなっています。

基本的にはピストンが内側に1つ付いているタイプが多いですが、モデルによってはピストンが内側に2つ採用されていることもあります。

なお、以下で紹介するオポーズドタイプのキャリパーと比較すると制動力やコントロール性及び剛性が低いという点がデメリットです。

オポーズドタイプディスクブレーキ

オポーズドタイプとは対向ピストン型とも呼ばれることのあるブレーキキャリパーです。

こちらも名称からその特徴がわかりやすくなっていて、ブレーキキャリパーの内側だけでなく外側にもピストンを持つキャリパーとなっています。ブレーキパッドの面積が大きいものを使用する際に確実にパッドをディスクローターへ押さえつけるようにするためにオポーズドタイプが採用されることが多いです。

つまりは、高級車やスポーツ走行を目的とする車種に使われることが多くなっています。

オポーズドタイプではピストン同士がブレーキパッドを挟んで向かい合うような位置関係を持った構造となりますので、少なくとも2つ以上のピストンが使われています。

ピストンを2つ備えたものを2ポット式キャリパー、4つ持つものを4ポッド式キャリパー、そしてピストンを6つ持つのを6ポッド式キャリパーと呼ぶのが一般的です。

フローティングタイプのブレーキキャリパーと比較すると、減速時のコントロール性の高さやブレーキ性能の高さが際立っています。

剛性の高さや取り付けられているピストン数の多さがその要因ですが、構成部品がフローティングタイプよりも多くて重たいことや、部品の多さからメンテナンス時に手間がかかること、そして手間がかかるということは部品代が高くつくといったデメリット(欠点)もあります。

ブレーキキャリパーの交換方法

ブレーキキャリパーを交換するには車のジャッキアップし他状態で作業する必要があります。ジャッキアップ後、ブレーキホースを取り外してナックルとブレーキキャリパーの取り付け部のボルトを外すと、キャリパーを外すことが可能です。キャリパーの構造上、ブレーキパッドはディスクローターに押さえつけられていますので、キャリパーを外しにくいことがあります。

整備工場にキャリパー交換を依頼した場合、業者によっては差はあると思いますが、スーパーオートバックスではブレーキキャリパー1つにつき税込3,240円(別途ブレーキフルードも必要)とのことです。

ブレーキキャリパーの塗装について

純正ディーラーのオプションでも用意されているのでご存知の方もいらっしゃると思いますが、ブレーキキャリパーを塗装することもできます。

新車を購入する場合にはそのまま塗装されたものを購入できますし、それとは別でブレーキキャリパーの塗装作業をしている業者もあるようです。

安いもので5,000円、高い物なら100,000円以上するものもありますので、気になる方は見積もり依頼されることをおすすめします。

なお、自分でキャリパーを塗装することも可能です。その場合、耐熱塗料やハケ、錆を落とす道具やシリコンオフなどを用意しておきましょう。

まとめ

ブレーキキャリパーの役割や構造及びその種類について紹介しました。ブレーキキャリパーはディスクブレーキ採用車に使われている部品です。

ディスクブレーキでもドラムブレーキでもブレーキペダルを踏んだ時の踏力をブレーキフルードの液圧へ変換していることは同じですが、どのように摩擦材を押さえつけて減速さえるのかと言う構造的違いがあることを覚えておきましょう。

ブレーキキャリパーといってもフローティングタイプやオポーズドタイプがあり、その中でもピストンの数に違いがあるなど様々です。

ブレーキキャリパーの種類を知ることは、その車がどれくらいのスペックを備えているのかを知る目安とも言えます。今現在気になっている車がある方は、その車にどのようなブレーキが採用されているのかを調べてみてはいかがでしょうか。

関連するキーワード


メンテナンス カスタム

関連する投稿


ワイパー交換ってどうやるの?自分でできる効果テキメンのカーメンテ

ワイパー交換ってどうやるの?自分でできる効果テキメンのカーメンテ

車を運転するのは晴れの日だけではなく、むしろ雨や雪といった天候の悪い時こそ車は大活躍しますよね。視界が悪くなりがちな悪天候時にきちんと前や後ろを見て運転するためにも、ワイパーの状態を適切に管理しておくのは、安全運転の要で非常に大事なことです。この記事ではワイパーの交換目安や交換方法をご紹介していきます。簡単なのに効果が絶大なワイパー交換にぜひチャレンジしてみてください。


