トップへ戻る

ボンネットの基本!点検方法やキズ・凹みの修理方法

ボンネットの基本!点検方法やキズ・凹みの修理方法

誰もが知っているボンネット。しかし意外と「一度も開けたことがない」なんて方もいるのではないでしょうか。そこで基本的なボンネットの開閉の仕方やボンネットの役割、そしてキズ・凹みの修理の仕方を今一度おさらいしてみましょう。

⏳この記事は約3~4分で読めます。


ボンネットとは?

マツダ CX-8 25S Lパッケージ

マツダ CX-8 25S Lパッケージ

ボンネットとは、ワンボックスカー以外の車についているエンジンルームのカバー(蓋)です。欧米では、エンジンフードまたはエンジンリッドとも呼ばれます。

ボンネットは車前方から持ち上げるタイプ、フロントガラス側から持ち上げるタイプがあります。素材はほとんどが金属性となっていますが、強化プラスチック・カーボン・アルミ合金が使われているものもあります。

ボンネットの役割はもちろんエンジンルームを守ることですが、空力抵抗を少なくしたり、エンジンルームを冷却したりする役割もあります。

ボンネットの裏側は強度や安全性を高めるための骨組みが張り巡らされています。衝突時には折れ曲がるようになっており、衝撃を分散する仕組みになっています。

また、歩行者がボンネットに叩きつけられたときの衝撃を緩和する「衝撃吸収ボンネット」の採用が2003年ごろから始まっています。

ボンネットの開け方・閉め方

ボンネット内点検

多くの車には、足元付近にボンネットが開いている絵のマークが記されているレバーがあります。これが「ボンネットオープナー」です。このレバーを引くと「ボン」という音とかすかな感触があります。

ジムニーなど運転席側にはボンネットオープナーがないタイプの車もあり、その場合には助手席側のグローブボックス内にレバーがあります。

ボンネットオープナーのレバーを引くだけでは完全にボンネットは開いておらず、かすかに蓋が持ち上がったような状態になっています。ボンネットと車体のすき間に手を入れると中にレバーがあるので、さらにそれを操作して開けます。

このレバーは上下に動くタイプと左右に動くタイプがあります。レバーを操作しながら完全にボンネットを開きます。

するとボンネットの裏側、または車体に「ボンネットステー」という棒があるので、それをフックから外してステー差し込み位置の穴にしっかりと差し込みます。車種によっては自動で開きボンネットステーが必要でないもの、開くとボンネットステーがロックされるタイプもあります。

ボンネットを閉めるときは、ボンネットステーを外してステーを元の位置に戻します。

次にゆっくりとボンネットを手で下げていき、20~30cmの高さから放して閉めます。それ以上の高さから手を離すと破損する可能性があるので注意して下さい。

軽めのボンネット、軽自動車のボンネットは手を放すだけではしっかり閉まらないことがありますので、勢いをつけたり手で抑え込むような感じでしっかりと閉め、半開きにならないように気をつけましょう。

ボンネットを開けてここを点検!

ホンダ アコード 新型

ホンダ アコード 新型 エンジンルーム内部

では、次にボンネットを開け内部を点検していきましょう。

点検する際は、走行直後だと車に熱がこもって危険です。そのためエンジン始動前か走行後しばらくしてエンジンルーム内の温度が下がったときに行います。

主な点検ポイントは以下の通りです。

ウォッシャー液の量を点検する

ウォッシャー液はワイパーだけでは落とせない泥や油性の汚れなどを落とす洗浄剤の役割を果たすものです。

ウォッシャータンクに液体が入っているか確認しましょう。タンクが空の状態だとモーターの故障などの不具合につながります。

ブレーキ液の量を点検する

ブレーキリザーバータンクの液量が上限ラインと下限ラインの目盛りの間にあるか確認します。

ブレーキ液の減り方が早い場合はブレーキ液系統から液漏れしている恐れがあるため、自動車整備工場で点検してもらいましょう。ブレーキ液量が十分ではないとブレーキの効きが悪くなり、重大な事故につながる恐れがあります。

バッテリー液の量を点検する

こちらも同じく、液量が上限ラインと下限ラインの目盛りの間にあるか確認します。

バッテリー液量が十分ではないとバッテリーの寿命が短くなり、発熱・爆発の恐れがあります。なおバッテリー液は腐食性が高いため、体や衣服、車体に付着しないよう気をつけて下さい。

冷却水の量を点検する

ラジエーターリザーバータンクの液量が上限ラインと下限ラインの目盛りの間にあるか確認します。

冷却水の量が十分ではないとオーバーヒートの恐れがあります。

エンジンオイルの量を点検する

薄い板状または棒状のオイルレベルゲージを抜き取り、付着しているオイルをキッチンペーパーなどでふき取り、もう一度元にあった場所に差し込み、引き抜きます。

するとエンジンオイルの現在の量がオイルレベルゲージに付着しています。オイルレベルゲージに上限ラインと下限ラインが記されているので、その目盛りの間にあるか確認します。