タイヤの偏平率によるメリット・デメリットは?計算方法も紹介

タイヤの偏平率によるメリット・デメリットは?計算方法も紹介

自動車の動きを地面に伝えてくれるタイヤは非常に重要な存在ですが、愛車のタイヤのサイズを把握しているという方は意外と少ないかもしれませんね。どこか暗号のようなわかりにくさがあるタイヤサイズの中でも、乗り心地や操縦性に直結する隠れた注目ポイントが「偏平率」です。偏平率が変化するとどんな影響があるのか? どうやって計算するのか? 詳しくご紹介していきます。


タイヤサイズの見方を知ることで愛車のタイヤ購入をスムーズに

タイヤサイズの見方を知ることで愛車のタイヤ購入をスムーズに

そろそろタイヤ交換かな、とお考えの方なら、どんなタイヤが愛車にぴったりサイズなのかを調べたりすることもあるでしょう。しかし、タイヤサイズの表記方法は、慣れていないとまるで暗号のようで、わかりにくさがありますよね。どこに何が書いてあるのか理解すれば意外と簡単なタイヤサイズの見方を知っておくことで、タイヤの検討や購入もスムーズに済ませられるようになれるでしょう。


ガソリンスタンドの車検は格安車検の新定番!特典も多数、安心度は?

ガソリンスタンドの車検は格安車検の新定番!特典も多数、安心度は?

車を持っている方には数年に一度訪れる大出費、車検。車に乗り続けるためには車検を通すことが法律で決められた義務ですが、少しでも車検費用は低く抑えたいとお思いの方が多いことでしょう。近年のガソリンスタンドでは、リーズナブルな価格設定で車検を受け付けている店舗が増えています。安さは嬉しいけど心配なところはないのか?どうやって選べばいいのか?詳しく見ていきましょう。


おすすめバックカメラ5選!後方視界もバックカメラですっきり!

おすすめバックカメラ5選!後方視界もバックカメラですっきり!

バックカメラは車庫入れや、車を後退させる際に車の後方を映し出すカメラのことですが、リアカメラやリアビューカメラとも呼ばれています。車の後方は視界が良くないものですのでこのバックカメラを搭載することにより、後方の視界をよりよく見るためのものです。今回はこのバックカメラについてご説明致します。バックカメラを購入したい方はご参考にしてみて下さい。


最新の投稿


自動車ローンはどこがお得?|金利の仕組みとシミュレーション!

自動車ローンはどこがお得?|金利の仕組みとシミュレーション!

自動車ローンは、どこで、どのように借りるとお得なのでしょうか?今回は、金利やローン審査、シミュレーションなどについてまとめました。また、低金利を選ぶ際の注意点についても取り上げます。


日産 キックスの燃費情報が丸わかり!実燃費調査やライバル比較も

日産 キックスの燃費情報が丸わかり!実燃費調査やライバル比較も

売れ筋のコンパクトSUVジャンルで、パワートレインはハイブリッド「e-POWER」のみと割り切ったラインナップが特徴的なのが「日産 キックス」。軽快なルックスと爽快な走りで人気を得ています。そんなキックス、普段使いで気になるのはやっぱり燃費性能ですよね。この記事では、カタログ燃費や実燃費をチェックしつつ、ライバルとの比較なども通して、キックスの燃費情報を詳しくご紹介していきます。


自動車ローンってなに?|メリットとデメリットを徹底解説!

自動車ローンってなに?|メリットとデメリットを徹底解説!

自動車ローン(マイカーローン、オートローン)は、自動車を購入するのに、とても便利な方法ですが、いくつかの種類とメリットとデメリットが存在しています。今回は、自動車ローンの基本と、そのメリットとデメリットをまとめました。


トヨタ ライズの燃費情報が丸わかり!ハイブリッドも早速燃費チェック

トヨタ ライズの燃費情報が丸わかり!ハイブリッドも早速燃費チェック

人気のSUVジャンルの中でも扱いやすい5ナンバーサイズで人気なのがトヨタ ライズ。2019年の登場から常に好調な販売台数を誇ってきたライズですが、2021年11月の改良によって待望のハイブリッド車が追加されるなど、これまで以上にライズの燃費性能に注目が集まっています。リーズナブルな価格が嬉しいライズだけに、この記事では気になる燃費性能を詳しくご紹介していきます。


2021~2022年 年末年始渋滞予想|年末年始の休みと過去傾向から読み解く渋滞予測

2021~2022年 年末年始渋滞予想|年末年始の休みと過去傾向から読み解く渋滞予測

2021年も12月に差し掛かりそろそろ年末が見えてきました。長く続いたコロナ禍もワクチン接種率の拡大とともに収束方向に動いており、今年の年末年始こそは帰省したいと考える方もいらっしゃると思います。そこで今回は緊急事態宣言解除後の帰省に関するアンケートと過去の渋滞実績を元に渋滞予想をまとめました。