オイルが汚れていたり、十分ではないと燃費が悪くなるなどトラブルが発生する恐れがあります。

オイルレベルゲージ

オイルレベルゲージ

この点検で各点検場所の目盛りは上限が「UPPER」「MAX」または「H」など、下限が「LOWER」「MIN」または「L」など車種によって違う言葉で記載されていることがあります。

なかなか開けて点検することのないボンネット内ですが、定期的に点検することで未然にトラブル(故障、不具合など)を防ぎます。またそのことで自分の愛車の「体調」がわかるようになります。

長く大切に乗るために最低限確認できるようにしておきたいところです。

ボンネットのキズ・凹み対処法!

車イラスト

ボンネットに起きやすい悩みといえば、キズ・凹みです。

自分の愛車のボンネットにキズ・凹みができてしまった場合の対処法を紹介していきます。

ボンネットにキズ・凹みができる原因

高速道路

ボンネットにキズがついてしまう原因はほとんどが前方を走る車がはね上げた飛び石によるものです。

金属性のボンネットに肉眼ではっきりとわかるほどのキズができるのですから、大変に大きな力が加わったことがわかります。

そのキズは塗装部分だけではなく、下塗りの部分まで届いていることが多く、放置しているとそこからサビ・腐食の原因となってしまいます。

キズができる主な場所は高速道路でしょう。

スピードを上げたトラックやダンプカーのタイヤ溝にはまっていた小石が一気に後方に放出されてしまうことが多いからです。

できれば大型車の後ろを走ることは避けたいところですが、もしそれでも大型車の後ろについてしまったら十分な車間距離を取るようにしましょう(もちろんそのほかの車であっても同様ですが)。

確実な対策はなかなか難しいですが、車体に飛び石対策用の透明なフィルムを購入して貼るという方法もあります。

そしてボンネットの凹みの原因は、氷のように固まった雪・雹やあられ・ボール・鳥の落とす木の実などがありますが原因不明のものも多く、対策もしにくいのが難点です。

ボンネットのキズ・凹みの修理方法

車体のキズ・凹み

キズが1か所で、指で触っても爪にひっかからないくらいのごくごく浅いものであればタッチアップペンで対応できるかもしれません。

しかしキズが複数であったり、凹みが大きかったりするようであれば業者さんに依頼するのが一番確実な方法でしょう。

キズ・凹みの直し方には大きく分けて2つの方法があります。

デントリペア作業

1つ目は比較的小さい凹みである場合、「デントリペア」という工具を使って直す方法です。

これはボンネットの裏から特殊な専用工具で凹んだ箇所を押し出し直すものです。短時間で修復ができ、料金も安くで済むといったメリットがあります。

しかしキズ・凹みが大きく複雑な場合はその方法では直せないことがあります。

板金塗装

もう一つの方法が「板金塗装」です。

キズ・凹み部分をパテで埋めて塗装し、元の形に修復する方法です。

作業工程は多く複雑で、デントリペアより費用も高額になってしまいますが、熟練した業者さんに依頼すれば元の美しいボンネットの形を取り戻すことができます。

ボンネット修理、気になるお値段は?

修理費用イメージ画像

板金塗装だと最低でも3万円程度、デントリペアだとキズ・凹みの具合によって2万円を切る場合もあるようです。

特にボンネットは修理が難しい(微妙なカーブの加減や一枚板であること、太陽などによる熱、雨や雪による被害を一番受けやすい箇所であることから)ので、高額になる傾向もあるようです。

まとめ

ホンダ アコード 新型

ホンダ アコード 新型

ボンネットは車の中で一番目立つ箇所、すなわち顔にあたります。そして、ボンネット内はエンジンを始め、車にとって大事な機材の入った言わば脳です。

普段運転している場合にはあまり気にすることがないかもしれませんが、しっかりとメンテナンスを行い長くカーライフを楽しみたいものですね。

関連する投稿


タイヤの偏平率によるメリット・デメリットは?計算方法も紹介

タイヤの偏平率によるメリット・デメリットは?計算方法も紹介

自動車の動きを地面に伝えてくれるタイヤは非常に重要な存在ですが、愛車のタイヤのサイズを把握しているという方は意外と少ないかもしれませんね。どこか暗号のようなわかりにくさがあるタイヤサイズの中でも、乗り心地や操縦性に直結する隠れた注目ポイントが「偏平率」です。偏平率が変化するとどんな影響があるのか? どうやって計算するのか? 詳しくご紹介していきます。


タイヤサイズの見方を知ることで愛車のタイヤ購入をスムーズに

タイヤサイズの見方を知ることで愛車のタイヤ購入をスムーズに

そろそろタイヤ交換かな、とお考えの方なら、どんなタイヤが愛車にぴったりサイズなのかを調べたりすることもあるでしょう。しかし、タイヤサイズの表記方法は、慣れていないとまるで暗号のようで、わかりにくさがありますよね。どこに何が書いてあるのか理解すれば意外と簡単なタイヤサイズの見方を知っておくことで、タイヤの検討や購入もスムーズに済ませられるようになれるでしょう。


ガソリンスタンドの車検は格安車検の新定番!特典も多数、安心度は?

ガソリンスタンドの車検は格安車検の新定番!特典も多数、安心度は?

車を持っている方には数年に一度訪れる大出費、車検。車に乗り続けるためには車検を通すことが法律で決められた義務ですが、少しでも車検費用は低く抑えたいとお思いの方が多いことでしょう。近年のガソリンスタンドでは、リーズナブルな価格設定で車検を受け付けている店舗が増えています。安さは嬉しいけど心配なところはないのか?どうやって選べばいいのか?詳しく見ていきましょう。


ガソリン添加剤とは?おすすめのガソリン添加剤もご紹介!

ガソリン添加剤とは?おすすめのガソリン添加剤もご紹介!

ガソリン添加剤という言葉を聞いたことのある方も多いのではないでしょうか。言葉は知っていてもその意味を理解していない方も多いと思いますので今回はガソリン添加剤についてご説明したいと思います。その効果などについても詳しく解説して参ります。これからガソリン添加剤を使ってみようという方は参考にしてみて下さい。


車用バッテリー充電器のおすすめを紹介!使用方法を知っておこう

車用バッテリー充電器のおすすめを紹介!使用方法を知っておこう

バッテリーは、クルマの中でも、トラブルが起こりやすい箇所のひとつです。それでも、普段からバッテリーを充電しておけば、かなりの程度、トラブルを防ぐことができます。そこで今回は、バッテリー充電器についてまとめました。


最新の投稿


軽自動車の名義変更で必要な書類と当日の流れを徹底解説!

軽自動車の名義変更で必要な書類と当日の流れを徹底解説!

名義変更はクルマの売買時にだけ必要なものではありません。引っ越しや結婚といった際にも、その手続きが必要です。そこで今回は、軽自動車の名義変更手続きについてまとめました。


移動式オービスによる取り締まり|運用が広がっている理由とは?

移動式オービスによる取り締まり|運用が広がっている理由とは?

高速道路などを走行中、オービスがピカッと光ってしまい、心配になった経験をお持ちの方は少なくないかもしれません。近年、オービスの新たな形として「移動式オービス」が運用の幅を広げています。これまでのオービスと何が違うのでしょうか?今回は、移動式オービスについてまとめました。


車のコーティングとワックス、どう違う?それぞれ費用や耐久性で比較

車のコーティングとワックス、どう違う?それぞれ費用や耐久性で比較

洗車は面倒だけど、愛車のピカピカな状態はできるだけ長く保ちたいもの。キレイなボディを維持しやすくなる方法といえば、自分で施工ができるワックスと、プロに頼むのが一般的なコーティングがあります。どちらにもメリットとデメリットがあるので、実際にあなたの愛車にはどちらがぴったりなのか、事前にしっかり検討しておきたいところ。かかる費用やかかる手間など、それぞれを詳しく比較していきます。


カーフィルム・ウィンドウフィルム最新10選|暑さや紫外線をカット

カーフィルム・ウィンドウフィルム最新10選|暑さや紫外線をカット

うだるような暑さや照りつける直射日光は、ガラスを通り抜けてくるので車内にいる間も油断大敵です。近年の車ではUVカットガラスが標準装備される例も増えてきてはいますが、紫外線や赤外線の遮断性能だけでなく遮熱性能まで備えた最新のカーフィルムを貼り付けることで、車内の快適性がグンと向上しますし、見た目の高級感やプライバシー性も向上させることができます。おすすめ商品をご紹介していきます。


スマートキーとは?便利な利用シーンや最新機能、防犯対策までご紹介

スマートキーとは?便利な利用シーンや最新機能、防犯対策までご紹介

近年の車で広く装備されるようになった機能のひとつに「スマートキー」が挙げられるでしょう。キーはポケットに入れておくだけで、ドアロックの解錠からエンジン始動まで可能な同機能は、今や現代の車にはなくてはならない機能となっていますよね。そんなスマートキーに関して詳しく解説していくとともに、最新のスマートキーが実現する便利な機能までご紹介していきます。